東京海上日動 Side By Side

Personality : 恵俊彰

番組にお迎えするゲストが育んできた出会い、言葉、音楽などを通じて、
いつも身近にある存在について語る番組です。

ゲストの宝物ゲストの宝物

2児の父・塚本高史「子どもがいなかったら、“嘘の感情”で芝居をしていた」“役者人生”に大きな変化をもたらした“子どもの存在”を語る

2022.4.16
恵俊彰がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの新番組「東京海上日動 Side By Side」(毎週土曜15:30~15:55)。毎週さまざまなゲストを招き、ゲストが育んできた出会い、言葉、音楽などを通じて、“いつも身近にある存在”について語ってもらいます。

4月16日(土)、23日(土)放送のゲストは、俳優・塚本高史さん。この記事では、4月16日(土)放送の模様を紹介。身近な存在である“家族”とのエピソードや、親子のコミュニケーションで意識していることについて語りました。

恵俊彰、塚本高史さん



1982年、東京都八王子市出身の塚本さん。1997年に役者デビューを果たし、2000年に出演した深作欣二監督の映画「バトル・ロワイアル」で注目を集めました。以降、さまざまな映画、ドラマで活躍しています。

4月8日(金)から、石原まこちんさんのコミックを佐藤隆太さん、岡田義徳さん、塚本高史さん主演で実写化したドラマ「THE3名様」シリーズ・約12年ぶりの復活となる劇場版「THE3名様 リモートだけじゃ無理じゃね?」が公開中です。

◆演技に大きな変化をもたらした“子どもの存在”

「いつも身近にある存在」は「家族」と答えた塚本さん。2007年に一般女性と結婚し、現在は中学3年生の長女と中学1年生の長男の2児のパパ。「子どもがいなかったら“嘘の感情”で芝居をしていたと思う」とコメントし、子どもの存在が役者人生に大きな変化をもたらしたことを明かしました。

2021年には、子どもたちとの3ショットの後ろ姿をInstagramで公開し、話題を呼びました。思春期の子ども2人を持ちながら、どちらとも良好な関係を築いていると語る塚本さん。

また、子どもを意識して仕事に取り組んでいると言い、「10年後20年後、子どもたちが俺の作品を観たときに『なんでこんな作品に出たの』と言われないようなものに出たいと思うようになった」とコメントしました。

さらに、子どもが好きなものに興味を持つようにしていると話し、「子どもと同じものを聴いたり、観たりしていると、親の言葉にも『ちゃんとわかってくれた上で言っているんだ』と思ってくれる」と語り、親子関係を通じて“人間としての学び”を得ていると話していました。

番組では他にも、子どもの成長を通じて感じたこと、芸能事務所に所属した経緯、深作欣二監督の“教え”、最新出演映画の見どころについても語ってくれました。ぜひ、radikoタイムフリーでチェックしてみてください!


----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年4月24日(日)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:東京海上日動 Side By Side
放送日時:毎週土曜日15:30~15:55
パーソナリティ:恵俊彰
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/sbs/

ゲストのメッセージ入り色紙を抽選でプレゼント!

ゲストの方のメッセージを色紙にいただき、抽選で1名様にプレゼントしています。

今回は、平祐奈さんです。また、番組へのメッセージもお待ちしております!

メッセージフォームへ
ゲストのメッセージ入り色紙を抽選でプレゼント!