議事録ブログ

会議テーマ 「メンタル強化案件〜やればできると思ったこと〜」


やろうやろう!と思っていたけどやらなかったこと。
どうせできないからやろうとさえ思わなかったこと。
今回はリスナー社員一同、メンタルを強く持てるように、
あなたがやればできると思ったことについて教えて下さい。


null


「スカイロケットカンパニー社員実態調査!」

今日のアンケートは“あなたの仕事、リモートワークできますか?”

結果は……

“はい”、という方は「20%」!
“いいえ”、という方は「80%」!



──『何事もやってみないとわからない!』



ラジオネーム<鹿のベル> 男性 32歳 千葉県 自営・自由業
「みなさまお疲れ様です。

美容専門学校を卒業して美容師になった1年目、朝早くから夜は終電の時間までずっと立ちっぱなし、動きっぱなしでかなりきつい日々でした。
忙しい日はお昼ご飯を食べている時間もなく、すぐ食べられるチョコやクッキーなどで過ごす日もありました。
他の業種に比べるとかなりブラックかもしれませんが、おそらく美容師1年目はそういう人はかなり多いと思います。
それでもみんな自分の好きなことであり、夢のために頑張れるのです。
その経験のおかげで、それ以降美容師以外の仕事をしてもその時以上に仕事がきついと思ったことは今のところ一度もありません。
その時に周りで支えてくれた人、そしてそれに耐えた自分にとても感謝しています。」


本部長「専門職ってやっぱりホワイトかブラックで言ったらブラックになってしまうことが多いから難しいなと思います。
だけど、時代は変わっていくし、今後はそういう風な時代じゃなくなるかもしれません。厳しかった時代を知っていて、乗り切ったことが自信につながることもある。生きていく上での強みにはなるかなと思いますけどね。でも、美容師さんは大変だもんな」

浜崎秘書「そうですよね」

本部長「僕の友達でも美容師を目指していたけど挫折しちゃった人はいるし、話を聞いていると1年目や2年目は本当に大変そうですよ」

浜崎秘書「お店が終わった後も練習が待っていたりしますよね」

本部長「空いている日はカットモデルを探しに街に行ったり、早く入って準備して終わってから練習したり…。
マネキンの首から上のやつだけ何個も持ち帰ったりするんだよね」

浜崎秘書「見かけるとちょっとドキッとしますね(笑)」

本部長「いや、大変だよ〜。ハンコ!」


null



ラジオネーム<アリとキリギリス> 男性 45歳 東京都 公務員
「本部長、秘書、社員の皆様、お疲れ様です。

やればできると思ったこと。
それは、禁酒です。

社会人になってから、よっぽど体調が悪い日以外は毎日晩酌をしている自分。
結婚して、妻が長男を妊娠したことが分かったとき、願掛けではないですが、「自分も何かひとつ楽しみを制限しよう」と、禁酒を決意。
それから出産までの約7ヶ月、親族や友人の結婚式、会社の歓送迎会なども含め、1滴も飲まずにやりきることができました。
(ちなみに、長女のときは、若干仕事でメンタルがやられていたのでできませんでしたが…。)

そんな経験があってか、今は「その気になればいつでもできるし〜」と余裕をかまし、毎晩呑んでいます。
多分、次に禁酒をするのは、身体を壊したときでしょう。」


本部長「でも、奥さんのお腹に命が宿ったら、実際旦那さんはお酒を飲んだりっていうのはし辛くなるかもしれません」

浜崎秘書「そうですね」

本部長「そんな中、旦那さんが酔って帰って来ることもなく飲まないで一緒に付き合ってくれた。まあ、二人の命ですからね。出産を終えて落ち着いてから二人で乾杯したのかなぁ」

浜崎秘書「したんじゃないですか〜!」

本部長「していて欲しいなっていう気持ちもありますね。お酒が好きな方が7ヶ月も一切お酒を飲まないってすごいことですよ。ハンコ!」


null



ラジオネーム<サイパン> 男性 37歳 東京都 会社員
「本部長、秘書、社員の皆さんこんにちは

私は、16歳で起業しました。
その業界で一番になれると思ったからこそ起業しました。
立ち上げはうまく行きましたがお金をもって逃げられるという結果になりました。

結果としては失敗とはいえ
やってわかったことは、やらないと何も始まらないという事です。

何でもやれば良いというわけではありませんが、人生で一度は大きな挑戦をしてみるのも良いのかもしれませんね」


本部長「お金を持って逃げたって腹たつな〜。浜崎さんの友達じゃないんだから」

浜崎秘書「ちょっと!(笑)持ち逃げではないですよ」

本部長「本人がいる前でこそっと財布からお金とっただけか」

浜崎秘書「私がお手洗いに行っている間とかです」

本部長「そういうことか。すみませんね、同じ話にしちゃって」

浜崎秘書「本当ですよ。やめてください(笑)」

本部長「でも、16歳で起業ってかっこいいですね!何の仕事始めたんだろう。
ただ、お金を持って逃げたのは年上の人なのかな。年上の人だったら最悪だと思うよ。若い人が何かやろうとしているときに金を持って逃げる大人って。
だけど、『やらないと何も始まらない』っていい言葉ですね。確かにそうなんだよ。
英会話やってみたいとか車の免許取りたいっていってるけど、動いていないから何も始まってない。
去年はいろんな仕事を始めさせてもらったんですけど、やってみないとわからないことだらけだったな、って実感しました。何事もやってみないとわからない!ハンコ!」


──『「絶対幸せになってやる」って、思えてるかい?』



ラジオネーム<ねこりん> 女性 31歳 神奈川県 会社員
「皆様お疲れ様です!

やればできると思ったことは…
「素直になること」です。

何度かこちらにも書き込みさせて頂いていましたが、先月好きな人に告白してお付き合いすることが出来ました。

告白するまで、何度も口実を作っては誘って、…と、頑張って頑張ってアタックしてた時、何度も挫けそうになりました。

昔1度諦めていた時期があったので、2度も諦めたくないという気持ちが勝って、周りからも応援してもらいながら告白しようと決意しました。

告白は全然スマートではなく、駅の改札前というムードも何も無い場所でしたが、素直に気持ちを伝えることができました。
やればできるものですね!

付き合ってる今でも、素直になりきれない時があるのですが、昔の恋愛はそれのせいでダメになったことがあったので、なんとか素直に気持ちを伝える!という事を忘れず、これからも頑張ろうと思ってます。


でも、付き合ってからも誘うのは自分からばかりなので、たまには彼からも誘って欲しいなぁとか思っちゃいますけど…。。
なので、今度のホワイトデー、誘ってくれるのかなぁ〜とソワソワしてます。
明日の夕方まで連絡無ければ自分で誘おうかなぁ(:3_ヽ)_」


本部長「彼氏!お願いしますよ!
まあ、性格とかもあるでしょうし、片方が誘っているともう片方が誘わなくなったりするよね」

浜崎秘書「ありますよね」

本部長「僕、やましげさんと仲良いけど、やましげさんから誘われたことないかもしれない」

浜崎秘書「本当ですか!」

本部長「僕のこと好きじゃないんじゃないかと不安になったりもするんだけど、やましげさんの性格も知っているからね。
やましげさんは自分から誘えないタイプだから僕から勝手に誘うよって感じで関係性を作ってますよ。だけど、カップルだと男性の方からたまには誘って欲しいよな。
でも、特別な想いを伝えた場所が特別な場所になるわけですよ。駅の改札も思い出の場所に変わったんじゃないかなと思います。
あと、書き込みの中にあった『二度も諦めたくない』という言葉が素敵だなって思いました。
一度くらい諦めちゃうときあるじゃないですか。前回諦めたから今回も諦めようって思うのか、二回も諦めたくないなって思うのか。
こういうメンタルを持っていてもいいのかなって僕個人は思いました。ハンコ!」


null



ラジオネーム<浪速の嫁あっこ> 女性 37歳 東京都 専業主婦
「本部長、秘書、社員の皆様おつかれさまです!

本日の案件ですが、
30才の時、何を思ったかある劇団のワークショップに参加しました。
「全力で怒れ」だの「全力で笑え」だのみんなの前でやらされたり、踊ったり殺陣まがいのことをやったり、それまでなんの変哲もないOLをしていた私は、毎回メンタル削られまくり。それでもだんだん自分を解放していくことに快感を覚えるようになり、気がつけば半年間毎週一度も休まず参加していました。

そして最後は「卒業公演」として100人以上の観客の前で、恐れ多くもつかこうへいさんの「熱海殺人事件」をやることに。
演出家にボロクソ言われ、深夜のファミレスで共演者の仲間たちと反省会をしながら「私、わざわざ貴重な週末を潰してこんなに怒られて、何やってるんだろう…」と我に返りそうになる気持ちを抑えつつ、本番で台本1ページ以上の長台詞を言い切ったときは、何にも替えがたい達成感でした!
いやー今思い返してもよくやったよなあと思います笑」


本部長「僕台本1ページ以上なんて、やれないですよ。3分の1ページくらいの分量で2回に1回は間違えるね」

浜崎秘書「向いてない(笑)」

本部長「向いてないね(笑)。でも、すごい経験しましたね!
お客さんの前で1ページ以上も台詞を読んで演じるってすごいことですよ。自分の心を開放できる場所があることって大事ですね。ハンコ!」


ラジオネーム<ぺすけペタロウ> 女性 43歳 東京都 パート
「本部長、秘書、社員の皆さま
おつかれ様です!

やればできる!と思った事は、婚活です!
30代半ば、友達はほぼ結婚していました。私も結婚したいと思っても彼氏もいませんでした。1人暮らしで出逢いも無く淋しい生活をしていた頃に、母から言われた一言です。
【自分の人生なんだから幸せになってやる!絶対に幸せをつかんでやる!!】と、思って婚活しなさいと言われました。

結婚相談所の入会金とパンフレットも送られてきましたが、合コンを週3でしたり、お見合いパーティーにも行ったりしました。本当に頑張りました!婚活って心折れますし、良いなと思った方とはうまくいかない事が多かったですが…結果、全く違う所で出会いがあり今の夫と半年で結婚しました。

あの時の絶対に幸せになってやる!って気持ちは今も持ち続けてます。」


本部長「『絶対幸せになってやる』って、思えてるかい?」

浜崎秘書「思ったことなかったです…!」

本部長「幸せになりたいなって薄ら心の中で願ったりしながら生活しているけど、ここまで強い気持ちではないかもしれない。でも、悪いことじゃないもんね」

浜崎秘書「全く悪いことじゃないです。だからこそ、結婚できたわけですし、幸せを掴めたんだと思います」

本部長「思うことって大事ですよね」

浜崎秘書「本当ですね」

本部長「仕事しながらだとなかなか難しいですけど、皇居を毎日散歩するんだって決めて頑張って続ければ2ヶ月くらいで習慣化されるんですって。
そういう風に身体から脳に指令を出したりして、習慣や細胞が変わっていく最初のきっかけって、何かを想うことだと思うんです。
もちろん、自分の意図とは違う習慣を続けていることで、そっちに合わせて価値観が変わったりすることもあると思います。
変化のスタートは、想うこと。それが大事だということを今の書き込みを聞いて改めて思いました。ハンコ!」


null


null



浜崎秘書「それでは、本部長!?」

本部長・浜崎秘書「今日も一日、お疲れ様でしたーーーー!!!!!!」

スカイロケットカンパニー社員の皆様、今日も一日お疲れ様でした!

来週も17時より会議を行いますので、時間厳守で出席お願い致します!


【今日の初書き込みの社員のみなさん】

タミーママ
エミココのパパ
れも
ほたて屋の娘
アクアの森のネコ
南のパンダ
バナナ子
メープル
ゴリサん
カボチャ


【本日のオンエアリスト〜♬】

1.桜の季節 / フジファブリック

2.できっこないを やらなくちゃ / サンボマスター

3.CHE.R.RY / YUI

4.心に太陽 / かりゆし58

5.永遠の不在証明 / 東京事変

6.太陽と心臓(feat.ハナレグミ) / 東京スカパラダイスオーケストラ

7.ドラえもん / 星野源

8.トレイン / ケツメイシ

9.Fight Together / 安室奈美恵

10.RE CORD NOISE / SULLIVAN'S FUN CLUB

11.インスタントラジオ / SEKAI NO OWARI

12.やってみよう / WANIMA

13.ともに / WANIMA

14.ハイウェイ / くるり

15.Avalanche / ビッケブランカ

16.changes / Base Ball Bear

PREV || 1 || NEXT

次回会議テーマ

メッセージは社員掲示板へ!

メッセージは、わが社のwebサイトまたはアプリにある社員掲示板へ!
みなさん、アンケートで!掲示板で!番組にぜひご参加ください!

わが社の公式アプリでは、浜崎秘書の日常を垣間見られる「秘書室」など、
コンテンツが満載です。
Android&iOSともに無料配信中なので、ぜひダウンロードをしてください!!

< 2020年03月 >
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Twitter