走ったからには

2019/07/23

驚きましたー!!

「◯◯で〜を作る」という作品を見る時、クオリティの高さは予想して行くのに、毎回それを大きく超える素晴らしさや細やかさに驚かされます(((o(*゚▽゚*)o)))

今回も大いに驚きました。



ゲンゴロウは、実際に一緒に生活している「ゲンちゃん」がモデル♪







こちらがご本人、ん?ご本虫?でいいのかな。








お腹側のサービスショット(o^^o)





こうしていろいろな動きを毎日見ながら一瞬を切り取って木片に投影されているのかもしれません。



目下の楽しみは





ヒメギフチョウのさなぎ。

さなぎから蝶になるまでを作品に出来そう!!



と、口では簡単に言えるんですよね(゚∀゚)


今後益々注目されるであろう福田さん、次の作品も楽しみです。




札幌から4時間近く走る「北海道で一番小さな村」音威子府村はとっても穏やかで、海や大草原が広がるわけではないのに北にキター!!と全身で感じる空気がありました。





ここまで走ったからには何か名物を!!




ありました。













本当に黒い(≧∇≦)


歯ごたえ十分の黒い蕎麦はとっても美味しい♪

なんでも、普通は取り除かれる甘皮をそのまま挽いているためこの色になるのだとか。

太さは田舎蕎麦だけど、ポロポロはせずキュッとしまった食感です。



音威子府村まで来て、素晴らしい作品に感動し、ここでした食べられない物に出会えて、長い道のりを走った甲斐がありました*\(^o^)/*


頑張ったのはプチェコですけどね☆〜(ゝ。∂)

2019/07/23 のREPORT

| NextPrev |

COMMENTSルーシーへのコメントはこちらから(コメントは承認後に掲載されます。)

カネチャン さん

2019/07/23 08:26

黒いソバ!美味しかった?富山ブラックは、麺は黒くないんだよね?(笑)この作品凄いね!プラモデル世代の俺としては、作って塗装してみたくなりました!リタイアしたら、挑戦してみよう!

starship さん

2019/07/23 08:58

このページのゲンゴロウやクワガタの、生態としてのリアルさにびっくりです。鳥のはく製ではないバードカービングのリアルさは、自分でも知っていますが、虫の工芸は初めて知りました。ルーシーは巨大なSLの段ボールの模型から、生態的な虫の工芸家まで取材されたんですね!うらやましいです!!

ひでき さん

2019/07/23 12:53

木像嵌、写真で見るかぎり本物と同じくらいの大きさなのかな?
ありえない大きさのクワガタとかあると面白そうとか考えてしまいましたが大きくしすぎると作り物ぽくなってしまうか(>_<)。

黒天狗 さん

2019/07/23 14:15

プチェコもご褒美にハイオクガソリン飲ませてあげてくださいw
天然木には本当に信じられないような美しい色彩のものがありますよね。それを生かし切る福田さんの技術は驚愕と尊敬に値します!!
脚や触角のような細いパーツはどうやって作っているんだろう?
しかし本当に生きているみたいです、観察力もずば抜けて優れているのでしょうね〜!

ルーシー さん

2019/07/24 22:03

カネチャン さん

黒いそばおいしかったですよ(o^^o)
歯ごたえもあって。

富山ブラックはスープが真っ黒なんですよね、それとは違う麺が黒いおそばでした☆〜(ゝ。∂)

ルーシー さん

2019/07/24 22:04

starship さん

はい!
毎回毎回素晴らしい方々に会えて、素晴らしい作品を見て、おいしいものを食べて(*≧∀≦*)

こんなに豊かな人生があることにいつも感謝しています( ̄^ ̄)ゞ

ルーシー さん

2019/07/24 22:05

ひでき さん

大きさも実物大だと思います。

実際にゲンゴロウはほぼ本物と同じだったから。

計ったわけじゃないけど(*゚▽゚*)

ルーシー さん

2019/07/24 22:06

黒天狗 さん

言われてみれば、ハイオクのご馳走した事は無いかもしれません(((o(*゚▽゚*)o)))

たまには奮発しようかなぁ〜でもハイオクを入れたらずっと続けないと意味がないって聞いたことがあるんですよね…
コメントを投稿

閉じる