• HOME
  • ルーシー'S BLOG

もう戻れない

2019/06/25

よーし!野猿になるぞー!と張り切って行っていながら、初めから菊池さんに甘えてしまって何ひとつワイルドじゃない私…





こらこら、ヘルメットくらい自分でかぶりなさい。





ストレッチくらいはちゃんとやろうとしていたが、カメラ目線で全くリアリティがない(((o(*゚▽゚*)o)))






これから挑戦される皆さん、ストレッチは絶対やってスタートしましょう!
想像以上に手足の筋肉使いますᕦ(ò_óˇ)ᕤ


だからこそ面白いんです!
大人になって、無我夢中で全力で挑む事少なくなりますよね、NOZARUではそんな事言ってられませんから(*゚▽゚*)





目線の先には…




これはまだ入り口…

それでもこんな顔していたらしい。






奥の方のコースはこの高さ。






やっぱり最初の1歩が怖い。






でもやっていくうちに慣れてきて、前のめりに楽しめる様になっていました。







と、大体油断した頃にやって来るのが次のハードル((((;゚Д゚)))))))


足元に板は無く、ロープだけが連なっているからとにかく不安定。






「嫁入り前」が永遠になりそうな姿…







ただ、自画自賛すると、ここから股裂けにならずに持ち直した事に変な自信が生まれましたᕦ(ò_óˇ)ᕤ




最後はジップラインでターザン。








ここも腰が引けて、勢い不足で全くターザンには見えなかったけど、ずっと大声で叫んで全力で挑んだ後は晴れやかな気持ちでスーパー元気なNOZARUになっていました♪





しばらくはこのテンションから戻れませんので覚悟を( ̄^ ̄)ゞ




みなさんも、人間に飽きたらNOZARUの世界に飛び込んでみませんか!!




出来たらお泊まりで、こんな素敵なパオは如何でしょう???

食事は敷地内のホテルで出来るし、温泉も利用出来るので、キャンプというよりグランピングかな☆〜(ゝ。∂)









天気が良ければ満天の星空を見ながらおやすみなさ〜い。
(カーテンもありますのでご安心ください)

微生物まで!!

2019/06/24

この季節の那須の森は、息吹きを感じる緑に囲まれて本当に気持ちがいい(≧∇≦)

その中でいただくチーズはなおさら美味い(≧∇≦)



そして、その美味しいチーズを落合さんは放送で伝わった通りの優しい紳士です。





あ、作業時は白衣をまとっていらっしゃるので念のため(o^^o)







事務所に貼ってある寄書きからも、誠実な仕事と皆んなに慕われていらっしゃる事が伝わってきます。








微生物まで協力とは ᕦ(ò_óˇ)ᕤ



こんなお店で働いてみたいという方!!

またまた頼まれもしないのに、パート募集のお知らせです。





良いメンバーが増えるといいなぁ(≧∇≦)



13歳の私へ

2019/06/21

パタリロといえば、私はアニメ化されて観たのが最初で、確か中学生でした。

そんな年頃に観ていた作品の原作者の魔夜峰央先生にお話を聞けるとは、あの頃の自分に教えてあげたい(≧∇≦)



先生のイメージの黒いジャケットを着て行ったのも大正解!


ペアルック(昭和っ)みたい。
(実はこの黒いジャケット、シェイチープロデュースのブランドの物で、シェイチーに貰った1枚です)







そして、何と第1巻とファイルにサインをいただきました!

「サインしようか?」と先生から言ってくださったのです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆









プチェコを台に皆さんで抑えながらのサイン、あちこちからいっぱい手が出てきた(*≧∀≦*)

魔夜峰央組のチームワークはこんなところでも発揮されていました。




そんな中、何だかんだホッとする一コマを盗み撮り。



スタッフの方に何やら渡していらっしゃったのですが・・・








もしや原画???



それを!!






サラッと買い物ビニールに入れてる(((o(*゚▽゚*)o)))



こんなところも大好きです( ̄^ ̄)ゞ



最後に

13歳の私へ。


急に突飛な行動をするからビックリします!と先生から通知表に書かれても、縮こまらずにそのまま自由に生きよう。
将来、安定はなくとも特別な体験がいっぱい待ってるよ。





リアルを求めて

2019/06/20

松本さん!!

1個作るのに何時間もかかる物を、今日のためだけに何個も作って待っていてくださってありがとうございました!!

細かい部分までバルーンでここまで表現できるとは驚きです(≧∇≦)




松本さんの気持ちに応えるべく、よりリアルに見える場所に置いてみました。





うは(((o(*゚▽゚*)o)))



でも、これはどうする???





池や水槽はそんなに都合よくあるものでもなく・・・



タコには申し訳ないけど。






こうなっちゃいました。

個人的には楽しい一人遊びを見つけた気分♪

ごめんね、タコさん、本意ではないだろうな・・・


千葉時代(≧∇≦)

2019/06/18

まず、チバニアンと命名されるかもしれない地層を見に行く方は、歩きやすい靴か、長靴になるべく肌を出さない服装で行きましょう。






道は整備されていますが、地層全体を見るには川に入って見るのがちょうどいい距離感なので、長靴だと行動範囲が広がっていいかも。
















チバニアンの名前は知っていたけれど、何がどうすごい地層なのかと聞かれると…

実際に行って目で確かめてみた。







が…

実はここで見上げても、はっきり見える何かがあるわけではないので素人目には難しかったかな(((o(*゚▽゚*)o)))




もしチバニアンが認定されたら!?






ここに〜!





実現したら、こういう事ですよね⁈


認定も簡単にはいかない様ですが、「千葉時代」が地質時代年表に加わったら、個人的には日本人として嬉しいなぁ(≧∇≦)


よく考えたら、千葉時代ってすごくないですか?






«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 577 | 578 | 579 || Next»
閉じる