TALK SESSION

SHOCK THE RADIO

ショウ ラジオの前の皆さん、どうも!OKAMOTO’Sのオカモトショウと!

ハマ ハマ・オカモトです!

ショウ ここからは、未来に残したい新定番、フューチャースタンダードを提案していくカルチャープログラム、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOです!

ショウ ということで今回はハマさんと2人ですね。

ハマ ここ珍しい…最近珍しいですね。

ショウ なくない?

ハマ あ、前回あったんですか?

ショウ レイジ・ショウさんだったんです。レイジさん珍しくご機嫌で。

ハマ あー、本当ですか(笑)

ショウ なんかねー、そう。非常によかったんですけど。

ハマ それは本当によかったですね。

ショウ そういう不安を抱えずに話せるハマさんはやっぱりなんかいいなぁと思いつつ。

ハマ はい。よかったですよ。本当にありますからね。

ショウ ありますからね(笑)

ハマ 浮き沈みがね。

ショウ 浮き沈みが(笑)

ショウハマ ありますから。

ショウ ね、彼は。

ハマ (笑)

SHOCK THE RADIO

ショウ いやぁ…そう。前回もよかったんですが今回も2人でお届けしていくということで。

ハマ あ、なるほど。じゃあ2週連続っていう感じ?

ショウ なんですよ。そうそうそう。でね、前回結構夏の話もしてたんですけど。

ハマ はい。

ショウ 夏が苦手だっていう話とか。

ハマ はいはい。

ショウ 録ってる時はまだギリそんなに暑くなかったんです。で、今もうものすごい暑いじゃないですか。

ハマ いや、だって昨日…まぁこれ録ってる時点でですけど、千葉の方が37度とか言ってね。

ショウ あーそっか。37か、もう。

ハマ ええ。体温を超えてきてますからね。

ショウ 超えてますね。これは本当に皆さん体調気をつけないと危ないね。

ハマ 屋内にいても熱中症ってのはなるらしいですからね。

ショウ そうよ。皆さん体も気をつけて下さい。

ハマ また来週〜。

ショウ (笑)いやいや(笑)

ハマ (笑)

ショウ そんな中ですよ(笑)そんな中、1曲ハマさんに選んでいただいた夏っぽい曲をね、紹介していただきましょう。

ハマ はい。これはもう私の夏のテーマ曲です。

ショウ お!
  



♪ 夏をあきらめて / 研ナオコ

ハマ これは、サザンオールスターズバージョンでとても好きなんですけど、やっぱね、女性が歌うってのはまたいいなっていうことで選曲させていただきました。

ショウ 素晴らしい歌声です。

SHOCK THE RADIO

ショウ 少し前になりますが7月19日と21日、OKAMOTO’S “BOY” CHINA TOUR2019と題して、中国の北京と上海でライブをしてきました。

ハマ はい。

ショウ よかったね、初中国。初中国大陸。

ハマ そうですね。初中国大陸かつ海外ワンマンライブ。

ショウ そうなんですね!ワンマンだったんですよ。

ハマ イベントとかね、40分ぐらいの2マンとかはやったことあるんですけどね。

ショウ そうね。

ハマ 台湾でやりましたけど。ワンマンっていうのは初めてだったっていうのもありますね。

ショウ ありますね。初でそうやってやってきて…まぁでも最初にやろうってなったのって去年…。

ハマ ちょうど去年の年末ぐらいですかね。NeoLっていうサイトで『BOY』のプロモーションで撮影があったんですけど、そん時にもう行く行かないみたいなのほぼ決まってて。

ショウ そうね。

ハマ NeoLのスタッフにね、なんていうんですか…バイリンガル以上喋れる人なんていうんでしたっけ?

ショウ トリリンガルとかそういうやつだよね。

ハマ トリリンガルとかそういうスタッフが多くてね…で、今みたいな話したんですよ。そもそも認知されてるのかっていう。

ショウ weiboで検索してみたらいいじゃないですかみたいなことになりまして。weiboっていうのは日本でいうところのTwitterみたいなものなんですけど…まぁ中国版のTwitterと言っていいんじゃないですかね…それで検索したらね、いるんですよねいっぱい。結構最近の僕らの写真とかも挙げてる人とかもね。

ショウ そう。ファンというか、なんかちょっとフォローしてくれてる感じの。

ハマ そう。そこで初めて、あぁ…いるんだというね。

ショウ (笑)こんなにもう世界中どこでもアクセスできるようになった現代ですけど、でもまだまだ知らない世界もあるというかね。

ショウ ねぇ。本当に。

ハマ まぁそれもあって、結局400人ずつぐらい集まったんですかね、2か所ともね。

ショウ そうなのよ。ワンマン初めてだっつって。

ハマ 立派な人数ですよ。

ショウ そうですよ。結構嬉しかったよね。

ハマ という2か所でしたね。

ショウ まぁまぁ折角2か所なので、まずは北京の話からしていきましょうか。

ハマ はい。

ショウ ということで、実際ライブどうなるんだろうみたいな感じもあったけど、まぁよかったよね、結構。

ハマ 何がいいって我々海外行く時は基本的にやっぱアニメの曲として知られてることが多くてですね。

ショウ そうね。入口としてね。

ハマ 今まで本当にいろんなアニメやってきたんでね、それの曲知ってる人が多いんですけど。今回はもう『BOY』の曲とか歌えたりするわけじゃないですか、みんな。

ショウ そうなの。そう。

ハマ それが本当びっくりっていうかね。だからもうアニメのバンドって感じでは全くない雰囲気でね。で、アニメの曲…あ、これアニメの曲だっていう…またちょっと違う盛り上がりみたいな。

ショウ もありつつね。

ハマ わかんない…北京は本当にどっちかっていうとアルバム曲というかそういう曲が盛り上がっていた印象がありますけどね。

ショウ そう。あとねなんかすごい「ROCKY」とかで盛り上がってくれてて、俺たちもね。ある種シングル曲っちゃシングル曲だけど、まあその何かタイアップがついてるとかでもないのに。で、呼んでくれた人にすごい「ROCKY」盛り上がってたねって言ったら、北京の人はロックが好きだって話をしてて。

ハマ なるほど。

ショウ 傾向があるらしくて。

ハマ 土地でね。

ショウ そうそう、北京はロック好きが多くて。上海はディスコ好きが多くて、広州はシティポップ好きが多いという傾向があるらしくて。まぁあんだけデカい国だとそうなってくるのかなって思ったり。

ハマ 北海道なんかよりもっとおっきくてでっかいみたいなもんだよね。同じ中国っていってもね。

ショウ そうですよ。もう、大陸の具合ってすごいですから、本当に。だから面白かったですね。お客さんすごいあったかく迎えてくれて、初日いいライブを北京で出来たっていう感じですかね。ということでね、この辺りで1曲北京のライブでも演奏した曲を聴いてもらいましょう。



♪ Cold Summer / OKAOTO’S

ショウ 続いては上海!ということで、上海…北京から飛行機で移動しましたよね。

ハマ はい。

ショウ 1日かけて移動したね。っていうか飛行機で。

ハマ そうなんですよ。まぁ飛び上がらなくてね。

ショウ そうなのよ、飛行機が遅延して遅延して…。

ハマ (笑)

ショウ 呼んでくれた中国側のスタッフが本当にその北京からの国内便…は上海に向けてだけじゃないと思うんだけど…大抵遅延するという話をしてて、もう1日…その日に予定がある状態で飛行機移動ができないって言ってた。

ハマ はぁ、なるほど。見越してね。

ショウ 見越して。もうそういうもんらしい。本当に。

ハマ 1番ショックだったのは、向こうで呼んでくれて、世話をしてくれたチームが丁寧なチームで、何を食べるか記載した紙をくれてたんですよ。

ショウ くれてました。

ハマ この移動日ってのは…アレですよね。小籠包…。

ショウ 小籠包だ。

ハマ 小龍包を食べましょうと書いてあったわけですよね。だからそれを楽しみにするわけですよ。

ショウ わかるわかる。

ハマ こっちからするとね。で、1時間遅れ…15分遅れ…30分遅れ…だから1時間半ぐらいですか、飛ばずに。で、飛んで着いたら小岩に…小岩にも住んでて、中国にも住んでるヨウさんていう人がついてくれたんですが、ヨウさんが、これだけ遅れたからもう小龍包の店はもう行けません!

ショウ (笑)

ハマ 言われましてね。誰のせいでもないわけですよ、しょうがないんだけど。

ショウ しょうがない。

ハマ ものすごいショックでした。

ショウハマ (笑)

ハマ 違う料理屋さんに行ってね。小龍包は翌日やってくれたんですけど、昼に。

ショウ そうね、そうね。

ハマ あれ、ショックだったなー。

ショウ 1粒500円する小龍包食いましたね。

ハマ そう!びっくりしましたね、あれ。

ショウ マジうまかったけど高けぇと思って。

ハマ いやなんていうか、そんなに全部物価が高くないじゃないですか。基本は。

ショウ だってその前に食った麻婆豆腐、これおいしいねぇって言っていくらですか?って聞いたら120円だったもん。

ハマ ねぇ。そういう世界ですから。

ショウ そうですよ。

ハマ 普通に食べてて。小龍包ね、1個500円ですからね!あの…OKじゃなくって。

ショウ OKじゃない。

ハマ あれ驚愕だったね。

ショウ もうだから遅れた分、美味しい小龍包も食べれましたっていう感じがありつつ。

ハマ そう。1日遅れたんで結局そんなそこもね。

SHOCK THE RADIO

ショウ そう。で、もうちょっと関係ない話にもなっちゃうけど、呼んでくれたチームがね、みんな若くて。

ハマ そうそう。年齢が若かったですね。

ショウ そう。全員とは言わないけど、その9人ぐらいのチームから…もうちょい少ないか…6〜7人のチームかなー。運転する人がいたりとか、翻訳してくれたり、メディアに連絡する人がいたり、俺らの世話してくれる人がいたり、わーっとチームでいるんだけど、全員20代なんだよね。多分あれね。

ハマ そうですね。

ショウ そのボスのキーファーさんて人が23歳の女性なんですけど。ただね、23歳って思わなかった。最初同い年かちょっと上かもなぁと思うぐらい…。

ハマ ちょっと上ぐらい、31、32歳ぐらいかな。

ショウ そうそうそう。老けてるとかじゃなくて貫禄があるの、もうなんかその…落ち着いてる。で、あ!23歳なんですねぇとか言って意外だわって言って。何年目なんですか?って聞いたら10年目…。

ハマ ねぇ。もう信じられないですよね。翻訳間違いかと思いますよ、やっぱ。

ショウ 13…私も10周年なのって言って。いやいや13歳からっつって。

ハマ (笑)

ショウ マジすかって言って。

ハマ そりゃやっぱ不思議な貫禄纏いますよね。

ショウ 纏うよ。10年やってたら。でも何か良いなぁと思った。そのもちろん年齢が全てではないんだけど、若いみんなでやりたいことやろうって言って、会社でみんなで動いてやってるそのエネルギーっていうの。そこにすごい夢あるし、いいなと思って。中国の今まさに発展していってるエネルギーがそういうところに表れてるなぁと思って。だからそういう人に気に入ってもらって、呼んでもらえてたって…だってここから上海のライブの話しますけど、上海のライブもスタッフの人がみんな見てくれてて、結構ボロボロ泣きながら見てる人とかいたじゃない。

ハマ はいはい。上海は最後だったんで、みんなちゃんと客として見ますって言って。

ショウ そうそう。見ます!とか言ってすげぇ踊ってくれてる人がいたりさ。あれも良かったなぁと思って。…上海ですけど、上海も北京に引き続いてワンマン初なのに400人ぐらいはバーッと集まってくれてて。

ハマ 結構やっぱそのメジャー感が北京よりあるね、体感としては。まぁ発展してる感じっていうのもね、あるんでしょうしね。

ショウ やっぱこう首都と1番若者が集まってる街とっていう…北京との住み分けで言うとね…感じがする。

ハマ なんかそういう感じがやっぱありましたね。なんでやっぱアニメ曲とかはより受けるっていうか。

ショウ そうだね。

ハマ 知ってる知ってるっていう感じで。

ショウ あとなんかライブ慣れしてる感じが北京よりちょっとあったような気がして。

ハマ そうっすねー。

ショウ 日本のバンドもたくさん見てるのかもしれないし。また元気いいお客さんというか、音楽もっとわかるぜって感じのお客さんも中にはいたりとか。…面白かったね…だし、引き続き歌詞を歌ってくれてる人がいたりとか。

ハマ そうですねー。

ショウ なんかでもね、北京・上海やって中国よかったって思ったし…あの後キーファーさんとWeChatしてたんですけど、俺らが日本帰国した次の次の日とかかな…メディアの人に改めて俺らに取材来てくれた人にありがとうって言いに行ったら、もう人生で見たライブで1番よかったってみんな言ってたらしくて。

ハマ そうですか(笑)

ショウ 本当に。本当?!そんなに?って。いや、嬉しい。

ハマ それは嬉しいですねー。

ショウ もうだから是非またやりたいっていう話はね、ライブでもしてましたけど。

ハマ もちろんね。

ショウ 次は北京・上海だけじゃなくて、広州だったりとか…どこでもいいんですけど、もうちょっとおっきい規模でまたやれたりしたら。

ハマ そうですよね。ええ。

ショウ で、まぁ年1…年2ぐらいで行けるような規模に。

ハマ うーん。誰かと行くもよし。

ショウ そうそうそうそう。で、向こうのアーティストと交流持ってこっちでなんかやるとかでもいいですし、これで終わっちゃわない何かを出来るように頑張ろうなぁと。

ハマ そうですね。

ショウ 頑張ろうなぁと(笑)頑張りました(笑)

ハマ 頑張ろうなぁ。

ショウハマ (笑)

ショウ ハマさんに頑張ろうなぁという…そういうことですよ。

ハマ ねぇ。頑張ろうなぁということですよねぇ。…お誘い待ってますよ。

ショウ お誘い待ってます。海外に強い今のリスナーの皆さん、よろしくお願いします。ということで、最後にもう1曲、今回の中国ツアーで久々に演奏したこの曲を聴いてください。



♪ Beautiful Days / OKAOTO’S

ショウ OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、そろそろエンディングです。中国ツアーのこと、ここでゆっくり話せてよかったですね。

ハマ そうですね。

ショウ うん。意外と。

ハマ もうほとんどオカモトークQでしか、その模様も出してなかったんでね、中国の話っていうのは。

ショウ そうね。せっかくだったからね、ゆっくりこう振り返って話す場があってよかったなぁと思います。

ショウ 番組のウェブサイト、そしてSNSには、今日の模様や写真がアップされているので、ぜひチェックしてください!

ハマ 番組では、みなさんからのメッセージを募集しています。疑問質問リクエスト、どんなものでもかまいません。

SHOCK THE RADIO

そして今日は中国ツアーのお土産として、チケットの半券に、メンバー全員のサインを入れたものを1名様にプレゼント!
欲しい人は「サイン入りチケット欲しい!」と書いてください。

全ての応募は[ コチラ ]から!

OKAMOTO’Sの今後のスケジュール
→夏フェス出演中
→10月18日(金) オカモトショウ生誕祭、
→11月5日(火) オカモトコウキ1stソロライブも宜しく!
 
→9月20日(金)公開の映画「HELLO WORLD」の主題歌を担当!
Official髭男dism、Nulbarichなどとのサントラもリリース!

OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOでは、引き続き皆さんからのメッセージを募集しています。
疑問、質問、リクエストなどなど…!!そしてプレゼントの応募は【 コチラ 】から!

72 / 90
  • +ALL VIEW SESSION

TALK SESSION

MAIL FORM