幸あり♪

2020/01/09

今日は、国東市の穏やかな環境と淵野さんファミリーにほっこり。






ご主人は七島藺を編み、奥様はしめ縄や鍋敷き・円座などの工芸品を作っていらっしゃいます。





お二人、雰囲気も似ていらっしゃいますよね(≧∇≦)



二人の出会いは、20歳頃。

お互いに山口の劇団の夏期講座に参加した事がきっかけでした。


劇団!?


聡さんは声優を目指していたそうです。


奥様は、その後アミューズメントパークのショーが始まる前の拍手の練習などをしてお客さんを温めるお姉さん♪

納得*\(^o^)/*


そんなお二人の間に誕生した娘さんたちも、元気にのびのび成長中。
お姉ちゃんは、ミュージカルでも演じているかのようにスカートの片方を持ち上げ、足をクロスして紅葉の葉っぱを渡してくれました♪


田舎暮らしがしたいという共通の想いが実現して、こんな笑顔が生まれた淵野ファミリーです。





まさに、工房の名前「さち」

♪ここに幸〜あ〜り〜♪

と、大声で歌いましたが、古すぎて???だったみたい(⌒-⌒; )




そんな中、七島藺を乾燥中のむしろを見て、ダークな想像をしてしまった自分が残念でなりません(((o(*゚▽゚*)o)))

















2020/01/09 のREPORT

| NextPrev |

COMMENTSルーシーへのコメントはこちらから(コメントは承認後に掲載されます。)

黒天狗 さん

2020/01/09 11:03

琉球畳、10年ほど前から良く見聞きするようになりましたよね。
普通の畳と形が違うだけで材料は同じ井草を使っていると思っていたんですが実は七島藺だったんですね!
七島藺って初めて聞いたし実に勉強になるリサーチでした♪

むしろの写真・・・残念なことに私も土座衛門を連想してしまいましたよ・・・

ひでき さん

2020/01/09 12:49

七島藺、「しちとうま」と入力してしてみたが漢字変換で出てこなかった(>_<)。
考えてみたら、囲炉裏も少なくなって使われる事も無くなったから仕方ないのかな?
耐火性に優れているのなら需要もありそうと思うのだが。
乾燥中のむしろを見てのダークな想像、オイラもたぶん同じ想像したかもσ^_^;

ルーシー さん

2020/01/11 09:35

黒天狗 さん

あー(((o(*゚▽゚*)o)))

思いっきり土左衛門と言ってしまいましたね・・・

時代劇を見ていなければ今時あんな光景もないでしょうが、ついつい(⌒-⌒; )

ルーシー さん

2020/01/11 09:36

ひでき さん

いぐさ=藺草という漢字を初めて知りました。
藺という字だけ見たら、ラン?と思ってしまいます。

これまた勉強になりましたね。
コメントを投稿

閉じる