TALK SESSION

ショウ ラジオの前の皆さん、どうも。OKAMOTO’Sのオカモトショウです!

コウキ オカモトコウキと

ハマ ハマ・オカモトと

レイジ オカモトレイジです。

ショウ ここからは、未来に残したい新定番、フューチャースタンダードを提案していくカルチャープログラムOKAMOTO’S SHOCK THE RADIOです!ということで、リモートになってから初めての4人集合です!

レイジ ああ〜そうか。そういうことになんのね。

ショウ できるかな?

レイジ ハマ 出来ないかもな。出来ないかもしんない。

コウキ 後ろ向きな人たちですね。笑

ショウ

ハマ あり得ないよね。レギュラーラジオやっててさ「久しぶりに4人集合してます!」「できるかな?」みたいな簡単なフリに対して、シリアストーンで「出来ないです」って。

レイジ もっとみんなもう「よいしょー!!!」「うわーーーー!!!わっしょーい!!!」っていう感じでしょ。

ハマ 今更言うことじゃないんですけど、その僕がいない間に3人で回していただいてた時期が、ある一定期間あったじゃないですか。

ショウ はい。

コウキ ありました。

レイジ 神回。

ハマ まあその流れを僕リアルタイムで追ってないんですけど、後に若干追った時にやっぱそのレイジさんのトーンコントロールが全然伝わってないという意見を多数拝見しましたよ?

レイジ あ、ほんとですか?

ハマ うん。何にこんなに不満を持ってラジオをやっているんだろう?っていう意見を。やっぱありますよ、そういうところがね。笑

レイジ やっぱアーティストだからかな?

コウキ アーティストさんだからやっぱね〜。

ハマ いろんな人を敵に回すわ。

コウキ 普通に言うの面白いね笑

ハマ っていうことで久しぶりに4人ですかね。

ショウ みなさんどうぞ宜しくお願いします!ということでまずは一曲行きましょう。OKAMOTO’Sで「Dance To Moonlight」



♪ Dance To Moonlight / OKAMOTO’S

ショウ ということで今回はこんなテーマで選曲したいと思います!「2020年上半期レコメンドソング」!

コウキ はい!

ショウ 色々あった2020年も気がつけば半年が過ぎようとしています!早いね〜。この激動の半年の中で単純にこの新譜がめちゃめちゃよかったという理由でも、今このタイミングで改めてこの曲が刺さったという理由でも選曲してみましょう。コロナ禍で刺さった曲とも言い換えれるかもしれませんね。

レイジ はいはいはい。

ショウ ということで、4人でそれぞれ選曲していこうと思うんですけども、コウキさんからじゃあ!

コウキ はい!まず私から行きますね!まず曲紹介します。オカモトコウキが選んだ「2020年上半期レコメンドソング」は、Shuggie Otisで「Inspiration Information」



♪ Inspiration Information / Shuggie Otis

コウキ これ非常にかっこいい曲でですね、このコロナの期間中にいろんな音楽を聴いていたんですけども、これを本当に3日間ぐらいの間にですね、僕がこの人はめっちゃ音楽知ってるなっていう人から3人から同時に勧められまして。

ショウ レイジ へ〜!すごいね。

コウキ そのうち1人がハマ・オカモトさん。

ハマ

コウキ ハマ・オカモトさんがメールしてきましてこれは聴いたほうがいいって言ってくれたんですよ。

ショウ めずらしい!

コウキ 本当に僕が好きなSlyとあとMarcos Valleが混ざったような、メロウな感じでファンキーさもあるんだけどどっかちょっと変だったりとか。これ1人で録音してて。

レイジ へ〜〜。

ショウ 1人なんだ。

コウキ そうなんです。

ハマ ちょっとニューミュージックっぽいよね。

レイジ え、最近の曲?

ハマ いや古い。70年代。

コウキ これすごいよかったですね。若干16歳にしてAl Kooperのアルバムに参加して、こう若き天才ギタリストとして注目されたりして。

ショウ ギターなんだ!

コウキ そうそう!んでなんかストーンズに誘われたりとかもしたんだけど、断ったりとか。結構奇才系なんだよね。

ショウ レイジ へ〜〜。

コウキ 全部一人で作っちゃうっていう人で、全然知らなかったんですけどすごいよかったですね。今こればっかり聴いてて。今の雰囲気もあっててね、メロウな感じもいいんですよp。

ショウ 全然知らなかった!

コウキ すごいいいっすよこれ!全曲いいです。

ハマ ね。アルバムがいいよね。それね。

コウキ ぜひ聴いてみてください。

ショウ はい!ありがとうございます!では次ハマさん、お願いします!

ハマ はい、それではまず聴いてください。ビブラストーンで「MIKKY-D」



♪ MIKKY-D / ビブラストーン

ハマ 昔のiPodを起動させて。もう今ね、繋ぎっぱなしにしてないと動かなくなっちゃったんですよ。

レイジ あ〜。

ショウ あ、そうなんだ。

コウキ ホイールついてるやつだ!

ハマ そうそうそう。あの、それを繋ぎっぱなしにしてなんかギリギリ読み込んだんですよ。ちゃんと。

レイジ お〜〜〜。

ハマ 昔のなんだ、プレイリストとか。膨大に入った曲を保存したりしてたんですけど。あの近田春夫さんがじゃがたらのメンバーと一緒にやってたビブラストーンって
名前が何回か変わってるんですけど、それ久しぶりにビブラストーン聞いてて。なんか、SANABAGUNとかすごいなって思えてるのってビブラストーン聞いてたからだなって。

レイジ あ〜確かに。近いね〜。

ハマ そう、すごい親和性があるっていうかさ。でなんか、そのまま亮三君とか一平ちゃんに知ってる?みたいな連絡とってて、なんか全曲ユーモアがあるけど
演奏力があって、かっこいいな〜みたいな感じで気に入ってた。

コウキ じゃがたらのメンバーとやってたバンドなんだ。

ハマ OTOさんと近田春夫さんが結構メインで。ベースが沖山さんなんだよね。

コウキ やばっ!

ショウ あ、そうなんだ!

ハマ 東京キケン野郎なんだよ。

コウキ

ハマ こう聞くと先輩馬鹿にしてるみたいだけど、そういう曲があるんですよ。そうそうだからなんか、コミックと本気のハザマみたいなのあるじゃん。そういうのの最初の方の感じなのかなと。かっこよさの要因としてね…。でした!

ショウ はい!次は、俺かな?

コウキ そうですね!

ショウ じゃあまずは曲紹介しちゃいたいと思います!Charli XCXで「forever」



♪ forever / Charli XCX

ショウ これ、入ってるアルバムがhow i’m feeling nowっていう”私が今感じていること”っていうタイトルでまさにコロナの真っ只中でリリースされて。
で、ビデオと一緒に出てるのね、多分。

コウキ そうですね!

レイジ なんかすごいチープなビデオだよね?自分で撮ってるみたいな。

ショウ そうそうそう!もうこのタイミングで出て”私が今感じていること”ってわざわざタイトルにしてる時点で、コロナ始まってから作ったんだろな〜っ思って。
ビデオも、コウキが送ってくれて。

コウキ そうだね。

ショウ これすごいよかったよ〜 って。

コウキ めちゃくちゃ感動した!ビデオ見て。

ショウ そうそう!そうなのよ!ビデオが何より良くて。で、これ見てくと4月6日にオンラインビデオミーティングでファンとやってたときにアルバム制作するって言って作ったやつっぽくて。なんかそのビデオが安っぽいんだけど、なんつーんだろ、外に出られないロックダウンみたいな。そんな状況で「いろんな人に会ったりできないね」みたいな中で、なんか昔撮ったホームビデオとか出てくるんだけど、最後の方サビになったときに人々が急にキスしたり抱き合ったりするのがぶわ〜って出てきて。人がそんなに近距離にいくこともさ、ヒヤヒヤしちゃう気持ちっていうか、マインド的に「ウイルスがあるもんね」っていうのが常識になってた中で「うわ〜、そうだよね。人ってこんなに近づいたり抱き合ったりできたよね」っていう思いになった時に結構感動しちゃって。

レイジ うん。

ショウ だからまあこの期間の一曲って言ったらそのビデオがよかったな〜と思ったので、選びました!

ハマ はい!

コウキ いいですね!

ショウ 普通のドラマとかも見てもさ、昔のドラマというかコロナと関係ないときに撮ったやつでめっちゃ人と人が近いのとかオレもうビビっちゃってさ。

コウキ そうだよね。でもこれからほんと変わっていきますよね。

ショウ そう思った!ほんとワクチンができるまでとかさ。ということでお次はレイジさんです!

レイジ さっき言ったけどさ、なんかもうやっぱクラブとか行く気になんねえというか、忘れちゃったわけよ。DJとかどうやってやんだっけなみたいな。

ショウ あーはいはい!まだオープンしてないよね?

レイジ してないしてない!でやってたとしても無観客の配信とか。なんかねそんな時にこの曲がリリースされて聞いたとき「うわめっちゃクラブ行てぇ」ってなった曲。

ショウ あーいいね。エモい気持ちになったってこと?

レイジ 思い出させてくれたね。クラブの楽しい雰囲気を。DJ CHARI & DJ TATSUKIで「JET MODE (feat. Tyson, SANTAWORLDVIEW, MonyHorse & ZOT on the WAVE)」



♪ JET MODE (feat. Tyson, SANTAWORLDVIEW, MonyHorse & ZOT on the WAVE) / DJ CHARI & DJ TATSUKI

レイジ いやあ〜気楽になれるなあ〜やっぱ。こういう音楽聞くと。

ショウ あ、気楽になれるんだ?

レイジ 気楽になれる!「楽しいでいいじゃん!」みたいな!歌詞とか「オレらは止められねえ〜」みたいな。

コウキ リフだね。

レイジ そう!リフリフ!Lenny Kravitzみたいな!「カッコよければいいじゃん!」みたいな!それがやっぱ必要じゃん?

コウキ そうだね。

レイジ 音楽の魅力ってそれじゃん?歌詞がなくてもさ。まあ歌詞はあるんだけどさ、JET MODEは。でもまあそのなんかメッセージ性とか、今のCharli XCXとかとは逆だけど、聞いたときに勇気が出たり元気が出たり。人それぞれだと思うけど、オレの場合は他人の曲をきいて癒されるみたいなのは特になくて。この曲聴いたときにすごいその感じ方になったかな〜。そのクラブに行って楽しい気持ち を思い出させてくれた。

ショウ うんうんうん。

レイジ この曲を早くクラブでプレイしたいって思ったから、そのDJもしたい気持ちにはなった。

コウキ いいね〜。

ショウ 今回選んだ4曲ともなんだけど、”何年か経って振り返った時にこの時期を思い出す曲”という意味では、今回の曲も「未来に残したい一曲」かもしれないですね〜。

コウキ そうだよな〜〜。

ハマ そっか、そうなるかな?オレは。

ショウ コウキ レイジ

ハマ 別に全然悪い意味じゃなくて、あ〜そっかってなりそうですけど。

ショウ いいんじゃないですか? ということで気になった方はサブスクでもYouTubeでもなんでもいいので、チェックしてみてください!

ショウ 半蔵門のスタジオからではなく、OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、そろそろエンディングです。

コウキ ということでOKAMOTO’Sの今後のスケジュールですが、

6月27日の夜9時から「90’S TOKYO BOYS “Online Brodcast”」と題して配信ライブをお届け!

ショウ ハマ おお!

ハマ なんかさあれグッズ何?売り切れてるの?

レイジ 一瞬で売り切れてるっぽいよ?

ショウ すごいみんなに怒られてる。笑

コウキ 責められてる。笑

ハマ あんな少ないわけないよね?どうなんだろ?

レイジ わかんないけど。でも一瞬で売り切れてたよね?

ショウ 許して!って思う気持ちの一つには、オンラインでやるの初めてだとさ、チケットとかグッズとかわかんないからね。

レイジ グッズはわかるじゃん?

ハマ グッズは多分ね、そんなことない!まあ放送でこんな喋ることじゃないんですけど。笑

コウキ 反響がありますから!

ハマ グッズも作ったんですけど、反響が良いので皆さんね。チケットはオンラインですから!だからあの、面白いもんで当たり前ですけど
ライブ会場ってキャパシティってものがあるんですけど、オンラインライブっていうのはそういった意味では無いですから。キャパが。無限大。

レイジ 無限大。

ハマ 時間が合えば、皆さんぜひ!

ショウ ということで来週もメンバー4人でお届けしようと思います。今日はこの辺で、また来週お会いしましょう!ここまでのお相手は、オカモトショウと

コウキ オカモトコウキと

ハマ ハマ・オカモトと

レイジ オカモトレイジでした。

ショウ バイバイ〜。

・初のベストアルバム「10’S BEST」発売中!
・BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES『2009-2019“ハマ・オカモト”とはなんだったのか?』発売!
・アプリ「オカモトークQ」にて様々なコンテンツを更新中!
詳細はオフィシャルサイトをチェック!!

OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOでは、引き続き皆さんからのメッセージを募集しています。
疑問、質問、リクエスト、選曲テーマなどなど…!!【 コチラ 】から!

117 / 121
  • +ALL VIEW SESSION

TALK SESSION

MAIL FORM