TALK SESSION

ハマ みなさん、どんな感じでしょうか?OKAMOTO’Sのハマ・オカモトと、

コウキ オカモトコウキです!

ハマ 未来に残したい新定番フューチャースタンダードを提案するカルチャープログラムSHOCK THE RADIO引き続きリモートです!

コウキ 今日はこの2人です!

ハマ お願いします〜。今回も早速ゲストの方、、なんて言ったらいいんだ?「いらっしゃってる」、いらっしゃってはないか?

コウキ 「お迎えする」とかですか?

ハマ この回線上でお迎えします!最上もがさんです!よろしくお願いします!

もが どうも〜最上です!よろしくお願いします!

コウキ ハマ お願いします〜。

ハマ あのOKAMOTO’Sファン、最上もがファンの方ならご存知かと思いますが、我々So-netウェブの企画でバンドを結成しておりますね。

コウキ しましたね〜。

コウキ ハマ 「オカモモズ」ってやつです。

もが え?いま合わせたんですか??

コウキ いやいやいや合わせてない笑

もが すご!すご!

ハマ オカモモズやりましたね〜。

もが やりましたね。

コウキ 結構びっくりした人多いんじゃないかな?って感じですよね。

もが 意外でしたよね。

コウキ 世間的に意外な組み合わせだったんですかね?

ハマ 別に、”誰だったらびっくりしなかったんだ”っていうことはないんですけど。

もが ないんですけどね。でも接点1mmもなかったですよね?あれまで。

ハマ そうですね!笑 まあだからこそ驚いたっていうのがあるんでしょうけど!

コウキ 1mmもないところからいきなりバンドを組むっていう結構なことですからね!

もが めっちゃ緊張しました!レコーディングとか!

ハマ ほんとに現場が初対面じゃないですか?

もが そうですね!

ハマ コウキさんとはレコーディングで先に会ってた?

コウキ そう!撮影の前に「アイアムモモ」レコーディングをしてその時にお会いしましたね!

もが そうですね!

ハマ バンドとはそのあとのCM撮影で。あの日ドキュメンタリー的に終わったあとにインタビューを個別で受けたりして、信じられないくらいOKAMOTO’Sの声が小さかったのが残ってるんですけど、

コウキ もが

コウキ なんで小さいんでしょうね?

ハマ あれ結構すごいよね?笑 あんな声量で喋っちゃやばいって!笑

コウキ まずいでしょ!もっとこうね「どうも!」みたいな。

ハマ その時も聞かれてましたけど、もがさん我々の印象を聞きたいです。

もが 全員人見知りだなと思ったので「あ、めっちゃ根暗な人たちだ」っていう感じですけど、ショウさんはすっごい天然なのかなと思って。

コウキ そこを気づかれるのは鋭いですね。

ハマ 鋭いです。

もが なんかこう”人”として接しちゃいけないかもって思ったんですよ!

ハマ あ、そう。やっぱ”スター”なんで。”人”ではないですね!

もが そうなんですよ、なんかおっきいワンちゃんみたいな、感じですか?ピュアな感じありますね!

コウキ すごい、その通りだと思いますよ!

ハマ あのCMでSo-netっていうこともあったのでaiboがいたじゃないですか?ロボットの犬。

もが いましたねいましたね!

ハマ あれと必要以上に喋ってましたね!何回カットかかってもaiboと喋っててちょっと怖かったですね。

コウキ ちょっと怖いところありますからね!

ハマ だからその大きいワンちゃんとか天然さんっていう要素はめちゃめちゃあると思いますよ。

もが 隣で歌ってたので、一番喋る距離感にいたんですけどどう接していいのかわかんなかったです!

ハマ それはね、僕らもなんですよ!笑

もが

コウキ そうですね、どう接していいのか はずっとありますから

ハマ コウキさんが、ショウさんと話すのは一番上手ですけど。

もが コウキさんはレコーディングの時に会えてたので結構大丈夫だったんですけど、、

コウキ リズム隊の2人ですよね?

もが 2人が怖くて、、、

ハマ

コウキ 怖がらせちゃってるじゃないですか笑

ハマ いやいやもう怖がられらことなんて一回もないです、人生で。

もが だからもう最後の最後のインタビューで人となりがわかってきたっていう。で、これから仲良くなるかも!と思ったら解散みたいな。

コウキ でもまだこっからねなんかあるかもしれないですよ!これを何かきっかけにね、できれば!

ハマ 2分ないあの一曲でやっぱツアーを回るっていうのも。

もが ゲストで。出させていただいて。

コウキ 何回もあの曲やるっていうね!

ハマ 何回もあの曲やるっていうのもアリですよね!でもまあかなりスムーズに進んでね!

コウキ ボーカルもかなりスムーズに録れたんですよ。ちょっと前に録ったやつも。すごい良くて!

もが 良かったです!

ハマ じゃあちょっとその1分半くらいしかない我々の最新曲を!

コウキ 初めてオンエアしますよ!CM以外で!

ハマ せっかくなんで、もがさんから曲紹介お願いします!

もが 聞いてください!オカモモズで「アイアムモモ

ハマ もがさん、この番組はフューチャースタンダードをテーマに未来に残したい名曲や名品を提案してるんです。

もが はい!えーぼくが選んだ未来に残したい逸品はワッサーです。

コウキ ワッサーとは?

ハマ えーもうわからない、、雲を散らした時の擬音みたいな

もが 違うんですよ!ワッサーっていうのは、長野県で生まれた果物なんですけど、見た目は完全に桃で、硬い桃です!

ハマ へ〜。

もが 桃って熟したらどんどん柔らかくなっておばあちゃんでも食べやすいような歯ごたえになるじゃないですか?

コウキ そうですね。

もが でもワッサーはそうじゃなくて、味も少し甘酸っぱい感じ。

ハマ 酸味が強い?

もが はい!で、歯ごたえのある桃って感じです!

コウキ 全然食べたことも見たこともないですね。

もが 桃と、確かネクタリンかなんかの品種改良なんですよね。

ハマ 果樹園を営むナカムラワタルさんによって偶然生み出されたらしいですよ。

もが え、すご!

コウキ 偶然できるもんなんですか?

ハマ そんなことあります??笑

もが 偶然生み出すってどういうことなんですかね?

ハマ 1990年に品種登録されたらしいですけど、新種なんでしょうね。ちなみにワッサーはナカムラさんの幼少期のあだ名。

もが

コウキ ワタルだからだね!

もが そういうこと?!知らなかった〜!

ハマ ワタルさんがワッサーって呼ばれてたんだろうね。きっとね。

もが ぼく、お父さんが長野生まれなんですよ。

ハマ あ、そうなんですね。

もが で、毎年実家に帰る的な感じで長野に行ってたので知ったんですよ。だから東京とかでは見かけないです。

ハマ えーでも知らなかったなあ〜。長野は僕らもツアーで行きますけどね。

コウキ まじで見たことない。ワッサー。

もが 長野も多分、信州しかないかもってくらい。でもほんと夏しかないんでレアなんですけど。

コウキ でも未来に残したい感ありますね!

ハマ あるあるある!

もが しかもこれ皮ごと食べれるんですよ!桃はダメじゃないですか。

ハマ 桃は毛が生えてますね。

もが ワッサーは皮ごといけるんです。

ハマ ワッサーすげえ。

もが ワッサーすげえんすよ。ありますから!今冷蔵庫に!

ハマ じゃあもうほんとに好物だ!

もが そうなんですよ!ほんと好物で。

ハマ これ今聞いた人検索するでしょうねこれ!ということで、最上もがさんが選んだ未来に残したい逸品は「ワッサー」でございます。で、一曲選曲もしていただいたってことなので、選んだ理由と曲紹介をお願いします。

もが はい!中学生くらいの頃からポルノグラフィティさんが好きで、最近また最ブームがきてて、やっぱこの曲めっちゃいいなって思った曲を選ばせていただきました。ポルノグラフィティさんで「幸せについて本気出して考えてみた」



♪ 幸せについて本気出して考えてみた / ポルノグラフィティ

ハマ ワッサーとモモとポルノグラフィティの話をしてましたが、もうエンディングのお時間です。

もが はやっ。

ハマ もうこの番組2年くらい続けてていろんな方が選曲したり物のこしたいって話をしてきたんですけど、ぼくとコウキの思い出で言うと以前細野晴臣さんをお迎えした時に「路面電車」を残したいと。

コウキ 言ってましたね。

ハマ あ〜それはいいですね〜 なんて話をしたんですけど、それ以降残したいもので深く頷いたことはなかったんですけどワッサーは結構衝撃的でしたね。

コウキ それはほんとに残した方がいいんじゃないかって。

ハマ 細野さんぶりの衝撃がありましたね。

もが 路面電車の次がワッサー。笑 やばい!

ハマ まあ今後の予定をいつも聞きますが、現状は人と会ってということも厳しいですし、お仕事はオフィシャルサイトをチェックっていう感じですか??

もが そうですね!幸せになりたいな って感じです!

ハマ それいいですね!笑 大抵ね、仕事のことを答えるんですけどね。新しいですね!

コウキ 今後の予定は?って聞かれて「幸せになりたいです」笑

ハマ 俺も体力作りとかしたいです!今後の予定としては!

もが やりましょやりましょ!体力作りと、幸せについて考えていくっていう、、!

ハマ そこでちょっとポルノグラフィティの回収もあるっていう、ちょっとすごい回でしたね。

コウキ テクニカルでしたよ!

ハマ テクニカルなSHOCK THE RADIOでした。ちょっとまた世の中が落ち着いたらになりますが、ぜひ遊びに来てください!

もが 是非行かせてください!

ハマ 今日はありがとうございました!ゲストは最上もがさんでした!

コウキ ありがとうございました!

もが ありがとうございました〜!!



♪ Welcome My Friend / OKAMOTO’S

ハマ 聞いてもらったのはOKAMOTO’Sで「Welcome My Friend」でした。あの、もがさんのお話の前に OKAMOTO’S SHOCK THE RADIOは世の中がちょっとずつ緩くなっていってしまっている危機感を常にリモートで締めている番組ですね。まだリモートでやっているんだという!

コウキ 引き続きリモートでやっておりますが。

ハマ そんな中もがさん来てくれましたけど。

コウキ やっぱあれだね、もがさんとOKAMOTO’Sが一緒になるとこういう感じの空気感なんだなって思った。別にCM収録の時、ちょっと人見知りじゃないけどローなテンション感だったじゃん。

ハマ なかなかそんなトップギアは入れづらいですしね!

コウキ なんかそれがいいですよね!合ってますよね。

ハマ なんか結構同じ人種じゃないですか!結構寄ってる。

コウキ 寄ってるから、メンバーだけで会ってる時のローのテンション感に近い感じですね!

もが ちょっとこうチルい感じが。

コウキ よく言うとチルい感じがありますね。

ハマ 普通に喋れちゃいますね。ワッサーて言う言葉が面白い笑

ハマ 「Weicome My Friend」出たばっかなので、是非是非聞いてください! OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO 来週はメンバー4人で、遂にスタジオからお送り致します!と言うことで、遂にです。

コウキ 遂に来たね。何ヶ月ぶりですか!

ハマ ほんとに久しぶりです!では OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO、今日はこの辺で。OKAMOTO’Sのハマ・オカモトと、

コウキ オカモトコウキでした!

129 / 130
  • +ALL VIEW SESSION

TALK SESSION

MAIL FORM