TALK SESSION

SHOCK THE RADIO

ハマ あけましておめでとうございます!

3人 おめでとうございます!!!

ハマ OKAMOTO’Sです。

コウキ 2020年。

ハマ 2020年だってよ。

ショウ ついに。凄いね。

レイジ う〜ん。ね。

ショウ 未来が。

ハマ ウケるなぁ。

3人 (笑)

ショウ 20年代って。

ハマ いやぁ面白いことになってきた。

レイジ 何が面白いの?(笑)

ハマ え?

コウキ 世界が?

ハマ 字面が。

コウキ 字面が?

レイジ あ〜。

ハマ そうそう。2020っていうね。まぁ変わらずSHOCK THE RADIO、今年も楽しくお願いいたします。

ショウコウキ お願いします。

ハマ 未来に残したい新定番。未来に残したい新定番ってのも、だからもう意味合いがどんどん変わってきますね。

コウキ そうですね。

ハマ ええ。フューチャースタンダードを提案していくカルチャープログラム、SHOCK THE RADIOでございます。正月は実際まだこれがね、明けてすぐですから…ある意味まだ正月と言っていいでしょう。

ショウ じゃないですか。

ハマ 11日にね、渋谷でレイジさんのイベントもありますし、もう2週目・3週目かな?京都でコウキさんもあるし。

ショウ そうですね。

ハマ バンドのイベントも昨年末発表されましたから。決まってますよね、色々ね。今年もよろしくお願いいたします。

3人 お願いします。

ハマ まず今年、令和2年目、最初の曲でございます。



♪ 新世界 / OKAMOTO’S

ハマ 今年最初の放送ということで、今日はメンバーそれぞれ2020年の抱負を発表していきたいと思います。昨年もやりましてね、レイジさんは『アジア圏進出』と答えていて。これはね。

レイジ 実現したよ。

ハマ 北京・上海、ワンマンやりましたからね。

レイジ ね。友達も増えたしなぁ。

ハマ 有言実行という感じでね。で、コウキさんは『日本武道館のライブ大成功』。

コウキ もちろんね。

ハマ ね、何の問題もなく。

ショウ やりましたね。

ハマ やりました。ショウさん『もっと漫画を読む』。これはね、連載も順調に。

ショウ そうですね、無事1年やってっていう。で、まだやってますね。

ハマ これはだいぶ…これも。

ショウ 達成したんじゃないですか。

ハマ 僕は去年?一昨年?『今年も1位』と答えてまして…これは雑誌の『Player』っていう楽器雑誌がね、その年に活躍した人ランキングがパート別で載るんですけど、去年、ポール・マッカートニーが2位で1位が私っていう。

コウキ めちゃくちゃ面白いっすよね〜。3位フリーだよね?

ハマ 3位フリーとかあの辺でしたね。

ショウ (笑)

レイジ どういう審査基準。

ハマ で、ちょっとね現段階で僕2019年度の結果は見れてないんでこれが有言実行だったかどうかちょっと分かんないだなぁ…この段階では。

レイジ 楽しみだな。

ハマ だといいですよね。ということで、じゃあ早速2020年の抱負、やっていこうと思います。

3人 はい。

ハマ 言いたい人。

SHOCK THE RADIO

ショウ じゃあ俺からいこうか。はい、じゃあ俺、オカモトショウの2020年の抱負はこちら。

『10年をまとめ切りたい』

ハマコウキ なるほど。

レイジ お〜。

コウキ いいですね。

ハマ 10周年と謳って去年の5月、6月から武道館やってみたいなイヤーでしたけど、だいたい2020年の春先ぐらいまでは10周年。

レイジ そうだね。

ショウ いろんなことやってくわけじゃないですか。ここまでの10年を1回全部総まとめして、やり切って、すっきりして次に進めるような1年になったらいいなっていう。

ハマ まぁ実質今年の5月ぐらいまでは10周年イヤーみたいなことで動きますしね。

ショウ このメンバーになって最初のアルバムが5月だったから、そこが区切りかなというところでいうと、そこまでにやり切って。で、11年目の1歩みたいなのをね、大きく踏み出せたらなぁっていうのが今年の大事なとこじゃない?やっぱ。

ハマ なるほど。いいです、間違いない。

コウキ 間違いない。

SHOCK THE RADIO

ハマ じゃあ続きましていきますか。

コウキ あ、僕じゃあいきましょうか。それにちょっと付随というか関連してますが…続いて僕、オカモトコウキの2020年の抱負はこちら。

『たくさん曲をリリースしたい』

レイジ お〜。

ショウ あ、いいじゃんね。

コウキ たくさんなんですけども、去年『BOY』出して、ソロ出して。

ハマ サントラやって。

コウキ サントラやってっていう感じで出しましたけど、2019年に作ってた曲っていうのを出してないんですよねっていう風に思って。

ハマ あ〜、なるほど!

レイジ 確かにね。

コウキ 結局出したものっていうのは2018年、あるいはその前に作ったものであったからね。

ショウ 作ってブラッシュアップして。

コウキ で、出してたので去年1番やってたことっていうのはずっと曲を作るっていうことで、ついこの間それを放出しまして。

ショウ メンバーにね。

レイジ 本当にびっくりした。

コウキ ビッグバンがありましたけど。

レイジ すごいちゃんとフル尺とフルアレンジできあがってる曲が30曲ぐらい送られてきたからね。

ハマ そうなんです、急に来たね。

コウキ それをね、ちょっと出したい。まとめ切るっていうのもあるけど、同時に新しいOKAMOTO’Sを見せていきたいなっていうようなことをちょっと思ってます。

レイジ そう、凄いね。あんなに曲できちゃうの凄いよ。

コウキ チャンスを。

ハマ バンド史史上初めてレイドバックしてくるんじゃない?ここから。いつもその年に作った曲はその年リリースしてることが多かったけど、今年からだって去年もうあった球を打てるようになってる。

コウキ そうなんだよ。だから楽しいと思うんです。

ハマ なおかつ今年も作れる。

ショウ そうだね。

ハマ そんなもう前もって…。夏休みの1日目に宿題終わらせるみたいな。余裕があるじゃない。

コウキ そういうタイプ。30歳問題っていうのをちょっと考えてて、何となくなんですけど。

レイジ 持論?

コウキ 持論。凄いビートルズとかストーンズとか好きですよね。で、大体ああいう人の…例えばストーンズだったら『Beggars Banquet』から凄い黄金期のアルバムって20代後半なんですよ。で、ビートルズも最後の方のいいアルバムとかって20代後半とかで。ストーンズその後もいいアルバムあるけど、1番すごかったのって20代後半の最初の初期衝動があって、なおかつ慣れもあって経験もあってって1番いい時期がなんかそこら辺なんじゃないかなという風に考えると、今OKAMOTO’Sは非常にいい時期であると。武道館やって、年齢もそういう感じに差し掛かっって来てっていうところで、その期間になるべく…先を不安視してるわけじゃないけど、いろいろやりたいなって。

ハマ 出せるだけね。

コウキ 何となくあるんですよね。意識下に。

ショウ なるほどね。

コウキ わかんないけどね。そういう風に思ってるんですね。

ショウ 凄い当たってる。いい30代を送りたいですね。

コウキ 送りたいですね。



♪ LETTER / オカモトコウキ

    

SHOCK THE RADIO

ハマ じゃあ次は言います。

レイジ え、俺が言います。

ハマ え、あっ…。

レイジ どっちがいい?

ハマ あ、いや、じゃあどうぞ。

ショウ (笑)

ハマ 別にいいですよ、そりゃ。珍しい。

レイジ 俺ね、そんなにトリっぽいやつじゃないんで。

ハマ 俺も別にそんなトリっぽくない。まぁ…いいいいよ。

ショウ 抱負ですから。

レイジ じゃあ私オカモトレイジの2020年の抱負はこちら。

『引き続き、アジア圏進出』

3人 (笑)

レイジ いやでもさ、大事だよね。

ショウ 大事だけどさ。

ハマ おかわり。おかわり。

レイジ 抱負っていうのをもう毎年同じのを掲げてるやつってのは逆にいない気がするんだよ。

ショウ まぁそんだけ強い想いっていうことになってくるのかな。

レイジ 本当に達成できた抱負なんて一握りでしょ?多分。

コウキ 進出と言ってもさ、去年ライブを1回やっただけと言えばだけだからね。

レイジ そうそう。だからもっともっと行きたいなと思ってるし、なんかレコーディングとかもしたいなと思ってるし。

ショウ いいよね。この間言ってたね。

レイジ そうそうそう。

ショウ 電圧の関係とかもあるし。それを録るのはいいよねー。

ハマ こないだおかわりで上海・台湾も行きましたけど…源さんのツアーで行ったんですけど。

コウキ 僕も台湾行きました。

ハマ あ、そうですよね。あのね、台湾の後、帰りに空港で結構お客さんがいたんですよ、現地の見送りみたいなので結構集まって。その時にね、香港の女性2人から「今大変だけど、香港は、でもOKAMOTO’S来て下さい」って話しかけられました。

ショウ ええ〜!

ハマ 結構その場で話しちゃった。みんなで。(佐々木)亮介さんと石橋(英子)さんとSTUTSで。やっぱ大変ではあるけど、もちろん一部は大変だけど待ってる人もたくさんいるから、是非またライブしに来て下さいっていう風に言われました。どんどん広まってますからね。バンドもそうだしね。これはやっぱ行くべきだなと思ったね。

ショウ そうだね、レコーディングとかおっきいツアーとかね。前々より大きいツアー、ね。したいね。

レイジ 行きたいわ。

コウキ 行きましょ。

ハマ だから対バンツアーを国内でやってるじゃないですか。行ってないエリアを…俺らやってる…あれを別に延ばしてね。

ショウ あ、確かに。

ハマ ワンマンじゃなくても、2スプリットツアーみたいな。よくやってるじゃん、YOGEEとか。ああいう感じで行けたらいいですよね。

レイジ いいね。

SHOCK THE RADIO

ハマ 結構みんな真面目な抱負でね。

レイジ ちゃんハマ、いってみよ。

ハマ では、最後にハマ・オカモトの2020年の抱負はこちらです。

『当意即妙』

レイジ は?

ハマ 四文字熟語なんですけど。

ショウ ごめんごめん、全然わかんなかった。学が足りなくて全然わかんなかった、俺が。すみません。

ハマ よく座右の名とか聞かれるじゃない、生きてると。で、あんなんないじゃん。

ショウ ない。

コウキ ない。

ショウ 「マグロ!」とかって書いて。

3人 (笑)

コウキ それ凄いいいです(笑)

ハマ わけわかんないね、それね。答えられないっていうのもなぁと思って。もう大人だしさ。ちょっと1個ぐらいあった方がいいなって思って。

ショウ 確かに。

ハマ 結構、本読んでた。

レイジ 四文字熟語読んでたんだ(笑)

ハマ 四文字熟語の本っていうか、本を読んでて。

レイジ 駆け出しの日本語ラッパーみたいな。

ショウコウキ (笑)

ハマ いやいや、本でね。まぁ、意味としては本当にその場その場で臨機応変に機転を利かせて。

コウキ っていうことですよね。

ハマ そうそう。

コウキ 即妙っていうことですよね。

ハマ そうそう。

ショウ へ〜。

ハマ 良き機転を利かせていい結果を出していくという様な。いい言葉だなっていうか別に…だし、今始まったことじゃないっていうか。昔からそういうバンドであり、個人でありというかさ。やっぱり何か設定しても、突然来る仕事とか…「HELLO WORLD」だってそうでしたし。

ショウ そうだね。

ハマ そういう意味ではずっと当意即妙でやってきてる。

コウキ 当意即妙ってさ、訳すとアドリブに強いってことなんだよ。

ハマ あぁ、でもそういうことかもしれない。

レイジ フリースタイラーってことでしょ。

ショウ ジャムセッションニスト。

ハマ ジャズる心。

レイジ ジャズる心が1番正しい。

ショウ ズージャーだね。

ハマ 結構当てはまってる言葉でいいなと思って覚えておこうかなと思ってたんで。

コウキ 当意即妙バンドっていいですね。

ハマ それは何かちょっと抱負というか座右の銘というかになってちゃいますけど。

ショウ はいはい。

ハマ それは掲げていいかなと。

ショウ 系男子ということですね?

ハマ そういうことかなと。

ショウ あら?

レイジ 即妙系男子?

ショウ 即妙系男子。

コウキ 聞いたことない(笑)

ハマ 聞いたことない(笑)

レイジ 即妙の炒め?

ハマ わかんない(笑)でも学の高い…。

レイジ 即妙炒め(笑)

一同 (笑)

コウキ 中華料理みたいじゃん。豆苗炒めみたいな(笑)

ハマ それは全然(笑)青菜系になっちゃうから(笑)ニンニクと青菜のやつ、それ。

ショウ オイリーなね。

レイジ トウイーソクミョウ。ソクミョウノイタメ?

一同 (笑)

ハマ 言わない。言わない。

レイジ ナイヨ〜!ソクミョウナイヨ〜!

ハマ それはないだろ。…いかがだったでしょうかね。こんな感じでね、今年も無事に1年駆け抜けられるようにSHOCK THE RADIOともども2020年もよろしくお願いいたします。

                  

ハマ OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、そろそろエンディングのお時間です。いいのが出たんじゃないですかね、今年も。

ショウ いいじゃん。年明け早々こういうのをやっておけると、また来年なったら去年こんなこと言ってましたみたいなのがね、残るわけですからね。

レイジ 結構みんなガチだったね。

コウキ ガチだったね。

ハマ ですね。

ショウ 確かに。

ハマ やっぱり30代ですし、意識的にいろいろ変わってますからやっぱりね。そういうことになりますよ。

コウキ 大人ですから。

ハマ ということで、新年1発目はもうエンディングです。

ショウ 我々OKAMOTO’Sのの今後のスケジュールですが…!

オカモトレイジ生誕祭
2020年1月11日(土) 渋谷・SOUND MUSEUM VISION

オカモトコウキ1stソロライブ 追加公演
2020年1月19日(日) 京都磔磔

「令和岡本座」
2020年1月20日(月) 京都磔磔

「90’S TOKYO BOYS in HALL “History”」
2020年5月15日(金) 中野サンプラザ
2020年5月17日(日) 神戸国際会館こくさいホール
2020年5月21日(木) 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール

ハマ 次回もメンバー全員集合会でございまして、テーマが「今年共演したいアーティスト」をテーマに「選曲」を披露するということです。それじゃ今日はこの辺で、また来週お会いしましょう!

93 / 131
  • +ALL VIEW SESSION

TALK SESSION

MAIL FORM