全国に広がるJFN38局から寄せられたご当地食材でおむすびをつくろう!

エフエム佐賀から「生のりの佃煮おむすび」

19.01.24
佐賀県のご当地おむすびを、エフエム佐賀のアナウンサー、サトユミ☆さんに教えて頂きました。
「生のりの佃煮おむすび」です。


佐賀県の南側に広がる「有明海」は、日本有数の海苔の産地として有名です。

そんな、有明海産の「生のり」だけを使った佃煮が今回の具材。
摘みたての生のりがそのまま原料で、なめらかな口当たりと、海苔本来の葉っぱの食感が楽しめます。
佐賀の漁師さんが冬の海苔シーズンに、生のりを炊き上げて食べていた「漁師めし」を参考にして製品化されました。


おむすびに使うお米は、、、佐賀県産「さがびより」。

佐賀のおだやかな気候、肥沃な大地、豊かな水、豊潤な自然の恵みを生かして、生産者さんたちが丹精近こめて育てた「さがびより」。

日本穀物検定協会の「米の食味ランキング」で、8年連続「特A」に評価されました。
つやがよく、粒も大きくしっかりしていて、食感はもっちり。
甘み、香りが良く、時間が経っても美味しい、佐賀県が誇るお米です。


「生のりの佃煮」のトロッと滑らかな風味をいかし、炊き立てのごはんに混ぜ混みます。
刻んだ大葉と白ごまも合せてみましたよ〜。



食べやすいサイズの「俵型」に握れば完成です!



大粒のごはんのもっちり感が、なめらかな海苔の佃煮にからんで、口当たりの柔らかいとってもおいしいおむすびに仕上がりました!

佐賀の味、ごちそうさまでした〜!
  • mixiでシェアする
全農Apron
JAタウン

おむすび便り募集

応募する

JFN各局の放送日時

各局放送時間