ツイッター
Facebook
LINEでシェアするボタン
セブンカフェ PRESENTS SOUND IN MY PREMIUM LIFE EVERY SATURDAY 9:30-9:55
音楽の時空間を超えて「あなたのプレミアムなあの頃」にフラッシュバック”。多彩なゲストをお迎えしての彩り豊かな音楽談義やトークをお届けします。
音楽の時空間を超えて「あなたのプレミアムなあの頃」にフラッシュバック”。多彩なゲストをお迎えしての彩り豊かな音楽談義やトークをお届けします。
本上まなみ
音楽の時空間を超えて「あなたのプレミアムなあの頃」にフラッシュバック”。多彩なゲストをお迎えしての彩り豊かな音楽談義やトークをお届けします。
product

2020年07月04日

【vol.66】柳家三三さんのプレミアム・タイムとは・・・?

null2020年も下半期がスタート!
上半期を振り返った本上さんは・・・

「自粛の期間が長かったからか、普段生活して
いく中で、色んな人に支えてもらってたんだな
と改めて振り返るいい機会になったと思います
私も無力ではあるけれど、何か社会の役に
立てるような事、これから貢献できる事って
何だろう?って色々考えて・・・
誰かにとって、ちょっと気持ちがほっとする
ようなひと時だったりとか、そんな時間が
提供できるように頑張っていきたいなぁと
思っています!」

・・・ということで、下半期最初のオンエアも
本上さんと共にプレミアムなひと時を
お届けした 7月4日放送の【vol.66】
早速ダイジェストで振り返っていきましょ〜☕

ゲストは、先週に引き続き、
大人気の落語家!柳家三三さん!

今日7月4日は、三三さんのお誕生日🎊
おめでとうございま〜す\(^o^)/
甘いモノが大好き♡という三三さんには、
お祝いにセブン‐イレブンの人気スイーツを
ご用意させて頂きました♪

「祝われて嬉しい年でもないなと思ってたら
今日はすっごい嬉しいです😊」

という三三さんと共にハッピーにスタートした
今回はまず、人生においてもっとも大きな
“転機”となったプレミアムな”時”について
伺う「プレミアム・タイム」のコーナーへ!

ズバリ!
柳家三三さんの「プレミアム・タイム」は…

「1987年
中学1年生で初めて寄席に行ったこと」

小学生の頃から落語に興味を持っていた
三三さんは、1987年の8月20日
浅草演芸ホールへ、初めて念願の寄席を見に
行き、生の落語を聴くことができたそう!

それを機に落語の世界にのめり込み、
中学1年生ながらも一人で寄席通いし始め
中学2年生になる頃には、落語家になる!と
決意していた!という三三さん。

実際、中2の2月には、柳谷小三治師匠に
手紙を書いて、弟子入り志願されたとか。

とはいえ、当時は「高校に行きたくない!って
いうのと、落語が好き!っていうのが、半々
だった」と・・・(^_^;)

そんな中、手紙を受け取った小三治師匠は、
普通ではあり得ない事ながらも、三三さん曰く
中学2年で弟子入り志願するというのは
珍しかったらしく、三三さんと直接会って
話をしてくださったそう!

その際、当時の三三さんは、小三治師匠から
こんなお話をされたと・・・

「昔は噺家になるために、小学校卒業とか、
中学行ってないっていうのが大勢いたんだけど
今の世の中、お客さんも中学どころか高校を
出るのも当たり前だし、大学を出るのも普通に
なって、人生経験を積んでる人が聴きに来る中
中学卒業しか経験のないあなたが人前で
しゃべって、みんなが納得してくれるような
話ができるようになるとは思えない」

その言葉を受け、三三さんは「仕方なく高校に
行って、高校3年生の時に再チャレンジして
弟子入りした」そうですが・・・

「(師匠に)後で聴いたらそれはその場凌ぎの
言い逃れだったらしく、面倒臭い!やっぱり
(弟子を)取るのは嫌だなと思って、理屈を
つけたらしいんですね。可哀想に・・・
ま、どっちが可哀想だかわからないですけど。
(弟子を)とらされた方が可哀想なんだか、
思い込んじゃったこっちが可哀想か(笑)」

他にも、初めて落語の面白さに目覚めた時の
エピソードなど、まさにプレミアムなお話
色々聴かせてくださいました〜!

そして、後半は、のんびりカフェトークに
お付き合い頂く「コーヒーと私」のコーナー☕

BGMは、【休日の朝コーヒーを飲みながら
聴きたくなる曲】というテーマで
三三さんに選曲して頂いた バッハ作曲
「無伴奏チェロ組曲〜第1番プレリュード」

そもそも毎朝コーヒーを飲むのが日課だという
三三さんは・・・

「朝起きて、朝食の時に僕が豆を挽いて、
コーヒーを淹れて、夫婦で飲みながら朝食!
というのが習慣になってますね」

また、豆はご自身でブレンドしている事など
コーヒーへのこだわりトークも・・・☕

さらに!7月16日(木)にライブ配信版で
開催される「月例 三三独演」について。

この独演会は、150回以上続く自主公演で
通常はホールで観客を前に行われていますが
新型コロナウイルスの影響で、今回2度目の
ライブ配信版として開催されます。

ライブ配信する上で、大事にしている事や
ホール公演とライブ配信の違いについて
伺った所・・・

「実際、やってみて気が付いたんですけど、
目の前にお客さんがいないことで、逆に
カメラの向こうに聴いてくれてる方がいるんだ
っていうのが意識できたので、お客さんが
目の前にいるのと同じように、自分が楽しく
落語の世界を生きていければ楽しいんだろうな
って思いますね。それは自分の芸に自信がある
とかではなくて、落語そのものが楽しいので。
僕はただそれをしゃべっているだけですから。
“柳家三三”を見てもらいたいんじゃなくて、
“この話、面白いね”ってお客さんには思って
もらえればいいんだって、演者は思ってます」

ちなみに今回の公演では・・・
「落語を70分〜80分くらいの間に2席と
お囃子を弾いてくれるお姉さんが季節にあった
三味線の唄を聴かせてくれる」とのこと♪

改めて・・・
「月例 三三独演 ライブ配信」は、
7月16日(木)の夜7時スタート!

チケットや視聴方法など、詳しくは、
柳家三三さんのオフィシャルサイト
Twitterでご確認ください!


さて!今回もざっと振り返ってみましたが
いかがでしたか〜?

聴き逃した〜!もう一度聴きたい!という方は
1週間以内であれば、radikoのタイムフリーで
お聴き頂けますので是非、ご活用ください!

そして、番組では、引き続き
皆さんからのメッセージ!お待ちしてます!
番組を聴いた感想や本上さんへの質問など
どうぞ気軽に送ってくださいね\(^o^)/

コーヒーにまつわるエピソードや
とっておきの1曲!プレミアム・ソング
リクエストも大歓迎です☕

それでは!また来週・・・
7月11日(土)の放送で
お耳にかかりましょ〜(^^)/

次回のゲスト(予定)は、
「相貌心理学者」の佐藤ブゾン貴子さんです!
「相貌心理学」は、フランスで誕生した
“顔”の心理学なんだそう!
是非とも来週は、コーヒー+鏡を片手に
お付き合いくださいね!

null今回、番組でご紹介したのは、
牛乳を摂ろう とろけるミルクプリン
税抜き198円

とろけるような食感!クリーミーで
牛乳の風味が口いっぱいに広がります♪
このミルクプリン、3層になっていて、
一番底にカラメルソース、ミルクプリン、
一番上がふんわりミルクムース。
カラメルソースがしっかりほろ苦くて、
いいバランスです!

コクがあって、香りに深みがあるキリっと
冷えたアイスコーヒーと
やさしい甘さのミルクプリン!
とっても合います♪

是非お近くのセブン‐イレブンでどうぞ!
※店舗により、取り扱いがない場合があります

  • ツイッター
  • Facebook
  • LINE
前の記事へ || 1 | 2 | 3 | 4 || 次の記事へ
Top