頭脳がいっぱい

2019/10/15

いつになく真剣な表情なのは、私の脳波データを取っているところ。








Yes/Noの意思表示がより確実になるよう、何パターンも繰り返し繰り返しデータを取ります。



加納先生の35年に及ぶ努力の結晶( ̄^ ̄)ゞ





部品もできるだけ低予算に抑えられるように工夫しながらの試行錯誤だったそうです。


学生時代からずっとやり続ける先にあるのは、やっぱり”誰かのため” でした。


加納先生の思いが、実用化という形になりますように。




先生がいらっしゃる島根県立大学の出雲キャンパスは、緑に囲まれ、レンガ色でおしゃれな建物が素敵♪







ここ島根県立大学には、いつも本を片手に本を持っている勉強が大好きな子がいるらしい。






その名も「オロリン」
出雲神話のヤマタノオロチの精です。


頭がいっぱいあるヤマタノオロチの精だけに、成績良さそうですね。











2019/10/15 のREPORT

| NextPrev |

COMMENTSルーシーへのコメントはこちらから(コメントは承認後に掲載されます。)

カネチャン さん

2019/10/15 08:56

その病気とひ違うけど、モハメド アリさんなど、世界チャンピオンや、映画俳優などで、パーキンソン病になっている人もいるもんね…。この先生みたいにこういう研究している人って、使命感みたいなものを感じるのかな?自分のやりたい好きな?事には1日何時間でも没頭できるからね…。少しでも良くなって行けばいいね♪

黒天狗 さん

2019/10/15 12:16

最初の写真、すごく真剣なのは分かるのですが日頃のルーシーさんを見ているだけにコントの1シーンに見えてしまいました・・・すみません!
しかし本来高額だった装置がスマホで使えるようになるなんて驚きです!スマホの可能性無限大!!
「誰かのため」が「世界中のALSと戦う皆さんの為」に昇華するなんて素晴らし過ぎますよね!!!

りん子 さん

2019/10/15 12:33

ルーシーさん、こんにちは♪
"誰かのため”って、とても大切だと思います♪
加納先生が、高校時代に生きづらさを感じていたとの事、何となくですが、分かるなぁと思いました。(あ、何となくです。あくまでも。。。)。。。(^^;
先生の研究が実用化されて、多くの方の元に届きますように。

ひでき さん

2019/10/15 12:55

YESかNOの意思表示、本当に必要な人はALSに限らずたくさんいると思います。
今日のレポートも聞きながら自然に目頭が熱くなっているオイラか居ました。

ルーシー さん

2019/10/16 09:08

カネチャン さん

感度が高い学生の頃に「これだ!」と思った事が一生の研究になる、でもまだ実用化には漕ぎ着けていないという長い道のり。

自分だけのためだったらなかなかモチベーションを保つのは難しいかもしれません。

先にある沢山の人のためにという思いが支えているのでしょうね。

ルーシー さん

2019/10/16 09:11

黒天狗 さん

はい。
私も髪を染めに来たおばちゃんにしか見えません(゚∀゚)

しかしながら、実に真面目な会話が交わされていたのであります。

日頃の行いって大事ですね…

ルーシー さん

2019/10/16 09:13

りん子 さん

多感な時に生きづらさや迷いを感じる学生は多いのかもしれませんが、ある出会いでここまで人生をかけて打ち込む事になるとは、使命としか思えない。

と、簡単には言えますが、並大抵のことではないですね(≧∀≦)

ルーシー さん

2019/10/16 09:15

ひでき さん

はい。
加納先生のひたむきな努力、その陰にある患者さん達とその周りの環境、こうして改めて話を聞いて伝える事が大切だと痛感しました。
コメントを投稿

閉じる