議事録ブログ

会議テーマ「恋心クールダウン案件〜好きなのに、ひいちゃった瞬間〜」


人の心は複雑。
好きなのにひいてしまうこと、時にはあるはずです。
本日の会議は「好きをクールダウンさせる瞬間」について考える会議。

細かければ細かいほどOKです!
幅広く報告してください!

例えば・・・


「大好きな男性上司に休日に会った時、
びっくりするくらい短い短パンを履いていて、ひいちゃいました」


「学生時代、彼氏に愛のポエムをプレゼントされて
ちょっとひいちゃいました」


「彼氏がフラッシュモブでプロポーズしてきたんですが
必死な顔にひいちゃいましたが、結果OKしました!今の旦那です!」

などなど、どんなものでもOK!
皆様、番組掲示板に是非書き込みをお願いします!



null


「スカイロケットカンパニー社員実態調査!」

今日のアンケートは“恋人と街ナカでキスできますか?”

結果は……

“はい”、という方は「29%」!
“いいえ”、という方は「71%」!



──『俺だったら、その日からあだ名は
“ポイント狩りの◯◯”っていう異名をつけるけどね』



ラジオネーム<トラちゃんムーちゃん> 男性 32歳 東京都 会社員
「本部長!秘書!社員の皆さまお疲れ様です!
本日の案件ですが
初デートで映画に行った時の話です。
知り合って間もなく2人きりで遊ぶのは
初めてだったので
映画もご飯も奢ろうと決めていました。
(かっこつけたくて)
券売機の前に行きチケットを購入しようとしたら
その子は財布を取り出したので払ってくれようと
してるのかな?と思い
出すからいいよ!!(かっこよく)と言う準備をしていました…
しかしその子から出た言葉はポイントだけ貯めさせて!でした。
初デートでそれ言う!?と思い引きました…
私の心が小さいのでしょうか??」


本部長「『小さいんでしょうか?』っていう締めくくりか…僕自身正直言って、その相手が20代だろうが、30代だろうが、40代だろうが、引きますね」

浜崎秘書「『ポイントカードだけ貯めさせてね』って」

本部長「だって、出そうとする気持ちは必要じゃない?」

浜崎秘書「そうですね〜」

本部長「『ここはカッコつけさせてよ!』って言って、『じゃあ、私がポイントだけ引き受ける!』って、それずるいやないかい!は、面白いじゃん?」

浜崎秘書「ポイントカードを出すためだけに財布を出したっていうことですもんね」

本部長「彼が映画のチケット代を出すっていう行為への感謝がないよね。
感謝の偉大さが分かるからこそ、“何でも感謝しろ”っていうのは言えないけど。
ここは感謝だと思うのよ、これは女子同士でもイヤでしょ?」

浜崎秘書「ポイントだけ貯めるのって、恥ずかしい行為だと思っちゃうんですよ」

本部長「貪欲に、こぼれそうなポイントを拾いにいく人はいるからね!(笑)
出しどころあるよね〜、これはも〜……分かるけど、許してもいい気もするけど…俺だったら、その日からあだ名は、“ポイント狩りの◯◯”っていう異名をつけるけどね、ハンコ!」


null



ラジオネーム<青い毛玉> 女性 25歳 東京都 会社員
「最近、好意を寄せられている30代半ばくらいの男性とのメールのやり取りで、話が盛り上がった際に
「〇〇たん、しゅきしゅきビ〜〜〜〜ム♡♡♡」という文が送られてきたドン引きしました。
いい年した男性からこんな言葉が出るとは… しかも実際はとても物静かな人なのでギャップにも引きました。ちなみに私は全く好きではないので、軽く冗談ぽく流しました(笑)
それ以来返事はしてないです。」


本部長「気付いてほしいな、その30代半ばの男性に。
酔っていたんだ、っていう言い訳をしてほしいな! LINEのやり取りができたのが嬉しくて、久しぶりの恋愛で距離感の取り方がわからなかった言ってほしいな! 男性側をフォローしてるよ?」

浜崎秘書「まぁ〜〜〜(笑)」

本部長「これは引く、引くね(笑)距離感とギャップの使い方がね、ハンコ!」


null



ラジオネーム<TOME> 女性 36歳 東京都 会社員
「本部長、秘書、リスナー社員の皆様、お疲れ様です。

本日の案件ですが、ちょうど総理大臣が変わった頃、「日本の総理大臣がこんなによく変わるというのに君はいつも笑っている。楽観的すぎる。」と言われた時、サァーッと一瞬で冷めました。

じゃあお前がどうにかしてみろよ!
何も出来ないくせに黙ってろ!と思いました。」


本部長「それは付き合ってるのかな?」

浜崎秘書「彼だったんでしょうね〜」

本部長「いつぐらいだったんだろう? 自民党から民主党? それよりも世代が前だと…コロコロ変わってたからね。何とも言えないよね、むしろ、笑っていこうよ!」

浜崎秘書「はい〜」

本部長「もしかしたら彼女にも、“気にしてなさすぎなんじゃねーか?”っていうのがあったのかもしれない。
そこで出てきたワードが『日本の総理大臣がこんなによく変わるというのに君はいつも笑っている。楽観的すぎる』っていうさ、仮に世界が戦争になって、誰も世界中が笑ってない状況で、“あんた彼氏だったら、私を笑わせてみなさいよ!”っていう話でしょ?
あのイタリアの映画『ライフイズビューティフル』あったじゃない? 見てない?」

浜崎秘書「……」

本部長「見てない!? およびでない!? ハンコ!」


null



──『プラスマイナス、プラスすぎる!』



ラジオネーム<トップランナーズハイ> 男性 28歳 神奈川県 会社員
「元彼女の話ですが、ディズニーが好きすぎて、ミッキーマウスのことをミッキーさんと呼べと強制された時は引いてしまいました。」


本部長「これダメ? ミッキーさん!(笑)」

浜崎秘書「ん〜〜(笑)」

本部長「『はっはっはっは! かわいいな〜、そんな君を僕はミッキーさんと呼ぼう! ようこそホーンテッドマンションへ!』って(笑)。
これ、全然いいじゃないですか!? 引かなくていい気がするけどな(笑)ハンコ!」


null



ラジオネーム<某都民> 男性 27歳 宮城県 自営・自由業
「当時、気になってた年上の女性で、すごく笑い上戸の相手がいました。

その日は何人かで飲み会を開いており、私はテーブルを挟んで反対側にいるその女性を笑わせようと話を振った瞬間、その女性は「アハハハハ!」と笑いながらすごい勢いでイスごと床にひっくり返ってしまいました。

視界から消えていく女性、心配する参加者。不可抗力とはいえ、ひっくり返る瞬間の女性の顔が鮮明にフラッシュバックしてしまったこともあり、私のなかでスーッと冷めていくのを感じました。」


本部長「<某都民>さん、冷めるんじゃないよ! これは、年上の笑い上戸の女性からしたら辛い! 笑い上戸の人は世界を救うんだから!」

浜崎秘書「はい(笑)」

本部長「笑い声っていうのは大事だし。会社のオフィス、会議、打ち合わせとか、ちょっとした休憩時間とかは笑い上戸の人は宝物ですよ!
そんなに笑ったていうのは、<某都民>さんが面白いことを言ったかもしれないってことじゃん! いつも以上に体を振った可能性があるわけじゃない! 後ろに倒れる時の顔は相当ブサイクかもしれない」

浜崎秘書「はい…」

本部長「これは、俺は違うと思う! 年上の女性が笑いながら後ろに落ちていく速度と、同じ速度で、<某都民>さんは手を出して、『俺と結婚してください!』と」

浜崎秘書「なんで?(笑)」

本部長「同じ速度でプロポーズしたっていいんだから!」

浜崎秘書「本部長、弁護がパワープレイすぎます!」

本部長「これは真理をついてると思います! 愛心を爆発させないといけなかったんですよ! 当たりにいかなきゃ!」

浜崎秘書「すーっと冷めちゃったと…」

本部長「恋の右フックだろうがよ!俺、いつ関東の森脇健児さんになったんだよ!(笑)
俺好きだな〜絶対いい人だもん! 好きになる! 引くけどね!」

浜崎秘書「引いてるじゃないですか〜(笑)」

本部長「プラスマイナス、プラスすぎる!」

浜崎秘書「大人が椅子からひっくり返るのは…(笑)」

本部長「面白すぎる! 最高じゃん! 俺さ、笑いすぎた時に鼻血出たことあるんだけど、好きな人が急に鼻血出したらどうしようかなって、最高だけどな〜、ハンコ!」


null



ラジオネーム<まよまよ(^-^)> 女性 39歳 埼玉県 パート
「20代前半にお付き合いしていた彼がいました。
事前に来週から海外旅行に行くから、電話は繋がらないよと伝えて旅立ちました。
楽しい帰国して携帯の電源を入れると、数十件の留守電とメールが。
誰かなと思ったら、留守電は全て彼でした。
電話繋がらないってちゃんと伝えたのにと思って留守電を聞くと、毎日何してる?と入っていて最後の方のメッセージは、にゃーと寂しげな猫の鳴きマネだけ。
話を聞いてない上に、恐怖でしかないメッセージを残す彼にドン引きでした。」


本部長「話を聞いてなかったわけではなかったんですよ! メールも電話も繋がらないの分かってたけど…」

浜崎秘書「にゃーって何ですか?」

本部長「もともと、猫なんですよ」

浜崎秘書「いやいやいや、それは無理がありますよ!(笑)」

本部長「魔法が解けてしまったんですよ、早く帰ってこないから。
<まよまよ(^-^)>さんが、あの日助けた猫なんですよ」

浜崎秘書「いつですか!?(笑)」

本部長「魔法にかかって、男の人として付き合ったんですよ。数日離れたから、魔法が解けてしまったんです。
………弁護士おろさせていただきます!」

浜崎秘書「無理でしたね〜(笑)」

本部長「分からなくもないですよ?」

浜崎秘書「留守電残すのは100歩いいとして」

本部長「『そっち何してる? 楽しんでる?』とかね、そういうのはいいじゃないですか」

浜崎秘書「はい、でも聞けないのが分かってるのに『にゃー』って(笑)」

本部長「そこまで来ると、彼氏からの電話とは限らないじゃん? 電話してるのは彼かもしれないけど、本当に猫が鳴いてるのかも」

浜崎秘書「ないです!」

本部長「分かりました!(笑) ハンコ!」


null

null



ラジオネーム<ksam> 女性 25歳 東京都 医療事務
「本部長、秘書、リスナー社員の皆様お疲れ様です!
本日の案件ですが、高校生の頃大好きだった先輩と水族館デートにいったときに突然冷めてしまいました、、、!
先輩は本当に何も悪くないのですが、アザラシを指差しながら「あれトドかな?」と言われたときに何故かドン引きしてしまいました(笑)
全然大きさとかちがうけどトド見たことないのかこの人は、、、と思いながら「アザラシですよ〜!」と答えたら、真顔で「え、詳しいね」と言われたときに恋が終わりました(笑)
アザラシとトド全然ちがうし!なんならアザラシってでっかく書いてあるし!
ポエムしたためるくらい先輩のこと大好きだったのですが、何故かどうしてもその言動だけは受け入れられませんでした(笑)」


本部長「<ksam>さん、どっちでもいいんだよ! アザラシでも、トドでも! どっちでもいいんだよ!」


null

null



浜崎秘書「それでは本部長!?」

本部長・浜崎秘書「今日も一日、お疲れ様でしたーーーー!!!!!!」

スカイロケットカンパニー社員の皆様、今日も一日お疲れ様でした!

明日は、石崎ひゅーいさんを特別講師にお迎えします!

明日も17時より会議を行いますので、時間厳守で出席お願い致します!


【今日の初書き込みの社員のみなさん】

<トラちゃんムーちゃん>
<くじらのしっぽ>
<ピンキーゴールデン>
<おでんのこんにゃく>
<ゆきをママ>
<ロロ>
<ああちえ>
<ちく子>
<ゆき。>
<ヤマヤマ>
<ニー>

などなど...たくさんの書き込みありがとうございました!


【本日のオンエアリスト〜♬】

1.春なんです / サンボマスター

2.あたしぐらいは / ドミコ

3.マニフェスト / RADWIMPS

4.さらばコットンガール / 関取花

5.ガンジス / 長渕剛

6.BAD COMMUNICATION / B'z

7.FAMILY MEMBER / CHAI

8.愛の標識 / クリープハイプ

9.ひとりの春 / 高高-takataka-

10.アンコール / 石崎ひゅーい

11.アゲイン / WANIMA

12.スキライズム / フレデリック

13.ガンジス / 長渕剛

次回会議テーマ

【3月26日(火)会議テーマ】「男と女のミステリー!案件〜アレどういう意味ですか??〜」


本日の会議は
「男と女の間に生まれる謎」を改めて考える会議!
男と女の間には時に答えのわからない謎が生まれてしまうもの。

どんな些細なことでも構いません!
あなたが、感じた異性への謎を幅広く書き込んでください!
もちろん思いつく限り、何度書き込んでいただいてもOKです!


例えば・・・

「彼女に「今日何食べたい?」と聞いたら「なんでもいい」と言うので
 焼肉に連れて行ったら急に不機嫌になりました!どういう意味ですか?」


「好きな男の子の家に、時々遊びに行く関係なのですが
  無言でゲームをずっとやって、話を一切しません。どういう意味ですか?」

「男性上司がマジで謎です!!自分からみんなを二次会に誘っておいて、
気がついたらいなくなってるんです」

などなど、どんなものでもOK!
皆様、番組掲示板に是非書き込みをお願いします!

そして、ゲストにはイラストエッセイストの犬山紙子さんが登場!
犬山さんへの質問・意見などもお待ちしております!

Twitter