TOKYO FM SHOWROOM主義 EVERY SATURDAY 20:00-20:30

PERSONALITY|前田裕二(SHOWROOM総合プロデューサー)

番組へのメッセージはこちらから!

SHOWROOMトップランカー 永藤まな&ゆきこhr登場♪

『SHOWROOM主義』は、夢を追いかける人を、リスナーの皆さんと一緒に見守り、応援していく番組。

今週は、この番組のパーソナリティを務めるSHOWROOM代表の前田裕二さんに代わり、SHOWROOMトップランカーのピアノ弾きのまなまること永藤まなさん、宮崎県出身シンガーのゆきこhrさんの2人がパーソナリティに!トップランカーとは、「SHOWROOMの中で、最も努力を重ね、視聴者との絆を深めた配信者」として表彰された人。お二人に対して前田代表は「二人とも音楽で勝負しているけれど、ただ上手なだけではこれからの時代ダメ。二人の個性を発揮してください!」とコメント。今回はトップランカーの二人に、リスナーの方からお二人に届いたメッセージにお答えいただきました!

null

最初のメッセージでは早速まなまるさんに即興演奏のリクエストが!スタジオにキーボードを持って来てくださり、即興で今の気分とゆきこhrさんの印象を演奏してくださいました!ゆきこhrさんはまなまるさんのファンとのことで、即興の生演奏に「うれしい!」と大喜びしていました!

続いて、SHOWROOMの配信をしていてよかったところは?という質問。
ゆきこhrさんは自分の気持ちに向き合う時間が増え、以前より素直に、言葉にして伝えることの大切さに気付いたと話します。
一方まなまるさんは、音大卒業後、フリーの演奏家をしていたが厳しく、もう辞めようとしていた時にSHOWROOMをしてみないかと誘われたのだそう。
最初は配信でピアノを演奏しようとは思っていなかったそうですが、やっていく中でほかの人と違うことをしよう!という意識が芽生え、自分にできることを探したらまたピアノに戻ってきたのだと言います。SHOWROOMを始めたことによって自身ができることや、夢をかなえるために何をしたらいいのかに向き合うことができたとお話いただきました!

最後に、オーディションなどでダメだったとき、落ち込んだ時や気持ちを切り替えたい時はどうしていますか?という質問に、ゆきこhrさんは、オーディションに落ちた場合、受かった人の良かったところ、受かった人と比べて自分ができていなかった部分を探してノートに書き、次に役立てるようにしているのだそう!
まなまるさんは、「落ち込むことは大事!」とし、オーディションに落ちたからと言って自分を否定されたと思わないほうがいいと言います。また、自己分析が趣味とのことで、日頃から自分のいいところや悪いところ、他の配信者についても研究し、自分の個性を磨くことによって自分が出来上がっていくと話しました!落ち込んだ気持ちを切り替えるときには、自分が好きなことを好きなだけして次に行けばいいとアドバイスしました!

トップランカー同士の共演についてまなまるさんは、「同じ立場だから思っていることが素直に出せた」、ゆきこhrさんは「まなまるさんは、"推し"なので一緒にできて幸せでした!」とお話いただきました!
お二人のSHOWROOMへはこちらから▼
まなまるさん(
ゆきこhrさん(

null

次回はこの番組のパーソナリティー・SHOWROOM代表の前田裕二さんがお届けします。
来週はどんなお話が飛び出すのか…お楽しみに!