TALK SESSION

SHOCK THE RADIO

レイジ OKAMOTO’Sのオカモトレイジです!ここからは、未来に残したい新定番、フューチャースタンダードを提案していくカルチャープログラム、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOです! 今回は僕一人でお届けですが、早速ゲストの方々をご紹介しちゃいましょう。自己紹介をお願いします!

STUS はい、STUSと申します。よろしくお願いします。

BIM BIMと申します。よろしくお願いします。

RYO-Z RIP SLYMEからRYO-Zです。ご無沙汰しておりま〜す。よろしくどうぞ〜。…合ってるよね?俺(笑)

一同 (笑)

レイジ いやぁ…なんかもう色々とすごい組み合わせで、すごい番組にバックアゲインって感じですね。

RYO-Z そうですね。何ですかね(笑) もしこの番組をもうずっとお聴きのヘビーリスナーでしたらですね、アタクシが昔番組を色々お邪魔していたことも存じ上げてる方もいるかもしれません。

レイジ しかもその時にOKAMOTO’Sとして俺もゲストで何回かお世話になってるんで。

RYO-Z はいはい。そうですね。

レイジ この番組でこの組み合わせで喋るっていうのがもう2〜3回ぐらいあるんで、ここ(今回、収録しているスタジオ)でも録りましたしね。

RYO-Z そうですね。

レイジ そう…で、しかもそこにSTUS君とBIMがいるっていう…。

RYO-Z あ〜、すごい!

STUS 不思議な…。

BIM プロが2人いるからちょっと…俺らは無言で大丈夫そうですよね。

STUS ね。無言で。

SHOCK THE RADIO

レイジ でも俺もこうやってメインで司会進行することめったにないから、本当に。

RYO-Z え?他のメンバーもやるの?

レイジ 基本的にハマ君かボーカルのショウがやるんで…。

RYO-Z なるほど!

レイジ そうなんですよ。だから俺は結構緊張してます。このメインで進行していくの、やったことないから。

RYO-Z へー。うちでいうところのSUがやってるみたいな?

レイジ そうです、そうです。

RYO-Z すげー不安。

一同 (笑)

RYO-Z それならすげー不安だけど(笑)

レイジ 基本的にボケ〜ッとして、思ったことをポロッと言うみたいな感じなんで、普段はもう。

RYO-Z 百戦錬磨でしょうよ?

レイジ いやいや、もうそんなことないですよ。

SHOCK THE RADIO

RYO-Z 俺、そういえば…BIM君を紹介してくれたのがレイジじゃなかったかな?

BIM 多分そうですね。

レイジ 会った時…?いつでしたっけね?どこででしたっけねぇ?

RYO-Z 初めて会った時…でもなんか俺たちのライブ絡みかなんかで。スタイリストTEPPEI君とか、そういう絡みの流れの中で、なんかレイジとも知り合ったし、BIM君とも知り合ったみたいな。

レイジ でも本当BIMがラップするギリギリ直前かなぁ?ぐらいで知り合ってる?

BIM そうです。

レイジ 「Pool」のPVが出るギリギリ直前だよね。

BIM うん。

STUS そうなんだ。全然…その前に知り合ってたんですね。

BIM まぁそう。表には出してない。

レイジ 知ってたかもしれないけど、ちゃんとTHE OTOGIBANASHI’Sっていう名前で「Pool」の曲を出すギリギリ直前ぐらいにフェスの会場で、普通のヘッズで…「ファンです!」みたいな感じで声かけられるみたいな出会い方して、そこから仲良くなってるから。BIMがどれだけRIP SLYME大好きっ子かっていうのも知ってた上で、この組み合わせで曲やってるのがもうめっちゃエモ。エモいっていう。

BIM レイジ君だけには正直、RYO-ZさんとSTUS君が来てるときにその2人の写真を送って、実は。

レイジ あっ!そうそう!

STUS あ〜、なるほどね。

BIM レイジ君だけにバラした。

レイジ 嘘でしょ!?みたいな。マジで!?みたいな!

RYO-Z (笑)

レイジ 一緒にやってんの?!みたいな。感動のサクセスストーリーなんですけど!みたいな(笑)

RYO-Z あ〜、なるほど。レイジ的にSTUS君は?

レイジ STUS君も結構古い。5〜6年前。

STUS そうね、多分1番最初に顔を合わせたのは結構古い…。

レイジ 新宿ロフト…かなぁ?

STUS あ、そっか。あのスペシャ列伝。

レイジ そうそう。で、俺もDJで出ててみたいな。

STUS 確かに。

SHOCK THE RADIO

レイジ あ、STUS君は『HELLO WORLD』っていうアニメ映画の劇伴一緒に作ったり、サントラ一緒に作ったりとかしてて。

RYO-Z へ〜、仕事の。

レイジ そう、STUS君のビートにハマ君がベース弾いてるっていうトラックをいっぱい作ってて。

RYO-Z お〜!カッコいいね!

レイジ そう、だから個人的にはすごいその組み合わせでリミックスアルバムとか作ったら良さそうなんだよなと思って。

RYO-Z ヤバそう!

レイジ ボーカル乗っけたり、ラップ乗っけたりして。そんな3人ですが8月7日に「マジックアワー」という曲をリリースしました。おめでとうございまーす。

STUS ありがとうございまーす。

RYO-Z わー。

一同 (拍手)

レイジ どういう経緯でこういう組み合わせが…誰発信なんですか?

STUS 発信としては僕で。経緯としてはUCCさんからそのお話が来まして。

レイジ あ〜、そういうことなんだ。

SHOCK THE RADIO

STUS 「UCC BLACK無糖」ってブラックコーヒーと、アルコールを合わせて“ブラックボール”っていう飲み方があって。それをもうちょっといい感じに広めるみたいなそのコラボ企画として、そういう企画がありまして。それでどういう曲作ろうかなと悩んでたら制作のスタッフさんがRYO-Zさんとかどうですかって提示してもらって。「あ、だったらBIM君と作ったらなんかより面白いかも」って思ってこの2人にお声かけさせてもらったってのがコラボの経緯です。

レイジ そういうことなんだ。

RYO-Z 嬉しい限りです。

BIM ありがとうございます。

STUS 本当にすごく嬉しい。僕も、もうRIP SLYMEさんから入ってる感じなのですごい光栄な。

レイジ ね、もうビートも途中で「ミニッツメイド」っぽくなると思って(笑)

BIM そうそうそう。

一同 (笑)

RYO-Z おっ!やっぱ?(笑)

STUS さすが(笑)気付いた?

レイジ それは気付くよ(笑)

SHOCK THE RADIO

BIM いわゆる“ミニッツメイドゾーン”。

STUS そう、ミニッツメイドゾーンって言ってたもんね。

レイジ ミニッツメイドゾーンきた〜!と思って。

RYO-Z (笑)

レイジ それはもう1発で気付いた。

BIM しかも、それはSTUS君が意図してやったわけじゃなくて、そういう風に何かRYO-Zさんとか…想像しながら作ったらそうなったみたいな。

レイジ あ、勝手になってたんだ。

STUS そう、そんな感じなんです。

レイジ 狙ってやったんじゃなくて。

STUS そうですね。作ってたら、これミニッツメイドっぽいな〜みたいな声になったみたいな。

レイジ もういつもRYO-Zさんに会うと言ってる気がするけど、(RIP SLYME)超ド世代で。染み込んじゃってる世代だから、普通に下調べとかしなくても一瞬でわかっちゃうみたいな。そのミニッツメイドゾーン来た〜みたいな。多分ね、STUS君も普通に何も狙わなくても、あざとくなくそのフレーバーが出ちゃってるんだなってそんな感じがすごいした。

STUS 良かったです。

RYO-Z 俺OKAMOTO’Sのセッション初めてさ…あれは何の時か分かんないんだけど…何かリハーサルスタジオでOKAMOTO’Sと俺たちとでセッション…。

レイジ テレビ局でやった?

RYO-Z テレビ局でやったやつ、そうそうそれがいちばん最初でしょ?

レイジ はいはい。

RYO-Z そう、その時にレイジがドラム叩き終わって、「俺のドラムでILMARIがラップしてんのすげぇヤベェ!」みたいなことを普通に(笑)

レイジ 普通にリスペクト込みで呼び捨てみたいな。

RYO-Z 普通にヤベェみたいな。すげぇ面白かったな。

レイジ マジ本物のRYO-Z目の前にいんのヤベェみたいな。

RYO-Z (笑)

レイジ ありえねぇ!みたいな気持ちになっちゃうっすからね。

RYO-Z いやいや、それをちょっと思い出しましたけどね。本当非常に楽しい…そういう世代とまた俺とがね…みたいな、一緒にやっててすごい楽しい限りです。

レイジ なんかもう…音楽って最高って感じ。

RYO-Z いや本当に最高ですね。

レイジ BIMちゃんどうなの?

BIM ブチあがりましたね。STUS君から…!STUS〜!ってなった。

一同 (笑)

レイジ それではこの辺りで聴いてみましょうか。曲紹介、BIMちゃんにお願いしようかな。あれ?

BIM いやSTUS君が。

STUS いやいやいや。

BIM じゃあ、STUTS, BIM, RYO-Zで「マジックアワー」。
  

SHOCK THE RADIO

レイジ 今回はこの4人でお送り中、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO。この番組は「フューチャースタンダード」をテーマに、未来に残したい名曲や名品を提案しています。ということで今回はお三方に「未来に残したい夏の1曲」と言うテーマで選曲してもらいました。誰からいきますかね。

STUS 僕から…いかせてもらおうかなと。



♪ 天の川 / ザ・なつやすみバンド

 

レイジ STUSさんが選んだ「未来に残したい夏の1曲」、ザ・なつやすみバンドで「天の川」でした。なぜこの曲を選んだんでしょうか?

STUS 結構この曲が入ってる『TNB!』ってアルバムがあるんですけど、これをすごい…4〜5年前の夏にむちゃくちゃ聴いてて、なんか結構それから夏になったら絶対そのアルバム聴きたくなるみたいな感じで。そのアルバムの中でもこの曲とかは特に好きなので、この曲にしようかなと思いました。

レイジ っていうかもうそもそも…バンド名が。

STUS バンド名が(笑)

RYO-Z まんまだね。

レイジ 1曲っていうか1バンドっていう括りでももう…。

RYO-Z 丸ごとっていう感じ。いい曲、俺、知らなかったこれ。

STUS 本当素晴らしいバンドなんで。

RYO-Z 素晴らしい、いい感じ。

レイジ はい。ありがとうございました。じゃ次は。

SHOCK THE RADIO

BIM お願いします。

レイジ BIMちゃんで。(手を挙げる)

RYO-Z 手挙げても分かんない(笑)

BIM そうだ(笑)

一同 (笑)

BIM 今左手上げました。

一同 (笑)

RYO-Z いいねかわいい〜(笑)

レイジ BIMちゃんがなんか結構あれだなぁ。アウェイな感じっていうか、懐かしい感じのオーラ出してるわ。

BIM 手汗が。

RYO-Z (笑)

レイジ @Heiyuuちゃんついてきてないからやっぱそわそわしちゃうんじゃないの?

BIM (笑)

RYO-Z BIM君あのクールなラップの感じ…割にはやっぱりビジュアルは河北麻衣子似のね…もうかわいいビジュアルだからね。

レイジ もう7人の小人のうちの1人。

一同 (笑)

RYO-Z かわいい…。



♪ じゃっ夏なんで / かせきさいだぁ

   

レイジ BIMさんが選んだ「未来に残したい夏の1曲」、かせきさいだぁで「じゃっ夏なんで」でした。なんでこの曲を選んだのかお話しください…!

BIM 夏って言ってるし。夏の曲なんですけど、かせきさんと前お話しさせていただ時に…どうやってこの曲作ったんですか?みたいな話したら、その時別のお仕事もなさってる時でそれをやりながら、この曲をずっと引き出しに紙とペンいれてこっそり書いてたんだ…みたいな。1年間かけて作ったんだよって。

レイジ へ〜!

SHOCK THE RADIO

BIM なんとなくこう、1日の曲みたいなイメージだからサラッと…バッ!と書いてみたいなイメージなのかな…イメージだったんだけど、すごい緻密に計算された歌詞なんだなって思って聴いて。そっから毎年…元々聴いてたけど…そういう聴き方をするようになって。で、さんピンCAMPの復活祭に出して頂いた時にTHE OTOGIBANASHI’Sの曲のマッシュアップとしてこの曲を使わせて頂いて。あと、RIP SLYMEさんがやってた真夏のWOWっていうフェスでもそれを、かせきさんの曲でマッシュアップまたやらせて頂いたりとか。結構夏にいろいろ毎回思い出があります。

レイジ 思い出の曲なんだね。

RYO-Z これはもう、俺は大好き、この曲。

レイジ そうなんですね。

RYO-Z 俺完コピ出来るもん。

レイジ マジすか。

BIM 沖縄でも聴きましたもんね。一緒に車…帰りの車で。

RYO-Z そうね。

レイジ いいですね、そういう。

STUS 素晴らしいです。

レイジ 世代超えて夏のクラシック。

RYO-Z 梶井基次郎の『檸檬』をこれ聴いて読んだぐらい。

レイジ へ〜。

BIM 分かります。

RYO-Z そう、詩が口の中に出てくる…小説まで読んでしまったので。

レイジ 世代を超えた夏のクラシックということで。

BIM クラシックですね。まさに。

BIM っていう感じです。

レイジ じゃあ、お次はRYO-Zさんですね。

RYO-Z あっし…あっしはですね、もう大、大、大師匠先輩。  



♪ 悲しみのJODY(She Was Crying) / 山下達郎

    

RYO-Z (曲を聴きながら)あ〜これよ!

レイジ なぜこの曲なんですかっていうのもね。

SHOCK THE RADIO

RYO-Z これね、本当ね、まさに、俺がSHOCK THE RADIOやらせてもらってた時にたまたま5年以上前だと思うんだけど、『OPUS』っていう山下達郎さんのベスト盤みたいのがリリースされると。で、その宣伝…パブリシティに基づき、業界内にしか配布されないというか…100枚ぐらい限定のアナログレコード盤っていうのがあったんです。

レイジ へぇ〜!

RYO-Z それ頂いて、うわ!すげぇ、これはヤベェと。これはヤバいブツもらったと思って…。でもだからって俺、家にターンテーブルないのさ。で、友達ん家がターンテーブルも買い直してスピーカーもすごいから、よしそこで針落とそって思ったこの1曲目がこの「(悲しみの)JODY」だったんだけど、ぶっ飛んじゃって。ヤベ〜!!!みたいになって。なんだこれ〜!みたいになって。ちょっと音楽体験的に久しぶりの感動…なんていうのかな…本当ブッ飛ぶ感動みたいなのが久しぶりにあって。その日はもうすごい酔い潰れたし、なんか…おじさん4人ぐらいで聴いてたんだけど2人が泣いてたから。」

レイジ へ〜。

RYO-Z アルバムを一気に2周ぐらいして、ヤバい…音楽体験としての夏の1曲。

レイジ 夏に聴いたんですか?

RYO-Z そうです、ついこの間です。ついこの間。

レイジ あ〜、ついこの間聴いたんですか。

BIM 沖縄帰ってきた次の日に聴かれて。

RYO-Z そうそう!

BIM PV撮りに行って。

RYO-Z PV…「マジックアワー」のPV撮りに行った次の日。確かに聴いた…ヤバいやつでしたよ。

レイジ それはもう完全に夏の1曲ですね。

RYO-Z はい。アツかった〜。

SHOCK THE RADIO

レイジ OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、今回はSTUTSさん、BIMさん、RYO-Zさんに未来に残したい夏の1曲を選んでもらいました。そんなみなさん今後の予定はどんな感じでしょうか?

RYO-Z 最近そういえばね、Podcastを初めて。よくみんなも映画の話なんかするとさ、友達とかに勧められて…これ、すごい良かったんだ〜、観てないんだったら是非…って勧められるじゃん?意外となかなか見れないじゃん?だからそういう宿題映画をさらってこうっていう。そんなPodcastの番組やったりなんかもしております。

『RYO-Z & 柴崎竜人の #新しいフォルダー』

レイジ いいですね。

RYO-Z 最近Instagramもやっと始めたっていう。

レイジ あ、そうなんですか。

SHOCK THE RADIO

BIM しれっと始まってましたもんね、RYO-Zさん(笑)

RYO-Z しれっとね、しれっと。だからその辺ももしチェックできる…俺ただ動画の上げ方がわかんないのよね、Instagramの。

一同 (笑)

レイジ iPhoneですよね?(笑)

RYO-Z iPhone。

レイジ 分かんないっていうのが分かんないです(笑)

BIM RYO-Zさん、「マジックアワー」のPV上がった日にジャケを上げてて。

STUTS, BIM, RYO-Z 「マジックアワー」 (Official Music Video)

RYO-Z そう(笑)PVが上がってんのにジャケしか上げられないみたいな(笑)そういうことになってますから。

レイジ いいですね。それもそれで、フレックス。

RYO-Z えぇ。ご指導ご鞭撻のほど是非よろしくお願いします。

一同 (笑)

レイジ よろしくお願いします。OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、本日のゲストはSTUTSさん、BIMさん、RYO-Zさんでした。

一同 ありがとうございました!!!

STUTS

BIM

RYO-Z

SHOCK THE RADIO

           

SHOCK THE RADIO

レイジ OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、そろそろエンディングです。

RYO-Z 番組では、みなさんからのメッセージを募集しています。疑問質問リクエスト、どんなものでもかまいません。応募は番組ウェブサイトから!

レイジ (笑) 我々OKAMOTO’Sの今後のスケジュールですが、、


→夏フェス出演中!
→10月18日 オカモトショウ生誕祭!
→11月5日 オカモトコウキ1stソロライブ!
→9月20日公開の映画「HELLO WORLD」の主題歌を担当!
(今回ゲストのSTUTSさんも劇伴に参加!)

先週の中国土産、サイン入りチケットの当選者は発送を持って返せさせてもらいます。

レイジ それじゃ今日はこの辺で、また来週お会いしましょう! OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、ここまでのお相手はオカモトレイジでした!
    
OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOでは、引き続き皆さんからのメッセージを募集しています。
疑問、質問、リクエストなどなど…!!そしてプレゼントの応募は【 コチラ 】から!

73 / 82
  • +ALL VIEW SESSION

TALK SESSION

MAIL FORM