全国に広がるJFN38局から寄せられたご当地食材でおむすびをつくろう!

Date fm(エフエム仙台)から「牡蠣の佃煮おむすび」

18.12.06
宮城県のご当地おむすびを、Date fm(エフエム仙台)、パーソナリティの井上崇さんに教えて頂きました。「牡蠣の佃煮おむすび」です。


まさに今の冬の時期、旬を迎えている宮城県産の牡蠣。

日本三景のひとつ、松島をはじめ、宮城県内の三陸沿岸で養殖が盛んです。
殻つきの生や、カキフライは勿論美味しいのですが、今回、おむすびに合わせる具材として選んで頂いたのが、醤油・砂糖・みりんで煮込んだ「牡蠣の佃煮」です。

お酒のお供にされる方も多いということですが、ごはんに混ぜると、牡蠣ご飯として美味しく頂けるんだそうですよ〜!


おむすびに使うお米は、、、宮城県産「ひとめぼれ」。

宮城の気候風土に合わせて育成された「ひとめぼれ」は、お米につやがあり、適度な粘りとサッパリとした口あたりが特徴。

まさに「おいしい」に“ひとめぼれ”できる、美しく美味しいお米です。
粘り・つや・うまみ・香りのトータルバランスが良く、いろいろな料理にぴったり。
料理の幅を広げてくれるお米です。


牡蠣の佃煮を大きめに刻んで、炊き上がったご飯に混ぜ込み、、、



三角に握れば出来上がりです!



具だけではなく、佃煮の汁も一緒に混ぜることで、甘辛さがご飯にマッチして、美味しいおむすびに。

宮城の旬の味、たっぷりと堪能させて頂きました。
ごちそうさまでした〜!
  • mixiでシェアする
全農Apron
JAタウン

おむすび便り募集

応募する

JFN各局の放送日時

各局放送時間