TOKYO FM
GRAND SEIKO

Articles― 最新のTHE NATURE OF TIME ―

12 Oct.2019
null

Vol.28 松尾スズキさん(監督)

null



石丸:このサロンでは、人生で大切にしている“もの”、“こと”についてお伺いしていますが、今週はどんなお話を聞かせていただけますか?

松尾:今日は「喜劇」についてです。


石丸:喜劇は演劇のジャンルの一つですが、どういう風に大切になさってるんですか?

松尾:自分の居場所として大切にしています。
よく、「松尾さんは作家も演出家も俳優もコラムもやっていますけど、どれに一番主軸を置いてるんですか?」ということを聞かれるんです。
それで、いつも返答に困るんですよ。どれをやっていても楽しいし、どれが自分の主軸なのかなと考えたときに、喜劇を作ることだと思ったんです。
喜劇に関わっている人間という意味で、喜劇人ということにしようと。

石丸:最近は喜劇人と呼ばれる方が少なくなったような気がします。

松尾:そうなんですよね。今は誰を持ってして喜劇人と言うんだろうとか、ちょっと考えるんです。僕らの子供の頃は、森繁久彌さんを筆頭に、三木のり平さんとか有島一郎さんとか。渥美清さんもお亡くなりになりましたけれど……。
お好きな喜劇人はいらっしゃいました?

石丸:ハナ肇さんとかクレイジーキャッツの皆さんはよくテレビで観ていましたね。
今のお笑いはドロッとしたものもあるんですけど、あの当時はそんなのがなくて乾いている笑いが多かったですよね。

松尾:都会っぽい感じもしましたね。

石丸:そうですね。自分たちの肌身に近い。そんな喜劇がいっぱいあった気がします。
松尾さんの目指している喜劇というのは、そこに比べて少し違う気もしているんですが……。

松尾:確かにね(笑)。ちょっと違うんですけど、喜劇人というポジションに憧れるんですよね。
自分は喜劇人だと言い切ってしまえるポジションというか。僕は子供の頃、欽ちゃんが大好きだったんですよ。

石丸:萩本欽一さんですね。

松尾:コント55号時代なんですけど、コント55号時代は観たことありますか?

石丸:あります。坂上二郎さんと二人で舞台狭しと走り回っていましたね。

松尾:走り回ったり二郎さんを蹴っ飛ばしたり、ああいう動きとかテンションとかが大好物だったんです。
芸人さんがバラエティとかでやっている笑いじゃなくて、動きで魅せる喜劇とか、映画とか舞台で観れる喜劇みたいなのが大好きでした。
ただ、今はあまりないじゃないですか。森繁久弥さんの社長シリーズや、フランキー堺さんの駅前シリーズとか。
喜劇専門の俳優さんは、今はあまりいないですけれど、僕はその位置にいたいなと思っています。

石丸:今の私たちは、松尾さんが生み出される映画や舞台から、こんな笑いがあったんだ、こんなに毒があるのに笑えるんだ、と知らされている気がします。
そういった意味では松尾さんは、まさしく現代の欽ちゃんですし、渥美清さんですね。


null

Articles― 最新のTHE NATURE OF TIME ―

nullview
01Aug.2020
Vol.70 Toshl(龍玄とし)さん(アーティスト)
nullview
01Aug.2020
2020年8月は、アーティストのToshl(龍玄とし)さんをゲストにお迎えします
nullview
25Jul.2020
Vol.69 小澤征悦さん(俳優)
nullview
18Jul.2020
Vol.68 小澤征悦さん(俳優)
nullview
11Jul.2020
Vol.67 小澤征悦さん(俳優)
nullview
04Jul.2020
Vol.66 小澤征悦さん(俳優)
nullview
01Jul.2020
2020年7月は、俳優の小澤征悦さんをゲストにお迎えします
nullview
27Jun.2020
Vol.65 井上芳雄さん(俳優)
nullview
20Jun.2020
Vol.64 井上芳雄さん(俳優)
nullview
13Jun.2020
Vol.63井上芳雄さん(俳優)
nullview
06Jun.2020
Vol.62 井上芳雄さん(俳優)
nullview
01Jun.2020
2020年6月は、俳優の井上芳雄さんをゲストにお迎えします
nullview
30May.2020
Vol.61 佐藤卓さん(グラフィックデザイナー)
nullview
23May.2020
Vol.60 佐藤卓さん(グラフィックデザイナー)
nullview
16May.2020
Vol.59 佐藤卓さん(グラフィックデザイナー)

Message―メッセージ―

番組では皆様からの感想・メッセージを
お待ちしております。