何kg 何km?

2019/08/19

既に募集が始まっていますよ〜*\(^o^)/*

みなさん、エントリーしませんか???






体力に合わせて運ぶ米俵と距離が選べます.






コースはこちら。







10kmコースはアップダウンもあるので、10kmを10kgの米俵を持って走るのは覚悟が要りそうです( ̄^ ̄)ゞ






なんと、優勝ランナーには最高でお米1年分の商品が用意される可能性も!?


仮装大賞ランナーには、猫つぐらが贈られます。

スマイルミッションのリスナーさんにも仮装していながらかなりの好タイムで全国のフルマラソンを走っている方がいらっしゃいますよね、今こそ出番です!!

なんなら箱根の山の神、柏原選手の背中を追いかけてみては!!



もちろんファミリー参加も楽しそうだし、5kgを1人で持つという決まりはなく、何人で運んでもいいのです。
fun run大歓迎♪


沢山持って帰りたい人はその分だけ頑張って運びましょう( ´ ▽ ` )ノ

お米だけでなく、貴重な米俵そのものももらえるそうですよ。



参加者1000人分の米俵作りが待っている酒井さん






夢は「一家に一俵」


大黒様が俵の上に立っていらっしゃる姿は浮かんできますよね、昔は山から里へ下りて来て各家の俵の上に立っていらっしゃったそうですが、今はほとんど俵が無いからすぐに山へ戻ってしまわれるのだとか・・・

これはもったいない!!

縁起物だから各家庭に置いて欲しいと願っていらっしゃいました。



そのためにも、今はほとんどコンバインで刻まれてしまっているわらを長いまま回収できれば材料が確保でき、それを売って農家の収入にもなる。

これは機械の設定レベルで実現できそうな改革。



さあ、材料が確保できたとなると、あとは作り手。


「日本最古の伝統文化といってもいい米俵作り、その一端を同じ志を持って一緒に専業でやってくれる人を待っています!!」


先人たちに習えるのはあと数年、この間に自分が習得できることは全部学びながら後進に伝えていきますと酒井さんは真っ直ぐに語ってくださいました。



相撲の土俵を作れる唯一の方、酒井さんの下でやってみたい!!という方、中央アルプスと南アルプスに囲まれた素晴らしき環境が待っています*\(^o^)/*




米俵マラソンこんな感じかな〜。












いやいや、この米俵の中は空っぽ、しかも下り坂だから余裕すぎますね(⌒-⌒; )



私はまずいただいた米俵に500円貯金頑張ります!!






ちなみに、出すときはこうです(((o(*゚▽゚*)o)))



閉じる