TALK SESSION

SHOCK THE RADIO

ショウ ラジオの前の皆さん、どうも!OKAMOTO’Sのボーカル・オカモトショウと。

コウキ ギター・オカモトコウキです!

ショウ ここからは未来に残したい新定番、フューチャースタンダードを提案していくカルチャープログラム、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOです! ということで、今回も早速ゲストの方々をご紹介しましょう!go!go!vanillasのボーカルギター・牧達弥さんとドラムのジェットセイヤさんです!

vanillas イェ〜!!!

 来ちゃったぜ〜!

ジェットセイヤ 来ました来ました!お邪魔します。

ショウ やばいね。「イェ〜!登場」は初めてかも!

 新しい切り込み方…!

コウキ 新しい切り込み方来ましたね。

ショウ いやいやいや本当によくぞ。

コウキ 会うの年末ぶりぐらいですかね。

 ね!そうだね。そんなに経ってないか。

ジェットセイヤ 年末ぶり。

ショウ いやいやいや、過去を振り返ればツアー…ツアーというか一緒に対バンをやったり。

 そうね〜。呼んでくれてやったりとか。新宿レッドクロスでの繋がりがあったりとかね。

ショウ そうですね。古くから仲良くしていただいているgo!go!vanillasのみなさんですね。

ジェットセイヤ はい。

SHOCK THE RADIO

 アルバム発売おめでとうございます!

ショウ あぁ!ありがとうございます!

ショウコウキ すみません!(笑)

 本当にすごい良くて、めっちゃ聴いてるんだけど。

ショウ 本当!えぇ〜!嬉しい。

コウキ 嬉しいなぁ。

 そう。音もめっちゃ良いし。ショウくんの英語の歌がすごい好きなの。

ショウ おぁ!まじ!?嬉しいです。

 めっちゃ格好良い。

ショウ えぇ〜!

 今回多めじゃん?

ショウ 多めだなぁ。

 もりもり…チッ!イカしたよ。

ジェットセイヤ いいね。

一同 (笑)

 It’s cool! It’s cool‼︎

コウキ 最高最高だ。

ショウ コー。COOLと書いてコー、ってやつだ。

コウキ すごいですね。

ショウ 最高だわ。

コウキ ゲストに来た人に逆に褒めてもらうっていうね(笑)

一同 (笑)

 もうこれで終わろうかな(笑)これで。

コウキ いやいやいや。

SHOCK THE RADIO

ショウ レイジがジェットセイヤにめちゃくちゃ会いたがってたらからさ。

コウキ 会いたがってたよね〜。

ジェットセイヤ いや俺もね、会いたい。

一同 (笑)

ジェットセイヤ いつもインスタとかでやり取りしとって。

ショウ うんうん。

ジェットセイヤ あとなんか変なハッシュタグを作って、レイジが。

 なんて?

ジェットセイヤ 「#ジェットセイヤチャレンジ」みたいな。

ショウコウキ なにそれ(笑)

ジェットセイヤ ジェットがやりそうなことを俺がやるみたいな。好きだろうって。

ショウコウキ (笑)

コウキ なんだその遊び。

ジェットセイヤ この前このギターでに「電撃バップ」弾いとって。

 レイジが弾いてたの?

ジェットセイヤ レイジが(笑)

 まじで?やばすぎじゃん。それがジェットセイヤチャレンジってこと?

ジェットセイヤ だからなんか…やっちゃった(笑)

 その上を超えてかなきゃね〜。

コウキ そうだね〜。くだらないことやってますね〜。

ショウ そうそう。まぁ俺とコウキで会いに来ちゃったからね。ということで今日はよろしくお願いします。

一同 よろしくお願いします。

SHOCK THE RADIO

ショウ そんなgo!go!vanillasは、1月23日にニューシングル「No.999」をリリースしました!

コウキ おめでとうございます!

 イェイ!あざます!

コウキ これかっこいいシングルですね。

 そうっすね。

ジェットセイヤ あざっす!

ショウ 格好良かった!めっちゃ!

 本当!?ありがとう!

ショウ 超ハイパーに。ハイパーっていうと変だけど、なんかそのガーッ!っていう勢いがすごくて。

 ガーッ!ってね。そうそうそうそう。

コウキ いろんな展開があるけど全然…ねぇ、すごいスムーズで。

ショウ そうそう!なんつーの?なんかこれまでのgo!go!vanillas良いとこも詰まってるし、何か新しいダークな格好良さとは言わないけど、何かもう一歩先にgo!go!vanillas進んだって感じがめっちゃして。

vanillas おぉ〜!

 ありがとう、嬉しい。

ショウ なんかね、すごい良かったです。

ジェットセイヤ ありがとうございます。

コウキ 結構名刺代わりの1枚っていうか…って感じがすごいした。

ショウ ね!これがアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のエンディングテーマとしても。

 はい。

コウキ ちなみにこのタイトルっていうのは、「No.999」何かあるんですか?

SHOCK THE RADIO

 これは999って、イギリスだったりヨーロッパ圏の緊急コールナンバー。エマージェンシーコール。こっちの110番みたいな…助けてっていう意味合いがあって。

ショウ そうなんだ。

 この曲は“デス”から這い上がっていく…助けて欲しい気持ちを救える…それをこの番号に鳴らせば出るぜみたいな。そんな意味合いがあってつけております。

ショウ なるほどね。いいよマジで。ということで、その曲を聴いていただきましょう。曲紹介をお願いします。

 はい。それで聴いて下さい。



♪ No.999 / go!go!vanillas

ショウ 今回はこの4人でお送りしております!OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO。この番組は「フューチャースタンダード」をテーマに、未来に残したい名曲や名品を提案しています。ということで番組恒例ですね、go!go!vanillasの2人に「未来に残したい1曲」、そして「未来に残したい逸品」をテーマにトークしていこうと。

コウキ 難しいんですけどね。逸品となると。

ショウ これね、良いんだよね、結構。みんなの…。

コウキ 分かるよね。みんなの、今までの…。

 好きなものとか。

ショウ そうそうそうそうなんです。1個って言われるとね。

 むずいんだよな〜!

コウキ 難しいよね。

 すぐでも選べないが、敢えて言うならばっていう。

ショウ どちらからいきましょうかね?

 僕からいきますか。曲ということで。

ショウコウキ はい。

ショウ go!go!vanillas、牧達弥さんの「未来に残したい1曲」

 はい。それでは聴いて下さい。



♪ Death On The Stairs / The Libertines

   

ショウ ということでお聴き頂いたのはThe Libertinesで「Death On The Stairs」でした。やばいねやっぱ。

 この曲はね、可能性しかないなって思ったんだよね。ロックンロールとか、そのバンドってものの…なんだろう…今さThe Libertinesを聴いたときに、音圧とかめちゃないじゃん。音源の。シャリシャリ〜って感じが。

ショウ あ〜。

コウキ ペラペラだもんね。

 でもそれを初めて聴いた少年時代…まぁ高校生の時にすごかったのよ!何か情報ってっていうか、なんかわかんないけど格好良さっていうかギターの音とか。本当はさ。音ってこう…上質なとかさ、ギタリストの上手い人なんていっぱいいるし、歌で上手い人いっぱいいるし、ないしいるんだけど、なんかこのバンドだからこそすごく何かくるものがあったりするっていうのを初めて感じたんですよ。

コウキ 確かに。その化学反応がね。

 そうそう。バンドのマジックみたいなものをすごく感じて。

ショウ 不思議だよね〜。なんかジャケだったり、それからもうメンバーの姿を想像したり…頭の中でその音にないはずの迫力を補填して…。

 うん。するよね。

ショウ 想像しちゃうみたいな。

コウキ 子供の頃出てるのをね。

 そう、だからそれがすごく感じる1曲で。

ショウ なるほど。

SHOCK THE RADIO

 その曲調的に泣かせにいってるわけでもないんだけど、めちゃ泣けるっていう。大学時代に僕、上京して…大分から東京に。大分から一緒に出てきたやつらと、夜な夜なこう…お酒をめっちゃ飲んで、最終的にはこの曲を聴いて爆泣きしてるっていう。

一同 (笑)

ジェットセイヤ それをしてたのね。

ショウ めちゃくちゃ青春!

 そうそう。頑張ろうぜ俺ら!みたいな。こういう感じでやってた…それを思い出すんだよね。

ショウ なるほどね。

 本当ギターとか左側でさ、今ヘッドホン聴いても3音ぐらいしか…。

ジェットセイヤ 弾いてないわけよ(笑)

一同 トトタタトトタタ…(ギターリズムを刻む)(笑)

 技術とかそういう問題じゃないんだよ。概念としてさ、もう何かロックの可能性を感じるわけよ。それで良い曲って思わせれる思考を俺も未来に残したいと思う。その人生の中に遺伝子として組み込まれれるっていう…やっぱいいなぁ…バンドっていいなぁっていう、バンドマジックの1曲でございます。

3人 本当にすばらしい。

ショウ すばらしい。ありがとうございます!ということで、次は、ジェットセイヤさん。

SHOCK THE RADIO

ジェットセイヤ 「未来に残したい逸品」。

コウキ 逸品で。

ショウ ジェッセさんに。

 ジェッセさんの。

コウキ ジェッピンの。

ジェットセイヤ そうですね。これは、これしかないかなと思いますけど。「革ジャン」

ショウ お!

コウキ 間違いない。

ジェットセイヤ 今日も着てますけど。

コウキ そりゃもうジェッセさんといえば。

 ジェッセさんといえば革ジャンですから。

ショウ なるほど!

ジェットセイヤ そうもうなんかねえ、当たり前すぎて、逆に特別じゃないというか…自分にとっては。

ショウ あ〜。

 何着ぐらい持ってんの?

ジェットセイヤ 今はこの前数えて20着ぐらい。

3人 え〜!

ショウ だいぶ。

コウキ なるほど。

ジェットセイヤ 年々増えていきよって。

ショウ 最初会った頃、何着持ってる?とかって言ったら、「ほぼこの1着かな」みたいな感じじゃなかったけ?違うっけ?

ジェットセイヤ 増えた(笑)

一同 (笑)

ジェットセイヤ この2~3年でずっと1着着よって。

ショウ そうだよね?そうだよね、たしか。

ジェットセイヤ そう。でも形がいろいろあるやん?

ショウ あるあるある。

ショウジェットセイヤ ダブルがあり、シングルがあり…。

ジェットセイヤ ダブルでもU.K.の…。

コウキ サイクロンとかライトニングとか。

ジェットセイヤ そうそうそうそうそう。とかあるけん。…まぁ欲しいなと。

3人 そりゃそうよ。

ジェットセイヤ まぁ一生もんやし、革は。

ショウ そうよ。

ジェットセイヤ っつって年々増えるよね(笑)

一同 (笑)

ジェットセイヤ 体何個あっても足りんみたいな。一生もんみたいな。

 それちゃんと着るの?

ジェットセイヤ そう。あのね、着る。

 8番目とかの…。

ショウコウキ (笑)

コウキ 優先度的に8番目の(笑)

SHOCK THE RADIO

ジェットセイヤ でもね、めっちゃ着るのが、ハードオフとかでリサイクルショップみたいな…地方で、見つけたやつを着とって。金額関係ないねん。どれだけ体にフィットするかみたいな。

コウキ なるほど思い出というか。

 しっくりくれば。

ショウ なるほどね。ブランドでもなく。

ジェットセイヤ でもなく。それGAPのやつなんやけど。しかもレディース。

3人 へぇ〜!

ジェットセイヤ ボタンが逆に付いとって。

 古いやつなの?古いGAPのやつとか?

ジェットセイヤ そうやな多分20年ぐらい前のやつかな。

ショウ 結構古いね。

ジェットセイヤ そう。で、そのライダース…ジージャンタイプなんやけど…それはBOUNTY HUNTERのHIKARUさんとかも、昔着てカスタムしとったりとか。

ショウ へぇ〜!

コウキ 隠れた名作なんだね、それ。

ジェットセイヤ そうそうそう、名作で。今回着てる、あの…ジャケットで…着とる革ジャンはRALEIGH (ラリー)ってとこの…原宿にお店もあって。

ショウ はいはいはい。

ジェットセイヤ そう。

コウキ 今着てるのも一緒?

ジェットセイヤ そう、今着とるやつ。これがめちゃくちゃいい。

 これダブルですね。

ショウ ダブル。

ジェットセイヤ ラモーンズ仕様みたいな。

ショウ うん、あの…肩のところに。

ジェットセイヤ チェーンがついとって。

ショウ ねえ。ジョニー・ラモーンの。

ジェットセイヤ ジョニー・ラモーン師匠で。手錠になってます、これが。

 こだわり。

ジェットセイヤ みんなに聞かれるこの…。

コウキ それなんですか?っつって(笑)

一同 (笑)

コウキ タンバリンみたいな音鳴ってたって(笑)

一同 (笑)

コウキ チャッチャッチャッチャ…セイヤがちょっと笑うとチャッチャッチャッチャ…。

一同 (笑)

ショウ 本当よ(笑)

ジェットセイヤ そうそうそうそう。

SHOCK THE RADIO

コウキ でも日本のミュージシャンで、それこそ革ジャン着続けてる人ってこう…だんだん少なくなってきたから何か着続けて欲しいですね。

3人 うん。

ジェットセイヤ そうね。

 この世代はまずいないもんね。

コウキ いないじゃないかな。

ショウ 硬派なイメージじゃない。ロッカーと革ジャン。

ジェットセイヤ はいはい。そやね。

ショウ 何かそれを未来に残したい。

コウキ 残して欲しいですね。

ショウ 残して欲しい。こちらとしても。ジェットセイヤさんしか残せない。

一同 保護団体の(笑)

 革ジャン保護団体の長として(笑)

コウキ それこそ本当未来に残るね…。

ジェットセイヤ そうね。あとやっぱ地方のハードオフとかね、かなり狙い目っすよ。

コウキ それ良い話聞かせてもらいましたね。

ジェットセイヤ やっぱ高いイメージあるじゃん革ジャンて。

ショウ わかります。わかりますよ。

ジェットセイヤ でも地方のそのリサイクルショップとかあるから。

コウキ それこう…さ、20着ももってて1番のお気に入りがその地方で買ったやつっていうのがね。

ジェットセイヤ そうね。今も着とるし。

 俺新潟のハードオフで買ったアンプを使ってたからね。

コウキ 使ってた使ってた。

ショウ BadCatね。

コウキ BadCat!

 あれ一緒にいた時買わなかった?

コウキ 一緒にいた時。俺それ最初見にいって、このBadCat良いなーと思って、1回帰ってそれでしばらくして楽屋回ったらBadCat持って帰ってきてた(笑)

一同 (笑)

ジェットセイヤ やばすぎるっしょそれ。

 そういう出会いあるからね〜。

コウキ あるね。

SHOCK THE RADIO

ショウ そういうこともありますし。ということで、go!go!vanillasのジェットセイヤさんが「未来に残したい逸品」は「革ジャン」でした。OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、今回はgo!go!vanillasのボーカルギター・牧達弥さんと、ドラムのジェットセイヤさんをお迎えしました。


go!go!vanillas今後の予定
4月14日からはgo!go!vanillas「LIVE! TO \ワー/RECORDS feat. go!go!vanillas〜新曲大解禁〜」スタート
4月14日Zepp Tokyo、4月21日Zepp Osaka Bayside、
4月28日Zepp Nagoya(ゲストあり)

 名古屋だけゲストありで。

ショウ なるほど。

 平成最後のライブになるので。

コウキ そうだね。

 5月から元号変わっちゃうんで。

ショウ 5月から変わるんだ。なるほど〜。

 ギリギリ平成。なのでゲストもまだちょっと言えないんですけど、平成…俺が学生時代とかに…すごく胸熱なアーティストを呼んで、今回2マン。名古屋だけ。

ショウ おぉ〜!そういうことか。2マンなんですね。

 そうそうそう。

コウキ じゃあここで初めて新曲を解禁するんですか。

 そうなんですよね。かなり大解禁て言っただけあって今まで溜めてきたものをここでバン!とお届けしたいなと思ってます。

ショウ まずは「No.999」を聴いてブチ上がって、ライブに行くと。

 そう。わくわくしつつ。また新曲にドキドキしてもらって。

ショウ ですね。

 良いライブが出来ると思っています!

ショウ そして、プリティもね。

ジェットセイヤ プリティね。

 そうね。徐々に徐々にリハビリしてますね。

ジェットセイヤ みんなも心配してくれてさ。

ショウ いやいやいや、どんどん回復してるって話をその後聞けて、凄く嬉しいですね。

 良かったよね。早く回復したらまた一緒にライブしたりとかしたいじゃん。

コウキ やりたい。

 あとはね、バンドマン移動と多いから、みんな気をつけてね。

ショウ そうだよね。

 健康でね。当たり前になっちゃうから、移動とかもさ。寝てたりとかしたら、いつ事故が起きたりとかわかんないじゃん。病気とかもあるし。

ショウ そうだよね。

 健康が1番!

ショウ みんなで長く続けましょう。

コウキ 長く続けて一緒に対バンしましょう!

一同 やろう!

ショウ ということで(笑)そんなまとめかたでいいのか(笑)…健康は大事ということで、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、本日のゲストはgo!go!vanillasのボーカルギター牧達弥さんと、ドラムのジェットセイヤさんでした、ありがとうございました!!!

一同 ありがとうございました!
     

SHOCK THE RADIO



♪ Door / OKAMOTO’S

ショウ OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、そろそろエンディングです。

コウキ 楽しかったね。あっという間だった。2人のチョイスもすごい良かったし。

ショウ すごく良かったです。

コウキ やっぱジェッセさんの革ジャン話もすごい良かったです。

ショウ なんとなくこう、年齢じゃないよと言いつつも年が近いと小さい頃に見たテレビ番組も一緒だったりとか、遊んできたおもちゃが一緒だったりして。

コウキ 聴いてた音楽とか。

ショウ そうそうそうそう。そういうのがあってその上でロックを…かっこいいね!ロック!みたいなのがあってっていうのは通じ合える合える感じがして。

コウキ そうだね、その感じあったね。

ショウ つい楽しくなっちゃうみたいだね。

コウキ 楽しかったです。

ショウ よかったですし、「No.999」凄いやっぱロック格好良いっていう。

コウキ ロック良いね!って言ったもん、さっき2人で。

ショウ そう、ロック良いねってなれる感じがすごくしてやっぱ良いですね。皆さん是非聴いてみてください。 

OKAMOTO’Sの今後のスケジュール
ニューアルバム『BOY』リリース中!
3月12日(火)ハマ・オカモト生誕祭@なんばHatch開催!
6月27日(木)10th ANNIVERSARY LIVE “LAST BOY”@日本武道館開催!

OKAMOTO’S 10th ANNIVERSARY LIVE TOUR 2019 “BOY”も2019.04.06(土)横浜 BAYHALLからスタート!!

OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOでは、引き続き皆さんからのメッセージを募集しています。
疑問、質問、リクエストなどなど…!!応募は【 コチラ 】から!

46 / 48
  • +ALL VIEW SESSION

TALK SESSION

MAIL FORM