毎週月〜金 JFN38局ネットでお送りする「あぐりずむ」では、毎週木曜に「ニッポンおむすび便り」プロジェクトをお届けします。

「白とろろおむすび」from 富山

18.04.19
富山県のご当地おむすびを、FMとやま、アナウンサーの堀池真緒さんに教えて頂きました。
「白とろろおむすび」です。


富山県は、江戸時代に北海道から運ばれた昆布の食文化が根付いていて、昆布巻きや、刺身の昆布締めだけでなく、昆布のかまぼこ、とろろ昆布のすまし汁など、とにかく昆布をたくさん食べるそうです。

昆布の表面は黒い色ですが、芯は白い色をしています。
削る場所によってとろろ昆布の色は異なるんですね。

今回の具材は、「白とろろ」。
旨味のある昆布の芯に近いところを削った「白とろろ」はやわらかく、料理をまろやかにしてくれます。

null

おむすびに使うお米は、富山県産「ひぞっこ倶楽部」。

北アルプスから流れる清らかな水。そして肥沃な大地。
「ひぞっこ倶楽部」は、そんな米づくりに適した環境と、真面目な県民性が育んだ傑作、「富山米コシヒカリ」です。

もちもちとした粘りのある食感と、甘味のあるバランスのとれた美味しさが特徴です。

null

まん丸に握ったおむすびの周りに白とろろをまぶせば、、、

null

null

フワフワの見た目もかわいい「白とろろおむすび」の完成です!

null

しっかりとした粒のお米に、フワッと柔らかい白とろろ。
対照的な食感がおむすびにするとピタッとマッチ。

“とろろ好き”の川瀬良子、思わず小躍りするおいしさでした。
富山県の味、ごちそうさまでした〜!

null

  • mixiでシェアする
全農Apron
JAタウン

おむすび便り募集

応募する

JFN各局の放送日時

各局放送時間