議事録ブログ

会議テーマ「私の抱える不安案件!〜ちょっと聞いてください!〜」


今週のスカロケはスペシャルウィーク!
豪華ゲストを迎えて様々な議題について話をしていきます!
本日のゲスト・荒川強啓さんとお送りする議題は
「私の抱える不安案件!〜ちょっと聞いてください!〜」
メッセージをくれた方の中から10名様に
「キットカット毎日のナッツ&クランベリー」
詰め合わせセットをプレゼント!たくさんの書き込み、お待ちしています!



null


「スカイロケットカンパニー社員実態調査!」

今日のアンケートは“今、あなたの不安レベルは?”

結果は……

“不安なし”、という方は「10%」!
“ちょっと不安”、という方は「44%」!
“かなり不安”、という方は「46%」!



──『勉強にしたって、仕事にしたってそうですけど、初めは上手くいかないんですよ』



ラジオネーム<相席わくゆう> 男性 28歳 東京都 会社員
「本部長、秘書、社員の皆様、お疲れ様です。

私は4月から役職が上がり、後輩を指導する立場になりました。
ところがやってみないとわからないもので、いざその立場になると後輩への注意・指導が難しいんです。
「こんなこと言ったら後輩落ち込んじゃうんじゃないかなぁ…」なんてことを思ってしまい、自分の立場上この先こんな感じでいいのかな…と不安に感じています。
今まで私を叱咤激励してくれていた上司達はすごいなぁと改めて感じています。」


本部長「全部が全部、理論的に伝えればいいかといったら、そうでもないし。
“今日はここまで言っておいて、明日はこれだけ言えばいいか”とか、分量も調整しないといけないじゃないですか?」

浜崎秘書「はい」

本部長「“今はこういう感じだけど、ここは、しばらく自分で気付くまでは言わないほうがいいのか”とかね。全部言うっていうのはおかしな話で、そこの兼ね合いもあるし、個人差もあるからね。抽象的に言われると嫌だとか、難しいよな〜」

浜崎秘書「昨日からスタートしたドラマ『わたし、定時で帰ります。』。
その中で、シシド・カフカさん演じる上司の方が、新入社員さんを指導していたんですけど、それもシシドさんの方が…グッとなっていて」

本部長「指導してる上司の方がね。不安だという書き込みですけど、不安だと思うんですよ。環境が変わって、役職がついて、部下に指導しないといけないという新しい環境になったからだと思うんですけど。
この不安というのは、おそらくやっていく事でしか解消できないことだと思います。
0から物事を始める、それは勉強にしたって、仕事にしたってそうですけど、初めは上手くいかないんですよ。
失敗を繰り返しながらも、相談もしながらもいい方法を、部下ともコミュニケーションをとりながら、ひとつじゃなくて、それぞれの関係性、全部答えが違うと思うので、ひとつずつ答えを出していくと思います。しばらくは不安なこともあると思いますけど、その先には必ずいい関係が待っていると思います。その日を夢見ながら、一緒に頑張っていきましょう! ハンコ!」


null



ラジオネーム<ヤングコーン閣下> 女性 33歳 東京都 会社員
「私の抱える不安…それは2021年以降の自分です。
開催が決まってからずっと楽しみにしてきた東京オリンピックが閉幕し、
ずっとずっと生きがいにしてきた嵐が2020年に活動を休止してしてしまったら、
自分はもう何を楽しみに生きて行けばいいのか…いや、もはや生きていられるのかさえ不安でたまりません!」


本部長「嵐は分かるんだけど、よく自分の中でオリンピックをそこまで押し上げたね(笑)。『よっしゃーーー! 東京きたぞーー!』って、カメラの中にいた人? 握手とかしてた人?(笑)」

浜崎秘書「うんうん(笑)」

本部長「嵐に代わるスターはなかなか出てくる事はないと思いますけど、楽曲は残してくれていますから。
キンプリが出てきたりとか、いろいろある。ここは難しいんですけど、東京オリンピックの後は、こちらで盛り上がっていただけたらと思います! 大阪万博!」


null

null



ラジオネーム<あさミケランジェロ> 女性 25歳 神奈川県 会社員
「本部長!秘書!社員の皆様お疲れ様です!
毎日仕事終わってからタイムフリーで聞いていましたが初書き込みしてみました!
私はスーパーで社員として働いているのですが、4月から新たな役職につき、現場での仕事以外に事務仕事も多くなり、パソコンの前で長い時間仕事をすることも増えたのですが一緒に働いてくれているパートさんから、「社員さんはいつもパソコンの前に座って現場の仕事をしてくれない、サボっている」と言われてしまいます。現場で働いてくれているパートさんには感謝しているし、決してサボっているわけではないのですがそのように勘違いをされてしまいがちです…この先事務仕事も増えていく中で、どうしたらパートさん達が納得してくれるようになるのでしょうか…!」


本部長「本当にこれは、信頼関係だと思いますよね。本社というか、自分の勤めている会社側だけの何かを伝えるだけではなく。
せっかく、現場の人たちに近い環境にいるということはラッキーな事だと思うんですよ。
現場の人たちの意見を社員に伝えることができますから。もしかしたら、その会社の中で現場の人たちと社員さんの間で、一番心強い存在、どちらからしても。
もしかしたら、間に入りすぎて一番しんどい思いをすることもあるかもしれませんけども、今いる環境は、現場の人たちに何かできうる可能性を秘めているんじゃないかと思いますね」

浜崎秘書「そうですね」

本部長「コミュニケーションだと思いますよ。
よく見てくれてるなっていう人を僕たちは信用します。“そんなところまで見てくれているんだ”って、現場頑張ろうと思うもん。
現場の人たちの苦労、汗、水、試行錯誤を見るチャンスかもしれないので、仲良く、コミュニケーションとりながらやっていってもらえたらなと思います! ハンコ!」


null

null



本日のゲストは、荒川強啓さんです!

null



【プロフィール】
1995年にスタートした、TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」のパーソナリティとして、 平成31年3月まで全6250回にわたり、 平日の夕方の顔として活躍されました。

そして、荒川強啓さんに、リスナーの書き込みについてお話していただきました。


ラジオネーム<いいよかん> 女性 24歳 埼玉県 会社員
「本部長、秘書、社員の皆様お疲れ様です。
本日の案件ですが、漠然とした不安に駆られています。

私は今、営業職を辞めたいという気持ちでいっぱいです。
ですが、辞めたい理由もふわふわしています。
お客様と直接的に関わるのに疲れた。新規を追うのに疲れた。もともとサポートするのが好きなので何も無いとこから案件を作るのが辛い。
どれもこれも自分が甘いのでは?考えがゆとりなのでは?と思ってしまいます。

さらに、じゃあ辞めたら次は何をしたいの?と聞かれてもいまいちわかりません。
今の会社を辞めたいとは思いません。お給料は安いですが、今の人間関係はやりやすいと感じております。

私がいるのは会社の中の1つの営業所です。ここから見える他の仕事は営業事務と製品・業界知識を専門とする部所だけです。
どちらも人が飽和しているのでこちらへの異動は難しいのではと感じてしまいます。
本社では内勤の方がたくさんいらっしゃいますが、どのような仕事をしているかわからないのと、なるべくなら今の営業所にいたいという気持ちが強いです。

そういったわがままな自分のせいで今後どうしたいのか・何がしたいのか全然わかりません。

いま、仕事が全然楽しくありません。お客様との取引で失敗しないかいつもビクビクしています。新規で入ってもやったー!よりもよかった、失敗しなかったという思いしかありません。
どうしたらいいんだろ…。心がつらいなあ…(笑)」


本部長「仕事していると、いいこと、不安になること、楽しいこと、嫌なこと、いろんな感情が訪れると思いますけど。強啓さんにとって、仕事とは何ですか?」

荒川「生活の糧、収入源、それだけです」

本部長「ありがとうございます(笑)。ということは、お金があれば働かないっていう風なこともありますか?」

荒川「仕事をせずに生活できるんだったら、それを続けたいです。
どうしても、これを食べたい、これを着たい、あそこに行ってみたい、あるいは自分の生活がもうちょっと利便性を高めたいというときに、どこかから収入がないと実現できませんでしょ? だから仕事をする。
嫌であるかどうかっていうのは、お金のためなんですから、そこに嫌とか贅沢は言えないわけでしょ?」

本部長「はい」

荒川「お金たくさんもらうために、厳しい仕事が待っているなら、それも『よし! 応えてやろう!』と、“それに合った仕事量が来てもしょうがないだろう”と、言い聞かせますね」

本部長「なるほど」

荒川「僕は趣味と仕事は一緒にしたくないので」

本部長「よく、世の中には趣味を仕事、好きなことを仕事にするのが一番いいんじゃないかみたいな話を聞いたりしますけど、そこは分けたほうがいいですか?」

荒川「だって、趣味で仕事をして、もしも失敗したら、どこに逃げ込めばいいんですか? どうしょもないですよね」

本部長「そう考えると恐ろしいですよね。僕なんか、お笑いが好きでお笑いの世界に入ったんですけど、テレビを見ても面白くないんですよ、技術的なことばっかり見ちゃって、バラエティ見て笑えなくなっちゃって。
だから、20年前の自分なら“お笑いやらなくてもいいかもよ”って言ってあげたいですよ」

荒川「優雅な白鳥だって、水面だけでは優雅ですよ? 水の中でもがいてますからね」

本部長「そうですよね、浮いて、水面を滑ってるわけですよね」

荒川「足は絡まってるかもしれないし、どんなことになっているか分からないわけですよ。あれも仕事として、必至なわけですね、彼らは。
人間様に、“優雅ですよ〜”って見せてるわけじゃないですからね」

本部長「たまたまそう見えてると。仕事で悩んでいる方はたくさんいますけど。お金もらうためにやっているんだって考えたら、ある程度我慢できることもありますよね。
今の職場があるっていうことに感謝しながら、だけど、お金もらうところだから、不満もセットだということで、それで整理できる部分もあるんじゃないかと思いますね」



null

本日は、荒川強啓さんをゲストにお迎えしました!



──『ぜひ、たくさんんの方を楽しませてください!』



ラジオネーム<真冬のかたつむり> 女性 33歳 東京都 旅行関係ツアーコンダクター
「本部長、秘書、社員の皆さまお疲れ様です。
間もなく世間は10連休・・・
周りの友人も休みいろいろ出かけたり話を聞きますが私には、不安しかありません。
なぜなら、私の仕事は旅行業・・・
連休の間もひたすら日帰りバスツアーの添乗のお仕事です。
ただでさえ混み合う観光地
そこに向かってバスに皆様を乗せて出発します。
もう目に見えてる渋滞・・・
遅れなく回れるか?お客様を満足に案内出来るのか??
色々今から考えてしまします。
そして私、今度のコースの観光地・・・・一度も行った事ないのです。
あたかも知ってるふりをしながら案内しないといけません。
不安しかありません!!困った\(^o^)/」


本部長「その地域のVR出てないかな〜、一回VRで見とくだけでも予習になるんんじゃないかと思いますけど(笑)」

浜崎秘書「グーグルマップで(笑)」

本部長「旅行業界の方々、稼ぎ時と言いながらも10連休、一切休みなしで働く人もたくさんいると思うんですけど。
経営側も、休みとらせられないか〜、心配なのはドライバーの方々も含めてですよ。交代制だったりとか、具合悪い方に関しては早めの対応をね。それは乗客の方々の安全につながることですから。一人のドライバーの方が、健康で安全に運転できるためのシステム作りも大事だと思いますので。
旅行行かれる方は楽しんできてくださいよ! <真冬のかたつむり>さん、この10連休は本当に大変だと思いますけど、ボーナスくらい出るんじゃないですか!?
ぜひ、たくさんんの方を楽しませてください! ハンコ!」


null



浜崎秘書「それでは本部長!?」

本部長・浜崎秘書「今日も一日、お疲れ様でしたーーーー!!!!!!」

スカイロケットカンパニー社員の皆様、今日も一日お疲れ様でした!

明日も17時より会議を行いますので、時間厳守で出席お願い致します!


【今日の初書き込みの社員のみなさん】

<たったぼーちゃん>
<林間方面>
<りとるよっしー>
<やんちゃ>
<ナマケモグラ2031>
<ふじかな>
<グッドイヤー>
<わらみちゃん>
<たったこーちゃん>
<ピンクの毒きのこ>
<白8割 緑2割>
<会社の中のラジオ>
<もうすぐ30歳>
<りにゃんこ>
<hama>


などなど...たくさんの書き込みありがとうございました!


【本日のオンエアリスト〜♬】

1.Terminal / 04 Limited Sazabys

2.ルパン三世78'(どうしちゃったのルパンMIX) / サワサキヨシヒロ

3.ルパン三世のテーマ/ピート マック・ジュニア / ピート・マック・ジュニア

4.Happiness / 嵐

5.Door / 岸洋佑

6.ボーン・トゥ・ラヴ・ユー / クイーン

7.ルパン三世 '78 / 東京スカパラダイスオーケストラ

8.旅するギター / ラッキーオールドサン

9.kit palette / 大塚愛

10.同じ空の下 / 高橋優

次回会議テーマ

メッセージは社員掲示板へ!

メッセージは、わが社のwebサイトまたはアプリにある社員掲示板へ!
みなさん、アンケートで!掲示板で!番組にぜひご参加ください!

わが社の公式アプリでは、浜崎秘書の日常を垣間見られる「秘書室」など、
コンテンツが満載です。
Android&iOSともに無料配信中なので、ぜひダウンロードをしてください!!

Twitter