ピン!

2017/01/18

目下佐藤さんが取り組んでいらっしゃる新しい和紙を使った3D作品。





和紙+木工職人の技+3Dプリントという3つの新旧融合です。


この等間隔の小さな穴は、木工職人の正確な技で、寸分の狂いもない仕上がり。






枠をつなぐこの部分が3Dプリンターで作成された物。






担当はご主人の天志さん。





立体映像の制作を手がける3Dモデラーです。




この天志さんにビックリのストーリーがありました。


4年ほど前に東京から徳島に移住。


「徳島でIT」と聞いてピン!


ル「もしかして神山町ですか?」


正解*\(^o^)/*


先週の徳島県でリサーチした神山プロジェクト、天志さんも東京で噂を聞いていて、家賃1万円で地元の方に家を借りたそうです。



佐藤さんとの出会いは、徳島県にいる時に友達を通じて知り合い、もの作りに対する哲学に意気投合V(^_^)V

8ヶ月の間、月1の行ったり来たり、車で4時間の遠距離恋愛を経て、佐藤さんの実家に落ち着きました。


天志さんは、今でも神山町に行って、子供たちにデジタル関係の事を教えているそうです。



まさか翌週にも神山町の話が出るなんて(≧∇≦)

神山プロジェクトの大南さんとももちろん知り合い。


県をまたいで繋がる人と人、この出会いに感謝♪


やっぱり神山町神ってる*\(^o^)/*





2017/01/18 のREPORT

| NextPrev |

COMMENTSルーシーへのコメントはこちらから(コメントは承認後に掲載されます。)

神戸(旧:愛知)のじっちゃん さん

2017/01/18 09:36

ルーシーさんお疲れ様です(^o^)/~~

またまた 痛感‼
「出逢い」 「ご縁」の不思議と有り難さ

《和紙で和糸を紡ぐ工芸で日本中の和紙に携わる職人、作家が繋がり 広がると良いですね》

ゼオライトと言えば土壌改良や消臭剤として知られた材料…これを和紙と組み合わせるなんて発想は ワシ(佐藤さん)以外には思い付かないオンリーワンですね(笑)

曲面を漉く和紙には スッゴク興味がわきますね(^o^)/~~

「立体(曲面)漉き和紙→照明」から共通項として 京都 あじき路地(ろうじ)の 「月あかり」ブランドで活動する 照明作家・村上菜也子さんを思い出します
次回 ルーシーさんが京都でのミッションで是非立ち寄って頂きたいですね

…と言うか ホンダスマイルミッションがキーステーションになり「化学反応」「融合」が起こると面白いですね

ひでき さん

2017/01/18 12:49

和紙をゼオライトと混ぜて、呼吸する和紙を作っただけでも、すげ〜と思うんだけど和紙職人ではなく和紙デザイナーなんですよね?
最新技術と和紙の技術が融合、既存の職人さんやデザイナーさんが考えつかない様な可能性が広がりますね(^o^)。
ふと、紙ねんどにゼオライトを混ぜたら呼吸する紙ねんどが作れるなぁと思いましたが、既に存在してそゔだなぁ。

黒天狗 さん

2017/01/18 16:19

人と人の繋がりってまるで糸を張りめぐらせた佐藤さんの作品っぽいですよね。
モビールを家に飾っていたら素敵な縁が生まれそうに思うのはきっと私だけではないはず。
ルーシーさんもそう思いませんか?

ルーシー さん

2017/01/19 10:17

神戸(旧:愛知)のじっちゃん さん

「スマイルミッションをキーステーションにご縁をお届けします」

パーソナリティみたいですが、各地で起きる化学反応に驚きと喜びでいっぱいです!

ルーシー さん

2017/01/19 10:21

ひでき さん

職人さんの追求とはまた違う追求がありそうですね。

和紙がいいとは分かっていても、今どう取り入れるかは、デザインが占める割合も大きいでしょう。

海外からも大作のオーダーがある事からも、可能性ありありですね。

ルーシー さん

2017/01/19 10:24

黒天狗 さん

そうですね、モビールみたいにゆらゆらする物って、気持ちも安らぐし、何となく気が良くなりそう(≧∇≦)

モービルが似合う部屋にしなきゃ(((o(*゚▽゚*)o)))
コメントを投稿

閉じる