TALK SESSION

SHOCK THE RADIO

ハマ 皆さん、いかがお過ごしでしょうか?OKAMOTO’Sのハマ・オカモトと。

レイジ オカモトレイジです。

ハマ ここからは、未来に残したい新定番、フューチャースタンダードを提案していくカルチャープログラム、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOの時間です! …ね?

レイジ はい。

ハマ (笑) じゃあ早速ですね…!

レイジ そういうことですね。

ハマ そういうことですよね。さっそくゲストの方をご紹介しましょう。木村カエラさんです、よろしくお願いします。

木村 よろしくお願いします!

レイジ よろしくお願いします。

ハマ ありがとうございます。お越しいただいて。

木村 いえいえ!なんか逆にすみません。

ハマ 何でですか?

木村 (笑)

一同 (笑)

木村 なんか呼んでいただいて?

ハマ いえいえ。

木村 嬉しゅうございます。

ハマ よかったです。僕らずっと発信してたので、ラジオ聴いているOKAMOTO’Sのファンの方はご存じだと思いますけども、本当先日…ちょっと前ですけどサマーソニックの大阪と東京。2日間だけこの2人がリズム隊としてカエラさんバンドで…ありがとうございました。

レイジ ありがとうございました。

木村 いえいえ。本当に急にね!

ハマ木村 (笑)

ハマ 確かに本当に急でびっくりしました、俺は。

木村 ごめんなさいね。

ハマ いやいや、嬉しいんですけど。お話しする機会はあるじゃないですか、度々ね。事務所が一緒ですしね。

木村 そうですね。

ハマ でも一緒に演奏っていうのはもう…ないじゃないですか。

レイジ そうですねぇ。

木村 なんか、一緒にいつかやりたいねとか言って話はしていたんだけれども。

ハマ はい。

木村 なかなかタイミングないねーとか言ってて…サマソニ?…サマソニ、2人はどう?みたいな。

ハマレイジ (笑)

ハマ どうだろう。

木村 そう…あの…どうなの?ってなって。それで急遽声がかけられたみたいな感じなんで。

SHOCK THE RADIO

レイジ …どうでしたか?

木村 え!?

ハマ (笑)

レイジ それ普通に…どうだったのかな?っていう。

木村 めっちゃ良かったよ。ってかね、私は外の音とかがさ、リアルタイムでは聴けないからアレなんですけど、ていうかまず歌いやすかったのすっごい。

レイジ へ〜。

ハマ 良かったです。

レイジ それは良かった。

ハマ 歌いやすかったし…なんていうんだろう…音が純粋?

レイジ あ〜。

ハマ はいはい。

木村 とてもいい意味でですよ?

ハマ はいはいはい。

木村 …なので、すごく本当に歌いやすくって、良かった。

ハマ 嬉しい。

木村 良かったって言ってて、それで外で聴いていたマネジャーさんたちもめっちゃ良かった!!!とか言って。で、2人がとにかく上手だったって言ってた。

レイジ へ〜、嬉しいわ。

ハマ よかったです。

レイジ なんか、終わってからちゃんとどうだったかな?みたいなシリアスなトークする雰囲気でもないじゃないですか。フェスの時ってバタバタしてるし。どうでしたかねぇ?とか聞かれても重いし。

ハマ 当日でね。

木村 そっか。

レイジ そう、だからちゃんと聞けてなかったから良かった、今聞けて。一安心です。

SHOCK THE RADIO

ハマ そう、でも凄い楽しかったです。まぁまさか…全曲そうすけど、やっぱねぇ「Butterfly」弾くことになるとは思ってないですよ、未来。

木村 そうだよね(笑)

ハマ そんな未来誰も想像してないです(笑)

木村 (笑) でも難しくなかった?「Butterfly」。

レイジ いや難し…。

ハマ うん、まぁ…。

木村 大丈夫だった?

レイジ もう木村カエラ育ちなんで。

木村 (笑)

ハマ 全然難しく…。

レイジ なかったですけど。

ハマ ねぇ(笑)

木村 なんか田舎みたいな言い方しないで。実家みたいな。

レイジ もうだってメドレーやりながらタイアップが分かるみたいな。

木村 あのタイアップね、みたいな(笑)

ハマ それはさ、雑念だと思うけど大丈夫かな?

レイジ 雑念かな?

ハマ でも確かにね、CMの絵とか浮かんでくるんだよ。

レイジ そうそう。CMの絵。

木村 そっか。

ハマ こういう絵のCMだったなぁとか。

木村 でも丁度ね、デビュー15周年だったし、「Butterfly」もそうだしメドレーも今回初めてやるから。

ハマ 10曲メドレーね。

木村 そうそう。だから急に初めてでそれをブッ込まれてる2人は本当に嫌だろうなと思いながら。

レイジ いや、うん、まぁ。

ハマ でも本当にその育ちっていうのは本当にそうで。

レイジ そうそうそう。

木村 いやー、もうありがとうございます。本当に、良かった。

ハマ 楽しかったです。

木村 なんか凄い大変だったんじゃないかなぁと思いながらも、だから最初2人初めてだから…堀江くん(堀江博久)もすっごい久しぶりだし、いやメドレーなんて…1回、自分の中で諦めたの。

ハマ あ〜、ちょっとさすがにっていうね。

木村 そう。でももう1回考え直した時にやっぱりやらないとダメだと思って。

ハマ 大事ですね。

木村 そう。これはちょっと…無理矢理入れたよ。

ハマ木村 (笑)

レイジ 逆に嬉しかったですよ、俺は。なんかあんな10曲も…ってか40分とかで15曲やったすね?

木村 そうそう。

レイジ たくさんいろんな木村カエラのレパートリー叩けた…!みたいな。

木村 なに…ちょっと気持ち悪いじゃない。

一同 (笑)

木村 やめてよ。

レイジ いや本当そうですしね。

ハマ でも本当なんかまた、よぎったら呼んでください。

木村 もう是非是非!本当に。

ハマ それはもう待ってますから、僕らは。

木村 本当ですか?嬉しいな、それ。

ハマ よろしくお願いします。

木村 ありがとうございます。

SHOCK THE RADIO

ハマ 7月31日にニューアルバム『いちご』リリースされまして。

木村 そうです。はい。

レイジ 私たちもね、やらさせてもらいましたからね。

ハマ 「いちご」ね。ステージアクトさせていただいた。

木村 かなりの放置プレー感だったけどね(笑)

ハマ (笑) はい。修行期間ともいえる10周年からの5年間というのは…これはご自身で言ってるんですか?

木村 あ、そう!そうです。言ってるの。そう、修行中だったんです。

ハマ なるほどね。

木村 うん、そう5年間はね。やっぱり10周年迎えるっていうのは自分の中でめちゃくちゃ大きな出来事で、何か10年迎えたところから何かちょっと気持ちって変わりません?

レイジ ああ、確かに。

ハマ ちょっと本当にいよいよ変わってきた感じです、僕ら。

木村 さぁここからどうする?みたいな、結構1番大きな問題に差し掛かってくるっていうか。だからなんかここでやっぱり自分を、あ、10周年だ!わ〜い!で終わりじゃなくって、何か修行しないとなと思って。もともとずっとデビュー当時から同じバンドメンバーでやっていたんだけれども、そのみんなとも離れて。スタッフも全部変わって、その中で何かもう自分が仕切る…もうバンドみたいになってたから、それぞれの役割ができてたんだけど、もう自分1人で仕切ってみんなに指示を出して…みたいなことはやってなかったから、そういう状況に自分を置いたり、出たことないアコースティックのライブに出たり、歌をもっと上手にしたり、あとアレンジを変えてね、レイジくん1回ライブ見てくれたけど。それで何か自分を常に危機感じゃないけれども、不安な状態にさせて強くしていくっていうか。なんかそういう期間を設けようと思って、5年間結構そういうことをずっとしてたんだよね。その間に、何を今後していけばいいかなぁとか、何か自分がやりたいことって何かな?みたいなことをちょっと探しつつ、なんか今回のアルバムに向かってったっていう感じだったんです。

ハマ へぇ!まさしくちょっと修行期間ですね、それは。

木村 そうなんです。修行なんです。

ハマ 今回アルバム女性との共作…女性アーティストというかミュージシャンとの共作多いですけど。

木村 そうですね、はい。

ハマ それもそういう風にやってみようというのは決めて?

木村 うん。そうそう。もう全然デビュー当時からやっぱりもう男性のアーティストばっかり…もう本当に女性に書いてもらったの1〜2曲とかしかないくらいで。でもやっぱり自分も大人になって、男みたいにガーッ!といくよりは段々やっぱり女性らしくなってきて、その中で女性と今回コラボするの良いかもなぁっていう風に思って、今までやっぱりやってこなかったから、逆にやってこなかったことをやろうと思って。女性と結構コラボしてますね。

ハマ なるほど。あいみょんとかAAAMYYYちゃんとか…言ったら我々世代みたいなミュージシャンもいますし、Charaさんとかもいますしね…幅広い。

木村 そうそう。そうなの。自分がやっぱり15周年迎えて。上には素晴らしい先輩がいて、下にも素晴らしい後輩がいて。そこでなんか変なプライドみたいなのがあって関わらないよりは、いろんな人とやって、もし化学反応が生まれればイェーイだし、ダメだったらダメで次に向かえば良いし、とにかくいろんなことを試してみようと思って。やっぱり自分の好きなものは好きなもので決まってるからブレないじゃない。だからいろんな人とやって、その中で自分が今後どんなことやりたいっていう風に見えてくるかなっていうのでいろんな人とやってみたっていうのはありますね。

ハマ それはカエラさんがやってきた事が一緒にやる人にも伝わってる証拠だなとは思いますけどね。やっぱそうじゃない呼ばれても…。

木村 あ、ねぇ。そうだから…。

ハマ だから一緒にやるって気になるかって言われるとね、それはまた向こうの意地もあるわけですから。

木村 確かに。良かった、やってくれて。あいみょんちゃんは女性の人に書いた事がない…って断ってたんだって。

ハマレイジ へー。

木村 でも私の曲聴いてくれてたから、カエラさんならやりますって言ってくれて。

ハマ 確かにね、男性に書いてるイメージあるよね。

木村 そうそう、だからやっぱり女性同士ってまたさ、ちょっとした…なんていうんだろ…あるんだよね、なんか。やっぱりでも私も15周年経ってやっぱり女性とやりたいっていう風な思いが凄い増えてきて一緒にやってるから。あいみょんちゃん全然私より若いのに何かそうやってやりますって言ってくれて、あぁ強い子だなぁと思ったりもして。そういうところでも刺激を凄いもらいました。

ハマ じゃあ15周年のお話伺いましたけど、ニューアルバムありますから『いちご』。そこから1曲ぜひ曲紹介お願いします。
  



♪ いちご / 木村カエラ

ハマ 今回はこの3人でお送り中、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOでございます。

レイジ はい。

木村 イェー。  

ハマ この番組は「フューチャースタンダード」をテーマにですね、未来に残したい名曲や名品を提案しているんですけども、今回はカエラさんにせっかくなんで「未来に残したい1曲」という事で選曲をして頂きました。

木村 はい、そうですね。

ハマ これはいつも悩む方多いんですよ。特にミュージシャンの方1曲か…っていう。もう即答でしたね。

木村 即答ですね。超好きなんですよ、この歌。

ハマ 新記録出た。

レイジ木村 (笑)

ハマ 即答すぎて。

木村 うん。

ハマ そうです。じゃあぜひちょっとお願いします。

木村 はい。ちょっと凄いタイムリーですが、今。



♪ Your Song / Elton John

ハマ これは…どう?思い入れがあるんですか?

木村 いや、初めて聴いた時に涙が止まらなかったんですよ。

ハマ 初めて聴いた時。

木村 うん。で、わ!凄い曲だ!って思って、そこからずっと好きで。で、やっぱりいつ聴いても泣いてしまう。

レイジ 今も?

木村 今も。今もうちょっとウルウルしてくる、こう流れてるだけで。

ハマ もう刺激されるんですね。

木村 なんかすっごいスイッチ押されちゃうみたい。

レイジ あー。

ハマ へぇ。

木村 やっぱり歌詞の内容もそうだけれども、やっぱりなんか好きな人に対して凄く話しかけるように歌っててさ、もう丸出し。

ハマ そうですね。

木村 丸出しってさ、歌とか音楽がすべきことの1番重要なことだと思ったり、私はしてるんだけれども。なんかその丸出し感が半端ないっていうか、超全裸みたいな。

ハマ (笑)

木村 もう…裸!みたいな。

レイジ 超全裸…。

ハマ はい。

SHOCK THE RADIO

木村 そう。なんかその感じが凄く素晴らしいなと思ってて、なんか逆に今、あんまり…それこそいろんな情報が増えてるからこそ、いろんな言葉もすっごいすぐに伝えられるけど…1コ…一呼吸して考えることも…人に、例えば言葉伝える時に一呼吸おいてから伝えるってこともなかなかしなくなってるような気がするの。でもなんかその大事なことが全部入ってる気がしてて、この歌って。だからなんか凄いグッとくるんだよね。『ムーラン・ルージュ』っていう映画の中でも使われてて、ユアン・マクレガーが歌ってるんだけど…ユアン・マクレガーが歌ってても泣いちゃうの。

ハマ あ、もうじゃあ…曲ですね。

木村 (笑)あの…だから…誰でも…ハマくんが歌ってても泣く。

一同 (笑)

ハマ 仮にね(笑)それはヤバいっすね。

レイジ ベースと歌だけで…弾き語り?

木村 うん、もう泣いちゃうと思う。

ハマ じゃあもう曲の威力だ。本当にこの曲が裸ってことっすよね。

木村 うん。そうそう。

ハマ エルトン・ジョンの力ももちろんありますけど。

レイジ ちょっと逆にやりたいですね、企画で…誰が歌っても本当に泣けるのか。

一同 (笑)

レイジ 「Your Song」チャレンジ

ハマ 1人ずつ出てきて…(笑)

レイジ それちょっとめっちゃ面白そう。

ハマ いやもう良い話だったのに急に「Your Song」チャレンジに。

木村 それちょっとやりたいな。次アルバムの特典映像にしようかな。

ハマ (笑)

レイジ それめっちゃ面白いと思います(笑)

ハマ もうオーディションみたいな(笑)

木村 参加してくれる?しかもこの部屋でやろうよ、じゃあ。

レイジ あー、良いっすね。

木村 ここステージにして。

ハマ 事務所総出で全員参加でやったら凄いことになりそう。

木村 民生さんとかも出てくれないかな。

ハマレイジ あー。

レイジ やってほしい。

ハマ 民生さんとか超良くカバーしそう。もうさすがって感じになりそうですね。

木村 ヤバいね。

レイジ それ見たいよ、みんな。それ凄いなー。

ハマ それはでも本当にもう思い入れがある曲ですね。完全にね。

木村 そうですね。

ハマ ということでカエラさんに選んでいただいたのはエルトン・ジョンで「Your Song」でした。

ハマ OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO。もうあっという間にお時間で。

木村 早い。

ハマ 今回は木村カエラさんをお迎えしましたが…ツアーあるんですもんね。


ニューアルバム「いちご」発売中
10月17日からは「LIVE2019全国いちご狩り」がスタート!
(札幌、広島、福岡、東京、高松、愛知、大阪、仙台)

木村カエラ オフィシャルサイト
【 KAELAWEB 】

ハマ とにかくホームページをご覧になって、カエラさんのツアー・イベント、遊びに行って下さい、皆さん。という事で、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、本日のゲストは木村カエラさんでした!

一同 ありがとうございました!!!

SHOCK THE RADIO



♪ 新世界 / OKAMOTO’S

   

ハマ 東京、半蔵門のスタジオからお送りしてきました、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、僕たちOKAMOTO’S新曲「新世界」という曲を聴きながら、エンディングでございます。ということで、15周年。めでたく15周年のカエラさんがゲストでございました。なかなかないですからね、そのバックバンドやるってことも。

レイジ 本当ですよ。しかも俺とハマくんセットっていうのはあんまりないよね。

ハマ そうなんですよ。どっちかっていうのはいろんなとこでありますけどね。貴重な機会をいただきましたし、たっぷりお話伺いました。  


OKAMOTO’Sの今後のスケジュール!
引き続きフェス出演中!
10月18日オカモトショウ生誕祭!
11月5日オカモトコウキ1stソロライブも宜しく!
9月20日公開の映画「HELLO WORLD」の主題歌「新世界」も宜しく!!

ハマ 来週は、9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎さんが登場!という事で、なかなか珍しい組み合わせっていうかね。

レイジ そうですね。

ハマ なんかあんま喋ってるとこファンの人がお互い見てなさそうな組み合わせですね。

レイジ 確かに。

ハマ お楽しみにしててください。

OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOでは、引き続き皆さんからのメッセージを募集しています。
疑問、質問、リクエストなどなど…!!そしてプレゼントの応募は【 コチラ 】から!

75 / 79
  • +ALL VIEW SESSION

TALK SESSION

MAIL FORM