TALK SESSION

ショウ ラジオの前の皆さん、どうも。OKAMOTO’Sのオカモトショウと、

コウキ オカモトコウキです。

コウキ はい!よろしくお願いします〜!

ショウ ということで今回もリモートでお送りしております。OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOでございます!

コウキ 二人でじっくりお話ししようという回でございます!

ショウ いいじゃないコウキちゃん。

コウキ いいじゃないですか!楽しいじゃないですか!

ショウ もうショウちゃんのこと好きなんだから!

コウキ んもう大好きだからもう!ガンガンいっちゃうから!

ショウ 笑! ちょっと意味がわからないですけども!笑

コウキ 楽しい感じでお送りしたいと思いますが。

ショウ ということで、先月末になってしまうんですが「90’S TOKYO BOYS “Online Brodcast”」を行いました!

コウキ はい!

ショウ やりましね!!無観客配信ライブ!

コウキ なんか、スタジオライブに近い感覚かなって思ってて。

ショウ あの〜テレビのやつとかね!

コウキ そうそうそう!レコーディングスタジオでやるやつみたいな感じで。ライブ以下スタジオライブ以上みたいな感じで思ってたんですけど、結構ね思った以上にライブ感がでたんですよね!やってて!

ショウ わかる!

コウキ 実際のライブやってる感じに近いというか。

ショウ 4人の緊張感みたいなのがちゃんとスイッチオンになる感じは「こんなに出るんだ逆に!」ていうくらい!ムードがね!っていうくらいリハの時とムードは違ったし、翌日、リハの時はなかったけど”ライブを終えた後”みたいな。

コウキ わかる!終わった後の疲れてだるい感じ!

ショウ そうそうそう!普段動かさない筋肉動かしちゃったあの久々にライブやった後の。

コウキ プール行った後の帰りみたいな!

ショウ そうそう!笑 やっぱライブって「本番だよ」って言われてバンドで演奏するとちゃんと本番になるんだなって思って。

コウキ ちょっとこう未来に向かって手応えがあったライブだったし、僕らもいい経験をさせてもらったなって感じで。

ショウ 以外と普通にツアーとかライブハウスでライブできるようになった後も残る、一個スタイルかもしれないな〜と。

コウキ あ!そうかもしんないね、もしかしたら!ライブができる状況でもライブより優れている点ていうのがあるわけだから。いろんな時間とか場所関係なしに観れるっていうのはこれでしかないことなので。

ショウ うん!

コウキ まあ良かったですよね!やってみてね!

ショウ 色々やりようがあるなあと思ったりしたので、またOKAMOTO’Sがやるって言い出した時には是非、観てやろうなんて思ってくれたら嬉しいです!

コウキ 言い出した時には笑

ショウ そして!観てくれた皆さん!本当にありがとうございました!

コウキ ありがとうございました!!

ショウ ていうことで、この辺で一曲いきましょう!もうよーーやくこの配信ライブでライブ初披露できたこの曲を聞いてもらいましょう!OKAMOTO’Sで「Dance To Moonlight」



♪ Dance To Moonlight / OKAMOTO’S

ショウ 先日の「90’S TOKYO BOYS “Online Brodcast”」終わった後でも発表しましたが、新曲「Welcome My Friend」が新しいEPとして8月26日にリリースされます!

コウキ おめでとうございます!ありがとうございます!!

ショウ やべえやべえ!結構コウキさんとずっと作り込んでいたというか、作りあげてたデモたちがようやくまとまって初めて出るんじゃないですか?

コウキ そうですね!何回か話してるかもしれないですけど、あるタイミングから、まあ去年ぐらいかな?共作をするようになりまして。

ショウ うん、初のね!

コウキ でまあ曲作りのやり方とか、いろんなのがこうガラッと変わったんですよ。それで初めて出たのが「Dance To Moonlight」だったりしたんですけど。

ショウ はいはい。

コウキ そこからさらに、10周年終わってベストで終わって、一発目!という感じですかね。新たな章というか。

ショウ そうなんですよ〜。

コウキ それがこのEPということになるんじゃないでしょうか?

ショウ なんであんないいんだろうね?今回。

コウキ なんかねー、好き勝手やったよね?笑

ショウ そう!色々なものに縛られずにやれてる感じが、別に前が縛られてるわけじゃないんだけど。うまいこと武道館終えて10周年も終えてベスト盤も出してっていうところでさ、まあスッキリして前に進めた感じっていうのがあるんじゃないかなっていう。だから軽い気持ちっていうか、EPだしさアルバムほどそんなに強くないじゃない?ある種。

コウキ そうだね。

ショウ だからその軽い気持ちでやれてる分、これ前回のEP「BL-EP」ぐらい全曲人気曲になるんじゃないかな。

コウキ そうだね!なんかさ 力を抜いてスイングしたらボールが意外に遠くまで飛んだ みたいな感じなんですよ。

ショウ まさにそれだね。

コウキ 割とバンドでさ録音して曲発表するって、世界規模で見たら特殊なことになってきてるじゃない?

ショウ わかる!いないよね。

コウキ そうなんですよ!”バンドで”ってなると。でなんかそこもちょっと色々考えてそこの必然性だったり音作りだったりとか、あるいはもっとこうそこと並べて聞いてもおかしくないような曲みたいなことを初めて成功できたなっていうような手応えがあるんですよね!

ショウ レコーディングがいいよね!

コウキ レコーディングがいいんですよ。

ショウ フジテレビのアニメ「ノイタミナ」枠で7月16日から放送される「富豪刑事 Balance : UNLIMITED」のエンディングテーマとして「Welcome My Friend」が使われていて、一回4月に放送されていたので、コロナ前に制作されて2話まで放送されてたのかな?それのエンディングテーマでもあり、それが無事7月16日からもう一度「ノイタミナ」で放送されるということなので、皆さんぜひぜひアニメも見てもらいつつ「Welcome My Friend」も聞いてもらいつつ、、、っていう感じで!

コウキ はい!!

ショウ 去年の「BOY」作った後から制作始めて作ったオレとコウキの共作シリーズが、すげえいいなって去年からずっと思ってたからすげえ良さそうだから早く出したいなあって思ってたのがようやく出るっていうね!

コウキ うん!ついに!

ショウ で、初回盤には「90’S TOKYO BOYS “Online Brodcast”」の模様もBlu-rayで収録されるということなんで。

コウキ 最高だ、、、。

ショウ 時間合わず見れなかったという方もいると思うので、是非是非チェックしてください!

コウキ はい!!!

ショウ ということで、この辺りで聞いてみましょうか!!ラジオ初オンエアとなるOKAMOTO’Sの新曲です!聞いてくださいOKAMOTO’Sで「Welcome My Friend」



♪ Welcome My Friend / OKAMOTO’S

ショウ いやぁいいですね〜〜。

コウキ かかりましたね!

ショウ やっとかけられたね!!

コウキ 結構 こういう展開になってるんだ って驚かれたんじゃないかな?

ショウ 驚いてもらえたらいいよね!

コウキ そうだね!

ショウ 驚いてもらえたらいいなって思うし、11年目迎えてかっこよくクールに決めるOKAMOTO’Sでもありながら「Welcome My Friend」というタイトル通り新しい仲間も引き連れていけるような拓けた部分みたいなところもあるんじゃないかなって思います!

ショウ OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO!続いてはオレ、オカモトショウの新曲についてお話させてください!

コウキ あ、聞きたい聞きたい。前にも話したんですか?この話は。

ショウ だいぶ軽く!レイジとやった時に話したんですけど。

コウキ がっつり聞きたいですね!これは! そもそもソロ出そうと思った経緯を聞かせてくれますか??

ショウ あ、インタビュアーやってくれるんですか?

コウキ はい!

ショウ 経緯は、そんなにソロの曲を出そうと思ってたわけじゃないんだけどさ、近所に住んでるミュージシャンが多いことに気づいて。

ショウ なるほどね!

ショウ なんかね、近所で会うんですよ!「あそぼ〜」みたいな。「花火しよ〜?」みたいな!笑

ショウ かわいいな笑

ショウ そう遊んでて、やっぱミュージシャンどおし遊んでると、てか曲書きたいね見たいな話になったりもして、で、なんか何になるとかじゃなく曲を書くっていうのはミュージシャンとして健康的じゃないかって思い始めたのが最初の最初で。

コウキ なるほど!

ショウ で去年末ぐらいに今回のCULTって曲でフィーチャリングしてくれてる踊Foot WorksのPecoriと曲を書き始めて。

コウキ 最初に書いたのはこの曲?

ショウ 最初に書いたのがこの曲!で、いい意味でバンドでカッコつけるときとかお互いあるのはわかっててさ、フロントマンとして。なんかそうじゃないことをやれる場にお互いしてったんじゃないかなっていう。「こうやったらみんなが気に入ってくれるかも?」とか「カッコつくかも?」みたいなのを度外視して男の子が2人でウケるって笑える展開だけを追求していった作り方でしたね〜。

コウキ なるほど。

ショウ あとはコンセプトじゃないけど、キーになるものみたいなのが白石晃士監督の、

コウキ はいはい!コワすぎ!シリーズの?

ショウ そう!「ノロイ」とか「オカルト」とか撮ってらっしゃる映画監督の方いらっしゃるんですけど、OKAMOTO’S内でもコワすぎ!ブームはあったよね?

コウキ あれ最高ですよね!最高の作品がいっぱいあるんですけどね!

ショウ Jホラーなんだけどちょっとこうモキュメンタリータッチなんだよね。ホームビデオで撮ってる怖いことみたいなのを追っかけていくシリーズなんですけど、Pecoriもそれの大ファンで!Peciriも高校生の時から超好きって言ってて。

コウキ へー!!

ショウ で、もうそこがまずあるからもう2人でコワすぎ!をやろう!みたいな。もはや白石晃士監督作品のスピリットを曲に反映させようみたいな。

コウキ あー!なるほど。確かに言われてみればわかるわ!あのちょっとなんていうんですか、ちょっとドラマチックなところもあるし!むちゃくちゃなところから急に切ないところに行くみたいなところも。

ショウ そうそうそう!

コウキ あーなんかすごい腑に落ちましたね!

ショウ 落ちるでしょ!?だからもう2人でタイトルは「CULT」で。

コウキ だからタイトルも”カルト”なんですね!そのホームビデオで撮ってる宅録のチープな感じも通づるところがあるし。

ショウ なんかそれでしか出ないテイストみたいなのがあるじゃん?

コウキ はー、よくわかりました!!まあ聞いてみましょうか?そんな曲をね!せっかく話したので!

ショウ はい!聞いてみたいと思います!オカモトショウ初のソロ音源でございます!「CULT feat.Pecori」



♪ CULT feat.Pecori / オカモトショウ



♪ LETTER / オカモコウキ

ショウ お送りしているのは、オカモトコウキで「LETTER」

コウキ いいね!全く違う人たちが違う曲を作ってるっていう感じですね!

ショウ OKAMOTO’Sの今後のスケジュールですが、まあEPが出るにあたってちょこちょこ出るまでに露出があったりとか、ちょっと早めに聴ける曲があったりとか、、。

コウキ そうなんですよ!結構動きがあると思いますよ! あ、そうだオレ喋ってて思い出した!まだ言えないけど、結構大きな動きありますね!考えたら!笑

ショウ そう!そうなのよ!あるんですよ!笑

コウキ ありましたわ!ガンガンでしたわ!

ショウ OKAMOTO’Sをこの1年また頻繁にテレビとかでも見れるんじゃないかなって感じ、、じゃない?

コウキ です!!

ショウ ね!面白いことも進んでますので!

コウキ まあライブはできないですが、また違う形でね、皆さんと触れ合える機会を作って行きますから!

ショウ そうですよ〜。”インターネットふれあいバンド”なので是非!

コウキ

ショウ チェックしてもらえたら嬉しいです!

コウキ はい!お願いします!!

ショウ OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、来週は真心ブラザーズのお2人が登場!ということで僕らとはまた来週!ここまでのお相手はOKAMOTO’Sのオカモトショウと

コウキ オカモトコウキでした!

ショウ バイバイ〜。


・「Welcome My Friend」が新しいEPとして8月26日にリリース!
・ベストアルバム「10’S BEST」発売中!
・BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES『2009-2019“ハマ・オカモト”とはなんだったのか?』発売!
・アプリ「オカモトークQ」にて様々なコンテンツを更新中!
詳細はオフィシャルサイトをチェック!!

OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOでは、引き続き皆さんからのメッセージを募集しています。
疑問、質問、リクエスト、選曲テーマなどなど…!!【 コチラ 】から!

120 / 123
  • +ALL VIEW SESSION

TALK SESSION

MAIL FORM