1. TOP
  2. MAGAZINE
  3. 2022.4.9 TODAY'S PLAYLIST 若手アーティストをピックアップ

54若手アーティストをピックアップ

SONGS
Marvelous / Wallows
Playin' Me Back / bülow
You /
Niall Mutter
This Charming Man / The Smiths

THIS WEEK'S NEW MUSIC PLAYLIST

M1 Marvelous / Wallows
新年度にピッタリというかね、さっき言ったように「あっ、あの子と同じクラスになった、やったー!!」みたいな、そんな帰り道に聴きたくなるような曲なんじゃないかなと思いますけど。Wallowsというバンドは若手のバンドさんなんですが、実は俳優業とかもやってて、Netflixの『13の理由』っていう、ジャケはカッコいいから面白そうだなーと思ったんですけど。俳優としても活躍されている方がメンバーでいらっしゃって、バンドもカッコいい。モテモテ街道真っしぐらじゃないですか。でもカッコいいだけじゃなくて、ちょっと抜けた感じのあるLA感というかね。そこはやっぱ素敵だなーと思います。Wallowsは他にもいい曲沢山あったりするので、是非チェックしてもらいたいなと思います。スーツというか、学生服みたいな感じの雰囲気で、なんとなくFoster the People的な雰囲気も纏ってるんですけど、もう少しバンドバンドしてて、良い意味での学生バンド感、カレッジバンド感がすごく気持ち良いバンドだなと思ってます。

M2 Playin' Me Back / bülow
ドイツ出身でカナダ在住という感じの人達らしいんですが、色んな音楽というかジャンルが混ざっていて形容しがたい…とにかくカッコいいなと思いました。Fiona Appleみたい!と思いきや、Sheryl Crowだったりもするし、ちょっとBillie Eilish的な雰囲気もあるし、すごく明るいかといえばそうではない、なんか不思議な楽曲だなと思って、おと、をかしでかけようかなと思ったんですけど。bülowというアーティスト名なんですけど、最初ちょっと読めなかったんですけど…音作りだったりとか構成・アレンジとかがすごく面白くて、勉強になりますね。まだ22歳!末恐ろしいですね。素敵な楽曲です。

M3 You / Niall Mutter
すごく素敵だし、このリフをね〜…ひたすらレコーディングの合間にヒロ君に、この曲ちょっと弾いてよって言って「ドゥッドゥッドゥッドゥッ♪」って弾いてもらいましたね(笑)その間ニヤニヤしてるっていう一幕がありましたけど。洋楽の素敵な所って、リフ一発良いの生み出しちゃえば1曲作れちゃった、みたいなのがあって、その上に皆んなが歌乗せたりとか、ベース・ドラム乗せていったりとか。何か一つのきっかけでそれに対して自分のアレンジだったり想いを乗っけてくみたいな感じて作ってるのかなーと想像つくことが多くて。恐らくそうだと思うんですよ。やっぱりセッションで作ってるんだろうなと思ったりしますね。もしかしてNiall Mutterさんはソロでやってる方だと思うから、1人で全部やってるのかもしれないですけど。バンドはそういうの多いんじゃないかな。ちなみにマル秘情報ですが[Alexandros]の最近の楽曲はそんな感じで作っております。

今日のセンタク
M4 This Charming Man / The Smiths
春の歌ってことではないと思うんですけど、すごく春にもピッタリな曲だと思いますね。ちなみにThe SmithsのJohnny Marrさんは僕の大好きなOasisのNoel Gallagherの大先輩でもあり、Noelが影響を受けた、ギタリストといえばJohnny Marrだなと言ってるのをよく聞いて、そうなんだ、じゃあThe Smiths聴いてみよって思って聴いたら、全然Oasisの雰囲気と違うじゃんて思ってビックリしたのを覚えてますね。Johnny Marrさんは確かOasisが売れる前に、まだ全然お金が無かったNoel Gallagherに、自分のギターをプレゼントしたことがあるという逸話を聞いて、それを最近インタビューで語ってて、「あの時はまだ売れるかどうかわからなかったけど、今では最高の自慢だぜ!」みたいなことを言ってて。先輩が、自分の後輩が売れたことを自慢するって、すごく素敵なことだなというか。やっぱり可愛がってた感じの雰囲気が会話から垣間見えますね。こうやって話すると、イギリスのバンドっで上下関係がしっかりしてんだなって思いますね。

昔聞いた逸話で、スカパラの加藤さんがどこかのフェスで、Kula Shakerと会った時に、楽屋とかでアーティストエリアでKula Shakerがわーっと騒いでたんですって。そしたら、Oasisがその時のフェスのトリだったんでしょうね。バッと登場した瞬間に、いきなりKula Shakerが大人しくなって(笑)「先輩、お疲れ様っす!」みたいな感じに。「いや加藤さん、お疲れとは言ってないんじゃないですか?」みたいなこと言ったら「いや、そんな雰囲気だったんだよ」って(笑)だから日本て上下関係あるんだけど、意外ともっとフランクなんですよ。そんな畏まるような雰囲気はフェスの裏だったりとかそこまで無いんだけど、当時は90年代、ブリットポップの時代とかってのはそいういう所あったのかなぁ。90年代、フェスの裏側特集みたいな、そんな映画が出てきたら面白いですね。喧嘩シーンとかね(笑)

PODCAST

今回は転職についての相談にのっていきます!洋平さんもふっとした時に考えてしまうというこの問題…導き出した答えとは!?さらに!久しぶりに映画の話題も!!!今週も話題がボリューミーです(笑)

  • 171
    SONGS
    Disco 2000 / PULP
    Start Again / Been Stellar
    Bon Bon / Fcukers
    Run It Back / Still Woozy
  • 170
    SONGS
    冷めちゃう / [Alexandros]
    アフタースクール / [Alexandros]
  • 169
    SONGS
    Pra Rua Me Levar / Ana Carolina
    不眠飛行(粵語) / Faye Wong
    Sexy to Someone / Clairo
  • 168
    SONGS
    アフタースクール / [Alexandros]
    My Best Friend / MEJA
    Dream / PRISCILLA AHN
  • MESSAGE

    Twitterオンエアの感想は #おとをかし でも待ってます!

    リクエスト
    “今のあなたの気分”を教えてください。その他にも相談や質問をはじめ、 あなたの声をお届けください。メッセージはフォームにあるプルダウンから内容にあった項目をセレクトしてお送りください。
  • Twitterオンエアの感想は #おとをかし でも待ってます!

    本日のお菓子クイズ
    「おと、をかし」にちなみ、放送中にお菓子を食べています。”今日のおかし”何を食べていたでしょうか?商品名を明記して応募してくださいね。見事、的中した方には番組特製オリジナルステッカーをプレゼント♪
  • PLAYLIST
    Spotify
    川上洋平自らが選曲する国内外の珠玉の名作、ドライブ好きな一面からドライブミュージック、映画好きな一面から名作サウンドトラックなどをプレイリストにしてお届けします。
Photo by ERINA UEMURA