JOC企画スポーツラジオ番組 MY OLYMPIC

かつての名選手から将来有望な
オリンピック代表選手のタマゴまで、毎日選手を紹介。
スポーツの祭典「オリンピック」によって、
出場した選手が得たもの、出場を目指す選手たちが
日々感じること、
今だから話せるエピソードや
オリンピックの思い出、取り組んでいる競技の楽しさや
見どころ、
オリンピック出場にかける夢や
情熱を語っていただき、オリンピック候補選手たちと
同世代のヤングリスナーを中心に伝えていきます。

JAPAN FM NETWORK 全国NET 
毎週月-金曜日 6:55-7:00
( FM福岡は5:55-6:00、FM青森・FMぐんま・
エフエム岐阜では同日23:55-24:00に再放送 )

 OnAir Report

  • フィギュアスケートは自信が大事
  • MY OLYMPIC 公開録音【前編】
    ゲスト:鈴木明子さん(フィギュアスケート)

    ◆鈴木さんの子どもの頃の話

    私は、自分から色んな事をやりたいと言って、習い事を始めていないですね。
    最初は1歳の時に母がスイミングスクールに連れて行ってくれたのが、スタートでした。
    それ以降、水泳、ピアノ、書道、絵画、そして、スケートというのが習い事として、
    毎日忙しかったです。

    スケートは近所にスケートリンクがあり、たまたまサンデースケート教室があり、
    日曜日に習い事がなくて、”日曜日空いてるじゃん!”みたいな感じで従姉のお姉さんと一緒にスケート教室に行ったのがきっかけで、はまりました!

    最初は他の習い事もやっていました。
    欲張りだったんです(笑)

    フィギュアスケートは小学校1年生の時に始めて、
    低学年の時は他の習い事もしていたので、学校終わりに書道へ行き、
    その後にスケートに行くという生活をしていました。

    ◆鈴木さんにとってオリンピックとは

    今は、テレビをつければフィギュアスケートの試合とかニュースでいろいろ結果をやりますが。
    昔は、そこまで人気のあるスポーツではなかったんです。
    小学校3年生の時、地元の豊橋のスケートリンクが閉鎖されてしまい、
    そこからは名古屋へ電車で片道一時間半かけて通うようになりました。
    そのあたりで自分は選手としてやっていくんだという気持ちがありました。
    憧れの選手がいたわけではなくて、身近にいるお姉さんたちがクルクル回っているのを見たり、表彰台に乗るのを見て、ああなりたいと思いました。

    実は、オリンピックを意識したのは中学校の終わりから高校くらいでした。
    既に国際大会に出られるようになっているのになかなか自分の中でオリンピックはなかったんです。

    ◆鈴木さんとフィギュアスケートの出会いについて

    スケートは近所にスケートリンクがあったので、スケート教室に行ったのがきっかけです。
    フィギュアスケートのスケート教室ですと普通に週一回の習い事だったんですが、
    フィギュアスケートのスケートクラブに入ると毎日練習なんですね。
    氷の上には氷にいればいるほどうまくなるよと言われました。
    氷の上で鬼ごっこでもリレーでもなんでもいいので、
    氷の上にいる事でバランス感覚を養えました。
    おにごっこなどで逃げて、走るという行動も身体がどんどんスケートに慣れていきました。
    人間はやればやるだけ、どうしたら楽に滑れるのかと考えると思うのですが、
    一回転んだらどうしたら転ばずに済むだろうって、これは感覚で身につくんですよね。
    それが一番早かったかな。
    日曜日には、母にお弁当を作ってもらい朝からずっとスケートリンクにいました。

    ◆鈴木さんが大学時代に感じたスケートの難しさとは

    なかなか自分に自信がもてなくて、自分がオリンピックに行けるとは思いませんでした。
    それは、もちろん荒川さんという先輩や、後輩には安藤美姫さんや浅田真央さんがいて、どんどん強い選手がでてきていたので日本で勝つのは難しいなと思っていました。
    特に中学、高校時代は、フィギュアスケートは基本的に1人で滑っているので、ライバルという感覚、目の前の敵を倒すという競技ではないので、そういう事ではなく、
    他の選手を見てすごく焦りが出てきました。
    ”あ〜すごいジャンプが上手だな〜。”とかあの試合ですごく良かったんだなっていうのを見ると個性は一人一人違うのに、すごく焦りを感じてしまい、これでは勝てないという事に執着していたのが大学時代でした。

    ◆フィギュアスケートを通じて得たものは

    フィギュアスケートは、いくら自分がやった、良くできたと思っても、点数が出ない時もあり、その時に一番結果に囚われるよりも自分がどういう演技をして、どこまで自分はやりたいのかという部分を明確にしないとなかなかこの競技はうまくいかないですね。
    氷の上に立ったら、最後は誰も助けてくれないので・・・。
    コーチはリンクサイドにはいますが、もうどうすることもできないので、
    本番中に失敗したり、転んだり躓いたり、色々ありますけど、
    そこでもうだめだと思うのか、いや、ジャンプはここを注意して、まだまだ挽回できると思うのかは、もう自分次第なんですね。
    普段の練習をどれだけしていたかによって、自信が持てる競技です。
    自信という言葉は本当にうまくできていますよね。
    「自分を信じる」なので、人が与えてくれるものでもなくて、
    自分から作らないといけないものだったんだなと最後は、そこだったなと感じました。

  • Backnumber
    Message
    MY OLYMPICへの
    メッセージはこちらから
    Personality
    荒川静香
    荒川 静香

    1981年12月29日東京都生まれ
    (幼少時代から仙台で過ごす)
    プリンスホテル所属。06年トリノ五輪でアジア人初の金メダルを獲得。同年5月にプロ宣言をし、アイスショーを中心に活動し、オリンピックキャスター、フィギュアスケート解説、テレビやイベント出演、コラム連載も行う。現在は、イタリアのピエモンテ州の観光大使を務めるなど様々な分野にも精力的に挑戦している。

    高橋尚子
    高橋 尚子

    1972年5月6日生まれ/岐阜県出身
    中学から本格的に陸上競技を始め、県立岐阜商業高校、大阪学院大学を経て実業団へ。98年名古屋国際女子マラソンで初優勝、以来マラソン6連勝。2000年シドニー五輪金メダルを獲得し、同年国民栄誉賞受賞。2001年ベルリンでは女性として初めて2時間20分を切る世界記録(当時)を樹立する。08年10月現役引退を発表。
    公益財団法人日本陸上競技連盟 理事、公益財団法人日本オリンピック委員会 理事、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会アスリート委員会委員長。その他「高橋尚子のスマイル アフリカ プロジェクト」や環境活動、スポーツキャスター、JICAオフィシャルサポーターなどで活躍中。

    Message
    MY OLYMPICへの
    メッセージはこちらから
    • meiji
    • 東京海上日動
    • MY OLYMPIC α JAPAN FM NETWORK 全国NET/毎週月〜金曜日 14:55〜15:00 放送(FM秋田・FMぐんまは13:55〜14:00、FM沖縄は21:55〜22:00の放送)
    • MY OLYMPIC + JAPAN FM NETWORK 全国NET/毎週土曜日  22:30〜22:55 放送