2011/5/1
震災から二ヶ月近く経ちますが、みなさまどのようにお過ごしでしょうか。

気が張っているときには気付かないこともあるようで、江原さんは「本当の意味での悲しみや落ち込みは、落ち着いた頃にやってくる。一番大事なのはこれから。しっかりみなさまと寄り添っていきたい」と言っていました。これからもみなさまに寄り添える番組をお届けしていければと思っています。



今夜お届けしたナンバー
◇ Tears In Heaven / エリック・クラプトン
◇ ラピスの丘で / 江原啓之
◇ うちのお父さん / 南こうせつ

一曲目にお届けした『Tears In Heaven』は、エリック・クラプトンが4歳の息子の死を悼んで作られた曲です。この曲によって立ち直ったという話は多くの方がご存知だと思いますが、今回江原さんがエピソードを教えてくれました。イギリスの有名なスピリチュアリストで江原さんのである恩師ドリス・コリンズと、クラプトンは大変親しく、同じエージェントだったそうです。クラプトンの精神的フォローをしていたドリスは息子を亡くし、悲しみのどん底にいたクラプトンと話をしたそうです。クラプトンは、ドリスから伝えられた息子の死のこと、息子からのメッセージを基にしてこの曲を作り、立ち直ることができたということでした。江原さんはこの曲を聴くたびにドリス・コリンズの支え、寄り添ったその想い、愛を強く感じるそうです。思いがたくさん詰まった曲。これからも大切にしていきたいですね。


●あなたが感動した言葉―――

美しい唇であるためには 美しい言葉を使いなさい byオードリー・ヘップバーン

番組ではみなさんが感銘を受けた言葉を紹介していきます。

「知識ではなく知恵を求めよ。知恵は過去の産物だが、知恵は未来をもたらす」
(ラムさんが、受験勉強中にラジオで聞いたアメリカインディアンの言葉)


“知識”についての江原さんの好きな言葉も伺うことができました。

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」
「知識と教養は違う」

これからもたくさんの「あなたの感動した言葉」をお待ちしております。
大切な人、両親や祖父母、友人、恩師などから贈られた言葉、人生を変えた言葉を教えてください。


●いま江原に聞きたいこと―――

江原さんがとても驚いたメールをいただきました。
「最近になって江原さんが歌を歌っていることを知りました。江原さんにとって歌ってどういうものですか?」
ご存知の方も多いと思いますが、実は江原さんは18歳から声楽をやっていてオペラ・カンパニーである二期会所属の歌手なのです。
江原さんは、素敵な“おとたま”“ことたま”を伝えることの役目と感じ、ご自身のことを「“命の、魂のアーティスト”だと思っています」と答えてくださいました。

また、「人の気持ちがわかりすぎて困ることはありますか」というメールもいただきました。
人の気持ちがわかる人のことを海外では“センシティブ”と呼ぶのだそうです。
江原さんは以前、セールスする人の身の上が分かってしまってセールスに弱かったそうなのですが、人生を俯瞰して見られる今は、そのことをプラスに生かし「相手が何を望んでいるのか」ということを理解しながら本を書いたり、お話をされるのだそうです。
「思いやり、想像力をもてるのは“センシティブ”のおかげではないか」と江原さんは言っていました。

◇「いま江原にききたいこと」を募集しています。
最近悩んでいること迷っていること、江原さんについての質問などなどなんでも結構です。
たくさんのメールお待ちしています。

●江原さんのチャリティアルバム「おと語り」が5月11日(水)に発売が決定しました!!

CDの収益の一部は、被災された方々にお役立ていただくそうです。
今夜お送りした『ラピスの丘で』も収録されています。
いよいよ来週発売です!!みなさんで、素敵な“おとたま”“ことたま”を広げていきましょう。

江原啓之 公式サイト

前回から江原さんの交友関係を少しずつ教えていただいています。
今までお話に出てきた方は、イルカさん、南こうせつさん、さだまさしさん、作曲家の渡辺俊幸さんなどなど・・・
本日ご紹介させていただいたのは南こうせつさん。
南こうせつさんのご実家はお寺で、非常にスピリチュアルな方なのだそうです。

これからも江原さん交遊関係を少しずつ発表していきたいと思います。
江原さんの周りにはどんな方々がいらっしゃるのか、お聞きするのがこれから楽しみです。


●江原啓之 今夜の格言

「人生には必ず光と闇があります、光だけの人生はあり得ないのです」

「失敗をするために私たちは生まれてきました。失敗を乗り越えるためにいまここにいるのです」


●番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇あなたが感動した言葉
◇いま江原さんに聞きたいこと
メッセージの応募はこちらから
2011/4/24
最近、暖かくなったり寒くなったりしていますが、皆さま体調には気をつけてくださいね。

江原さんの今日の格言
「本当の孤独とは、だれからも必要とされないことです」という言葉は、
マザー・テレサがよく言っていた言葉だそうです。
また、よく似た言葉で「愛の反対は無関心」というものがあるそうです。
人に憎まれたり憎んだりする事も実は愛で、それは相手に関心があるからだそうです。
色んな“癒し”という言葉の意味はあるけれど、江原さんは「無関心・孤独の反対の言葉、それが“癒し”なのではないか」と言っていました。
「本当の意味での癒しとは、関心を持たれること」だと。
これからの時代、人と人とが助け合い、関わり合いを持ちながら生活をしていくことが、本当の“癒し”につながるのですね。





●あなたが感動した言葉―――

美しい唇であるためには 美しい言葉を使いなさい by オードリー・ヘップバーン

番組ではみなさんが感銘を受けた言葉を紹介していきます。

「今必要なのは家族の愛です」
(弘美さんが、今回の震災報道で目にした被災者の言葉)


「御馳走様でした。ありがとうございました。美味しかったです」
(毎食後、軽度の知的障害のある息子さんから、くっまーさんに贈られた言葉)


本当にたくさんのメールありがとうございます。
これからも「あなたの感動した言葉」をお待ちしております。
大切な人、両親や祖父母、友人、恩師など人生のさまざまな場面で出会った言葉教えてください。


●いま江原に聞きたいこと―――
早苗さんから「震災で身元がわからなく埋葬された人もちゃんと成仏できるのでしょうか」というお便りをいただきました。
江原さんは「仏教で言う成仏できるかどうかは、執着がどれだけ残るか。執着をなくすことは難しいけれども、大切な人に心配をさせないように生きる事が最大の供養である」と言っていました。
また「今生きている人たちもいつかは死ぬんです。そういう心配をされないように生きるためにはどうするべきか。それは今日死んでも明日死んでも大丈夫なように、込めて生きることが大切だ」と日々の生活を、悔いなく過ごすことが大切なんだと教えていただきました。

◇「いま江原にききたいこと」を募集しています。
最近悩んでいること迷っていること、江原さんについての質問などなどなんでも結構です。
たくさんのメールお待ちしています。


●江原さんのチャリティアルバム「おと語り」が5月11日(水)に発売が決定しました!!

CDの収益の一部は、被災された方々にお役立ていただくそうです。
今夜お送りした『鈴の音』も収録されています。
みなさんで、素敵な“おとたま”“ことたま”を広げていってくださいね。

江原啓之 公式サイト


●江原啓之 今夜の格言
「本当の孤独とは、だれからも必要とされないことです」
「優しい気持ちでいたいなら、ことたまを上手に使いましょう」


●番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇あなたが感動した言葉
◇いま江原さんに聞きたいこと
メッセージの応募はこちらから

2011/4/17
東日本大震災から一ヶ月が経ちました。
チャリティで、多くの人が助け合っている今だからこそ江原さんは、敢えて「今回の被害を感情で受け止めてしまうと、相手を中心として考えるよりも、自分の感情の押し付けになってしまいがちになるので、そうではなくて理性で考え、今だけのチャリティではなく、ずっと被災した方に一生いつまでも寄り添い続けることが大きな課題ではないか」と言っていました。
そして「今こそ一番大切なのは愛。より素晴らしいチャリティとはなにかをみなさんと考えていけたら」と。
チャリティのあり方について、ひとりひとりが冷静に相手の立場に寄り添って考えていくことが必要なのですね。




●あなたが感動した言葉―――

美しい唇であるためには 美しい言葉を使いなさい by オードリー・ヘップバーン

番組ではみなさんが感銘を受けた言葉を紹介していきます。

「あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。
 気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい」
(器用に生きられなかった涼佳さんが出逢った、マザー・テレサの言葉)


これからも「あなたの感動した言葉」のご応募お待ちしております。
大切な人、両親や祖父母、友人、恩師など人生のさまざまな場面で出会った言葉教えてください。


●いま江原に聞きたいこと―――

江原さんが立ち上げられた『一般財団法人スピリチュアリズム協会 』について、なぜ今作ったのか。そして、なぜスピリチュアリズム・サンクチュアリの場所が、表参道なのかというお便りをいただきました。
スピリチュアリズムとは、
「人はなぜ生まれ、どうして生きていくのか。そして死してどうするのか」という、人生の最大の謎を哲学するということなのだそうです。
江原さんが表参道に立ち上げられた理由は、日本でもしっかりスピリチュアリズムを研究しましたということを、モニュメントとして東京の真ん中から発信したいとの思いからだそうです。
協会では、今後、様々なサポートや社会貢献などの活動をされていくようです。


◇「いま江原にききたいこと」を募集しています。
最近悩んでいること迷っていること、江原さんについての質問などなどなんでも結構です。
たくさんのメールお待ちしています。

本当にたくさんのメールありがとうございました。
素敵な“ことたま”いただきましたが、時間の都合であまり紹介できませんでしたが、
これからもたくさんのメールお待ちしております!


●江原さんのチャリティアルバム「おと語り」が5月11日(水)に発売が決定しました!!

番組と同じタイトル「おと語り」
江原さんは、“おとたま”“ことたま”でチャリティをしたいと言っていました。
収益の一部は、被災された方々にお役立ていただくそうです。
今夜お送りした『マザー・テレサのあなたの中の最良のものを』も収録されています。
みなさんで、素敵な“おとたま”“ことたま”を広げていってくださいね。


●江原啓之 今夜の格言

「人にあげられる最高の贈り物は“愛”なのです」




●番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇あなたが感動した言葉
◇いま江原さんに聞きたいこと
メッセージの応募はこちらから
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 143 | 144 | 145 || Next»