議事録ブログ

会議テーマ「山の日振替案件〜忘れられない山エピソード〜」


本日は“山の日”の振替休日ということで、
あなたにとって印象深い山の思い出を教えてください。

例えば…
「付き合っていた彼女と山登りに行き、山頂でプロポーズしました」
「子供の頃、夏休みに祖母の家の裏の山できのこ採集を手伝わされていました」
「ハイキングでまさかの道に迷ってしまい、救助隊が来てしまった事があります」

などなど!何度書き込んでもOKです。
スカロケ公式社員アプリをダウンロードして、
是非、番組に参加をお願いします。



null


「スカイロケットカンパニー社員実態調査!」

今日のアンケートは“富士山山頂まで登ったことありますか?”

結果は……

“ある”、という方は「15%」!
“ない”、という方は「85%」!



──『俺、聞いてて2行目くらいから毛が立ってたもん(笑)』



ラジオネーム<コバスちゃんローブ> 男性 35歳 東京都 自営・自由業
「本部長、秘書、リスナー社員の皆様お疲れ様です。

たった今山エピソード起きました。

今帰省していて地元の友達と立山に来たのですが、帰りに車中で喧嘩になり置いていかれました。

しょうがないのでヒッチハイクしようと思います。

誰か乗せて頂戴よー (泣)」


本部長「渋滞中のヒッチハイクなんて気まずいだけですから、だいたい運転手さんもイライラしていますから会話の合う人に乗せてもらえればいいですけど。
僕は大学でバスケットチームに入りまして、合宿の朝に遅刻しちゃったんですよ。電車賃がなかったから、バスを追いかけるために紙に目的地を書いてヒッチハイクしたんですよ。
しかも、紙を買うお金もなかったんですよね」

浜崎秘書「どうしたんですか?」

本部長「コンビニで事情を話して、お煎餅とかを包む袋を一枚もらって、マジックペンも貸してもらって。
それに書いて、なんとか夜に着きましたよ」

浜崎秘書「じゃあ、本当にヒッチハイクしたんですね(笑)」

本部長「そしたら、2年生も、3年生も笑ってくれた“変な一年生が入ってきた”って(笑)。
でも、部活がきついからやめたの(笑)。考えられない量の、体中のいたるところがつってやめた(笑)。
本当に上手い人たちだから、僕は受験のストレスで10円禿げができていたからスキンヘッドにしていたんですよ。
そしたら、ガチの所しか僕を誘ってくれなかったのよ」

浜崎秘書「はい(笑)」

本部長「大学まで行って本気で部活やろうと思ってなかったから、ガチの空手とバスケットしか誘ってくれなかったの(笑)。
<コバスちゃんローブ>さん、気をつけて帰ってくださいね、ハンコ!」

浜崎秘書「ちょっと待ってください! スキンヘッドでヒッチハイクしていたってことですか?」

本部長「そうですよ(笑)。でも、帽子はかぶっていたよ? 不本意なスキンヘッドだったんですから」

浜崎秘書「安心しました(笑)」


null



ラジオネーム<ぽんたろうさん> 女性 35歳 東京都 会社員
「みなさま、おつかれさまです!

山案件
5年前の夏に夫と「30歳記念に一緒に富士山に登ろう!」と一念発起し、富士登山に向けて毎週、近隣の山で訓練を重ねていました。
登山にも少し慣れ、体力もついてきたので、富士山前に少し高い山にチャレンジしてみようとなり、そのとき住んでいた兵庫県で1番高い山の氷ノ山( ひょうのせん)に登ることにしました。
夫は前日に「明日に向けて今日は焼肉だ!!」と言って、肉を信じられないくらい食べて気合いも十分!
当日は朝3時に起きて山に向かい、登山口に早朝5時に到着!
入山届けもだし、よし!登るぞ!と登り出して、そう30分くらいたったころ、夫の様子がだんだんおかしくなってきました。
どうやら昨日の焼肉を食べすぎたせいで、胸焼けをおこしてしまったようで顔が真っ白に!
無理は禁物なので、すぐ下山したのですが、拍子抜けもいいとこでした(笑)

今では良い話です。

みなさん、登る前は食べ物に気をつけてねー(笑)」


本部長「ちょっと待ってください、結果、富士山行ったんですか?(笑)
顔真っ白になるって胸焼けじゃないんじゃない?」

浜崎秘書「うんうん、そうですよね」

本部長「判断は早い方がいいですよね、そのまま行っちゃったら帰りも大変ですから。
ご夫婦仲良いですね、いい思い出! ハンコ!」


null



ラジオネーム<てらこ> 男性 27歳 神奈川県 学生
「山の日案件!
小学生の時に習い事の空手の合宿で富士山に登りました。が、一緒に登ったメンバーが高山病になり、昼も過ぎていたので8合目で泣く泣く折り返すことに。
大人のいない小学生数人のチームでは、下山ルートがわからず。右往左往していると1人の少年に出会いました。彼は父親と来たと言って、下山ルートを案内してくれることに!彼とみんなでワイワイ騒ぎながら楽しく喋りながら下山していると、麓のお土産店まで無事到着。しかし、周りを見渡すと案内してくれた彼の姿がありませんでした。一緒にいた友人たちに「さっきの彼は?」と尋ねると「誰のこと?そんな子いないよ?」と返されたのでした。
そしてその晩、僕は熱中症でぶっ倒れたのでした。
悔しくて大学生になってから、再び富士山に登り、頂上までたどり着きました!あの絶景は忘れられません!」


本部長「最後リベンジしたけれども、良かったですね。
帰ってきて熱中症になったということですから、もっと高い所でなっていたら大変ですよね。これは、山の精に助けられたんですよ。
俺、聞いてて2行目くらいから毛が立ってたもん(笑)」

浜崎秘書「ピーン!と(笑)」

本部長「これはいい話ですね、ハンコ!」


null



──○○○○○○○



ラジオネーム<ちゃんなな> 女性 31歳 東京都 編集者
「お疲れ様です。
私の忘れられない山エピソードは、大学4年の時、ひとり旅で屋久島の縄文杉を見に行ったことです。
大学最後の夏、今しかできない事をしたい!と思い屋久島に行こうと決め、1週間後には出発するという弾丸の旅。
縄文杉までの道では、鹿や動物にたくさん出会い、とても可愛くて癒されました。また、他の登山者さんたちとは、休憩中に自然に会話が生まれて、ひとり旅なのに、ひとりじゃない感覚でとても充実した登山でした。
本物の縄文杉は圧巻で、その後に食べたお弁当のおにぎり、達成感もあり、とっても美味しかったなぁぁ。
きらきらした青春の思い出です。」


本部長「往復…行きだけで5時間くらいかかるのかな? 暗いうちから集合して行くんだけど。
知り合いの家に泊まってて、僕は夜中まで飲んでいたんですよ。2時くらいに寝て、2時間後に起こされて『行きますよ!』って、『いや、キャンセル!』って言ったんだけど、行くことになって。
ちゃんと説明受けてなかったから、その辺にあるズボンを穿いて、サンダルで行ったのよ」

浜崎秘書「え〜! 山をナメてますよ!」

本部長「説明がなかったのよ! それでヒルに足を食べられたり、しかも豪雨! 帰りは、下向きながら歩いて帰って来ましたよ。で、犬に噛まれるっていうのまでがセットなんですよ(笑)。
縄文杉見たことありますか?」

浜崎秘書「行ったことないんですよ〜!」

本部長「あの山は、本当にいろんなことを感じると思いますよ、ハンコ!」


null



ラジオネーム<ミルクコーヒー> 女性 29歳 千葉県 会社員
「みなさま、お疲れさまです。

私の忘れられない山エピソードは5年前のGWに高尾山に登った時のことです。もともと高校時代の友達と登る約束をしていましたが、まさかのドタキャン。前日に飲みに行ってそのまま高尾山へ行こうと計画していたため、すごく残念だなーとその時飲んでいた人たちに話していました。ネタのように話していたら、飲んでいた男性の一人がそんなに行きたいなら一緒に行こうか?と言ってくれました。初対面の方だったので迷いましたが、行きたい気持ちが勝ち一緒に登ることになりました。
高尾山へ着くとなんだか清々しい気持ちになりドタキャンのことなんて忘れて山のパワーを感じとても癒されました。登山最中も色んなことを話しいつのまにか距離が縮まっていました。
帰りにその男性から告白されなんと付き合うことに。その一年後その男性と結婚し今に至ります。
ドタキャンした友達と山のパワーには感謝しかありません。ほんとあの時一緒に登ってよかったーと思った忘れられない思い出です(^^)」


本部長「頂上到着!! ハンコじゃなくて、ご来光!とか言いたいね。
匂いありましたよね、この書き込みの標高は高いなっていう(笑)」

浜崎秘書「うんうん(笑)」

本部長「ご来光!!!!」


null



ラジオネーム<君の瞳に麦粒腫> 女性 35歳 東京都 会社員
「本部長、秘書、リスナー社員の皆様お疲れ様です!
私の山の思い出は鹿児島の祖母の家です。
祖母の家は山の中腹、山道近くにありました。
お隣さんは少し山を登らないと見えないし、夜ともなると人気も無く、正体不明の動物の気配がする、幼い頃の私に恐怖の場所でした。

何よりトイレとお風呂が家の外にあるのです。
家から出て更に山の方に行かないといけないので、お風呂は明るい時間に済ませるとして、トイレは夜中に催してしまうと最悪でした。
外に出ても暗闇と動物の鳴き声が聞こえる恐怖で、粗相してしまうのでは無いかと思うと、いっそ家の中で粗相してしまおうかと悩んだ程です。

祖母が亡くなってしまってからは足遠くなってしまいましたが、今年の夏は去年結婚した夫を連れて数年ぶりにお墓参りに行ってきます。
あの頃はとにかく怖くて、あまり好きな場所では無かったのですが、今思うと灯りが無いからこそ、星空が感動する程綺麗でしたし、騒音が無く心が整う素敵な場所でした。

でもトイレは未だに怖いので、夜はホテルに泊まろうと思います!」


本部長「東京で過ごしていると、便利でいろいろなものがあります。田舎の方では、何もないとか言いますけど、何も無いっていうことはなくて、山があって、川があって、東京にないものがありますよね」

浜崎秘書「うんうん、そうですね」

本部長「旦那さんとそこに泊まって欲しいけど、素敵な思い出の場所を楽しんできてください! ハンコ!」


null



浜崎秘書「それでは本部長!?」

本部長・浜崎秘書「今日も一日、お疲れ様でしたーーーー!!!!!!」

サマーソングキャンペーン「Back To The Summer」!

8月のTOKYO FMでは、音楽であなたの夏を彩るサマーソングキャンペーンがスタート!
「Back To The Summer」と題して、時代を超えたサマーソングの名曲を、リスナーのみなさんからのリクエストにお応えしてお届けします!

ぜひ、選曲理由やエピソードも添えて、掲示板にリクエストを送ってください!
リクエストが採用された方には、スカイロケットカンパニーの番組ステッカーをプレゼントします!

null

スカイロケットカンパニー社員の皆様、今日も一日お疲れ様でした!

明日も17時より会議を行いますので、時間厳守で出席お願い致します!


【今日の初書き込みの社員のみなさん】

夏空
tomoka
徳島のでくのぼう
やまぽんた
冒険家のシュミット
りえまま
ラジオの母
世知カレー
千葉のアバンサー
ホーリー2号
ごぜんざみね
ゆうまな
かものは59

などなど...たくさんの書き込みありがとうございました!


【本日のオンエアリスト〜♬】

1.夏のプリンス / ケツメイシ

2.マリーゴールド / あいみょん

3.月色ホライズン / [ALEXANDROS]

4.climb / 04 Limited Sazabys

5.パプリカ / Foorin

6.ENDLESS SUMMER NUDE / 真心ブラザーズ

7.JOCK ROCK

8.Everything / THE NOVEMBERS

9.Melty love / SHAZNA

10.KISS ME / 氷室京介

11.あの森で待ってる / ボンジュール鈴木

12.SHINE / 韻シスト

13.富士山 / 電気グルーヴ
PREV || 1 || NEXT

次回会議テーマ

【11月18日(月)会議テーマ】「あの人伝えたい感謝案件〜いまだから言えるありがとう〜」


「UCCミルクコーヒー」発売50周年&勤労感謝の日間近ということで
「UCC感謝MONDAY 1DAY」を実施!!

議題は「あの人伝えたい感謝案件〜いまだから言えるありがとう」

あなたがラジオを通して誰かに伝えたい感謝メッセージを募集します!

例えば…
「仕事のミスの取引先に謝罪しに行ってくれた上司に感謝でしたいです。」
「平日はいつも子供の面倒を家でみてくれている妻に感謝したいです。」
「彼女にフラれたとき、電話で3時間慰めてくれた友人に感謝です!」

番組でメッセージが読まれた方全員に!感謝の意を込めて
「UCCミルクコーヒー1ケース」(30本入り)をプレゼント!

ゲストにはUCCミルクコーヒーを愛する高橋みなみさんが来社!!
さらに19時からはDJミルキーによる1時間のスペシャル番組がON AIR♪

そして、ゲストには高橋みなみさんが登場します!
お楽しみに!

< 2019年08月 >
MonTueWedThuFriSatSun
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

Twitter