TOKYO FM
GRAND SEIKO

Articles― 最新のTHE NATURE OF TIME ―

08 Aug.2020
null

Vol.71 Toshl(龍玄とし)さん(アーティスト)

null




石丸:今週もよろしくお願いします。このサロンではゲストの皆さんに人生で大切にしている“もの”、“こと”についてお伺いしていますが、今日はどんなお話をお聞かせいただけますか?

Toshl(龍玄とし):今日は「羽生結弦さんとの出会い」についてです。


石丸:羽生結弦さんといえばフィギュアスケート、オリンピックの金メダリストですよね。出会いは何だったのでしょう?

Toshl(龍玄とし):出会いは、昨年の「ファンタジー・オン・アイス 2019」というアイスショーです。僕の作った楽曲で、羽生結弦さんがパファーマンスをしてくださり、僕が歌うというプログラムがありまして、全国を1ヶ月に渡ってツアーしました。

石丸:それまでは一度もお会いしたことはなかったのですか?

Toshl(龍玄とし):僕が出た紅白歌合戦の時に審査員でいらっしゃっていて、ご挨拶をさせて頂きました。それまでは接点は全くなかったんです。僕は今まで、色んな人に出会い、感動し、影響を受けてきました。羽生結弦さんからも大きな感動を頂くことができ、僕の人生にとって大切な出会いでした。

石丸:ふつうフィギュアスケートは、競技の時だと、録音された音源に合わせて演技をされますよね。でも今回のパフォーマンスは、生で歌ってるわけですから、選手の動きと音の関連が微妙に変わってきますよね?

Toshl(龍玄とし):そうですね。

石丸:僕はこの映像を拝見したんですけど、(動きと音の関連が)見事なんですよ。

Toshl(龍玄とし):ありがとうございます。それはもう羽生さんが凄いんです。

石丸:Toshl(龍玄とし)さんも凄いですよ!(映像を観て)“どうやったら(羽生さんのジャンプの)着地点と、(Toshlさんの)歌が爆発しているタイミングが合うんだろうか”と。僕は真っ先にそこに意識が向いてしまいました。

Toshl(龍玄とし):羽生さんのリハーサルの時に、初めて舞を拝見させて頂いたんですけども、“観たら感動してしまって歌えなくなるな”と思ったんです。だから、“観ているようで観ない”と、まず決めたんです。観たいけど(笑)。凄すぎるんです。

石丸:観ていないのに、クライマックスで盛り上がる感覚が、まるで一緒に滑っているかのようなんですよ! これって何なんでしょう?

Toshl(龍玄とし):羽生さんがコメントで「Toshl(龍玄とし)さんの中に入って自分は表現します」と仰ってくださったんですね。僕の人生観とか、経験してきた事とか、僕の著書とか、そういうものを深く感じ取ってくださって。“僕の曲も全部死ぬほど聴きまくった”と仰ってましたので、徹底的に聴いて完全に身体に入れて、その上で舞ってくださったんだと思います。

あるリハーサルの時に、一瞬、ギターのフレーズが遅れたんです。そしたら羽生さんが、「ちょっと今の遅いです」となるわけです。僕らミュージシャンは、“えっ、こんなことでも分かっちゃうの?”と。(羽生さんは)それぐらい繊細に音楽を追求されている。

僕は、パフォーマンスする時は、その時のライブ感、つまり、その時の気分とか雰囲気で歌っている事が多かったんですけど、“これは羽生さんに気持ち良く舞って頂けるように、寸分違わず、なるべく邪魔にならないように歌わないとダメなんじゃないかな”と思って、細心の注意を払って歌っていましたね。

石丸:そんな境地に至ったわけですね。Toshl(龍玄とし)さんも羽生さんの中に入って、一緒になった…みたいなことですか?

Toshl(龍玄とし):そこまでは中々出来ないと思いますけど、気持ち的には羽生さんと一体になって歌ったつもりでいました。

実は最初は、「CRYSTAL MEMORIES」も「マスカレイド」も、原曲よりキーを下げて臨もうと思っていたんです。長丁場だし、三日間連続だし、氷の上ということもあり、自分も安全に歌い易いように、また声が枯れないようにと思って、キーを下げていたんです。

でも、死ぬほど聴きまくってくれた羽生さんが、リハーサルで大汗をかいて真剣に取り組んでくださっている姿を見て、「なんでそんなに一生懸命やれるんですか?」って聞いたら、「自分は一生懸命やることしか能がないんで」と。
楽屋でも色々と2人で語りあったりしたものですから、自分も安全圏に入って身を守るようなことは失礼だなと思って、キーも元に戻させて貰って。羽生さんからも「ずっと聴いてきたので、元キーにしてくださって、本当にやり易いです」と言って頂いて。

石丸:そう仰ったんですか!

Toshl(龍玄とし):はい。人としての在り方とか生き様とか、そこへ向かうストイックな姿勢とか準備とか、アイススケート、フィギュアスケートの裏を初めて見ましたので。
アスリートの世界は“結果”なので、その為に、目に見えないところでどれだけの準備、努力をやってらっしゃるのかを、一部でしょうが少し拝見させて頂いて、自分の価値観がひっくり返るような衝撃を受けましたね。

石丸:Toshl(龍玄とし)さんはいつも本気だけれど、より本気にさせられてしまうという。ガチンコ勝負ですね。

Toshl(龍玄とし):とてもじゃないけど追いつかないので、自分もチャレンジをして挑んでいって、やっと一緒に作らせて頂く土俵に上がれるかなぁ、という感じでしたね。

石丸:実際に間近で飛んでいるところ、舞っているところをご覧になって、どんな音がするんですか?

Toshl(龍玄とし):“シュー、ピッ!”

石丸:それは、こちらに向かってきている時のエッジが氷に当たっている感じ?

Toshl(龍玄とし):そうです(笑)。凄い音がするんです。ジャンプが凄く高いので、その時に“フゥフゥーッ”みたいな、空気が振動する音がウワーッと来るんです。あんなに音がするって事を、テレビで観ていただけでは分からなかったです。

石丸:確かにね。競技とはいえ音楽がかかっていますから、そういう氷の音って(テレビを観ているだけでは)聞こえないですよね。

Toshl(龍玄とし):僕は、リンクとほぼ同じ場所にいましたので(音を感じることが出来た)。あとは、“スピード”ですよね。

石丸:どんな感じでした?

Toshl(龍玄とし):なんて言ったら良いのか……。本当の“ファンタジー”なんですよね。この世のものとは思えないようなスピード感と、美しさ。芸術的表現ですね。

石丸:凄い速度ですよね。

Toshl(龍玄とし):“身体、どうなってるの?”みたいな。それを間近で観たら、お互いアーティスト同士ではあるんですが、目が乙女になって(笑)。

石丸:惚れちゃいますか(笑)。

Toshl(龍玄とし):人としてもそうだし、アスリートとしても惚れちゃいます(笑)。本当にもう、凄かったです。

石丸:Toshl(龍玄とし)さんから見た羽生結弦さんって、どんな方ですか?

Toshl(龍玄とし):“圧倒的な人”です。色んな事を細やかに考えられていてこだわりがありますし、本当に人として尊敬出来る、深いお人柄を持っていらっしゃいますね。でも、お茶目なんですよ。

石丸:“お茶目”ですか?

Toshl(龍玄とし):お茶目なんです。そのギャップにやられちゃうんですよ。羽生さんは、“プーさん”がお好きじゃないですか。

石丸:そうですよね。よく“プーの嵐”って言いますよね(笑)。

Toshl(龍玄とし):“プーの嵐”(笑)。僕も喜んで頂けたら良いなと思って、内緒でプーさんのTシャツを着て、そこに夜な夜なクリスタルを貼ってプーさんを彩って、それをリハーサルの時にパーっと見せたんですよ。

石丸:どんな反応でしたか?(笑)

Toshl(龍玄とし):「えー、可愛い!」みたいな(笑)。羽生さんが「これどうなってるんですか?」って言って触ろうとしたら、ノリがちゃんとくっついてなくて、(貼ったクリスタルが)ポロポロと…。

石丸:散りましたか?(笑)

Toshl(龍玄とし):リンク上に(笑)。やばいじゃないですか! 2人して一生懸命拾ってました。

石丸:そうなんですか!

Toshl(龍玄とし):リハーサルの時も最後までリンクに残っていて、「何しているんだろうな?」って見ていたら、リンクのゴミを1人で拾っているんですよ。ゴミと言っても本当に小さいものなんですよ。ゴミを拾って1個1個片付けて、最後も深くお辞儀をして、リハーサルを終える。

石丸:道場と同じですよね。

Toshl(龍玄とし):本当に神聖な場所として、毎日欠かさずやってらっしゃったので、色々な素敵な場面を拝見させて頂きました。

石丸:僕らより半分くらいの年齢ですよね、でも、“人として完成している”というか、尊敬するところが沢山ありますね。

Toshl(龍玄とし):ツアーの最終日はお互い早く出なくてはいけなかったので、ご挨拶もきちんとは出来なかったのですけど、お手紙が置いてあって。中に書いてあることも、そういう(手紙を書いてくれるという)配慮も嬉しかったですね。“明日からまた頑張っていこう!”という思いや言葉を頂いて。
僕の方が全然、歳を取っているんですけど、(羽生さんは)凄かったですね。

null

Articles― 最新のTHE NATURE OF TIME ―

nullview
07Nov.2020
Vol.84 速水もこみちさん(俳優)
nullview
01Nov.2020
2020年11月は、俳優の速水もこみちさんをゲストにお迎えします
nullview
31Oct.2020
Vol.83 舞の海秀平さん(相撲解説者・マルチタレント)
nullview
24Oct.2020
Vol.82 舞の海秀平さん(相撲解説者・マルチタレント)
nullview
17Oct.2020
Vol.81 舞の海秀平さん(相撲解説者・マルチタレント)
nullview
10Oct.2020
Vol.80 舞の海秀平さん(相撲解説者・マルチタレント)
nullview
03Oct.2020
Vol.79 舞の海秀平さん(相撲解説者・マルチタレント)
nullview
01Oct.2020
2020年10月は、相撲解説者・マルチタレントの舞の海 秀平さんをゲストにお迎えします
nullview
26Sep.2020
Vol.78 関根勤さん(タレント)
nullview
19Sep.2020
Vol.77 関根勤さん(タレント)
nullview
12Sep.2020
Vol.76 関根勤さん(タレント)
nullview
05Sep.2020
Vol.75 関根勤さん(タレント)
nullview
01Sep.2020
2020年9月は、タレントの関根勤さんをゲストにお迎えします
nullview
29Aug.2020
Vol.74 Toshl(龍玄とし)さん(アーティスト)
nullview
22Aug.2020
Vol.73 Toshl(龍玄とし)さん(アーティスト)

Message―メッセージ―

番組では皆様からの感想・メッセージを
お待ちしております。