• HOME
  • ルーシー'S BLOG

ももがある&ももGIRL

2018/10/19

「もったいない」から生まれた物にいろいろ出会って来ましたが、「ももふる」も完熟しすぎて出荷されないという残念すぎる状況からのシンデレラストーリー♪

樹上完熟しているだけに、ももの香り・甘さが抜群です。

農家の皆さんも、一生懸命育てたももが1個でも多く食べられるのは嬉しいことでしょうV(^_^)V



ももふるは冷凍なので、解凍具合でいろんな食感が楽しめますが、オススメは半解凍。






私は半解凍の状態と、完全に解凍された状態の両方でいただいてみました。

最後はこうなります(≧∇≦)






そう、美味しすぎて1滴も残したくないくらいなんです。











アレンジレシピもどうぞ。







ももふるだけではなく、なんとこんな物まで!!






齋藤さんの行動力とパワー「いつかもものテーマパーク」も夢ではありませんね*\(^o^)/*




一気に注文が殺到したため、しばらくは手に入りにくいという嬉しい悲鳴が聞こえてきそうな加工場では・・・

ももがあるの元ガールの皆さん!!


全国にももふるが届きますように、よろしくお願いします*\(^o^)/*





相馬復興サイクリング 後半

2018/10/18

ゆっぴーからのバトンを受け取り、相馬復興サイクリング 後半です。


太ももが限界に近づく中、ゴールが見えると途端に元気が復活V(^_^)V






まず目に飛び込んできたのは、今野さんの温かいお出迎えでした。






続いて鈴木さんの抱擁(≧∇≦)





鈴木さん、レーシングチームのコーチに見えますね。
黄色いレインコートのルーシーが選手に見えないのが残念です・・・


本当の意味でマンパワーを実感した今回のイベント、後日参加された方々のSNS投稿を見ても「おもてなし最高のイベントでした!」というコメントが続々。

私達はほぼ最終グループでゴールしたのですが、いつ来るかもわからないのに沿道で傘をさしてひたすら待って応援してくださる方々がいらっしゃったり、エイドステーションでもたっぷり食べ物や飲み物を用意してくださったり、レースでよくあるビリの寂しさを全く感じない、おもてなしいっぱいのイベントでした。



まずは第1エイドステーションでいただく船橋屋さんのケーキ、一口づつではなく、丸ごと1個食べられるなんて(≧∇≦)






第2ステーションでは、女の子がよそってくれるどんこ肝のつみれ汁とタコ串、雨で冷え切った身体が生き返りました。
















そして最後のエイドでは、新地町名産のニラをたっぷり使ったニラ汁とトマト。






こういうショットはゆっぴーに任せましょう♪






あ・・・後半ブログと言いながら、ゆっぴーに続いてグルメレポートになってきた。

いいんです、それだけ美味しいものが疲れを癒し、皆さんのおもてなしを全身で感じたのだからV(^_^)V



そしてもう一つ、多大な感謝をお伝えしたい方々がいらっしゃいます。





ゆっぴーもルーシーもロードバイクは初めてということで、ブリジストンの精鋭チームが出動してくださったのです(((o(*゚▽゚*)o)))

駐車場でちょっと乗れただけではしゃぐレベルにさぞかし不安をおぼえられたことでしょう・・・





ずっと一緒に走りながら励ましてくださったアシスト、忘れません!!

ありがとうございました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



余談ですが、スマイルミッションのサポート?男性スタッフはこんな感じです(⌒-⌒; )







最後に、達成感いっぱいの皆さんにまじり、お決まりの「昆布〜」ポーズで記念撮影。





きっと、申込と同時に満員御礼になるであろう素晴らしきイベントの第1回に参加させていただきありがとうございました!!


太ももの筋肉痛は、予定どおり2日後にやってきました(⌒-⌒; )

エンドレスひょっとこ

2018/10/16

橋本さんと話した後はしばらく「チャンチャカチャン!シャッシャッシャッシャッ!」が頭の中でグルグル回っていました(≧∇≦)

ほのぼのと方言で語っていらっしゃるかと思ったら、突然何かが降りてきたみたいな豹変ぶり。





これがね、何とも言えないパワーなんです。
そう、踊りって元々トランス状態みたいになって神を乗り移らせるものだと言いますよね、本物を目の当たりにして実感しました。






もう一緒に踊らずにはいられません♪





そして気づくのです・・・

橋本さんがいつも踊っていらっしゃる民謡は・・・リピート設定、つまりエンドレス(((o(*゚▽゚*)o)))


自己申告で止めるまで永遠に続きます。






座右の銘は「一生一笑」

放送でも「人間の根本的なものは笑い」

あの語り口調がより心に響きました。


すると、ひょっとこから急に職人の顔に戻った橋本さんが筆を取り始められました。





ピンと張り詰める空気、今日のテンションのアップダウンが面白くて仕方ありません。

さすが、長年筆を持ってこられただけに、下書きも無しにさらさらと描いてゆかれます。







そして出来上がったのは〜





後生大切にします!!




一緒にこんなだるまさんもいただきました。





味がある〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




橋本さんに実際に会ってみたい!という方〜またまたいいタイミングで放送後にチャンスがありますよ〜*\(^o^)/*





テーマは

一生一笑「七転び八起き」

ひょっとこから得たダルマの精神


橋本さんのお話、ひょっとこ絵付け、ひょっとこ踊りと盛りだくさん♪

今日の放送を実体験したい方はぜひ〜*\(^o^)/*


想像以上に元気フル充電されますよ〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆








私もフィット〜

2018/10/15

元の原山織物工場の看板がそのまま残る株式会社はらっぱは、木戸門の向こうに煙突と、歴史を感じる建物がそのまま残っています。









中に入ると、油の匂いに包まれて何十機もの織機が動いている工場、とても活気があります。






スタッフの皆さんがさらりと着ていらっしゃる会津木綿の服はとても着心地が良さそうで、バッグも一緒に持っていただくとこんな感じに。





かわいい♪


洋服だけでなく、小物も作られていました。









男性のシャツも素敵です。









なぜか山崎さんまで撮影されてる(≧∇≦)





と思ったら・・・








なるほど、お目当はシャツですね(((o(*゚▽゚*)o)))



私もサロペットを着させていただきましたが、とっても着心地よくて、すぐにでも欲しくなりましたが、年2度の受注会を待つしかありませんので、いつか会津木綿のサロペットで旅する日を楽しみにしています♪


あまりにしっくりきすぎて、このまま帰りそうになりました(⌒-⌒; )





プチェコも私もフィット〜*\(^o^)/*







登校日は来月です!!

2018/10/12

上田さんの棚田があるのは絶景の「中野の棚田」エリア。









この辺りでは「ウシ」と呼ばれる稲木に稲がかかった様子がだんだん牛に見えてくる。






いや、どちらかというと、アメリカンバイソンだな(((o(*゚▽゚*)o)))







青空の下、プチェコも絵になるな〜。










その向こうには、分刻みで見え隠れする富士山が*\(^o^)/*










こんな場所で開かれる石積みイベントは、お弁当の時間も楽しいでしょうね〜♪

あ、いかんいかん、お弁当もいいけど、あくまで石積み学校でした。

次の登校日は11月23日・24日。
興味がある方は是非参加してみてください。



晴れの予報だったら、麦わら帽子をお忘れなく☆〜(ゝ。∂)





余計なお世話だけど、きっと上田さんも小野さんも当日は作業しやすい服装だと思います(⌒-⌒; )






«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 549 | 550 | 551 || Next»
閉じる