鼓動が

2020/01/10

トップ選手の成績の陰にある努力を再認識した今日。








その日のセッティングを毎日メモ(((o(*゚▽゚*)o)))

永遠に100%決定のセッティングは無いのだと磯部さん。



この努力は学生時代からずっと続いていて、当時、友人が「いつも磯部君はノートを書いている」と、こんなイラストを描いてくれたそうです。





この横顔からも真剣な事が伝わりますね。

友人も、きっと磯部さんのひたむきな熱い想いをひしひしと感じて描かずにはいられなかったのかな♪



ライフル界で「磯部」という名前を知らない人はまずいないだろうというレジェンド一家。


この年季の入ったスーツケースは、ライフルでは先輩にもあたるお父様から初めて国体に出場した時に買ってもらった物。








今だったらずっと軽くて機能性が高い物があるけれど、記念の一品をずっとずっと大切に使い続けていらっしゃいます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


お父様、息子さんの活躍とその想いをどんなにお喜びでしょうね。



今回、私はビームライフル体験をさせていただきましたが、気がつくと息が止まっていました。
呼吸だけでも揺れが伝わって、的が定まらないのです。





いつになく真剣V(^_^)V






そして。


こんな言葉を見つけました。





カッコイイーーーーーーーーー!!

2020/01/10 のREPORT

| NextPrev |

COMMENTSルーシーへのコメントはこちらから(コメントは承認後に掲載されます。)

カネチャン さん

2020/01/10 08:32

homeの写真を見ると、アタッシュケースに入ったライフルがあるね!○○13の世界だね。男なら誰でも憧れる世界だね。アメリカ映画にスナイパーがよく出てくるけど、風とか湿度とかで、弾着が変わるんだよね。凄い競技だね。

黒天狗 さん

2020/01/10 10:41

呼吸や心臓の鼓動さえも邪魔になるなんて凄い世界!
磯部さんが夜店の射的をやったら景品全てゲットしちゃうんでしょうね〜!
それどころか屋台ごとのコルク銃の特製を事細かくノートに書いたりして・・・

ままっち さん

2020/01/10 12:15

緊張の中でも動じない強い集中力、
今一番それがほしいのは全国の受験生ですねっ!!

受験のため子供たちにやらせるべきは
射撃かな!?
単純にかっこいいし(^^)/

ひでき さん

2020/01/10 12:51

日本だと昔から狩りと言えば弓だったのでライフルでは無かったんだなぁ。鉄砲での狩りも散弾銃だしなぁ(>_<)。
ちなみに、政治家の麻生太郎さん1976年のモントリオールオリンピックでクレー射撃の日本代表だったとか。
スポーツを始める理由、案外カッコいいからとか、モテたいとか不純な理由もありかと。最終的にその競技に真摯に向き合えれば良いと思います。オイラも高校生の時に和弓をやってました。誰のハートも射抜けぬままてましたが(笑)。

ルーシー さん

2020/01/11 09:40

カネチャン さん

さすが、男性は目の付け所がいいですね(≧∇≦)

磯部さんが使っていらっしゃるライフルは、一般人にはなかなか手が届かない物らしく、一流選手だからこそ手にできるのでしょうね\(^o^)/

ルーシー さん

2020/01/11 09:41

黒天狗 さん

見てみたい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

お店の人もびっくり、閉店ガラガラかもしれませんね。

多分、露天の遊びとはいえ、真剣に狙いそうだもん。

ルーシー さん

2020/01/11 09:43

ままっち さん

私はちょっとだけビームライフルを体験しましたが、その間の集中と言ったら、周りの音や声が聞こえなくなるくらいでしたよ。

受験生をはじめ、いろいろな場面に役立つと思います( ̄^ ̄)ゞ

ルーシー さん

2020/01/11 09:46

ひでき さん

和弓、カッコイイですね!!

どこだったかな、神社の一角に和弓の練習場があって、皆さんのピンと伸びた背筋に見とれた記憶があります。

的は動かないけど、好きな子のハートは生ものですからね〜、射抜くのは至難の技なのかな(((o(*゚▽゚*)o)))
コメントを投稿

閉じる