TALK SESSION

SHOCK THE RADIO

ハマ ラジオの前の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。OKAMOTO’Sのハマ・オカモトと。

レイジ レイジオカモトレイジです。

ハマ 未来に残したい新定番、フューチャースタンダードを提案していくカルチャープログラム、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOのお時間です。

レイジ はい。

ハマ 早速ゲストのお2人をご紹介しましょう。King Gnuのボーカル・キーボードの井口総くんとドラム・サンプラーの勢喜遊くんです。よろしくお願いします。

井口勢喜 どうも〜。

一同 よろしくお願いします。

ハマ 俺は多分ライジングサンかなぁ。最後に会ってるの。

井口勢喜 レディクレかなんかで会った。

ハマ あ、レディクレか。あ、そうだそうだ。全然そうだ。楽屋で話したわ。

井口勢喜 (笑)

ハマ あの飯の時に話したよね。

井口 そうですね。ラーメン食べてたのかわかんないですけど。

ハマ そうだ、レディクレ※だ。(※RADIO CRAZY)

井口 そうですね。年末でしたっけ?あれ。

ハマ 年末…ど年末。

井口 そうですよね(笑)

勢喜 結構、最近ですね(笑)

ハマ かなり最近。ごめん、忘れてた!

井口 大丈夫です(笑)

ハマ レイジさんは?

レイジ 俺はかなり久しぶりな気がしますけど。

ハマ 喋るのは?

レイジ うん。

井口 あ、そうですよね。

レイジ 井口くんは多分初めて会った時ぶりかもしれない。

井口 あ、そうですよね(笑)

一同 (笑)

レイジ …持って来てくれたぶり(笑)

SHOCK THE RADIO

井口 結構、早速触れられた感じですね。そうですね、あの時…。

ハマ アレぶりなんだ?

井口 1年ぐらいですかね、じゃあ。

ハマ アレっていつなの?

レイジ だいぶ前だよ?

ハマ 2年くらい前でしょ?

井口 MIYAVIさんとのやつ…。

レイジ MIYAVIさんとやったやつね。

勢喜 そうそう。

ハマ 先に言っておくと、我々、レコード会社がね。一緒なんですよ。アリオラジャパンというところで。もう念願のというか…ようやくバンドで…まぁクロマニヨンズ先輩とかいらっしゃいますけど、「年の近い感じのバンドが入るということになります」っていうの言われて、スタッフから…アリオラジャパンの。で、とあるライブを都内でやりました。渋谷か何かでやって、今日そのバンドが楽屋に挨拶に来てもいいですかみたいなこと言われて、それはどうぞどうぞみたいな話をしたんですけど、その時にみんなが…ビニール袋に入れた半生みたいな鯛を。

レイジ (笑)

井口勢喜 半生っていうか、生の鯛を…。

レイジ “めでタイ”ということで、とか言って鯛1匹持って来たんだよ。

井口勢喜 (笑)

ハマ そうそう。で、我々もやっぱり…斜めなので…人間がね。なんだこれ?っつって…そのまぁなんて言うの、タイミングとそのレコード会社からの導入もとても良くなかった…。

一同 (爆笑)

井口 いや〜、間違いないですね(笑)

ハマ いや、あの、全員が正しかったし。ま、とにかくそれはふざけんなみたいなことになって。俺らはね。俺らは俺らでふざけんなよみたいな。

勢喜 すいませんでした。

レイジ いやぁ、全然全然。

ハマ もう今や皆さんもデビューしてさ、応援してくれる人が多いからこそ、逆に今これ話したいわけ!俺は。

井口 (笑)

ハマ まぁ本当に全然もう来なくていいですよって話をしまして。

レイジ でもアレね、正しかったと思う。忘れないもんやっぱ。

井口 (笑)

レイジ 絶対正しいアレ。

ハマ 結局、この話ができてるからもう…まあみんなにはちょっと迷惑かけたかもしれませんけど。

井口 いやいやいや!(笑)

ハマ でさ、Licaxxxっていう友達がいるじゃない、共通のね。Licaxxxと仕事したときに「King Gnuにハマくんブチ切れたんでしょ?」みたいなこと言われて。

3人 (笑)

ハマ そんなところまで話し回ってんだ!ってなって。…いやいや、もちろん切れたし、こうで…って話して。…でもまぁおもろいじゃんみたいにはなって。で、ライジングで会ったんだよね。

SHOCK THE RADIO

井口 そうですね。

ハマ たぶん本当アレぶりぐらい。去年の夏に。

井口 ものすごい申し訳なさそうにね、僕らがちょっとこう…。

ハマ すっごい謝られて。

レイジ うっそ?(笑)

ハマ いや、そうだよ。

レイジ そんなに?そんな感じだったの?(笑)

ハマ ご飯を食べる所で久し振りに会ってね。もう別にアレはアレだから、あ〜!みたいになったら、いや本当その節はマジで…みたいな感じで。

レイジ そういう感じだったの?(笑)

ハマ いやいやもう、本当に。…確かにふざけんなってなってたけど、まぁアレはアレで今もうこうなってるから面白いねっていう話をそこでしましたよね。

井口 はい、はい。そうですね。

レイジ だからね〜、アリオラが悪いよ。

一同 (爆笑)

ハマ 本当にそう!アリオラが悪い!

レイジ 本当に。アリオラが悪い!

ハマ で、アリオラは…どっちでも良いんだけど…とにかくみんなのことすごい好きだと。会ってみたいということを言ってるバンドだっていうから。俺らもちょっともちろん嬉しいから、何かそんな感じで…かな?と思ったら、割と無口なお兄さんたち入ってきて、「これ、めでたいっていう感じで」とかって言われたから…。

一同 (爆笑)

ハマ こっちもなめんなよ?みたいなね。こっちも。

一同 (爆笑)

井口 すみません、それ。直前に、実はびしょ濡れですごい元気に「鯛取ってきました〜!」って行こうと思ってたんですけど…それでちょっと怒られまして。

ハマ (爆笑)

井口 「びしょ濡れは危ねぇだろ」って言って。床が濡れて滑るから。

ハマ まずね。なるほどね。

井口 まず怒られてたんですよ、もう既に。

ハマ それももうよくないよね、だからアリオラのね。

一同 (爆笑)

ハマ 2人なりに考えてくれてたんだよ。もっと俺らに寄った感じでなんならやってくれる予定だったのに、謎に止められたりして。で、あの中途半端な感じでね…フォローがね。

井口 そうですね。残念な感じになっちゃいましたね。

ハマ そうそう。

レイジ いや、いいんじゃないんですか。

ハマ いや、だから、本当ね、アリオラの所為。

ハマレイジ (笑)

勢喜 まじで築地に買いに行ったんだもんな。

井口 まじで築地に買いに…。

ハマ あ、築地に行ったの?!

レイジ そんなに!?

井口 行きました行きました。

レイジ ちゃんと買いに行ったんや(笑)

ハマ やば(笑)いや、すごい(笑)そうなんだ。

井口 ちょっとね、気に入られようっていうモチベーションのね、方向がちょっと違かった。

ハマレイジ (爆笑)

井口 完全に間違え…履き違えてたね、完全に。

ハマ 今こうやってしかもラジオで…この話、絶対今後何かしらもっとするよね、いろんな場所で。

井口 いや、そうかもしれないですね(笑)

ハマ これで終わらないと思うけど。第1発目はここで。

井口 いや〜、ぜひ話して頂きたいです。もう2回ほど、マジでこの歳になってこんなに怒られることあるんだっていうくらい怒られてるので。

一同 (爆笑)

ハマ や〜、そうだよね(笑)

レイジ 今いくつ?2人。

井口 25…僕以外26なんですけど。

ハマ あ〜、1個上。

レイジ 今年27の年ってこと?

勢喜 今年27になりますね。

井口 そうですね。なりますね。

ハマ なるほどなるほど。

レイジ 俺らの2つ下?

勢喜 2つ・3つ違い。

井口 そうか、そうですよね。

SHOCK THE RADIO

ハマ まぁあんま変わらん。まあ…そういう実はデビュー前っていうかね、実はそういう付き合いが…そういうとこから始まってたっていう話でしたね。これ言えて良かったですね。

レイジ おもしろ話ですね。

ハマ 今日ようやくね、2人来てくれるから言えるなと思って。

レイジ やっと本当に、ずっとドキドキしてました。この感じになるまで。

ハマ めちゃくちゃ面白いよ。

レイジ だから、常田さんは会ったことないんだよね。

井口 あ〜、そうですね。

レイジ あの時いなかったもんね。

井口 いなかったですね。

勢喜 後ろからこうなんかこう煽ってたよね。外からね。

ハマ あ、いたはいたんだ。

レイジ いた?

勢喜 鯛の時に。

井口 いやいなかった。いなかった。

勢喜 いなかった?本当に?

ハマ いなかったっけ?いないのか。

井口 3人で。

勢喜 あ、そっか。

井口 そうそうそうそう。

ハマ だからね、ちゃんとは…実はみんなと喋ったってこともバンド的にはあんまないだよね。

井口 そうですよね。

ハマ こういうバラバラな…2人俺喋ってるのか…喋ってる方だよね、きっとね。

井口勢喜 そうですね。

ハマ レディクレとかではね。

井口 ライブとかではそうですね。

ハマ そうですね。じゃあ1曲いきますかね。

勢喜 ありがとうございます。

ハマ じゃあアルバムからかな。

井口勢喜 はい。



♪ Sorrows / King Gnu

ハマ 今回はこの4人でお送り中、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOでございます。この番組は「フューチャースタンダード」をテーマに、未来に残したい名曲や名品を提案しています。ということで恒例なんですが、この先残したいという曲だったり、モノみたいなのをゲストに聞いているんですけども。

井口 はい。

ハマ 今回は1人が曲、1人がモノ・場所ということで、まずは井口くんは選曲ですかね。

レイジ はい、そうですね。布施明さんの「君は薔薇より美しい」



♪ 君は薔薇より美しい / 布施明

井口 これ、いつ聴いてもご機嫌になれるというか。

ハマ 凄いパワーがあるよね。この曲はね。

井口 あります。いや、そうなんですよね。

ハマ なんなんでしょうね。

井口 多分、同じもの見てると思うんですけど、あのサングラスをかけた。

ハマ そうですね。でもやっぱ年を召めされてもあのパワー感がまったく失われてないから、布施さんてやっぱすごいなぁと思いますよね。

井口 すごいですよね。

ハマ 歌が本当に…。プロの人に言うのってもう愚問なんだけど。

3人 (笑)

ハマ やっぱり、ああいう歌の上手い人ってもう現代にはいないじゃん。ああいうタイプはね。

井口 そうですね。

ハマ すばらしい。未来に残したいという意味では確かに日本の名ボーカリストですね。

レイジ そうですね。

ハマ ということでKing Gnuの井口くんが選んでくれたのは、布施明さんで「君は薔薇より美しい」でした。大名曲ですね。俺も大好きです。ありがとうございます。

井口 ありがとうございます。

SHOCK THE RADIO

ハマ では、勢喜くんどうです?何を…?

勢喜 はい。僕はね、レイジさんのインスタで知った…。

レイジ あ、俺のインスタで知ったの?

勢喜 そう、めちゃめちゃ好きなんですよ、俺。

レイジ 何が?

勢喜 レイジさんの…インスタ。

レイジ インスタ?(笑)

一同 (爆笑)

勢喜 めちゃめちゃ好きで。

井口 因みにこれもう2年ぐらいずっと言ってるんですよ。

レイジ まじで?!

勢喜 まじでめちゃめちゃ好きで。

レイジ 俺のインスタがめちゃめちゃ好きなんだ。

勢喜 そうそうそう。

レイジ 嬉しいな〜、それ。1番嬉しい。

勢喜 それで知ったサングラス屋さんを。

ハマ なるほどね。

勢喜 “メガネ地獄”。通称ね。

レイジ 池袋老眼鏡博物館ですね。

勢喜 はい。ありがとうございます。

ハマ 博物館なのに買えるっていうことなんですか?

勢喜 そうなんですよね。

レイジ そうね。店構えがもう凄くて。なんて言ったら良いんだろうね。建物の壁全部がメガネになってんだよね。ビルの壁っていうのかな。2階建てぐらいのビル…ビルっていうのかな?なんて言ったら良いんだろうね、あれ。とにかくね、建物の壁が全部メガネになってて、店内の壁も天井も全部メガネが敷き詰めてある…。

ハマ ちょっと変なとこだよね、だから。

勢喜 そうですね。

ハマ 普通にね、ちょっと怖いっていうか。勢喜くんは何度も行ってるんですか?

勢喜 俺も4〜5回ですかね。

ハマ もう結構行ってるんだね。それはやっぱり面白いんですか?

勢喜 なんかこう…そうすね、ロマンがあるんですよね。

ハマレイジ あ〜。

勢喜 かわいい…ね。

ハマ 今ももうスタジオにあるんですけどね。これは確かになかなか…ないよね。

勢喜 (笑)…独特の艶。

ハマ 独特だよね。

レイジ しかもそれが25円とかで売ってるから。

勢喜 これ29円でした。

ハマ まじ?

勢喜 そう。

ハマ 価格破壊もいいとこだよ。

レイジ 多分そのもうゴミして出すのにも費用がかかるから無料で引き取りますってそういう問屋とかから引き取ったのをタダも同然みたいな感じで売ってる店なんだよね。

ハマ そうよね、大量の在庫の中からね。良いの選ぶわけでしょ?

レイジ 買い占めが簡単にできちゃう値段だから。

勢喜 そうなんですよね。

レイジ そう、ここのやつ全部買っても1000円みたいな。

勢喜 子供でも大人買い。

ハマ 夢のような話だよね、でも。

レイジ 本当そうなんだよ。

ハマ 買い物としてありえない体験じゃん、それ。

レイジ ありえない。

勢喜 バグっちゃった。

レイジ バグ技って感じだね(笑)

レイジ 本当に。

ハマ チートを使ってるっていうかね。

レイジ チートを使ってる時の気持ちになる、あそこに行くとね。

ハマ それをね、体感したい人も是非。

勢喜 はい。行ってみてください。

レイジ そこに行って、サングラスが何もいいのなかったとしても、その景色がやばいもんね。

勢喜 そうなんすよ。

レイジ 店構え。

勢喜 普通に観光としてね、行ってみていただきたい。

ハマ 面白いですね。なるほどね。未来に残したいの場所、店ですね。ということで2人に伺いましたけども、ここでKing Gnuの新曲をかけてくれるということで。

井口 はい。

レイジ あのアルバムにも入ってない曲?

井口 入ってない曲ですね。

レイジ へぇ〜!

ハマ じゃあそれをぜひ2人から曲紹介お願いします。

井口 はい。King Gnuで「白日」。

COMING SOON!
♪ 白日 / King Gnu

ハマ はい。お聴きいただいたのは2月22日に配信が開始されます、King Gnuの新曲「白日」でした。OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、今回は King Gnuより2人が来てくれました。井口くんと勢喜くんが来てくれましたが、あっという間にお別れのお時間ということで、今後の予定ですが…!3月3日(日)の新木場 STUDIO COAST から、ワンマンツアー「Sympa」がスタート!
何月ぐらいまでやるんですか?ツアーは。

井口 4月ぐらいまでですね。

ハマ あ、まぁ1ヶ月ぐらいの。

井口 1ヶ月ですね。

ハマ 何ヶ所ですか?

井口 8ヶ所。

勢喜 11公演。

ハマ なるほどね。それ回って多分まだまだいろんな活動があると思いますが、まずはツアーが3月から始まるってことで。みなさんぜひチェックしてください!よろしくお願いします。ということでOKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、本日のゲストは King Gnuよりの井口くんと勢喜くん、来て頂きました!ありがとうございました!

井口勢喜 ありがとうございました〜!

SHOCK THE RADIO



♪ Dancing Boy / OKAMOTO’S

SHOCK THE RADIO

ハマ けようやく完了という…(笑) 我々としては別にそんなね、もはや面白話でしたが、だから同じシーンにいるからってみんな仲良しこよしないんだぞってことですよ。失礼働いたらむかつくぞっことは言うんだから。俺らだって。

レイジ (笑)あと、

ハマ ただそれをこういう…!なんですか?

レイジ やっぱ俺ら19でデビューして、その感覚でやってさ、その感覚でむかつくとか言ってるけど、もうアラサーじゃん?こえぇよな、やっぱハマ・オカモトとか。

ハマ (爆笑)

レイジ アラサーのハマ・オカモトにさ、ブチ切れられたら普通に怖いぜ。2コとか3コ下だったら。可哀想だからお前謝りのメール打っときな2人に。

ハマ や、だから全然そこは俺はもう雪解けてんですよ。去年の冬でね。いや、だからこうやって、俺はみんながそれこそ凄い人気がバーン!と出てやってる中で、ラジオでこういう話ができるっていうのはいいなと思って。個人的には凄い良いエンディングだったんですけども。まだ会ってない2人もいますからね。

レイジ あれかな?俺とかは逆に何とも思ってないしさ、怒ってもいないんだけど最初から。魚持ってきたことに対して。でもなんか普通にさ、会うの2回目とかだからさ、普通によそよそしいじゃん?

ハマ まぁまぁ。

レイジ その感じも怖いのかなとか勘繰っちゃってさ。

ハマ もしかしたらまだ怖いっていう…。

レイジ ハマ・オカモトより俺の方が不気味で怖かったりすんのかな?(笑)

ハマ (笑)

レイジ この人怒ってんのか怒ってないのか分かんねぇけど普通に喋ってくるし怖えぇみたいな。

ハマ いや、そうだよ。そうかもよ。いや、でもインスタのファンだっていうから、勢喜くんはね。

レイジ 嬉しい。1番嬉しいな、それは。

ハマ 今後ね、レーベルが一緒っていうのも縁ですから、仲良くできると良いですね。対バンとかね、あるんでしょうよ。

レイジ 確かに。対バンツアー回ったら良いんじゃないの?

ハマ 次のうちの対バンツアーとかぜひ。

レイジ うん。

ハマ でも早く言わないとさ、忙しくて無理ですって言われちゃうからそこはレーベルの力をフルに使って頂いて。

レイジ そうだ。

ハマ ということで、今日は来てくれました、2人がね。忙しい中、ありがとうございました。

OKAMOTO’Sの今後のスケジュール
ニューアルバム『BOY』リリース中!
3月12日(火)ハマ・オカモト生誕祭@なんばHatch開催!
6月27日(木)10th ANNIVERSARY LIVE “LAST BOY”@日本武道館開催!

OKAMOTO’S 10th ANNIVERSARY LIVE TOUR 2019 “BOY”も2019.04.06(土)横浜 BAYHALLからスタート!!

来週はフレデリックが登場します!お楽しみに!!

47 / 62
  • +ALL VIEW SESSION

TALK SESSION

MAIL FORM