全国に広がるJFN38局から寄せられたご当地食材でおむすびをつくろう!

広島FMから「牡蠣醤油味付けのりのおむすび」

19.10.10
広島県のご当地おむすびを、広島FM、パーソナリティの近藤志保さんに教えて頂きました。
「牡蠣醤油味付けのりのおむすび」です。


広島と言えば、牡蠣。
そんな広島には、お土産にもぴったりな、万能なつゆ「牡蠣醤油」があります。

新鮮な広島の牡蠣からエキスを抽出し、かつおや昆布のだしも加わって、うまみの詰まった調味料。
お料理に使ったり、冷ややっこにかけたりすると、普段のメニューの風味がワンランクアップすること間違いナシ!

今回、ご紹介するのは、そんな牡蠣醤油味の味付け海苔で巻いたおむすびです。

西日本のおむすびの海苔は、味付けのりを使うことが多いのですが、この牡蠣醤油味付けのりを使うと、シンプルだけど、より香りの高い、おいしいおむすびができあがりますよ!


おむすびに使うお米は、広島県産、「3-R(さんあーる)おおあさ こしひかり」です。

「JA全農ひろしま」が立ち上げた、「3-R」という資源循環型ブランドの商品で、畜産の堆肥を活用した“環境保全米”。
中国山地に囲まれた広島県北広島町で作られたおいしいお米です。


俵型のおむすびを握って、牡蠣醤油味の味付け海苔をぐるっと巻けば、ハイ、完成〜!



牡蠣の旨味がたっぷりと詰まったおいしい味付け海苔が、粒の際立ったごはんをしっかりと包んで、まるっとパクッと何個でもいけるお味に仕上がりました。

広島県の味、ごちそうさまでした〜!
  • mixiでシェアする
全農Apron
JAタウン

おむすび便り募集

応募する

JFN各局の放送日時

各局放送時間