愛は一方通行

2019/07/26

ロケットの話を入り口に、子供達や子育て中の方達に伝わるといいなぁと思う話が尽きない植松社長、側で聞いていたカメラマンも子育て中なので、いたく感動していました。


まずご本人が好奇心の塊!

社長室に並ぶ何千ものプラモデルが所狭しと重なり…





このプラモデルは幼少期の反動で大人買い

「あまり厳しく禁止するとこうなる可能性もありますからご注意を」と植松さん(^_^;)




本棚には子供の頃から捨てていないという沢山の本、ジャンルも幅広い!










少年時代に愛読の飛行機設計本はかなり使い込んでいたのがわかります。




ちなみに、小学生向けの設計本なのに容赦ない専門書レベルだそうです(*⁰▿⁰*)



まだまだサプライズは続きます。


この緑のカーテンの向こうには…






またまた数えきれませーん(((o(*゚▽゚*)o)))





サバゲーにはいろいろな捉え方や意見がありますが、ここではサバゲーを球技と捉えて年令性別関係なく一緒に楽しめるレクレーションとして道具も貸し出してこの敷地内で行っています。

ドッジボールが苦手な子がヒーローになったりするみたいᕦ(ò_óˇ)ᕤ


体験学習やロケット製作体験をした事で、いじめが頻発していたクラスに平和が戻ったり、自信をなくした子がわかりやすく前向きになったり、数えきれない変化が起きる町工場。

今や修学旅行や体験学習も空きがないというのがわかります。






このロケットは自分。
そこに向かって専門知識をつけてゆけば、きっと星に届く!





自信がない時、自分の夢は笑われるんじゃないかと不安な人、実体験があるからこそ説得力ある植松さんの本や動画もチェックしてみてくださいね。


https://m.youtube.com/watch?v=gBumdOWWMhY




最後にこちらも体験したからわかったこと。





「うずらへの愛は一方通行」


スーパーで買ったうずらの卵を一生懸命かえしたのに、全くなつかないそうです(*゚▽゚*)


スーパーで買った卵がかえる事にも驚きだけど(≧∇≦)
閉じる