未来授業 第2回 瀬々敬久 Vol. 1475

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 瀬々敬久 Vol. 1475のメイン画像

今週の講師は映画監督の瀬々敬久さん。
現在公開中の映画、「菊とギロチン」は、大正末期、不寛容な社会に向かう時代に実在したアナキスト集団「ギロチン社」と、女相撲の一座をモチーフに描いた青春群像劇です。
詩人の中濱鐵(なかはま・てつ)を中心に「格差のない平等で自由な社会」という理想をかかげて集まった若者たち、ギロチン社。権力者と富裕階級への攻撃を志す彼らを映画で描いた理由とは。

未来授業2時間目、テーマは『世界を変えようとした若者を描く』

瀬々敬久(ぜぜ・たかひさ)
映画監督。京都大学文学部哲学科に在学中、自主制作映画「ギャングよ、向こうは晴れているか」で注目される。卒業後、獅子プロに所属し「課外授業 暴行」(89)で商業監督デビュー。1990年代は、ピンク映画界で名を馳せ、佐野和宏、サトウトシキ、佐藤寿保とともに“ピンク四天王”と称された。00年代からは活躍の場を一般作にも広げ、「MOON CHILD」(03)、「感染列島」(09)などを監督。4時間38分の長尺で仕上げた「ヘヴンズストーリー」(10)がベルリン国際映画祭の批評家連盟賞とNETPAC(最優秀アジア映画)賞を受賞。「アントキノイノチ」(11)は、モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門のイノベーションアワードに輝いた。「64 ロクヨン」2部作(16)では、前編で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞。その後も、「最低。」(17)、「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(17)、「友罪」(18)といった人間ドラマで手腕を振るう。最新作「菊とギロチン」上映中。

未来授業 第1回 瀬々敬久 Vol. 1474

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 瀬々敬久 Vol. 1474のメイン画像

今週の講師は映画監督の瀬々敬久さん。
現在公開中の映画、「菊とギロチン」は監督が20代のころに構想、長年温めてきたテーマがついに実現した入魂の一作です。
舞台は大正末期、関東大震災直後の日本。急速に不寛容な社会に向かう時代に実在したアナキスト集団「ギロチン社」の青年達と、女相撲の一座をモチーフに描いた青春群像劇です。
    
未来授業1時間目、テーマは『構想30年、映画「菊とギロチン」』

瀬々敬久(ぜぜ・たかひさ)
映画監督。京都大学文学部哲学科に在学中、自主制作映画「ギャングよ、向こうは晴れているか」で注目される。卒業後、獅子プロに所属し「課外授業 暴行」(89)で商業監督デビュー。1990年代は、ピンク映画界で名を馳せ、佐野和宏、サトウトシキ、佐藤寿保とともに“ピンク四天王”と称された。00年代からは活躍の場を一般作にも広げ、「MOON CHILD」(03)、「感染列島」(09)などを監督。4時間38分の長尺で仕上げた「ヘヴンズストーリー」(10)がベルリン国際映画祭の批評家連盟賞とNETPAC(最優秀アジア映画)賞を受賞。「アントキノイノチ」(11)は、モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門のイノベーションアワードに輝いた。「64 ロクヨン」2部作(16)では、前編で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞。その後も、「最低。」(17)、「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(17)、「友罪」(18)といった人間ドラマで手腕を振るう。最新作「菊とギロチン」上映中。

未来授業 第4回 野村克也 Vol. 1473

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 野村克也 Vol. 1473のメイン画像

野村さんは、プロ野球・南海ホークスで打者、捕手として活躍。その後指導者として、「南海」「阪神」「ヤクルト」「楽天」で監督を務めました。「野村流、生き抜く力!」最終回は、「野村流リーダー論」、そして、20代、30代へのラストメッセージです。

未来授業4時間目、テーマは『 努力を習慣にする 』

野村克也(のむら・かつや)さん
京都府立峰山高校を卒業し、1954年にテスト生として南海ホークスに入団。3年目の1956年からレギュラーに定着すると、現役27年間にわたり球界を代表する捕手として活躍。歴代2位の通算657本塁打、戦後初の三冠王などその強打で数々の記録を打ち立て、 不動の正捕手として南海の黄金時代を支えた。「ささやき戦術」や投手のクイックモーションの導入など、駆け引きに優れ工夫を欠かさない野球スタイルは現在まで語り継がれる。また、70年の南海でのプレイングマネージャー就任以降、延べ四球団で監督を歴任。 他球団で挫折した選手を見事に立ち直らせ、チームの中心選手に育て上げる手腕は、「野村再生工場」と呼ばれ、 ヤクルトでは「ID野球」で黄金期を築き、楽天では球団初のクライマックスシリーズ出場を果たすなど輝かしい功績を残した。 現在は野球解説者としても活躍。近著「なにもできない夫が、妻を亡くしたら (PHP新書)」

未来授業 第3回 野村克也 Vol. 1472

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 野村克也 Vol. 1472のメイン画像

今週の講師は、野球解説者、野村克也(のむら・かつや)さん。
プロ野球・南海ホークスで打者、捕手として数々の記録を打ち立て、その後指導者として活躍しました。愛称は「ノムさん」。今週はそんなノムさんが語る、「野村流、生き抜く力!」です。現在83歳のノムさんですが、独極の「ぼやき」と「毒舌」は健在。球界のご意見番として、ユーモアあふれる野球評論を続けています。

未来授業3時間目、テーマは『 チームでなく監督を選べ 』

野村克也(のむら・かつや)さん
京都府立峰山高校を卒業し、1954年にテスト生として南海ホークスに入団。3年目の1956年からレギュラーに定着すると、現役27年間にわたり球界を代表する捕手として活躍。歴代2位の通算657本塁打、戦後初の三冠王などその強打で数々の記録を打ち立て、 不動の正捕手として南海の黄金時代を支えた。「ささやき戦術」や投手のクイックモーションの導入など、駆け引きに優れ工夫を欠かさない野球スタイルは現在まで語り継がれる。また、70年の南海でのプレイングマネージャー就任以降、延べ四球団で監督を歴任。 他球団で挫折した選手を見事に立ち直らせ、チームの中心選手に育て上げる手腕は、「野村再生工場」と呼ばれ、 ヤクルトでは「ID野球」で黄金期を築き、楽天では球団初のクライマックスシリーズ出場を果たすなど輝かしい功績を残した。 現在は野球解説者としても活躍。近著「なにもできない夫が、妻を亡くしたら (PHP新書)」