TALK SESSION

SHOCK THE RADIO

ハマ OKAMOTO’Sのハマ・オカモトと!

レイジ オカモトレイジです!

ハマ TOKYO FM ホリデースペシャルSHOCK THE RADIO PREMIUM の時間です!普段は毎週金曜日午後6時から放送中のOKAMOTO’S SHOCK THE RADIO。今回はG-SHOCKの35周年をお祝いすべく、“SHOCK THE RADIO PREMIUM”と題してホリデースペシャルに登場ということで。

レイジ やっぱりプレミアムっていいですよね。

ハマ 何事もね。1つ疑問なのが、なぜここにボーカルのオカモト・ショウさんがいないのか、本当に疑問なんだけど(笑) この2人でちゃんとした生放送って時間を頂くのは我々、10年やってきて初めてじゃないですか?

レイジ そうですね。

ハマ これだけ長い時間を喋るときは4人揃ってますからね。

レイジ お導きですね。

ハマ 今回はOKAMOTO’Sのリズム隊でお届けしようと思います。

レイジ ベンベケベンベケやっていきま〜す。

今回は、1983年に産声をあげた、G-SHOCKの35年の歴史を振り返りながら、その時代を彩った「未来に残したい名曲」を選曲してオンエアしていきます。
さらに、クリスマスイブということで、「あなたのクリスマスの予定」を書いて送ってくれたリスナー1名様にG-SHOCK とBABY-G をセットにした、G-SHOCK×BABY-G WINTER COLLECTIONをプレゼント!

レイジ すっげぇエクスクルーシブじゃん。

ハマ これがセットで1名様に届きますから。どこかのカップルなのか、夫婦に届くわけですよね。楽しみですね。ここにありますけど、ぜひレイジさん、レポートを…!

レイジ ピッカピカの車が走ってますよ!

ハマ それは箱のデザインですね(笑)

レイジ スケーターもいらっしゃいます。シンプルですね。

ハマ 当選者は最後に発表します!



♪ Dreaming Man / OKAMOTO’S


♪ Wonderful Christmastime / Tuxedo


♪ Show You The Way(feat. Michael McDonald & Kenny Loggins) / Thundercat

まずは80年代のG-SHOCKヒストリーから振り返ります。
1981年、G-SHOCK の生みの親である伊部菊雄さんを中心とした開発チーム「PROJECT TEAM Tough」が“落としても壊れない丈夫な時計”という、コンセプトを元に開発をスタート。

1983年、2年の月日と200以上の試作機を経て、初代G-SHOCK となるDW5000Cが発売されます。
発売当初、アイスホッケーのスティックでG-SHOCKを打ち込んでも壊れない、というCMが話題になり、まずはアメリカからヒット。消防士や警察官などの職業の方を中心に多くの支持を集めていきます。

ハマ 「2年の月日と200以上の試作機」っていうのが、男の子的にはグッとくる。この試作機のモデルって出たことないのかな?そこに至るまでのやつのカバーとか。

レイジ 無いんじゃないかな?やっぱり壊れちゃうとか?

ハマ まあそうか(笑)

レイジ どんなことをやったんだろうな〜!?200以上に至るまでに。ムチャクチャ本気で投げたりしたのかな?ウオァッ!!って(笑)

ハマ そういうことの繰り返しでしょうね。

レイジ だってイライラしたときに、「投げても大丈夫なのを作りたくなーい」ってさ。

ハマ そんな伊部さんはそんなテンションじゃないと思いますけど(笑)

ちなみに、G-SHOCKが誕生した1983年に起きた出来事は、
東京ディズニーランド開園。
ファミリーコンピュータ発売。
Culture Club の「Karma Chameleon」や、David Bowie の「Let’s Dance」などがヒット。
映画『ET』が公開。
などなどがありました。

レイジ 子供のテンションがハンパじゃない1年だね。

ハマ そのときにタフなG-SHOCKが発売したということで。我々は90年代生まれですから、80年代のイメージは残された作品からでしか体感できないですけど。

レイジ でもなんとなくのムードは覚えている感じはあったよね?

ハマ 名残はね。91年生まれですから。そんな80年代に生まれた曲の中から「未来に残したい名曲」というテーマで選曲していきましょう。まずはレイジさんから。

レイジ はーい。



♪ Psycho Therapy / RAMONES

レイジ このミュージックビデオが最高なんですよ。

ハマ 中学生くらいからずっと言ってますね。

レイジ もうね、赤ちゃんのときにずっと見てたんですけど。ぜひ皆さんにも見てもらいたいんですけど。(ミュージックビデオの描写を語る)

ハマ それを赤ちゃんのときに見ていたレイジさんが今こうですからね。

レイジ やっぱりね、あんまり見せちゃいけない物は見せちゃいけないのよ。

ハマ スタッフさんから、お昼になかなかのお話ですねって(笑)

レイジ 本当ですよ。本当によろしくお願いします。未来に残したいです。

ハマ 続いて、僕が選んだ未来に残したい80年代の名曲はこちら。



♪ Power Of Love / Huey Lewis & The News

ハマ 85年リリースで映画「BACK TO THE FUTRE」でも流れますから知ってる方も多いんじゃないかなと思うんですが、僕らは80年代を生きていませんが、ある意味で一片、僕らが想像する80年代の空気感を纏ってるんじゃないかなと思っていて。

レイジ キラキラしてるよね。

ハマ 体も健康で最高の友達も周りにいて、もう最高に音楽やってないと、こんな曲はできないと思うんですよ!

レイジ そんなことよりプールに飛び込んじゃうぜ〜!

ハマ (笑) オープンカー以外の選択肢なんて無いぜ!みたいな。そういうビタミンな感じっていうんですか?

レイジ ビタミンが音に含まれてるよね。

ハマ 本当に元気になる不思議な曲で、好きですね。定期的に聴いてる気がする。そういうイメージですね。RAMONESと並べても2年しか違わないんでしょ?

レイジ 近いっちゃ近いよね。

そしてここで、2人の大先輩である、奥田民生さんにも「未来に残したい80年代の名曲」を選曲してもらいました。(奥田民生さんのG-SHOCKへのメッセージは【 コチラ 】)

奥田僕は80 年代の後半にデビューをしまして、そのデビュー直前、まだアマチュアで広島にいた頃に良く聞いていてすごくハマったのが「ポリス」。「ポリス」のデビューは70 年代後半かもしれないですけれども、ちょうど僕が知ったのは「シンクロニシティ・ライブ」の頃で。ポリスの後半ですかね。すごいハマってよくビデオで見ていた思い出があります。



♪ SynchronicityⅠ / THE POLICE


♪ R.G.W / 奥田民生

奥田民生さんの選曲をオンエアしたあとは、番組に届いたリスナーから届いたメッセージを紹介!


ハマくん、レイジくんメリークリスマス!
街中がライトアップされ、恋人たちが肩を寄せ合うクリスマス。
そんな日に私は大学の研究室にいます。ゴリゴリに卒論を書いています。
年内に卒論を提出するために、きっと明日も大学です。
勉強頑張ります。

RN わんこちゃん先生さん


レイジ 一番いいよ。だってクリスチャンじゃないでしょ?

ハマ (笑)だって何かをしなければいけない日ではないですからね。

レイジ そうだよ。

ハマ ただ普通より道が混んでて、店も混んでて、あらゆる物の値段が高くて、カップルが外に出る率がなぜか日本は高いだけですから。

レイジ 本当だよ。

ハマ 立派だと思います。頑張ってください!


レンタカーを借りて、日帰りで彼女と温泉に行ってきます。
家族以外を車に乗せるのは初めてなので、いろんな意味で緊張しています。

RN アルパカマンさん


ハマ きっと何ヶ月も前に予約を取ったんだよ。

レイジ いいじゃん、クリスマスじゃなくたって。

ハマ (笑) クリスマスなのにレストランとかじゃなくて、温泉っていうのがいいんじゃないですか?

レイジ そういうことか。

ハマ しかも泊まりじゃないっていうのが潔いっていうか。道も混んでますし、特に年末なので運転に気をつけて楽しく帰ってきてください!

12月13日、OKAMOTO’S は、渋谷で開催された「G-SHOCK FAN FESTA SHIBUYA」に参加!
PUFFY とOKAMOTO’S で「渚にまつわるエトセトラ」の演奏や、さらに90年台のファッションの火付け役でもあるUNITED ARROWSの栗野宏文さんによるトーク、空手のデモンストレーション、G-SHOCK をネタにした柳家花緑さんの落語、そして[ALEXANDROS]のライブなどが行われました。

このイベントで、ライブを披露してくれた[ALEXANDROS]からもG-SHOCKへのメッセージが届いています!
([ALEXANDROS]のG-SHOCKへのメッセージは【 コチラ 】)



♪ SNOW SOUND / [ALEXANDROS]


♪ すすめナンセンス / PUFFY

ハマ 続きまして、今日はリスナーのみなさんから「クリスマスの予定」を募集しておりまして、たくさん届いております!


ピザ配達のバイトをしています!
恋人たちに幸せを届けます!
高校の入学祝いで貰ったのがG-SHOCKでした。
中坊から毛が生えただけのあの頃は魅力が分かりませんでしたが、今では愛用しています。
お父さん、貰ったとき不機嫌そうにしてごめんなさい。

RN エルボーさん


レイジ あ〜(笑)

ハマ 年齢的にね、もっとねーのかよって思ったんでしょうね、高校だしね。今となっては愛用してると。

レイジ 良い話だね。


ハマさんレイジさんこんにちは。
我が家は昨日引越しをしたので、クリスマスの予定は荷ほどきと片付けです。
今まさに、片付けをしながら聴いているのですが、父の荷物から出てくるわ出てくるわレコードの数々。
1枚1枚めちゃくちゃ気になりますが、今日はSHOCK THE RADIOで時代の名曲が流れるので、レコーをかけるのはまた後日。今日は2人でノリノリで片付けようと思います。

RN はんぺんさん


レイジ いいよ。そういうときにラジオが流れてるのいいよね。

ハマ そうですね。



♪ クリスマス・イブ / 山下達郎

G-SHOCK が誕生した1983年にリリースされた超マスターピース山下達郎さんの「クリスマス・イブ」をお届けして後半もスタート!
ちなみに現在公開中のG-SHOCK WINTER COLLECTION のムービーでも、この「クリスマス・イブ」が使われています。

続いては90年代G-SHOCK ヒストリーを振り返ります。

80年代にアメリカから支持を集め始めたG-SHOCK。
90年代に入り、「元祖三つ目デザイン」のDW-5900C をきっかけに、スケボーやサーフィンといったカルチャーと共に、逆輸入という形で日本に再上陸。渋カジブームなどもあり、定番化していきます。

94年には、EL バックライトをつけた商品のブレイクや、ラスタカラーのモデルのリリース、さらに映画『スピード』の主人公が着用するなど、その人気は本格化。
95年になると、サーフィンやスノーボード、スケーターなど、世界的アスリートとの共同開発やサポートなど、現在のG-SHOCK の活動の原点となるような動きも生まれます。

さらに96年からは、時計業界では汚れやすいという理由でご法度だった、ホワイトのモデルが登場。白、赤、黄色、スケルトンなどのカラー展開や、当時はまだ聞き慣れてなかった、他の企業とのコラボレーションもスタートするなど、今では当たり前になっているようなことの先駆けとなる行為を行なうなど、黄金期を迎えます。

ハマ バックライトを光らせると裏のロゴが違うのは、小ちゃい頃ながら憧れましたね。

レイジ 俺、思い出したわ!G-SHOCKとの思い出。小ちゃい頃ってさ「もう電気消しなさい」って自分の部屋の明かり消されるじゃん。それで付けたりできないから、G-SHOCKのライトで漫画読んでたわ!

ハマ (笑)

レイジ 頑張って!

ハマ 点灯時間がそんなに長くないっすよね。何回も押してね。

レイジ 何回も押して読んでたわ。

ハマ そこでも助けられてるんですね。本来の使い方ではないですけどね(笑)

レイジ 頑張ってたなぁ〜俺。

ハマ でもそのくらいの歳で持ってたんだね。

レイジ 持ってた、持ってた。ラスタカラーのやつ持ってた。

ハマ 音楽でいうと、NAS の「ILMATIC」、Beck の「Loser」、日本ではミスチルの「innnocent world」とか広瀬香美さんの「ロマンスの神様」とか。そういうものが音楽では世の中で溢れていて。

レイジ なんでこの時期にスケルトンが流行ったんだろうね。ゲームボーイもあったしさ、ガンプラもあったじゃん。

ハマ 何が先駆けなんでしょうね?もしかしたらG-SHOCKかもしれないですね。

レイジ そういうスケルトンのプラスチックが作れるようになったのかな?

ハマ ああ、量産できるようになったとかね。ちなみにJamiroqualの「VIRTUAL INSANITY」も96年ですからね。

レイジ へぇ〜。

ハマ 80年代の盛り上がりを引き継ぎながら、カルチャー的にも一歩先に行ったタイミングでG-SHOCKもだいぶ、10年間やってのけたというのがG-SHOCKの90年代ですね。そんな90年代に生まれた曲の中から。我々90年代生まれ、何を聴いていたかと言われると、当時は子ども番組とかでしたから、振り返ってにはなるんですけど。

レイジ そうだね。

ハマ まずは僕が選んだ未来に残したい90年代の名曲はこちら。バンドでもカバーしましたけど、改めてすごいパワーだなって。



♪ Give It Away / Red Hot Chilli Peppers

ハマ この曲は1991年リリース、5枚目のアルバム「Blood Sugar Sex Magik」に収録されていまして。僕もレイジさんも91年生まれなんですね。だから自分と同い年の分かりやすい覚えやすさもありましたし。『Nirvanaの「Nevermind」かレッチリの「Blood Sugar Sex Magik」と同い歳なんです」っていうと音楽知ってる人は分かりやすい(笑)「Nevermind」のジャケットの赤ちゃんと僕らが同じ歳で。あの赤ちゃんが今このくらいなんですよ。

レイジ そうですよ。

ハマ 改めて自分でバンドをやると、この曲のすごさがひしひしと分かりますね。続いてレイジさん。

レイジ 僕はPrimal Screamの「Swastika Eyes」Chemical Brothers Remixのリミックスでお願いします。



♪ Swastika Eyes(Chemical Brothers Remix) / Primal Scream

レイジ まあ厳密には、1999年リリースなんで、90年代って言っていいのかって感じですけど。だいぶ90年代のレイヴ・カルチャーのムードは入ってると思ったので、90年代の締めくくり的な意味でジャストかなと思いましたね。

ハマ 何度か、OKAMOTO’Sでも参考にしている、バンドであり曲ですね。

レイジ この曲はいつも出てくるね。かっこいいよ。

そして、ここでこの大先輩にも1曲選曲してもらいました。
96年リリースの「渚にまつわるエトセトラ」のMVでは2人がG-SHOCKを着けている事でも話題になPUFFY!

PUFFY「35年の中から未来に残したい1 曲をオンエア、ということですが、エアロスミスの「クレイジー」なんかどうでしょうか。なれなかった2人組ということでね。もともとのPUFFY の大雑把なコンセプトとしては「クレイジー」のMV に出ていた、アリシア・シルヴァーストーンとリブ・タイラーみたいな二人組だったんです。うちのボスがちょっと憧れていて。一番最初のアー写だけはミニスカート履きましたよね。だからそのミュージックビデオを何回も見てすごい好きです」



♪ CRAZY / AEROSMITH

(PUFFYからのG-SHOCKへのメッセージは【 コチラ 】)

ハマ ここからは、2000年代のG-SHOCK ヒストリーを振り返ってみたいと思います。

90年代に入り、「黄金時代」を迎えたG-SHOCK ですが、2000年を前に、急激な下降線を辿ります。
それを克服すべく様々な施策を行いますが迷走…。
そこで2003年に、時計としての原点回帰を図った電波ソーラー時計、G-SHOCK GW-300を開発するなど、様々な機能強化を図りつつ、2008年には、G-SHOCK25周年に合わせて、コミュニケーションも強化。G-SHOCK と親和性の高かった、音楽、スポーツ、ファッション、アートとコラボするイベント、「SHOCK THE WORLD」をグローバルに展開。
そうした事もあり、G-SHOCKは2017年累計出荷台数1億個を突破、これは1日に2万人以上の方が購入しているという計算になります。

レイジ 83年から累計で考えたら1日2万人の人が買ってるの?嘘でしょ!?

ハマ ホントです!(笑)たしかに電波ソーラー時計は記憶にありますね。ピッてやったら治るんですよね。最近はスマホアプリで時計ともリンクしますしね。あれをきっかけに戻ってきたんですね。

レイジ 今カタログを見てるとね、別にね時代と違ったデザインってわけでもない気はするんですよね。2000年代のデザインって感じが。

ハマ 振り返ってみるとね。だから当時は逆に変わってないっていうのもダメだったんじゃない?

レイジ そうなのかな。変わっちゃったからダメだったのかな?

ハマ そういうのとかね、やっぱりファンっていろんな思いがありますからね。変わらないでほしいファンもいれば、ずっと同じ形じゃねえかっていうファンもいて。それをぶち破ったのが電波ソーラーだったりするんでしょうね。

35周年を迎えた今年、NIGOとのコラボ、エンダースキーマやkolorとのコラボ、さらにビッグマックやトランスフォーマーとのコラボ。
2020年に向けた「サーフィン」「スケボー」「BMX」若手アスリートへの積極的な応援バスケットボールBリーグのサポートや、イニエスタの加入で話題のサッカーJリーグ「ヴィッセル神戸」のサポートなど、活動の幅を広げています。

ハマ まだまだG-SHOCKは快進撃を。

レイジ すごいね、なんでもやれちゃうね。

ハマ 25周年を迎えた2008年ですが、我々もそろそろデビューみたいなことになってきて。

レイジ そうだね。ちょうど俺らのインディーズ盤が出るとかレコーディング中で。

ハマ この頃は、青山テルマ姉さんの「そばにいるね」とか。

レイジ 「♪ちゃんと飯食ってるか?」だね。

ハマ そんな2000年代に生まれた曲の中から未来に残したい名曲というテーマで選曲しましょう。まずはレイジさん。

レイジ はい。



♪ She Wants To Move / N.E.R.D

レイジ この曲が無かったら、私はドラムを始めていないでしょうねっていう曲です。

ハマ 最初にコピーしたんでしたっけ?

レイジ そうです。いつまでたってもこの曲…このアルバムがすげぇんだよな。

ハマ 2ndアルバム「Fly Or Die」からですね。

レイジ 俺が当時、ピアノを習いに行ってた先生の家の長男の子が年上で、「サマソニに行ってきた。N.E.R.Dが超カッコよかった」って言ってて。なんのこっちゃ分かんねぇけど気になるってなってお母さんにCDを買ってもらいました。

ハマ あ、そのお兄さんに借りたわけじゃなくて。

レイジ 直接は何も聴かずに、N.E.R.Dとジャケだけ覚えていて、これを買ってくれって言って買ってもらったんだ。

ハマ へぇ〜2004年に?

レイジ そう、当時新譜で出たときね。

ハマ それは思い入れがありますね。

レイジ あるよ〜。

ハマ ピアノ要素は全くないよね(笑) まったく違う音楽的なことを還元してもらったんだね。

レイジ そうだね。

ハマ なるほどね。続いて僕が選ぶ未来に残したい2000年代の名曲はこちらです。



♪ Wake Me Up When September Ends / Green Day

ハマ この曲も、2004年にリリースされた「American Idiot」に収録されている曲なんですが、当時の僕は、リード曲の「American Idiot」もカッコよかったんですが、良い曲だなって実感したっていうか、洋楽ながら良い曲だなってなった曲でして。アルバム含めて未来に残したい、思い入れのある未来に残したいアルバムなので。

レイジ なんか発売日が待ち遠しくて仕方がなかった気持ちを今思い出した。

ハマ 我々の中学は当時、水泳合宿ってのがありまして、ちょうどその合宿日に発売だったの。あんなに学校を呪ったことないですよ(笑)

レイジ 悔しかったもんね。

ハマ 早く帰ってCD屋に行きたいってね。

レイジ 一刻も早く聴きたい。

ハマ そう思って遠泳しておりました(笑)

レイジ すごいよな、やっぱりその気持ちだよな。今必要なのって。

ハマ TOKYO FM ホリデースペシャル、SHOCK THE RADIO PREMIUM、OKAMOTO’Sのハマとレイジが、G-SHOCK35年の歴史を振り返りながら、その時代を彩った、未来に残したい名曲を選曲してきましたが、そろそろエンディングでございます。

レイジ あっという間の35年でしたね。

ハマ あっという間の2時間って言うと思った。35年はあっという間じゃないですよ(笑)

レイジ (笑)

ハマ G-SHOCK とBABY-G をセットにした、G-SHOCK×BABY-G WINTER COLLECTIONの当選者メールを読ませてもらいます!


17時に彼女と待ち合わせなので、そろそろ出かけます。
5年前の今日付き合った彼女に、本日プロポーズします。
彼女はG-SHOCKと同じ35歳。
これも何かの縁ですね。今日のラジオを聴いてたらなんだか元気が出ました。
成功してぜひペアで着けたいです!いってきます!

RN イエローイーグルさん


ハマ ということで、イエローイーグルさん当選です!おめでとうございます!

レイジ おめでとうございます!

ハマ こういう強いメールが当選を呼ぶんですよ。

レイジ ですねぇ。

ハマ 今日はたくさんのメールを頂きまして、スペシャルサンクス的に…RN ニセシムリさん、RN ハーハマさん、RN いのろーさん、RN ケンケンさん、RN チェリーさん、RN エンゾさん、他、メッセージを山のように頂きました!ありがとうございました。

レイジ ありがとうございました!

SHOCK THE RADIO PREMIUM 特設サイトは【 コチラ 】

39 / 75
  • +ALL VIEW SESSION

TALK SESSION

MAIL FORM