神社産

2020/01/23

宮崎市の芳士にある諏訪神社で、境内清掃中の宮司さんからありがたい物をお裾分けいただきました。








天然きくらげ 神社産╰(*´︶`*)╯♡



きくらげは分厚けりゃあいいってもんじゃない事がわかりました、この天然きくらげは薄い方だと思うけど、食べたらビックリ!!

歯ごたえがものすごくあって、個人的に大好きなコリコリ感です。



宮司ファミリーが温かく迎えてくださって、スタッフも交えてほのぼの境内。







すると、ここでカメラマンをくすぐる境内写真を宮司さんがスマホで見せてくださいました。







木漏れ日と焚き火のタイミング、時間帯に加えて無風という条件が必要な1枚だそうですが、何とか今日も取れないかといろんなアングルで挑戦。









必死すぎる(((o(*゚▽゚*)o)))







木々に囲まれた境内で焚き火をしながら談笑する時間はどこか懐かしく、ほっこりでした♪


樹木医に依頼して木々の管理をされる神社の方々の気持ちに、ここの木はいい気を持っているのでしょうね。













2020/01/23 のREPORT

| NextPrev |

COMMENTSルーシーへのコメントはこちらから(コメントは承認後に掲載されます。)

カネチャン さん

2020/01/23 11:40

うろ覚えなんだけど、樹木医の人が指揮をとって、ふじ?だったか、桜の木だったか?凄い大木をトレーラーで運んで移動した話を聞いたことがあって、凄いなぁ…!と、感心した事があります。俺達、人類よりもずっと昔から生きている木、植物…。何かあって、人類が絶滅しても、植物は生き残るんだろうな…?

ままっち さん

2020/01/23 12:21

キクラゲってこんな風に生えてるんですね!!

小学校の給食の中華丼で出会って以来、大好物のキクラゲ。
でも、その正体がキノコだと知ったのは、恥ずかしながら
大人になってからでした・・・

この写真を見れば、間違いなくキノコですね!

ひでき さん

2020/01/23 12:43

最年少の樹木医と聞いて、10代の中学生位の方が出てくる?と勝手に想像(>_<)。
実務経験が7年以上必要とのことで10代はないか(笑)。
樹木については、枯れてる枯れてないを素人で判断するのは難しいですよね。枯れてる木は、折れたり朽ち果てて倒れたりする前に伐採するという判断も必要だと思いますね。

黒天狗 さん

2020/01/23 14:01

【人間と樹木とは成り立ちから違うので分かり合うことはできない。
片思いでいいので、木に対して尊重する姿勢を大切にしたい】←ここまで割り切った考えってなかなか無いですよ。
木が元気だと山が元気になり川も海も豊かになる・・・
そう考えると樹木医って凄く大事な存在ですよね!
我が家の植物といえばプランターで育てる小さな花ばかり・・・
狭い庭ですがいつか家のシンボルになるような木を植えたいです。

ルーシー さん

2020/01/24 21:30

カネチャン さん

岩の間から生え出した植物、溶岩の隙間に生える植物、生命力に驚きますね。

奇跡の一本松もそうです。

樹木医の試験を受けるために実務7年が必要だというハードルの高さも納得です。

ルーシー さん

2020/01/24 21:32

ままっち さん

私もきくらげが生えているのは初めて見ました、まさに木くらげであり木の子ですね(*^◯^*)

ビックリ食感のありがたい産物をいただきました。

ルーシー さん

2020/01/24 21:35

ひでき さん

最年少、確かにティーンエイジャーが登場しそうです。

34歳で未だ最年少、ハードルの高さがわかりますね^ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

ルーシー さん

2020/01/24 21:38

黒天狗 さん

プランターでも、ずっと育てていると、四季の移り変わりを葉っぱの色や散り方て身近に感じられたり、元気な日とそうでない日があったり、人が植物につい話しかけてしまう気持ちがわかります。
コメントを投稿

閉じる