TOKYO FM SHOWROOM主義 EVERY SATURDAY 20:00-20:30

PERSONALITY|前田裕二(SHOWROOM総合プロデューサー)

8月のゲスト【森圭介さん】その

『SHOWROOM主義』は、夢を追いかける人を、リスナーの皆さんと一緒に見守り、応援していく番組。

先週に引き続き、今回のゲストは日本テレビアナウンサーの森圭介さん。

null

アナウンサーとして新たな道を切り開いているイノベーターな森アナですが、そんな彼の学生時代のお話からスタート!

高校・大学と演劇部に所属し、お芝居に熱中していたという森アナ。
お芝居は好きでしたが、それだけでは食べていけないという危機感から、「人前に出て何かを表現するのが好き」という自己分析のもと、アナウンサーという職業を選んだのだそうです。

日本テレビに入社し、アナウンサーとして様々なジャンルのお仕事がある中で、希望しないジャンルでも、それをどこまで楽しみながらできるかという考えを学んだと言います。
好奇心と何事もやり切る力が、社会人になって大切なのだと気づいたのだそうです。

今様々な新しいことに果敢に挑戦できるのは、その精神があるからなのではないかとおっしゃっていましたね。
森アナが挑んでいる新しい試みの一つに、SNSがあります。
会社側と4〜5年かけた協議の末、1年ほど前から日本テレビアナウンサーによるSNSの運用が始まりました!

【森圭介 Twitter】
【森圭介 Instagram】

ここからまた何か面白い仕掛けが出来たらいいと語る森アナの実現力を絶賛し、そのパッション、原動力はどこから湧くのか、前田代表も気になっていたようです。

その疑問に対し森アナは、「スッキリ」で共演する前田代表や箕輪さんらとの出会いだと答えてくださいました!

アナウンサーとして、番組内などでの自身の立ち位置に悩んだ時期もあったと話しますが、前田代表らに出会い、「もっと自分にもできることがある!」と考えるようになったのだとか!
その言葉を聞いた前田代表は、自分と出会うことで、誰かの生き方が変わったり、幸福度が増していけばいいなと考えているのだと語ります。
どんなに大きなマイナスからのスタートでもプラスになることを、自らの周りだけでなくもっとたくさんの人たちに伝えていきたいという思いがあるからこそ、その手段として本やストーリーが大事なのだと言います。

自身のSNSでお悩み相談を受け付けている森アナも、「相談者が自分の一言でプラスになれば」という思いがあることを明かしてくださいました!


後半では、森アナから夢を持っている人たちに伝えたいメッセージを語っていただきました!

サラリーマンの方は特に、やりたいこと、好きなことがあっても、できない理由が多すぎるという言葉に共感された方も多いのではないでしょうか?

しかしそれは誰もやってこなかったからできないとされているのであって、やれなかった理由を可視化・分析していくことでできるようにするという考えは、「好きなことをあきらめたくない」「自分の好きなものに言い訳しない」という森アナの決意を見ることができたように思います!
言い訳をせずめんどくさそうにも見えるその道を選ぶ理由として、森アナは自信が飽き性であるということを挙げていらっしゃいました。

飽きる前に新しいことで手いっぱいにしておきたいと話す森アナに、前田代表は「飽きたときに何か新しい刺激を入れたときのワクワク感が成功体験になっているのではないか」と分析。

前例がないことを全部やりたいと思っていると語ってくださった森アナ。今後の活躍も目が離せませんね!

来週はどんなお話が飛び出すのか…お楽しみに!