TALK SESSION

SHOCK THE RADIO

ショウ ラジオの前の皆さん、どうも。OKAMOTO’Sのオカモトショウと。

(全員沈黙)

ハマ え?…コウキさんでしょ。

コウキ あっ、オカモトコウキと!

ハマ (笑)

コウキ もう1回言いですか?すみません(笑)

ハマ ちょっと待ってちょっと待って…怖いガイドだったぞ今(笑)

ショウ ビックリした、俺めっちゃミスったのかと思った。

レイジ あ〜いやいや。

コウキ ごめんごめん。

ハマ (笑)これそのままO.A.してもらった方が良いと思う(笑)

一同 (笑)

ショウ ビックリしたよ〜。

ハマ 何年やってんのよ(笑)

コウキ 失礼いたしました。

ハマ ビックリした〜、本当に。

ショウ 面白かったわ〜。頭の中を何が渦巻いてるのかが。

コウキ まったくね。

レイジ まったくね。

ショウ 未来に残したい新定番、フューチャースタンダードを提案していくカルチャープログラム、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOです!

ハマコウキ はい。

ショウ 今回も全員集合。なぜならば俺たちのニューアルバム『BOY』がリリースされたからです!

一同 は〜い(拍手)

ハマ めでたい。…ようやくね。

ショウ 長かったね。

レイジ いよいよで。

ハマコウキ ね。

ショウ 嬉しいよ。

コウキ 今までで1番制作期間が長かったんじゃないですか、これは。

レイジ そうかもしれないね。

ショウ どの位?

ハマ もうね…、

レイジ 半年以上。

ハマ 逆にもう比喩的に言えばもう10年かかりましたよね。

ショウコウキ あ!

ハマ 良いこと言う。

レイジ 言っちゃってるね、良いこと。

ハマ そうでしょ。

ショウ そうですよ。

レイジ しかも何にでも言えちゃうね、今後のこと。

一同 (笑)

ハマ いや、でもやっぱこれ節目だから言えるじゃないですか。

レイジ 確かに。制作期間10年とか言えばよかったね。

ショウ 構想10年。

コウキ 確かに確かに。

ハマ まぁ遅くないんじゃない?

ショウ 確かに。10年越えてるんじゃない?結果ね。

ハマ ある意味ね、ある意味ってやつです。

コウキ 10年やってきた重みが、詰まってると、いうことですか。

ショウ タイトル『BOY』というのもね。中学の同級生から始めた4人であり、10周年経った今…10代だったわけですよ、最初にやりはじめた時はね、OKAMOTO’Sは。そこからの成長と共に、もう『BOY』じゃなくなったという部分もあったり、でもバンドやったりもの作ってる以上、どっか“BOY”な部分が自分の中にはずっとあるんじゃないかって意味があったり、いろんな意味を込めて『BOY』というアルバムにしました、タイトルをね。

3人 はい。

ショウ ということで今日は色々『BOY』の解説をしていこうと思っているので、その話は後程。ということで、まずはこのニューアルバム『BOY』から1曲お聴きください。OKAMOTO’Sで「Dreaming Man」



♪ Dreaming Man / OKAMOTO’S

SHOCK THE RADIO

ショウ 我々のニューアルバム『BOY』が遂にリリースされたということで、今日は1人1曲ずつニューアルバムから曲を選びながら解説していきたいと思います。いいじゃない、こういうの!

コウキ ね!中々ないですよ、こういう機会はね。

ショウ 自分たちの番組だからこそな感じしますね。

レイジ そうだね。

ショウ ということですが、10曲入りのアルバムですね。どこから…そこから4曲ってことになるわけじゃないですか。どれ紹介するか迷うよね。

レイジ じゃ、俺からいこうかな。

ショウ はい。

レイジ 4曲目に収録されてる…OKAMOTO’Sのニューアルバム『BOY』の4曲目に収録されてる「Higher」お聴きください。



♪ Higher / OKAMOTO’S

レイジ この曲は今までの作り方と1番違うような気がしますね。

ショウ そうだったね。

レイジ なんだろうな…プリプロで録った音…本番レコーディングじゃない音を家でいろいろ…パソコン上でいじったりとかして曲を作ってったって感じですね。

ハマ どうしようかなって言ってるときに弾いてたやつってことです。

レイジ そうそうそうそうそう。

コウキ 最初の段階でパッと弾いたやつが採用された。

ハマ はい。

コウキ だからまさかこれがね、本番テイクになると誰も思ってない音源で作られてる。サンプリングミュージックにちょっと近いような感じですね。

ショウ そうだね。レイジがそこから良いとこ切り抜いて、組み立ててって、曲の構成も作ってったという…。

レイジ そうですね。

ショウ とこあるもんね。もちろん俺はメロディとか作ったけど。でもこの曲のその元ネタというか…こういう曲がOKAMOTO’Sあったらいいんじゃないかみたいな、アイデア自体もレイジからもらって俺が書いてたし。

レイジ うん、そうだね。

ショウ だからかなりレイジが作った比率が大きい…多い曲だよね。

レイジ そうかも。最初からアイデア出しからやってたもんね。イメージが結構明確にあって、そこに向かっていけた感じでよかったですねこれは。

ショウ 俺、ハマくんのベースのフレーズめちゃくちゃ好きなんだよね。

ハマ これ、考えついて本当に良かったですよね。

レイジ ね。

ハマ これなかったら多分曲にはなってないもん。

レイジ そうだね。

ショウ まぁそうだね。

レイジ 面白みは。

ハマ これぐらいですよ。僕その10曲中で、もうこれだけ。

ショウ え!?

コウキ 何が!?

ハマ これだけがもう評価できるね。

ショウ なんで!(笑)

レイジ ベース?

コウキ いやいやいや!

ハマ いや、これは本当思いつきで良かったよね。出てね。

ショウ すごい良かった。

レイジ この曲はトライ&エラーを繰り返して完成したんで、洗練されて良いアレンジだと思います。

3人 はい。

ハマ 次は誰にいきます?コウキさん?

コウキ はい。次僕いきます。じゃあまず選んだ曲を聴いてもらいましょう。

ハマ これじゃねぇのかい。

コウキ あ、そうか(笑)

ハマ (笑)

ショウ いいんだよ。

コウキ いいんだよ、いいんだよ。

ハマ おしゃれ。

コウキ はい。選んだ曲聴いてもらいましょう。ニューアルバム『BOY』から「偶然」



♪ 偶然 / OKAMOTO’S

コウキ 最近アルバムに1曲ある、コウキボーカルという。

レイジ コキボ?

コウキ コキボの。

ショウハマ (笑)

コウキ 曲なんですけれども。

ハマ コキボ曲なんだ。

コウキ すごいね…アレンジが結構凝ってて。

ショウ 凝ってるよ〜。

コウキ 今回何回か一緒にやったことあるCHOKKAKUさんっていうアレンジャーの方に頼んで。

ハマ 男性です。

コウキ そうですね。

ショウ レジェンドです。

コウキ 「ENDLESS SUMMER NUDE」を僕らは一緒に山Pの時に一緒にやったんですけど、ホーンとか入ってすごくゴージャスなアレンジになっているなぁという。

ハマ うん。

コウキ 今までこういう路線の曲を作ってきたけど1個完成形みたいな感じがして…。それこそナンホリから始まってじゃないけど、ボーカルの…ハーフムーンか…から始まって。

レイジ 夢バドじゃない?夢バド。

コウキ 夢バドもあるか(笑)色々あったけど、今までで1番完成度が高い曲になったなと思ってちょっと聴いてほしいなって思いますね。

ハマ この曲は本当ね、ラジオオンエア多くしたいと思ってるんですよね。ラジオ映えすると思うんですよ、この曲。

ショウ 確かにね。

コウキ 確かにこれがが流れてきたら…。

レイジ ラジオ感あるね。

ハマ あるの。だからこれは本当ガンガンオンエアした方がいいと思うな。

コウキ かけて欲しいですね。

レイジ 何年代の曲かあまり分からなくて良いね。

ハマ そうそう。

レイジ 独特なコキボがね。

ハマ コキボがね。

コウキ 良いですか?

レイジ コキボのチューンがやっぱ良いよね。

ハマ カシオのCMとかで使っていただけないですか?

コウキ (笑)

ハマ 「あなたの生活に輝く時計、カシオ。」とかこう流れていそうな。

ショウ (笑)そうだよね。

ハマ 良いよね。ちょっと90年代感もあって。

コウキ キャッチーだし、ニューアルバムの流れで聴いてもらったら、ある意味異質ではあるんですけど、また映えるというか。こういう曲入ってまたいいなって感じがしますね。

ハマ ええ。

ショウ 良いと思います。

コウキ 「偶然」でした。

SHOCK THE RADIO

ショウ はい。じゃ次俺いこうかな。

ハマ はい。

ショウ じゃあ曲を紹介ですね。OKAMOTO’Sニューアルバム『BOY』から続いてこの曲を聴いて下さい。OKAMOTO’Sで「ART(FCO2811)」



♪ ART(FCO2811) / OKAMOTO’S

ショウ さっきのレイジさんじゃないけど1番俺が作ったデモのまんま、俺が1番携わった量で言うと多い曲だからこれにしました。

3人 うん。

ショウ 1番カルトっぽい曲だよね、なんか(笑)

ハマ ショウのデモのまんま弾いてますね。

コウキ そうだね。ショウのデモは独特で違うことやると全然違う曲になっちゃうんだけど。

レイジ ドラムもそうだなぁ。

ハマ 一応のオリジナルがないと。本当にそのまんま弾いてる。

コウキ あとこの曲の歌詞がいいですよね。

ハマ 歌詞ね。

コウキ 僕すごい好きですね。

ショウ そうね。歌詞1番うまく書けた。

コウキ ブコースキー感あるよね。

ショウ そうなの。チャールズ・ブコースキーとか、何でしょうね?でも本当に俺が海外旅行行った時に起こったこととかを結構そのまま歌詞にしてるというか。

コウキ 日記的な。

ショウ そうそうそうそう。…とか録ってるときにちょうど俺のアメリカに住んでるおばあちゃんが死んじゃったりして、それをちょうどこの曲のフル尺っていうんですか…要は1番までは歌があったけど、こっから本当のレコーディングがあるっていうときにその話を聞いて。で、その3番の歌詞にそのことを歌ったりとか。実際にリアルタイムでどんどん作りながら自分の日常が込められたのも良かったかなぁ。ちょっと変わった曲なんで、なんていうのこういうの?…スルメ曲みたいなことなの?

ハマコウキ スルメ曲(笑)

ショウ 何回も聴くとより好きになるっていう立ち位置なのかもしれないけど。

コウキ あ〜、そうだね。発見があるみたいな。

レイジ 確かに。

ショウ そうそう。作ってると何回も聴くからさ、その中で気に入ってるのっていうと…まぁこれは気に入ってるかな、特別。

コウキ 隠れた人気曲になりそうな感じがしますけどね。

SHOCK THE RADIO

ショウ はい。…でございました。それではハマさんですね。

ハマ はい。僕が選んだのはアルバムの7曲目です。「NOTHING」です。どうぞ。



♪ NOTHING / OKAMOTO’S

ハマ レゲエっぽい曲を作ったことがないねっていう話がまずであったりね。

ショウ あったね。

ハマ このデモの原曲自体はそういう意味でもやってみようみたいなことで始まりましたね。録っていく間で今のイントロであったりとか間奏のフレーズとかをつけ足したりとか、要はこの曲ってやろうと思えば…偉そうに聞こえるけど…できちゃうじゃない、意外と裏打ちのギターをやって…。

ショウレイジ 故意のね。

コウキ 簡単にできるけど。

ハマ できるんですけど。サビに入っている…シンセ類っていうんですか…であるとか、さっき言ったフレーズであるとか、ああいうものを入れることによって、ただの「そういう風」な曲じゃないとこに落とし込めたっていうのは大きかったですよね。

ショウ 何とも言えないミクスチャー感が。

ハマ そうね。

コウキ そうだね。

ショウ たまらないよね。

ハマ うん。意外と筋肉質になったというか。

一同 うん。

ショウ そうなの。結構好き。

ハマ やってる方は楽しいんだけど、レゲエとかスカっぽいのってね。ライブと地続きしないんだよね。そういうバンドだったら良いんだけどね。

ショウ そうそうそう。

コウキ 確かにね。

ハマ だからうまいこと、展開とかアレンジとかを詰め込めた曲だったんじゃないかなと思います。

ショウ そうだね。

レイジ でもあらためてさ、こういうことをやっとけばそういう曲っぽくなるみたいなジャンルのやり方あるじゃん?

ショウコウキ うん。

レイジ そういうものを作り出してるってすごいよね。

ショウ あ〜、なるほどね。

レイジ 裏打ちのギターとこのリズムパターンやればレゲエになります、みたいな。

コウキ あ〜、そういうスタイルをね。

レイジ そうそうそうそう。

ショウ スタイルの発明ね。

レイジ スタイルを作ってるのってやっぱすげぇな。曲とか以上にね。

コウキ すごいと思う。

ショウ そうなんだよね。

ハマ スタイルにもし特許があるとしたらとんでもないことになってますよ。

レイジ 本当だよね。

ハマ 1番…それはみんな俺が1番最初にやったって言いたいよね。

ショウ はっはっはっは(笑)

レイジ そうですよね〜。

ハマ (笑)これ俺がやったんだよっていうね…よく聞くけどさ。

ショウ そうだよね〜。

ハマ いろいろね、そういうのが詰め込めた曲なんじゃないですかね。

ショウ ありがとうございます。ということでOKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、今回は8枚目のこのニューアルバム『BOY』を特集してきました。

ハマ あと6曲あるから。

ショウ そうなのよ。

レイジ そうだね。

ハマ 一部だよ、ごく。

コウキ 聴いて欲しいね。全部良いからね。

ショウ 全体像はこれじゃ見えないし、曲順も今回めちゃくちゃこだわったので。

ハマ はい。この時代に。

ショウ そうなんですよ!やっぱりおんなじ曲が入ってても、何で始まって何で終わるっていうだけでもね、だいぶ表情が変わってきたり。アルバムのジャケットの色が違うぐらい曲順も、その顔つきを変えるものだと思うので、アルバムをね手に取って聴いてもらえたらうれしいです。よろしくお願いします。

3人 お願いします。

ショウ アニバーサリーイヤーのスタートを飾る1枚、ぜひチェックして下さい!ということで、アルバム『BOY』の紹介をしてきましたが、本当にね、この10周年、2019年10周年OKAMOTO’Sという年が。まさに始まったばっかりということなので、このアルバムを皮切りにドンドンいろんなことやってこうと思っているので、引き続いて今年あらためてね、よろしくお願いします。

3人 お願いします!

OKAMOTO’Sの今後のスケジュール
ニューアルバム『BOY』リリース中!
3月12日(火)ハマ・オカモト生誕祭@なんばHatch開催!
6月27日(木)10th ANNIVERSARY LIVE “LAST BOY”@日本武道館開催!

ショウ  それじゃ今日はこの辺で、また来週お会いしましょう!

OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOでは、引き続き皆さんからのメッセージを募集しています。
疑問、質問、リクエストなどなど…!!応募は【 コチラ 】から!

42 / 53
  • +ALL VIEW SESSION

TALK SESSION

MAIL FORM