発想

2019/07/08

盛岡駅直結の商業施設「FES’AN」の中にある工藤さんの会社が経営する雑貨屋「5858 〜koyakoya〜」で、こんな物を見つけました。





この土偶の使い方が!!





どういうことーーー???



こういうことーV(^_^)V





南部鉄器の土偶だから、より美味しくなるんだ!



これは見た目もおもしろい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

なかなか手に入らない人気商品で、やっと再入荷出来たタイミングだったみたい、あっという間に売り切れるかもしれません。



ご飯を炊く時に入れたら、炊き上がりにジャーを開けた瞬間ニヤッとしそう。

毎朝そんな瞬間があってもいいな。




それから、プチェコに貼っちゃおうかな〜と思うステッカーがありました。







そのうちこっちに貼り替えかも(((o(*゚▽゚*)o)))







見れば見るほど発見がある岩手のイイモノ揃いの5858でした。



さて、工藤さん曰く、私たち日本人はまず使い方を確認したくなるけど、コラボした海外のデザイナー達は自由に思うように使えばいいと、発想も本当に自由だそうです。


例えば。





蕎麦猪口とダシ入れとついつい普通に思ってしまう私でしたが、工藤さんは・・・


「虚無僧に見えませんか?」


・・・


使い方以前に、オブジェ!?


参りました(≧∇≦)



2019/07/08 のREPORT

| NextPrev |

COMMENTSルーシーへのコメントはこちらから(コメントは承認後に掲載されます。)

黒天狗 さん

2019/07/08 11:42

鉄分補給のため鍋に入れる鉄って昔から売られていますが大半がお野菜の形をした物、それが土偶とはめちゃくちゃ面白いですね〜w
しかし北欧×和風がこんなにも斬新だとは!
これほどまでに安定感抜群の鉄瓶って見たことないですよ!!
しかしリサーチ冒頭で工藤さんの笑いが止まらなかったのは何故??

ルーシー さん

2019/07/09 12:00

黒天狗 さん

工藤さん、バリバリのお仕事なさっていますが、とっても可愛い方で「イワテモ」とネーミングしたいくつかのキーワードを忘れたと言いながら笑っていらっしゃいました(≧∇≦)

そんな人柄だからこそ、こんな橋渡しが出来るのかもしれませんね、普通なかなか頼めない世界的デザイナーみたいですよ。
コメントを投稿

閉じる