議事録ブログ

会議テーマ「仕事のスキル案件!〜私、最近ここ伸びています!〜」

褒められたからなのか、それとも怒られたからなのか、
はたまた自然となのか・・・
あなたが仕事をしていて「あれ、最近ここが伸びているな・・・」
と感じるスキル、あるんじゃないでしょうか?
自画自賛で構いません!
誰も言わないなら自分で言いましょう!
自分の伸びているところを!
たくさんの書き込み、お待ちしています!





「スカイロケットカンパニー社員実態調査!」

今日のアンケートは”褒められた方が伸びる?怒られた方が伸びる?”

結果は……

”褒められた方”、という方は「78.4%」!
”怒られた方”、という方は「21.6%」!



──『働き出すと、自分が人見知りとか言ってられないですもんね』



ラジオネーム<まっ> 女性 29歳 千葉県 事務員兼新米ハンター
「おつかれさまです!!!

最近つなぎのスキル伸びてきました(笑)

何というか前説というか前座というか。


お客様に大事な説明をするのは専門職である上司です。上司は説明の準備のため奥の方に行き、退屈になったお客様が、窓口にいる私に話しかけることがあります。
数分なので大した時間ではないのかもしれませんが、私はとても人見知りで会話が好きではなく、昔はあまり続かなくて、シーンとなることも多くありました。
でも最近はちょっとした天気の話題でもうまく延ばして、上司が窓口に戻ってくるまでの時間を何とかつなげるようになってきた気がします。

準備のできた上司が来たら、「ご用意ができました、こちらへどうぞ」と上司の方へ促して、営業スマイルを浮かべたままスっと後ろにフェードアウトしていく日々です。」


本部長「頼もしいですね。上司からしたら、信頼できる部下だと思いますし。やっぱり働き出すと、自分が人見知りとか言ってられないですもんね。
僕も、”自分のベッドでしか寝られない”っていう甘えた考えが10代の時にあったんですけど。芸人になって、外でも寝られるようになりましたから(笑)」

浜崎秘書「はい(笑)」

本部長「自分でこういう性格だよなって思ってたものが、強制的に強くされちゃうから。すごくかっこいいなと思いますね、ハンコ!」





ラジオネーム<かなえいと> 女性 25歳 東京都 会社員
「やしろ本部長、浜崎秘書、リスナー社員の皆様、スタッフの方々、お疲れ様でございます!!

本日の案件ですが、私が前の職場から伸び続けているスキルがあります。それは…「歩く早さ」です!!!
前職がホテルマンだったため、とにかく一日中歩いていました。
しかも時間に追われていることがほとんどです。
そして、お客様対応している時以外の移動は基本的に早歩きです。早歩きしてないと怒られます。笑

後輩には負けられないし、先輩には追いつきたい思いでとにかく早歩きをしていたので女子とは思えない早さを身につけました。笑
そして、今でも職場の関係で人が多い都会を歩くことが多いのでまだまだ伸ばし中です!!
みんなと歩いていても必ず時間差ができるほどの歩く早さです。笑

ちなみに、忙しい時で1日3万歩歩いたこともあります。
さすがに筋肉痛になりました。それだけ歩いていたら、さすがに歩くのも早くなりますよね。笑」


本部長「3万歩は、大変ですね〜〜!」

浜崎秘書「1日1万歩でも”すごい!”ってなりますよね」

本部長「今でさえ、一緒に歩いてる人を置き去りにしちゃうんだから、それ以上進化せずに、今より緩めてもいいと思うんですよ(笑)。
作家の鈴木おさむさんとか、仕事できる方って歩くの速くないですか?」

浜崎秘書「”のっそ、のっそ”とはしてないでしょうね(笑)」

本部長「僕なんか、小走りで着いていくしかないですよ(笑)。でも、デートの時はゆっくり歩いていただきたい!男の人が、”こいつ歩くの速いな!”って、変な感じになるから(笑)、ハンコ!」





ラジオネーム<さっちゃん初めて> 女性 26歳 埼玉県 会社員
「皆様お疲れ様です!

私の最近ここ伸びたなーと思うことは、「今、上司に質問していいかどうかを見極めることです!」
上司の仕事状況や機嫌によって、質問した時の返事が全然違うんです。
私もできるだけ上司の仕事が落ち着いてるときに質問していますが、どうしてもすぐに聞きたいという状況もあるんです。
上司が忙しい時だと、いつもは高い声なのに、低い声で一言くらいしか返事をくれません(´-ω-`)
なので、今質問したらダメそうだなあと思った時は、優しい上司の方に聞きに行きます(´∀`)」


本部長「スキル上がってきましたね!人の機嫌とか雰囲気とか、空気読むって、マニュアル化できないところだと思いますから」

浜崎秘書「そうですね〜!」

本部長「いろんな兼ね合いが大事だと思いますけども、上司が機嫌良くないときに質問して、変に怒られたり、愛想悪くされたりするよりは、いい雰囲気見て質問できた方がいいと思いますし、グングン上げていってください!ハンコ!」





ラジオネーム<たすくん> 男性 26歳 東京都 会社員
「本部長、秘書、お疲れ様です!今日の案件ですが、僕が伸びているのは「センス」です!
現在僕が担当している仕事は「横断幕の作成」です。
よく学校やホテルとか式典のときに掲げてある「第○○回 表彰授与式」などです。
普通あまり気にしないかもしれませんが、実は「字の大きさ、太さ、バランス、文字の感覚、空白の位置」などなど職人のセンスがちりばめられています。
少し凝った幕だと背景に色やイラストなども入っているので、また印象が変わってしまいます。

僕も最初は何も考えずに作っていましたが、いざ掲げると見っともないのがわかるんです。
普段みなさんが気にならないのは幕のバランスが素晴らしいから気にならないのであって、センスが無い人が作った幕は見すぼらしいのですぐにわかります。

そんな僕も最近は目立たない幕を作れるようになりました。
というわけで「センス」が伸びました!!」


本部長「バランスだったり、いろんなものが伸びてきているんでしょうけど。
自分が学生で、インターハイ出場して、朝学校に来て横断幕がすごいバランス悪かったら、祝ってくれているし、嬉しいんだけど、”もう少しバランスどうにかならなかったかな?”って(笑)」

浜崎秘書「あら〜〜〜(笑)」

本部長「気にならないっていうのは、相当高いレベルで職人の方々がやってくれてるからなんでしょうね。全然気にしてなかったけど、次から気にして横断幕見てみたいと思いました!ハンコ!」


「SCHOOL OF LOCK!」のダイナマイトカリスマ営業部長 松田さんが来社!



今、Toppoの新商品「放課後ベリー」の発売を記念して、ツイッターキャンペーンを行っています!
キャンペーンに参加すると「オリジナルクオカード」or「モバイルバッテリー」が
もらえる可能性があります!

詳細はコチラから!
【SCHOOL OF LOCK! | 生徒のアイデアが商品に!Toppo新フレーバーは“放課後ベリー”に決定!】




【パルコホットセミナー】

本日の特別講師は、フルオーダーの鞄制作・オリジナル革小物を販売している「HIS-FACTORY」オーナー・中野克彦さんです!





【プロフィール】
HIS-FACTORYは大量生産ではなく、トレンドに左右されないデザインと長く愛用出来る耐久性を併せもつ、一点モノの物づくりにこだわる革製品のアトリエ兼ショップ。この度、スカロケのグッズとしてロケットの形をあしらったオリジナルキーホルダーも作っていただきました。そして今回は代表の中野克彦さんにお越しいただいております。



──『それが本来の物と人の関係じゃないですか』



本部長「まさに、日本の職人さん、という事でございますけども」

中野「いやいや、まだまだですよ(笑)」

本部長「大量生産の現場で”このままでは、日本に職人がいなくなってしまう”と危惧し、『自分も職人のひとりとして、自分が納得できるモノ作りをしよう』と考えるようになったということですけど、おいくつぐらいの時ですか?」

中野「始めた時期は、いわゆるメーカー業と言いまして。他社製品のものを、職人さんでまかなうという仕事をしてたんですね。それが30年前なんですね。その頃、僕らが同い年くらいだったんですよ」

本部長「そうなんですね」

中野「仕事は変な話あって、物ができていく過程が面白かったんですね。ある時から、大量生産に変わっていくというか…そういうのを見ていくと、だんだん自分が何をやっているのかな?みたいな」

本部長「大量生産の一部というか…本来は長く使えるいい物を作りたいはずなのにと?」

中野「自分で作り出すきっかけっていうのは、入りたての時のメーカーさんというのは、本当に細かいことをやったり、デザイナーさんとのタイアップが太いパイプだったんですね。でも、量産になってくると分業になってくるんですよ」

本部長「どこに、本来大事な物を置くべきか見えなくなってきがちというか…」

中野「分業は悪いわけではないんですけど。そうなってくると、だんだん値段のこととか納期とか、いろんなしがらみとか、量が多くなればなるほど、大変なことが起きてましたね」

本部長「いま、日本の職人さんは減少傾向にあるんですか?」

中野「既にその頃から始まってましたね」

本部長「なかなか、若い人は入ってきてないんですか?」

中野「職人さんと言ってもいろいろな種類がありますし、一概には言えないんですけど。やっぱり、自分の考えた物を作り出していく作家さんとか、クリエーターさん達は増えていると思います」

本部長「そうなんですね」

中野「それをどこに売り込んでいくかですよね」

本部長「大量生産の物と、職人さんが作る物の一番の違いは何でしょうか?」

中野「ある企画の中で、材料とか決まっちゃってるんですね。値段のこともありますし、要は商業デザインというか、企画にのって流れていく。
職人さんが作っていく物は、細かいところにちゃんと手が回って。時間がかかり過ぎなところもあるかもしれないんですけど。
特にお客さんと直接お話する場合は、要望を全部聞けます。それが、誰かに頼まれてやるわけじゃなくて。お客さんから直接なんですよね」

本部長「それが一点物の良さだと思いますし、大量生産、大量消費っていうのも一部なので、しょうがないし、いいなと思うんですけど。本当にいい物って、高いかもしれないけど、それを一生メンテナンスしながら使うことの方が、それが本来の物と人の関係じゃないですか」

中野「そのメンテナンスは、すごく大事なことだと思います」









”HIS-FACTORY”制作の「スカロケオリジナルオリジナルキーホルダー」
中野克彦さんへのインタビュー内容は【スカロケONLINE STORE】から読むことができます!

本日のパルコホットセミナーには、「HIS-FACTORY」オーナー・中野克彦さんを特別講師にお迎えしました!



──『ストレスを感じない精神状態が仕上がってきてる!伸びてます!』



ラジオネーム<ちょびるな> 男性 25歳 東京都 会社員
「お疲れ様です!
運転技術が伸びてきました!
都内を運転しているので狭い道や交通量が多い道の所をたくさ通っています!
その分、バックや車線変更など速やかにかつ安全に運転する技術が伸びてきました!
しかし、少し前に道路標識の見落としで違反してしまいました(笑)どっちなんだよって突っ込まれそうですが投稿しますー!道路交通法の知識も伸ばしていきたいです!」


本部長「すごいっすね!仕事しながら、運転技術っていうのは経験が大きいと思いますけど。
毎日乗ってれば、すごい速度で上がっていくし。今はお仕事で乗ってるし、商品だったり、物だったり、何かを運んでいるんでしょうけど」

浜崎秘書「うんうん!」

本部長「いま25歳ですけど、結婚して子供とかできると、数年後には家族を車に乗せた時も安心ですよ。
『うちのお父さんドライブテクニック上手いんだ!』みたいな、気が付いたら子供が寝てるなんか、たまらんね!ハンコ!」





ラジオネーム<まひるの日向> 女性 25歳 東京都 会社員
「最近伸びてるなと感じるのは、ストレスを感じなくする気持ちの転換、ですかね。
嫌なストレスがたまるようなことが起きても、イライラしない。
怒っても変わらないことには怒らない。
そういうことを考える余裕が生まれてきたように感じています。

無闇にイライラしても、老けるだけですしね!
笑って仕事頑張ってます!」


本部長「すごい!25歳で早くない!?達観しているというか、ご立派だなと思いますね。ドラマでもやっている『嫌われる勇気』アドラー心理学のやつありますけど」

浜崎秘書「はいはい、ありますね」

本部長「考えてもしょうがないこと、これは自分のことじゃなくて、他人の課題なんだから、『課題の分離』っていうのが出てくるんですけど。
怒ってもしょうがないこと、相手の立場になって考えるとか言いますけども、それも大事。相手のサポートすることも大事ですけど、”これは相手が本来考えないといけないことだな”っていうのは、こっちが考えてモヤモヤしてもしょうがないこともあるし」

浜崎秘書「ええ」

本部長「僕、40歳で、ようやくそういう風かなと思うけど。25歳で、怒っても変わらないことは怒らない!ストレスを感じない精神状態が仕上がってきてる!伸びてます!ハンコ!」

浜崎秘書「それでは本部長!?」

本部長・浜崎秘書「今日も一日、お疲れ様でしたーーーー!!!!!!」




スカロケ × クロノスのコラボタオルが完成しました〜〜!
マラソン参加者全員にプレゼント!
応募はコチラから!
【TOKYOリレーマラソンフェスティバル2017
Skyrocket Companyチーム
出場ランナー募集!】


スカイロケットカンパニー社員の皆様、今日も一日お疲れ様でした!

明日の特別講師は、赤い公園が来社致します!

17時より会議を行いますので、時間厳守で出席お願い致します!


【今日の初書き込みの社員のみなさん】

<ゆきさん>
<まめへー>
<いぶたろう>
<いつもものたりない>
<わんおく大好きな江東区民>
<しょうきち>
<さけるちーず>

などなど...たくさんの書き込みありがとうございました!


【本日のオンエアリスト〜♬】

1.ヒトリセカイ / 10-FEET

2.火とリズム / 10-FEET

3.ラー / 水曜日のカンパネラ

4.トーキョー / カノエラナ

5.さわって・変わって / スピッツ

6.小さな恋のうた / MONGOL800

7.変わらないまま / 星野源

8.また今日もダメでした / 関取花

9.出会いは成長の種 / ケツメイシ
PREV || 1 || NEXT

次回会議テーマ

メッセージは社員掲示板へ!

メッセージは、わが社のwebサイトまたはアプリにある社員掲示板へ!
みなさん、アンケートで!掲示板で!番組にぜひご参加ください!

来週は、浜崎秘書が帰ってきますよ〜!

そして…ゲストも来社します!

11月25日(月)のパルコホットセミナーには、
デザイナー・YOSHIROTTENさんが登場!
26日(火)は、MONO NO AWAREをお迎えします!

わが社の公式アプリでは、浜崎秘書の日常を垣間見られる「秘書室」など、
コンテンツが満載です。
Android&iOSともに無料配信中なので、ぜひダウンロードをしてください!!

< 2017年02月 >
MonTueWedThuFriSatSun
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     

Twitter