全国に広がるJFN38局から寄せられたご当地食材でおむすびをつくろう!

紫錦梅(しきんばい)のおむすび・茨城

19.07.25
茨城県のご当地おむすびを、川瀬良子がご紹介します!
「紫錦梅のおむすび」です。


梅をつぶして、紫蘇の葉で漬け込んだものを「紫錦梅」といいます。
茨城といえば、梅の名所・水戸の偕楽園が有名ですが、水戸藩主だった徳川斉昭が、ここの梅を使って考案したのが「紫錦梅」のはじまりと言われています。

今回は、そんな茨城の梅を使った「紫錦梅」がおむすびの具材。


おむすびに使うお米は、茨城県産「ふくまる」。

平成25年にデビューした、茨城県のオリジナル品種のお米。
粒の大きさ、噛み応えのある食感と、噛むほどに膨らむ、とっても豊かな味わいが特徴です。
冷めてもおいしいお米なので、おむすびにもぴったりですね!


紫錦梅を混ぜご飯にして、三角おむすびに握ります。



最後に、三角のてっぺんにも紫錦梅をちょこんと乗せれば、見た目にもかわいいおむすびの完成です!


酸味と塩味がしっかりと効いた「紫錦梅」が、ごはんとしっかり混ざり合って、食べ応えのあるおむすびです。
夏の塩分補給にもぴったり!茨城県の味、ごちそうさまでした〜。
  • mixiでシェアする
全農Apron
JAタウン

おむすび便り募集

応募する

JFN各局の放送日時

各局放送時間