TALK SESSION

SHOCK THE RADIO

ハマ ラジオの前のみなさん、いかがお過ごしでしょうか。OKAMOTO’Sのハマ・オカモトと。

レイジ オカモトレイジです。

ハマ 未来に残したい新定番、フューチャースタンダードを提案していくカルチャープログラム、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOでございます。

レイジ はい。

ハマ はい、早速ゲストを紹介しましょう。レキシ池田貴史さんです。

池田 どうも〜!

ハマ・レイジ よろしくお願いします。

池田 そのぐらいのテンションでやるんだね、やっぱり。

ハマ (笑)どういうことですか、やっぱりってどういうことですか?(笑)

SHOCK THE RADIO

池田 俺らも昔ね、このJFNの系列でラジオやってた時、最初はそんな感じよ。「どうもー…スーパーバタードッグでーす…」みたいな…ダメ!

ハマ・レイジ (爆笑)

池田 もっと元気出してけよ!本当に!「どうも〜!!」って!「はい!OKAMOTO’Sの!ハマ・オカモトと!そして!」って。やってけよ!

レイジ あぁ〜。

ハマ (笑)

池田 「どうも。調子はいかがですか…。」みたいな。

ハマ そうなんですよねー。

池田 なんだよ、本当に。

ハマ・レイジ (笑)

池田 そんなんじゃやってけねぇぞ、この先。おい。本当に。

ハマ (爆笑)いきなりめちゃくちゃ怒られてる(笑)

池田 いや、俺、思ったよ。でもね、昔俺らもそうだったなっていうね。思い出したの今。

ハマ なるほどね。

池田 第1回放送聴くと、本当ごめんなさい!って気持ちになるから。

レイジ あ〜。

ハマ そうですよね。

池田 まぁいい、こっから変わっていこ。

レイジ (笑)

ハマ そのまた逆も僕ら感じていて。

池田 どういうこと?

ハマ デビューの頃に僕らもやらしてもらってたラジオ聞くともうとんでもなくやかましくて。

池田 あー。なるほど、ちょっとイキってね。力入ってね。なるほど。

レイジ 元気一杯くんだったんですよ。

ハマ それが逆にトラウマであるんで。

池田 1周回ってね。

ハマ 1周回って(笑)

レイジ そうなんです。

池田 頑張らなくていいんだって(笑)それもある!それもあるね。頑張らなくていいんだあるね。

ハマ なんかいい具合を探してます今。

池田 そうか、今探してんのか。

レイジ やろうと思えば全然やれちゃうポテンシャルがあるからこそ…!

池田 なるほどな、そうかそうかそうか。

レイジ 別にそんな気張んなくていいんだよなって。

池田 悪かった。じゃあ俺が悪かったそれは。

ハマ (爆笑)オープニングから…!

池田 いやいやいや、ごめんね。

SHOCK THE RADIO

ハマ お久しぶりですね。来て頂いて。

池田 久しぶりなのにね。ごめんね。

ハマ いえ、いいんです、そんなわざわざ。

池田 今年あんまり会わなかったね、フェスも。

レイジ そうですね。

ハマ 僕らがあんまり夏、出なかったんですよ。

池田 そうかそうかそうか。久しぶり、でも。

ハマ そう去年とかじゃないですかね、お会いして喋ってるの、もしかして。

池田 そう、ラブシャでね。

ハマ ですよね。お久しぶりでございます。

池田 でもそれぐらいじゃない?

ハマ・レイジ そうですね。

池田 仕事っていうか対バンもないっしょそんなに、ちゃんとした。

ハマ ないない。イベントもそんな人にいっつも一緒になるわけではないですしね。

池田 いつも思うの、若手のバンド…まぁ若手でもないけどさ、もう…何ていうの?もう、ちょっと避けられてじゃないかっていう感じがいっつもするんだよね。若手のバンドに。

ハマ あ、若手にですか?俺らとかじゃなくて。

池田 そうそうそう。それこそさっきのじゃないけど、さっきみたいなダメ出しをするんじゃねえかみたいな。

レイジ あー。

ハマ (笑)

池田 もうウザがられてる…あまり関わらないでおこうみたいな。そういう感じがあるのかなと思っていつも、逆に俺もいかないようにしてるの。

レイジ あー。

ハマ そうなんですね。

池田 あんまり積極的に。「あ〜いっ!」って言って。

ハマ そんなイメージ全然…うちのバンドはないですけどね、池田さんに。

池田 あ、本当?

レイジ でも客観的に見ると接点のつくり方がちょっと難しいですよね。レキシというと、どういう括りに…バンドでもないし…何て言ったらいいんだろう…みたいな。ソロなのかなーみたいな。

池田 俺は。レキシでいうと、もう割とデビューからはそんな経ってないから新人のイメージでいるんだよ。

レイジ あー。

ハマ なるほど。

池田 だから、同期ぐらいのイメージでいるんだけど全然そう思ってくれないんだよね。

レイジ でもそれこそ俺の結構わりとすぐスッと交わった感じありますよね。

池田 そうだね。初めて会っても、初めてな感じあんまりしないっていうね。

レイジ そうですよね。

池田 良かったね、それね。

ハマ 良かったです。

池田 何の話?(笑)何の話?ごめんな。

SHOCK THE RADIO

ハマ いやいや、まだ新人だとしておっしゃりますけれども。2年3ヶ月ぶりにリリースされましたか、6枚目のアルバムが。9月26日に。

池田 そうだねぇ。この2年3ヶ月も空ける新人いないよね。

ハマ なかなか。それかっこいいですよね。

レイジ すごい。かっこいい。

ハマ レキシ、レキツ、レキミ、レシキ、Vシキってきて…今回はムキシに…なりましたか。

池田 ムキシ。

ハマ ゲストも今回いらっしゃるじゃないですか。

池田 あぁ、ゲストね。はいはいはい。

ハマ これはどうやって。三浦大知さん、上原ひろみさん、手嶌葵さん。こういうのはどうやっていつも選ぶんですか。

池田 もうね。これだけやってくると毎回そのゲストに呼んだ人はレキシネームっていって名前付けてるんですけど。

ハマ 有名な。

池田 それが有名になってるじゃん。

ハマ 有名ですよ。

池田 そう。で、なんか1人歩きしてそれだけ欲しいみたいな人もいるわけよ。

ハマ そうですよね。いらっしゃるでしょうね。

池田 レキシネーム欲しいみたいな。でも一応、参加しないとみたいな。

ハマ そりゃそうですよね。

池田 そうそうそう。決まり事にしてるので、やっぱりレキシネーム欲しいんですって来て。あぁ、ぜひ…みたいな。それはもう参加するってことですよ、っていうのを結構言ってて。

ハマ じゃあ事前にそういうお話があった人もいるってことですね。

池田 そう。ひろみちゃんなんかはもう元々友達だし、ライブも一緒にやったりとかしててっていうのはあって。でもやっと今回CDの作品としては初めて。

ハマ なるほど。正式にね。

池田 そうそう。で、大地くんはもう結構…それこそ初めてワンマンやったぐらいの…2回目かな…ぐらいの時からもう見に来てくれてて。

ハマ・レイジ へぇ〜。

池田 そう。なんで?と思って。

ハマ (笑)

池田 なんででしょう?(笑)それで今回コラボするって言ったらみんなになんで?って言われて。

ハマ (笑)

レイジ あー。

池田 っていうぐらい聴いてくれてて、いつかちょっとできればっていうので。で、今回ちょっと『五右衛門』っていうちょっとダンサブルな曲ができたんで歌ってもらおうと思って。

ハマ なるほど。

池田 手嶌葵ちゃんもそう。何かライブ見に行った時にご挨拶させていただいたら…俺は結構もう聴いてたから…そしたら向こうから、レキシネーム頂きたいんです、みたいな。もう、心の中でガッツポーズ。

ハマ ってことはもうね、参加ですみたいな。

池田 そう。参加ですって話から。

ハマ じゃあそうやって接点がちゃんとあった上で…。

池田 そう、接点があって。そういう人いっぱいいらっしゃって。で、曲が例えば出来てきて、「あ、この人ちょっと合いそうだな」とか、作りながらその人浮かべる時もあるし、いろいろだね。

ハマ いや、だってレキシネームはみんな欲しいとは思ってますけど、もちろん参加しないと貰えないという。

池田 そうなのよ。でも作品にちゃんと参加ってのもあるんだけど、ただサンプラーのボタンをライブで押しただけで参加みたいな人もいるからね。

ハマ・レイジ あぁ。

池田 あなたたちの先輩のスカパラの大森さんとかね。

ハマ あぁ!そうなんですね!へ〜。

池田 そう。SEのサンプラーのボタンを押しただけで名前付いたって。

レイジ へ〜。

池田 Oh!森鴎外っていう。

一同 (笑)

池田 適当に付けましたけどこっちも。

ハマ あぁ、そういう人もいるんですね。

池田 そういう人もいるけどもねっていう。

ハマ そうなんだ。

池田 まぁ色んな人がいてっていうアルバムだけど。

ハマ なるほど。

池田 うん。

ハマ まぁ、6枚目になりますけど。ちょっとそこから1曲聴いてもいいですか。

池田 はいはい。

ハマ 曲紹介ぜひよろしくお願い致します。

池田 三浦大知くんの曲をお願いします。レキシで『GOEMON feat. ビッグ門左衛門』



♪ GOEMON feat.ビッグ門左衛門 / レキシ

ハマ お聴きいただいたのはレキシで「GOEMON feat. ビッグ門左衛門」でした。

池田 おー。ありがとう。ビッグ門左衛門ね。

ハマ ビッグ門左衛門。

池田 大ちゃん。三浦大知の大を取ってビッグ。

ハマ ビッグ。

レイジ あー、そうか。そういうことか。

池田 そうそうそう。

ハマ OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、CMの後はレキシが選ぶ未来に残したい、1曲なのかな、なんなんだろう。ちょっと後で聞きましょう…!

(CM)

SHOCK THE RADIO

ハマ OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、改めましてハマ・オカモトと。

レイジ オカモトレイジと、

池田 ケビン・コスナーです。

ハマ・レイジ はい。

ハマ ケビン・コスナーさんに来ていただいてます。

池田 (笑)おい。否定もしないし。

ハマ (笑)

池田 なんだよ。ツッコミでもないし、「はい」って乗っかってそのまま…。

レイジ 普通に進むでしょ。

池田 それそれ。さっき言った。

ハマ これですよね(笑)

池田 それだよ、本当。ちゃうんかいって。

ハマ ちょっとちょっとって(笑)

池田 そうそうそう!ちゃうん…ちゃうちゃうみたいなの。

レイジ ちょいちょい…。

池田・レイジ ちょいちょい。

池田 そうそうそう!レイジやれよ!昔はできたんだろ?

レイジ すいませんっ、すいませんっ。

ハマ (爆笑)

池田 デビューしたての頃はやってたんだろ?!

レイジ ごめんなさいっ。

ハマ すみませんっ!

レイジ でもちゃんと今良いグルーヴで、「エイッ」って言ったつもりありますけどね。

池田・ハマ (笑)

レイジ いや、俺的には結構ちゃんと高めに乗った。

池田 そうだよな。忘れてたわ。

ハマ 「はい」とかもない。「エイッ」っていう。

レイジ 「エイッ」

池田 そうだよな。グルーヴ重視だもんな。

一同 (爆笑)

ハマ はい。今回はこの3人でお送りしております。OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOです。この番組は「フューチャースタンダード」をテーマに、未来に残したい名曲や名品を提案しています…というコーナーがありまして、普段は未来に残したい1曲という選曲を。

池田 なるほど。

ハマ やってもらってるんですが。曲じゃなくてもいいんですけどね、なんて話をちょっとしましたが。

SHOCK THE RADIO

池田 曲でいうとさ、もう残らないでほしくない?

ハマ・レイジ あぁ。

池田 っていうのは、今もさ、もういっぱいあるじゃない。そしたらもう…思わない?パイセンたちいなくなんねぇかなと思わない?思うでしょ?

レイジ でも裏を返せば、残っちゃうから芸術作品としての強度が音楽ってすごすぎるな、と思って。

池田 そうなの。だからもうちょっとフラットでいてほしいみたいなとこあるでしょ?

ハマ うんうん。

レイジ 劣化がしないっていうのはね。

池田 ね?そういう意味では残ってほしくないんだけど。でも恩恵も受けてるなっていうのもあって。

ハマ そうですね。

池田 で、恩恵でいったら、俺、過去の遺物

ハマ うーん。なるほど。

池田 それこそ縄文土器もそうだし、あとお城もそうだよね。

ハマ そうですね。

池田 あと、なんだろうね。もう出てこないけど(笑)

一同 (笑)

ハマ ありますよね、色々あるから!(笑)

池田 色々あるじゃん、過去の…残ってる…博物館に飾られてるもの的なやつ。

レイジ オーパーツ的なね。

池田 そう!そういうのも含めて。なんかそういうのもやっぱあったからこそ、歴史が好きだし俺は。さもすると曲を書かせてもらって、こんな活動をさせてもらってるっていう意味では。

ハマ そうですよね。テーマはありますよね。

池田 そう。そういうものを残してかなきゃいけないっていう。で、あのね昔、三内丸山遺跡って青森にあるんだけど。

ハマ・レイジ はい…。

池田 縄文の遺跡が…全然キョトっとしてきたな。おい。

ハマ・レイジ いや、あの…。

池田 わかってるの?

ハマ いや、ここにね学がないんで、僕。わかんないんです。

池田 そうでしょ。

SHOCK THE RADIO

レイジ 学もないし、あの、初めて知ったんです今。

ハマ 何を?

レイジ 歴史が好きでやってるってのを。

池田 おい。

ハマ (笑)

レイジ そうだったんだ…って今。

池田 それはピエール瀧さんにも同じ事言われて!「池ちゃん本当に歴史好きなんだね」って言われて。歴史好きじゃねえとって…今よだれが出たわ(笑)歴史好きじゃねえとやれねぇよ逆に、こんだけ。とっくに1枚で終わってる。

レイジ そういうことか。

ハマ そこにね。

池田 好きなの、ちゃんとね。

レイジ そうだったんだ、と思って。

池田 でもね、営利目的でやってるみたいにたまに思われるんだよ。

ハマ・レイジ あー。

池田 そうそうそうそう。ネタでやってるのかと思われて。

レイジ はいはい。

ハマ ちゃんと言わないとですね。

池田 ちゃんと好きよ、まず。…で、なんだっけ?(笑)

ハマ・レイジ 青森の。

池田 縄文時代の遺跡があってね、青森で。発掘するといっぱい土器が出てくるわけ。

ハマ はい。

レイジ うん。

池田 でも本当ね、体育館ぐらいの倉庫にもういっぱい棚があって、そこにすごい土器が発掘されて…。

ハマ へ~。

レイジ そんな出てくるんだ。

池田 次から次へと出てくるわけ。でも最近はだから出てきても、そっと埋めるだって。

ハマ へ~。

池田 で、言ったら、次の世代。その次の世代のために残しておくって発掘してるパートのおばちゃんが言ってるわけ。あと発掘の学者の方がね。

ハマ・レイジ うん。

SHOCK THE RADIO

池田 あっ!なるほど、と思って。やっぱり次に残すっていうのが大事だなと思って…っていうのを含めて、そういう遺物を未来に残したいなみたいなね。

レイジ あぁ、はいはい。うーん。

ハマ 確かに言われてみたらそうだな。

池田 だからあと、仏像とかほら。ね、あとなんだろね…もう出てこないけど(笑)

ハマ でもそういうものですよね。

レイジ あと残ってしまうものを作りたいっていう感覚もありますよね。

池田 なるほど。

レイジ 残したいっていうか。

池田 そうだよね。

レイジ 残っちゃうものを作りたい。

池田 だって昔の、その土器作った人は残そうと思ってないもんね。

レイジ うん。思ってないけど残っちゃう、強度があるっていうことですもんね。

池田 生活の為とかだもんね。

ハマ 残っちゃってるってやっぱすごいですよね。

池田 だって…それはとある大仏が、飛鳥寺っていうところの…飛鳥って奈良の飛鳥にある…今飛鳥大仏っていうのがあるんだけどね。その大仏は今でこそみんな観光客の人も来たりとか、遺跡巡りの人が見に来たりとかして、あのお寺の中で説明聞いたりしてるんだけど。ある一時代…がいつの時代だったかちょっと忘れちゃったんだけど…荒れ寺でほったらかしだったんだって。

ハマ・レイジ へ~。

池田 言ったら廃墟よ、今でいう。

ハマ なんでもなかったんだ。

池田 そうそうそう。何でもなくて、もう朽ち果てる時代もあった。だから何も関心がない時代もあって、それでまたこれじゃいけないっていうので復興して、みたいな。

ハマ・レイジ へぇ~。

池田 っていうのもあるから。やっぱり意識しないと残せないものもあるかもね。

ハマ そうですね。その興味なかった次の世代はちゃんでやろうって言って。

池田 そう、やろうって。今は国宝みたいになっちゃってるから。そうなんだよ、やっぱり人の意識っていうか。

ハマ そうですね。

池田 興味を持つ。

ハマ もう1回埋めるっていうの良いですね。なんかね。

池田 そう。埋めてこうよ!色々!

レイジ タイムカプセルじゃなくって本当に埋める!

池田 掘り起こさないみたいな。

ハマ 聴けなくする。

池田 そう。

ハマ でも本当に歴史変わっちゃったりするから発表できないとかもあるかもしれないですしね。だからそういうものってすごいですよね、残ってくね。1番今までこのコーナーやってきて、すごいテーマに沿った話だった。

レイジ そうですね。

池田 本当?!

ハマ ちゃんと土器の話聞けると思わなかったです。

池田 だってここに(台本に)「音楽あなたはどんな感じで掘ってますか」って。もう掘るっていう、まさに掘るっていう話が繋がっちゃって(笑)

レイジ まさに、Digの(笑)

ハマ Digの方に(笑)

池田 まじDigだよ(笑)ハニワとか土偶とか仏像とかなんでもそうだよ。

ハマ むっちゃ良いな。すげぇ(笑)いやめっちゃ面白いな、繋がりましたね。

池田 繋がっちゃったじゃんコレ、すげぇな。うれしい。

ハマ じゃあ、ちょっと「ムキシ」からもう1曲良いですか?

池田 じゃあちょっと物にまつわる…物っていうかさっき言った仏像じゃないけども…の曲があるので、そちらお願いします。レキシで『奈良に大きな仏像』。



♪ 奈良に大きな仏像 / レキシ

ハマ 今回はレキシの池田貴史さんをお迎えしましたが、11月7日からもう全国ワンマンツアー2018-2019が。

池田 そうなの。

ハマ もうやるんですね、ツアーがもう始まるんですね。すごいいっぱい回られるんですね。

池田 ねぇ。でも、うん、そうね。そんなに。

ハマ あ、もうツアーの名前みたいなのはもう2018-2019が名前なんですか?

池田 あ、そうそうそう。タイトル決まったの。

ハマ あ、決まったんですんね。

池田 さっき。「まんま日本ムキシばなし」っていうね。

ハマ・レイジ (笑)

ハマ まんま日本ムキシばなし(笑)

池田 そう。「坊や良い子だ移籍しな」って。

ハマ それが始まります(笑)皆さん。

レイジ (笑)

ハマ よかった、決まったんですね。

池田 決まったの。ずっと決まらなかったんだけど。

ハマ あ、そうなんですね。ようやく。

池田 ようやく決まって。あー、もう、どうしよーって。

ハマ 皆さんもツアー名を覚えて下さい。19ヶ所21公演。これは詳しくはホームページでってやつですかね。

池田 そうですね。

ハマ はい。じゃあちょっとまたぜひ遊びにいらしてください。

池田 はい、お願いします。OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、本日のゲストはレキシの池田貴史さんでした。

一同 ありがとうございました。

【 レキシ オフィシャルサイト 】

(エンディング)

SHOCK THE RADIO

ハマ 本当土器が好きなんですね、と。

レイジ ねえ。

ハマ 衝撃発言だったと思いますよ、本人からしたら。

レイジ 本当ですか。みんな知ってるんですか?

ハマ いや、そう思ってる人もいると思いますけど、でもここまでやるって使命感がないとできないんじゃないんですか。

レイジ そうか。ノリでやれないか。

ハマ ノリでやれないでしょう。何ならやっぱりオタクと呼ばれる人いっぱい居るからね、歴史も。

レイジ そうか、そうですよね。

ハマ だからまぁ、本当によだれでちゃうぐらいびっくりしてたから。

ハマ・レイジ (笑)

ハマ いや、でもまた来てくれるって言ってましたから。

レイジ 来てほしいです。

ハマ 是非また遊びに来て下さい、池田さん。

レイジ そして番組では皆さんからのメッセージを募集しています。疑問・質問・リクエスト、どんなものでも構いません。応募は番組のウェブサイトから。

ハマ はい。(台本を)今読んでいて気付いたんですけど。

レイジ はい。

ハマ レイジさんが読むという「R」という台本上の表示が、今のセリフと「オカモトレイジです」というところしかないんですね。

レイジ そうですよ!

ハマ はい。ちょっとびっくりしましたね。

レイジ はい。

ハマ …「はい」じゃねぇ(笑)

レイジ 「H」(エッチ)ばっかり。

ハマ OKAMOTO’Sはですね、東海ツアーを来月、再来月とやることが決定しております。tourw / 2018 東海編というのが決まっておりまして。雨のパレード、Yogee New Waves、Nulbarichというような形で。

レイジ 意外な。

ハマ みんなが嫌じゃないと良いんですが。

レイジ そうですね。

ハマ はい、ツアーもやりますんで。ホールツアー、ありがたい話…ツアーっていうかホール2本は売り切れたので。

レイジ おっ、ありがとうございます。

ハマ あとはもう年末前に見れるのは本当に多分このタイミングかなというような感じなので、ぜひホームページなんかでチェックしてください。よろしくお願いします。

【 OKAMOTO’S オフィシャルサイト 】

ハマ あ、「R」もう1コありましたね。

レイジ おっ、来週はino hidefumiさんが登場。お楽しみに。

ハマ はい(笑) ということで来週はinoさんが来てくれます。

レイジ はい。

ハマ と、いうことで今日はこの辺でまた来週お会いしましょう。OKAMOTO’Sのハマ・オカモトと。

レイジ オカモトレイジでした。

OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOでは、引き続き皆さんからのメッセージを募集しています。
疑問、質問、リクエストなどなど…!!応募は【 コチラ 】から!

27 / 38
  • +ALL VIEW SESSION

TALK SESSION

MAIL FORM