TOKYO FM
GRAND SEIKO

Articles― 最新のTHE NATURE OF TIME ―

05 Oct.2019
null

Vol.27 松尾スズキさん(監督)

null



石丸:このサロンでは、人生で大切にしている“もの”、“こと”についてお伺いしていますが、今週はどんなお話を聞かせていただけますか?

松尾:今日は、私が尊敬してやまない「赤塚不二夫」さんについてです。


石丸:赤塚さんに興味を持たれたきっかけはなんだったんですか?

松尾:興味というか、気がついたときからそばにあるみたいな感じでした。
幼稚園のときに滑り台から落ちて右足を骨折して入院していたんですけれど、その時に子供の病棟が空いてなくて大人の病棟に入ったんです。
そこにいっぱい漫画が置いてあって、幼稚園児だったので字もそんなに読めないんですけど、兄がいたので教えてもらいながら読んでいました。
赤塚さんの絵って線がシンプルで可愛いじゃないですか。子供にとって飛びつきやすいんですよね。

石丸:赤塚さんといえば、「ひみつのアッコちゃん」や「天才バカボン」が思い浮かびます。

松尾:赤塚さんの作品って、子供が読んでも取っつきやすいし、病院の中で動き回ることも出来なくて鬱々としている中、笑わせてくれるものが近くにあるのはすごくいいなと思っていました。

石丸:ついものまねしたくなる魅力にも溢れてる作品が多いですよね。

松尾:「シェー!」は流行りましたね。

石丸:当時の子供たちみんながテレビでも知っていて、笑いというのはそこから教えてもらったような気がします。

松尾:そうなんです。赤塚さんが今の漫画家と違うところは、本人がスターなんですよね。
 流行語も生まれましたし。ギャグ漫画から流行語が出るなんて、まずないじゃないですか。

石丸:確かにそうですね。

松尾:フレーズもののギャグとか、形のギャグとか、芸人ではなく漫画家一個人が生み出して現象を作っていたというのが、僕からしたらすごくインパクトがあります。

石丸:赤塚さんのどういうところが魅力だと思いますか?

松尾:殴る蹴るは当たり前だし、主人公が急に爆発したりと、意外と残酷なところもあったりするんです。
赤塚さんの人生について調べてみたりもしたんですけど、満州からの引き上げのときに結構ひどい目にあったりとか、人間のとてつもなく暴力的な側面を見て育っていらした方なんですよね。
でも、それを作品の中で悲しみとして表さずに笑いとして表現してるみたいなところが赤塚さんのすごいところだなと思います。

石丸:赤塚さんの漫画は、松尾さんの笑いの原点でもあるんですね。

松尾:そこは確かにあると思っています。

null

Articles― 最新のTHE NATURE OF TIME ―

nullview
01Dec.2019
12月はシンガーソングライターの秦基博さんをゲストにお迎えします
nullview
30Nov.2019
Vol.35 首藤康之さん(バレエダンサー)
nullview
23Nov.2019
Vol.34 首藤康之さん(バレエダンサー)
nullview
16Nov.2019
Vol.33 首藤康之さん(バレエダンサー)
nullview
09Nov.2019
Vol.32 首藤康之さん(バレエダンサー)
nullview
02Nov.2019
Vol.31 首藤康之さん(バレエダンサー)
nullview
01Nov.2019
11月はバレエダンサーの首藤康之さんをゲストにお迎えします
nullview
26Oct.2019
Vol.30 松尾スズキさん(監督)
nullview
19Oct.2019
Vol.29 松尾スズキさん(監督)
nullview
12Oct.2019
Vol.28 松尾スズキさん(監督)
nullview
05Oct.2019
Vol.27 松尾スズキさん(監督)
nullview
01Oct.2019
10月は、作家、演出家、俳優の松尾スズキさんをゲストにお迎えします
nullview
21Sep.2019
Vol.25 山田孝之さん(俳優)
nullview
14Sep.2019
Vol.24 山田孝之さん(俳優)
nullview
07Sep.2019
Vol.23 山田孝之さん(俳優)

Message―メッセージ―

番組では皆様からの感想・メッセージを
お待ちしております。