サラ・オレイン
サラ・オレイン
サラ・オレイン
Peace of Mind:土曜の朝のサラ・オレイン
http://www.tfm.co.jp/peace/
SAT / 08:30~08:55


オーストラリア出身。ヴォーカリスト、ヴァイオリニスト、作詞作曲家、コピーライター、翻訳家。英語、日本語、イタリア語、ラテン語を操るマルチリンガル。

5歳よりヴァイオリンを始め、その才能をペリー・ハートに見出され師事。シドニー音楽院付属を経て、シドニー大学を High Distinction (最高点) で卒業、東大に留学。在学中に、ゲームソフト「ゼノブレイド」エンディングテーマ曲 “Beyond the Sky”(光田康典氏作曲) のヴォーカルを担当。 2012年、ユニバーサル ミュージックよりメジャーデビュー。3オクターブを超えるその声には「f 分の1ゆらぎ」と呼ばれる、癒しの効果が含まれることが科学的に実証される。1stアルバム『Celeste』は JALやANA 国際線でフューチャーされ、iTunesヴォーカル・チャート1位となる。2ndアルバム『SARAH』『SARAH Deluxe』はBillboardチャート13連続1位を獲得する。 ゲームソフト「タイムトラベラーズ」のエンディングテーマ曲 “The Final Time Traveler” (坂本英城氏作曲)のヴォーカル・英語詞を担当。この曲で羽生結弦選手と共演。アルバム『f』からは自らプロデュースを手掛け、4thアルバム『ANIMA』は発売開始以来Billboardクラシックチャート3週連続の第1位となる。
三菱商事の障がい者スポーツ応援活動のテーマソング “Dream As One” を作詞・歌唱、各地のイベントへ参加。さらに障がい者のための施設「太陽の家」50周年記念式典にて天皇皇后両陛下の御前で国歌独唱。音楽プロデューサー、デイヴィッド・フォスターのディズニー特別記念アルバム『We Love Disney』に参加。本作の “美女と野獣” ではピーボ・ブライソンとデュエット共演。ウィーン少年合唱団との共演。世界一のテナーと呼ばれるアンドレア・ボチェッリとレコーディング、デュエット共演。ナチュラリズムの巨匠ルドヴィコ・エイナウディの来日コンサートではヴァイオリニストとして共演。第28回泉涌寺音部隊に続き、記念すべき第30回金閣寺音舞台に出演。
「おとなの基礎英語(NHK 教育Eテレ)」に2年連続レギュラー出演。「空旅をあなたへ -PREMIUM SKY-(フジテレビ)」のオリジナルテーマソングを手掛ける。TEDxUTokyoに出演 「意味のある無音」を発表。報道ステーションゲストコメンテーター出演。2017年冬公開予定のムーミン映画「Moomins and The Winter Wonderland 」の主題歌を日本語と英語で歌唱。


サラ・オレイン 公式ホームページ
http://www.sarahalainn.net/

サラ・オレイン 公式ファンクラブ「1/f」
http://sarahalainn-fc.com/

サラ・オレイン ユニバーサルミュージック
http://www.universal-music.co.jp/sarah-alainn