TOKYO FM
GRAND SEIKO

Articles― 最新のTHE NATURE OF TIME ―

30 Nov.2019
null

Vol.35 首藤康之さん(バレエダンサー)

null



石丸:4週にわたって、人生で大切にしている“もの”、“こと”についてお伺いしてきましたが、 最終週は“時を重ねながら、長く大切にしていきたいこと”についてお聞きします。
それは、何でしょうか?


首藤:「午前中のレッスントレーニング」です。


石丸:これは第一週のお話しにも繋がりますが、改めて、トレーニングを毎日続けるということは、首藤康之という人間にとって、どういう意味があるのでしょうか?

首藤:首藤康之という人間でいるための手段とも言えます。毎日トレーニングをしなければ僕自身でいられないんです。
日常生活や仕事をしていく中で、どうしてもいろんな方向にブレると思うんです。それをまっすぐに戻してくれるのがレッスンであり、トレーニングです。しかし、毎日続けるためには最初の方は辛抱強くいかないといけないし、すごく大変なことですよね。
ル・コルビュジエという建築家がいらっしゃって、彼が78歳ぐらいで亡くなる一ヶ月前に残した言葉の本を読みました。
彼の本には「自分の人生っていうのが何かわからなかったけど、人生というのは何かをしなきゃいけない」と書いてあったんです。
そして、「心変わりをしなかったことが自分にとってすごく良かったことだ」と書いてあって、つまりは建築をずっと突き詰めていたそうなんです。
彼は結婚もしたんですけども、子供を持つことも止めて建築に全てを注いだ。なので、奥さんは建築をやる彼のことをずっと支えていたんです。
「心変わりしないということはすごく辛抱強いことだし、謙遜とかそういうものが必要になってくるけど、一番実りが大きい物」という言葉も残されています。

石丸:深いですね。

首藤:その言葉を知ってから、余計に自分自身のレッスンとトレーニングを大事にするようになりました。

石丸:心変わりをせず、ずっと自分のベース(基礎)としてレッスンを続けると。

首藤:それが、人生で何かをやっているという事だと、ル・コルビュジエさんの本には書いてありました。生きてるからには、“自分が何かをやっている”という意識を持っていたいと思ったときにその言葉を頂いたので、すごく自分の中に残っています。
人間だから身体が重くてなかなかバーを掴めない、バーを掴むまでにすごく時間のかかる日というのも実はあるんです。

石丸:そうなんですね。

首藤:バーを持つためにも、そういう言葉を思い出しています。

石丸:この言葉は支えになっていますね。
毎日やるからこそ、そこから自分らしさが芽生えてくると思うんですけども、人に対しては何かありますか?

首藤:(トレーニングによって)自分自身がニュートラルになるので、何があっても怒らなくなりました。
元々、怒りっぽいタイプでしたし、昔はせっかちですぐカッとなっていたんですけども、規則正しくしていると怒らなくなるんだな、と思いました。

null

Articles― 最新のTHE NATURE OF TIME ―

nullview
01Feb.2020
2020年2月は、ミュージシャンでアーティストの石井竜也さんをゲストにお迎えします
nullview
25Jan.2020
Vol.43 笠原将弘さん(料理人)
nullview
18Jan.2020
Vol42. 笠原将弘さん(料理人)
nullview
11Jan.2020
Vol41. 笠原将弘さん(料理人)
nullview
04Jan.2020
Vol. 40 笠原将弘さん(料理人)
nullview
01Jan.2020
2020年 1月は料理人の笠原将弘さんをゲストにお迎えします
nullview
28Dec.2019
Vol.39 秦 基博さん(歌手)
nullview
21Dec.2019
Vol.38 秦 基博さん(歌手)
nullview
14Dec.2019
Vol.37 秦 基博さん(歌手)
nullview
07Dec.2019
Vol.36 秦 基博さん(歌手)
nullview
01Dec.2019
12月はシンガーソングライターの秦基博さんをゲストにお迎えします
nullview
30Nov.2019
Vol.35 首藤康之さん(バレエダンサー)
nullview
23Nov.2019
Vol.34 首藤康之さん(バレエダンサー)
nullview
16Nov.2019
Vol.33 首藤康之さん(バレエダンサー)
nullview
09Nov.2019
Vol.32 首藤康之さん(バレエダンサー)

Message―メッセージ―

番組では皆様からの感想・メッセージを
お待ちしております。