メインイメージ

現役のツアートッププロから、2020年に向けてLPGAでの活躍が期待される新人まで夢に向かって頑張る女子プロゴルファーを応援するプログラム

アース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー

  • TOKYO FM
  • FM大阪

アース製薬 Dream Shot 〜輝けゴルファー

ツアーで活躍するトッププロから、活躍が期待されるニューフェイス、そしてベテランプロまで。夢に向かって頑張る女子プロゴルファーとそれを支える人々の思いやツアー最新情報まで。女子プロゴルフを盛り上げるための応援プログラム

Dream Shot News

OnAirReport

木村彩子プロ 爆風のアース・モンダミンカップで感動の初優勝!
2022.07.02
6月23日から26日まで4日間に渡り行われたアース・モンダミンカップ2022。
優勝は木村彩子プロ。プロ8年目での初優勝をこのビッグトーナメントで果たし、
賞金5400万円を獲得しました。

null

毎年6月下旬に前半戦のハイライトとして行われるアース・モンダミンカップ。
雨の降りやすい時期ですが、今年は梅雨明けが早まり猛暑の中での戦いとなりました。
そして、2日目からは「爆風」と言っていいほどの強い風が吹き続け、選手を苦しめました。

そんな暑さと強風に苦しめられた4日間の戦いを制したのが木村彩子プロ。
可愛いFILAのウエアでお馴染みで、身長155センチと小柄ながら、
落ち着いたしっかりとしたプレイをする選手です。

4日間の戦いを振り返りましょう。

予選ラウンド、1日目は少し雨が残る中で山下美夢有プロと
稲見萌寧プロがスコアを伸ばします。
木村彩子プロは首位と3打差の5アンダーと好位置につけます。

2日目はコースに強い風が吹き荒れる展開に。
一時は瞬間風速20メートルにも届き、アドレスするのも、
ティーにボールを置くのも大変!というシーンがありました。

その中首位に立ったのがささきしょうこプロ。
木村彩子プロは1ボギーで4アンダーとしますが、
5位と多くのプロがスコアを崩すなかでも頑張りを見せます。

\null
迎えたムービングサタデー。
決勝ラウンドに入っても風は弱まることなく、選手を苦しめ、
首位のスコアは7アンダー。
木村彩子プロはこの日3オーバーで、トータル1アンダー。
首位とは6打差の9位で最終日を迎えることになりました。

最終日に6打差を逆転というのはなかなか難しいところですが、
この日も強い風はおさまらず、上位選手がスコアを崩す中、
木村彩子プロはフロント9で2つスコアを伸ばし、
バックナインの11番では見事なチップインバーディー。
14番でもバーディーを決めて4アンダー、ついに首位に立ちます。
そのまま首位でホールアウト、クラブハウスリーダーとなって後続を待ちます。
null

そして、優勝が決まったのは、プレイオフに備えての練習グリーンの上、
知らせを聞いて涙を流す姿に、優勝が決まるのを一緒に待っていた
ファンから大きな拍手が贈られました。

木村彩子プロは、1995年生まれ、大阪府出身。
10歳でゴルフを始め、中学時代にプロを目指す決心。

1度プロテストを失敗した後、目標を見失い、
ぶらぶらしていたそうですが、
お母さんに「あなたをぶらぶらさせておく余裕はない!」と言われ、
都内の某中古ゴルフショップでアルバイトの経験もしたそうです。

2015年ついにプロテスト合格。

18年に賞金ランキング43位となりついにシードを獲得、
19年シーズンは不調に悩みシードを手放すことになりますが、
2020−21年シーズンで賞金ランキング32位、
シードを取り戻して活躍しています。

20年の女子プロゴルフ選手権では2位タイ、
去年は首位タイで上がりながら4人のプレイオフに敗れて悔しい思いをしています。

null

null

そんな木村彩子プロが表彰式で語ったのは、周りのサポートへの感謝の気持ちでした。
特に18番グリーン上で行われた中継インタビューでは、
いっしょに4日間戦ったキャディーの坂口悠菜さんのお話になって言葉を詰まらせました。

null
坂口悠菜さんベストキャディー賞受賞100万円おめでとうございます。
そして、木村彩子プロ、ほんとうにおめでとうございます。
今回の優勝にも選手の不断の努力と、それを支える人たちとの感動のストーリーが
やはり隠されていました。

どんな強い女子プロも一人では勝てない!
そんなことを思った1週間、そして木村彩子プロの優勝でした。

null

PICK UP

PICK UP

Movie ゴルフ動画

Message

番組では女子プロゴルファーへの応援メッセージを募集中です。
女子プロの皆さんへの応援メッセージから質問・レッスンで取り上げて欲しいことなどたくさんのメッセージをお待ちしています!


パーソナリティ 秋山真凜

10月12日生まれ、福岡県出身、リポーター・スポーツキャスター。ベストスコア69を記録した中学時代からプロゴルファーを目指し、全国を転戦。上智大国際教養学部卒業。特技は英語、韓国語で、同時通訳の経験もある。

New Entry
New Entry
  • アース製薬 モンダミンCUP
  • TOKYO FM
  • FM OH!