TALK SESSION

SHOCK THE RADIO

ショウ ラジオの前の皆さん、どうも!OKAMOTO’Sのオカモトショウと!

レイジ ドラムのオカモトレイジです。

ショウ 未来に残したい新定番、フューチャースタンダードを提案していくカルチャープログラム、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOです!今回も早速ゲストの方を紹介してしまいましょう!

??? あ〜!緊張する!

一同 (笑)

ショウ もう声が出ている(笑)フレデリックからベースの三原康司さんと、ドラムの高橋武さんです!

SHOCK THE RADIO

三原高橋 よろしくお願いします!

レイジ よろしくお願いします。

高橋 ありがとうございます。

高橋 よろしくお願いします。

ショウ 意外と…意外とですよ?

高橋 はい。

ショウ ちゃんとこうやってお話しするの初めてになります。

高橋 ね。

三原 ですね。だからこういう機会がすごく嬉しいです。

ショウ (笑)

高橋 なんか1回大阪のラジオで健司と僕でいたときにご挨拶したことはあったりして。

ショウ ありましたよね。

高橋 フェスではちょくちょくお会いはしてたんで。

ショウ でももう…フェスで会っても…なんていうんですか。

レイジ う〜ん。確かに。

ショウ バックヤードで同じように飯食ってたとしても、そんないきなり行って初めまして!みたいなことやんないっすよ。

三原 そうっすね(笑)

SHOCK THE RADIO

高橋 僕、全然お話しできたことないんですけど。僕…ドラムの武は、昔やってたバンドで、1回新宿ロフトでOKAMOTO’Sと対バンしたことあります。

ショウ えっ!

レイジ え、マジっすか!?

高橋 4~5バンドぐらいいた時で、全然…。

レイジ 何のイベントだろ?

ショウ え〜!

レイジ Galileo Galileiとか出てたやつ?

高橋 あ、でもドラムは、フロアタム持ち込んでました。

レイジ 俺が?

高橋 はい。

レイジ じゃあ超初期っすね。

ショウ フロアタム持ち込み…!

一同 (笑)

ショウ なんだっけそれ?

レイジ 謎。わかんない。

高橋 セット持ち込むんじゃないんだけどフロアタム持ち込むんだ…ってすげー印象に残って。

一同 (笑)

レイジ 確かに(笑)

高橋 フロアタム持ち込んだってすごい印象に残ったんですね。

レイジ すごいな(笑)

ショウ あ〜じゃあそうなんだ。武さんはそれ以来。

高橋 そうですね(笑)ちゃんと話すのは。

ショウ それ以来…すごいよ(笑)

SHOCK THE RADIO

レイジ 俺はもう一方的には熊野さん※にすげーお世話になって。(*熊野功雄さん)

高橋 あ〜、なるほど!

レイジ 熊野さんとずっと作業しているってことは、これはもう絶対話しても大丈夫なバンドだと勝手に思ってたんで。

高橋 嬉しい〜!

レイジ ゆっくり話せてすごい楽しみ。

三原 いや、でも熊野さんからお話も聞いてます。

レイジ あ、本当ですか(笑)

高橋 まぁレコーディングでお世話になってるからね。

レイジ 熊野さんとやっぱりちゃんと作業したことがあるかどうかでだいぶ価値観変わりますね。

三原 だいぶ変わると思います。

ショウ そうなんだ。その熊野さんていうのは…?

レイジ 何か新しい定義をめっちゃ出してくるんだよね、音楽に対する。

三原 めちゃくちゃ面白い人でね。

SHOCK THE RADIO

レイジ なんか「押すとうっとり」の定義とか。

一同 (笑)

レイジ 聞いたことあります?

三原 いや知らないっすね(笑)

レイジ 押しと…。

三原 うっとり…わかりますよね。

ショウ なんかあれでしょ?オラ〜ッ!って感じがあるかうっとりさせるか。

レイジ そう、だから押し押しでいくのを究極に極めるとうっとりになるとかっていう。

三原 う〜ん。

レイジ だから松田聖子は完全にうっとりなんだよ。

ショウ高橋 あ〜。

レイジ その、うっとりと押すっていう線引きが自分の中で出来るようになるとだいぶ物事を進めるのが楽になる。

ショウ なるほど。

レイジ もっとうっとりな感じなんだよなみたいな。

ショウ うんうん。

レイジ ちょうどいい言葉なんだよね、押すとうっとり。

ショウ エンジニアの方?

レイジ マスタリングエンジニアで…。

高橋 マスタリングもやってるし。

ショウ なるほどなるほど。

レイジ DJもやってるし。

ショウ はいはいはい。

レイジ 作曲とかもやってるし。

ショウ そうだ、あのスピーカーの上に置く棒…。

レイジ そうそう。っていうかあのオーディオメーカーをやってる。PHONONていうオーディオメーカー。

ショウ そうですよね。

レイジ 世界的に評価されてるブランドですけど、天野さんからずっと聞いててさ。

ショウ なるほどね。

レイジ フレデリックっていうバンドわかります?とか言って…最近ずっと手伝っててとか言ってさ。そうなんですよ。

ショウ なるほどね。いやいや、今日よろしくお願い致します。

三原高橋 よろしくお願いします。

ショウ はい、大事な話にようやくたどり着きましたよ。

レイジ はい。

SHOCK THE RADIO

SHOCK THE RADIO

ショウ フレデリックは2月20日にセカンドアルバム『フレデリズム2』をリリースしました。

三原高橋 ありがとうございます。

ショウレイジ おめでとうございます。

ショウ これ…あれですか?康司さんの誕生日?

高橋 そうなんですよ。健司(ギターボーカル)と康司の。

ショウ いきなり2人の三原兄弟の…ということですよ。ね。

高橋 そのままリリース日になりますね。

ショウ なるほどね。これファーストアルバム『フレデリズム』のリリースが2016年10月。で、そこからツアーをやり、初のアリーナワンマンをやり、EPやシングルのリリースなどもあって…からの『フレデリズム2』ということだそうですが。

高橋 はい。

ショウ どうですか。この2年以上空く感じの…その間シングルとか曲書いてたでしょうけど。

三原 そうですね。

ショウ アルバムにいつか行き着くだろう、みたいなプランの中で書いていくわけじゃないですか、ある種。そこは2年もあるとやっぱ一色に統一できなくなってったりしないんですか?そこはもうそれで「その2年」ていう期間が全部詰まったらいいな、みたいなことなのか。

三原 なんか結構、その都度その都度、今を楽しんでバンドをやってたんで、そのときにこういう楽曲を出したいとか、こういうのが面白いんじゃないか、みたいなのをすごいやっていて。それがちゃんと点と点が線になっていってる感じはずっとその2年4ヶ月の中にあったんです。

ショウ なるほどね。

三原 だから、アルバムリリースまでたどり着いた時にテーマ性っていうのが、やっぱりなんか自然と繋がっていく感じがあったので、すごい等身大のアルバムだなっていうのを感じています。

ショウ なるほどね。

三原 だから良い形で楽曲制作はできてましたね。

ショウ アルバム格好良かったです。

三原高橋 ありがとうございます。

ショウ なんかやっぱり…さっきの熊野さんの話を聞いてたから、ちょっと納得いく部分もありつつなんだけど、なんか妙な“エグみ”みたいなのがあるバンドだなと思って。

高橋 うれしい。

三原 ありがとうございます。

ショウ うん、そうそう…7曲目の「他所のピラニア」のニューウェーブ感ていう。

一同 (笑)

三原 だいぶエグくしましたね。

ショウ あれが多分エグみの究極なんだろうな、とは思いつつ。アルバムに1曲濃いのが入るみたいな、ああいう感じとか聴くと「うわっ、エグッ!」っていう。

高橋 嬉しいね。

三原 ありがてぇ。めっちゃ聴いてくださってる。

ショウ いやいやいやいや、本当にね。

三原 俺らもバンドの移動の中で…

高橋 車の中で『BOY』聴いたんですけど、

三原高橋 めちゃくちゃ良かったです。

ショウ 本当ですか、ありがとう。

三原 本当にめっちゃ良かったです。

ショウ ありがとうございます。そんなそんな。そうなんですよ。なんか洒落た曲もありながら、今までのフレデリックの感じもありながらなんだろうなあと思って。そう、特に…だから俺は「他所のピラニア」みたいなのにニヤニヤするんですよ。

高橋 あ〜、嬉しい。

三原 ありがとうございます。

ショウ そんなね、ニューアルバム『フレデリズム2』から早速1曲聴いてみましょう。

高橋 はい。フレデリックで「逃避行」。



♪ 逃避行 / フレデリック

   

ショウ やっぱこのニョ〜ン!っていうシンセのエグみとかね。最高ですね。

三原 ありがとうございます。

高橋 熊野さんパワーだ。

一同 (笑)

ショウ いや、フレデリックパワーですよ、それは。

SHOCK THE RADIO

ショウ ということで、今回はこの4人でお送りしております。OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO。この番組は「フューチャースタンダード」をテーマに未来に残したい名曲や名品を提案しています。ということでここからは番組恒例「未来に残したい1曲」をフレデリックのお2人に選曲してもらいます。ということでございますが、まずじゃあ康司さんから未来に残したい1曲を選曲してもらって良いですか?

三原 はい、僕はですね。はっぴいえんどの「風をあつめて」を。



♪ 風をあつめて / はっぴいえんど

    

SHOCK THE RADIO

三原 この曲はですね、僕あの…朝起きてすぐ音楽聴くのすごい好きで。

ショウ あ〜、そうなんですね。

三原 で、結構ずっと聴いてる曲がやっぱりこのはっぴいえんどの「風をあつめて」だなっていう。これ聴いた後に朝ご飯食べるんですけど、なんか美味く感じるんですよ。

ショウレイジ あ〜!

三原 何かこう…何て言ったらいいのか分かんないですけど。

レイジ 日光の感じとすごい合いそう。

ショウ そうそうそう(笑)

三原 なんか音楽ってそういう力あるなぁって思ってて。それって多分俺だけじゃないんじゃないかなと。で、考えたらやっぱり「未来に残したい1曲」ってこの曲だよなと思って、ちょっと選曲させてもらいました。

ショウ いや良い。本当に名曲ですよね。これね。

三原 ねぇ。本当に。

ショウ あれ…なんだっけ?東京オリンピックが…前のね、60年代のが来たときに、町が変わってくのを見て、松本隆さんが確かこういう歌詞書いたんですよね。

SHOCK THE RADIO

三原 松本隆さんが書く歌詞が本当に好きで。

ショウ あ〜、良いですよね〜。

三原 あの世代のもう…アイドルの方だったりとかにもすごい書いてるじゃないですか。

ショウ めちゃくちゃ書いてますよね。

三原 もう全部良いんですよね。本当に。

ショウ わかります。それこそうっとりですよね。

三原 ね〜!

レイジ いや、うっとりだよ。

三原 うっとりっすね。

レイジ 完全にうっとりだよね。隆 in da house。

ショウ (笑) 最高の曲ですよ。実は最近機会があって、この曲歌うことがあったんですよ。

三原 おお〜!

ショウ 歌ったこととかあります?

三原 俺ね、カラオケとか行っても歌うんですよ。絶対。

ショウ そうなんだ!

三原 しかも絶対最後の曲にします。

ショウ なるほどね。

レイジ じゃあもうそろそろ行くかって時にこの曲を最後に入れさせてくださいって。

一同 (笑)

三原 絶対この曲で終わりたくて。

ショウ いいね!締めも始まりもいける曲。

レイジ 俺は湘南の風歌うけど。

一同 (笑)

三原 めちゃくちゃ良い(笑)

ショウ ぶち上げて終わるパターン(笑)…いや最高です。はっぴいえんどで「風をあつめて」でした。

三原 はい。

SHOCK THE RADIO

ショウ ということでここで武さんの「未来に残したい1曲」、じゃあ次は選んでいただいてもよろしいでしょうか。

高橋 はい。



♪ Elevate / Bernard Purdie

 

ショウ フレデリックの武さんが選んだ「未来に残したい1曲」Bernard Purdieの「Elevate」。

高橋 はい。

ショウ これ、あれなんですか?去年出た?

高橋 そうなんですそうなんです。

ショウ 2018年リリースの曲ということで。

高橋 結構、そのまま過去の音楽から選ぶかどうかとかも悩んだんですけど、最近すごい思うことがあって、今世に出てる音源の中でも…僕ドラマーなんでちょっとドラムのことになっちゃうんですけど…それが良い悪いじゃなくてクオンタイズされてる音源てすごい多いと思うんですね。その1度ドラマーが叩いたものを整理して、直してる音源ていうのが非常に多いと思って。それ自体の良い悪いじゃないんですけど、結局ライブになった時に…僕らも同期を使ったりするので、僕とかもクリック…メトロノーム聴きながら叩くんですけど。後輩とかの話を聞いてるときに、メトロノームにどうも縛られちゃうみたいな。演奏する時にそれがネガティブな要因になってしまってる子たちもいるなっていうのを最近すごい思っていて。要はクリックある・なしじゃなく…あったとしてもなしだとしても…そこに対してジャストじゃなかったとしても、気持ち良いビートって沢山あるじゃないですか。

ショウ はい。

高橋 それは過去に遡れば遡るほど割合として多いと思うんですけど、今最近…ごく最近作られた音楽でもそういうものは沢山あって、それがちゃんと今の若い子たちにも気持ち良いと思ってもらえるものであるということが僕はすごい意味のあることだと思っていて。

ショウ なるほどね。

SHOCK THE RADIO

高橋 その2018年にリリースされた曲で、それが今後も残っていくっていうのが、またこれが意味のあることなんじゃないかなって思って選曲しました。

レイジ 確かに。

ショウ 確かにね。昔からある名曲っていうのはある種もう未来に残っているっちゃ残っている部分もあると。

高橋 そうだなぁと思いますね。

ショウ 改めて紹介したいのが去年出たこれだったと。なるほどね。

レイジ 確かにね。もうこのコーナー史上、最高に内容の濃い、意味合いも含めて。

一同 (笑)

高橋 あ〜、嬉しいです。

レイジ これは?この曲はレコーディングの時にクリック聞いてるんですかね?

高橋 どうなんですかねぇ?ちょっとクリック流しながら聞いたことはないからわかんないけど。

レイジ そうっすよね〜。

高橋 でも聞いてたとしても…。

レイジ そういう話じゃねえよなっていう話ですよね。

高橋 そうそう。とてもじゃないけど、これ流しながら叩いてもこのタイミングに合わせられないですからね。

ショウ あ〜、なるほどね。そういうことですよね。

レイジ でも本当に俺もレコーディングしてる時とか、もう明らかにミスってるけどかっけぇみたいな。

高橋 ありますね。

レイジ これどうしよう…みたいな。

一同 (笑)

レイジ でもここのフィルは…このバタつきめっちゃ格好良いけど、曲全体でいうとテイク2の方が格好良いなぁみたいな。

高橋 あ〜、めちゃあるあるだ。

レイジ そういう時にすごい悩みますよね。で、格好良いフィルだけ切ってテイク2に貼ったりとかしちゃいますけどね、結構。

ショウ (笑)ということで、ありがとうございました。

高橋 ありがとうございました。

SHOCK THE RADIO

 

ショウ フレデリックのね、今後の予定ですが、現在絶賛ツアー中ということで。

高橋 4月の13日に新木場スタジオコーストがありまして、そこからもう1年かけて、すごい長くツアーを回っていこうというのがありまして。

ショウ すごい。

高橋 すごい本当にこの『フレデリズム2』っていうアルバムを通して、長く長くしっかり知ってもらおうと思っているツアーなので。

ショウ そんなに長いことツアーしたことないかも。

三原高橋 (笑)

ショウ 47都道府県やった時も…

レイジ 5ヶ月…

ショウ 5ヶ月ぐらいだったよね。

高橋 え〜、すごいですね。でも5ヶ月で回れるんですね。

レイジ 回っちゃったっすね…。

一同 (笑)

レイジ 夏跨いでたから…夏フェスもあったので…その5ヶ月の間には多分60本ぐらいライブやってんすよね。

高橋 わぁぁぁぁ。

三原 すげ〜な。

ショウ いや、でも、何か1枚自分たちの大事なアルバムを出して。で、それをすぐ次にいくんじゃなくて、ちゃんとゆっくり色んなとこでみんなに聴いてもらうっていうのはすごい素敵ですね。

三原 大事ですね、本当に。

ショウ 「FREDERHYTHM TOUR2019〜夜にロックを聴いてしまったら編〜」これが特別公演第1弾ということですね。

三原高橋 そうですね。

ショウ で、そこからツアーが始まると。

三原 はい。

高橋 そうです。

ショウ …ことでございます。皆さん是非フレデリックのホームページをチェックして下さい。

三原高橋 よろしくお願いします。

ショウ ということで、本当に今日はありがとうございました。

一同 ありがとうございました。

ショウ OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、本日のゲストはフレデリックの三原康司さんと、高橋武さんでした、ありがとうございました!!!!

SHOCK THE RADIO

 



♪ Hole / OKAMOTO’S

ショウ OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、そろそろエンディングです。ということですが、楽しかったね。

レイジ ね。

ショウ 2人が選んでくれた「未来に残したい1曲」も。

レイジ すごい意味のある…。

ショウ え!?そうなんだ?的な。

レイジ 武くんの…

ショウ そうそう。選んでくれた感じとか。

レイジ 楽しかった。

ショウ 楽しかった。なんか同世代で知ってて挨拶とかするけど、まだ話せてないバンドとかとこういう機会に話せるのは。

レイジ そうね。

ショウ なんかいいね。一緒に最後対バンしたいっていう話で盛り上がりましたし。go!go!vanillasと3マン。

レイジ なんかだから…なんだろう。俺らも列伝※みたいなやつに参加したい。(※スペースシャワー列伝)

ショウ ね。そういうのやりたいよね。

レイジ うん。

ショウ 多分楽しいと思うんだよなぁ。

レイジ 30代のそういう対バンツアー企画みたいなのやればいいのか。

ショウ あ〜、なるほどね。もう1年〜2年経って、みんな30代入ってとかね。

レイジ そうそう。

ショウ 確かに。それはアツいかもねー。

レイジ 若手じゃなくて。

ショウ はいはい。いや、楽しかったです。フレデリックの2人またぜひ遊びに来て欲しいですね。

OKAMOTO’Sの今後のスケジュール
ニューアルバム『BOY』リリース中!
3月12日(火)ハマ・オカモト生誕祭@なんばHatch開催!
6月27日(木)10th ANNIVERSARY LIVE “LAST BOY”@日本武道館開催!

OKAMOTO’S 10th ANNIVERSARY LIVE TOUR 2019 “BOY”も2019.04.06(土)横浜 BAYHALLからスタート!!

来週はBase Ball Bearが登場します!お楽しみに!!

48 / 61
  • +ALL VIEW SESSION

TALK SESSION

MAIL FORM