ほんのほんのほんの

2019/10/18

どの時計も、一つ一つに何故貴重なのかというストーリーがあって、一部紹介が残念すぎますが、これから行かれる方々のためにグッと我慢して・・・ほんの、ほんの、ほんの一部だけアップします。


まずは〜初ミッキー。






付け替えベルトの包み紙までそのままの状態。




この紙が時代をより感じさせませんか?



ROLEXだけでも沢山のモデルが並んでいる中、一瞬都合よく見間違えたのが





文字盤にスペル通りに並んではいないものの、LUCYの4つのアルファベットがある事で「縁があるかも!」と詳しい説明を熟読。





おー!勤続25年でROLEX!
イートン百貨店すごいな。

ルーシーは関係なかったけど…




コレクションは腕時計だけではありません。




さて、時計はどこに?





目の周りの線が数字代わり、片目が◯時、もう片方が◯分。

瞳が動いて時を示すのですね(*≧∀≦*)


初めて見た〜。


ぜーんぶ見たい方は、ミュージアムへGo!

すぐには…という方は、本もあります。





興奮した後は、ミュージアム内にあるクラシックで落ち着いたカフェで一休みして下さいね。




アンティークレジスターがお迎えします。





こちらも動くというからさらに驚きました(((o(*゚▽゚*)o)))♡






最後の驚きは…






なんとここは!






私の部屋よりずっとステキ(o^^o)
閉じる