サインまで!!

2016/10/10

虫に付くカビ「冬虫夏草」

図鑑を開くとかなり衝撃の写真なので、ここでは表紙だけにしておきましょう☆〜(ゝ。∂)





冬虫夏草は500種類ほどで、日本にはその400種類が生息、それだけ豊かな環境であるということだと鈴木先生はおっしゃいます。






昆虫テクノロジーの可能性はまだまだ知られていないことが膨大、それだけ可能性がある世界ですね☆〜(ゝ。∂)



鈴木先生は、研究者の方らしい面白い目線と、止まらない話しが面白く「へえ〜」の連続。

例えば、蚕は数千年前に野生の「くわこ」に改良を重ね、家畜化されるようになって「蚕」になりました。

養蚕です。

イノシシが家畜として「養豚」となったのと同じ事だそうです。




研究室って、先生や学生達の遊び心が見える時も多いという印象ですが、ここにも気になる箱がありました。




中身は秘密だって(≧∇≦)



そして先生のサイン。





何かに見えませんか???

ちなみに本人は全く考えていなかったけれど、周りに言われて気がついたそうです。






閉じる