送りバント

2020/03/11

千葉さんの笑顔を見ていると、想像もつかない悲しみから立ち上ってこられた日々をにわかには信じられない。





唯一生きられた息子さんの存在と、家族への想いが随所に込められたバッティングセンター建設への使命感が大きな支えでした。

息子さんの一言が、打席もあるバッティングセンターを現実のものにし、千葉さんの「やらねば!」の気持ちに火をつけました。

7打席は、亡くされたご家族7人を思っての打席数です。



私達に出来ることは、いっぱい打って、1回に23球=にゅうさん菌にかけた球数を何度も繰り返すこと! 
つまり維持費に協力すること!






こういう事やる奴はまず打てない奴…



裏切りません。







最後はバッティングセンターで





「人生送りバント!」などと言ってたら、少年野球の監督をしているスタッフが、柄にもなくいい事を言いました。



犠打。
人のために何かすることがヒットです。


2011 3.11 以降、自分に何ができるか?皆がそう問いかけ、沢山の人が誰かのために行動を起こしました。



最近の買い占め騒ぎを見ていると歳月と共に人はあの気持ちを忘れのか…と、残念に思います。


と、強がってトイレットペーパーを買わずにいたら、とうとうポケットティッシュを代わりに使い、それも残り3個まで来ました(T-T)
それでも、周囲に分けてくれる友達はいる!と無条件に信じられる人間関係をこんな時に改めてありがたく思います。




バントから話しが逸れました…



気仙沼フェニックスバッティングセンターでは、終わった後に打席に残ったボールを打って中央の上部の的に当てるといい事があります。





それは現地でのお楽しみ。

バットだけに、棒つながりとだけお伝えします。



応援の仕方は他にもあります!

希望のヨーグルトを飲むこと ᕦ(ò_óˇ)ᕤ







こんなご時世だからこそ、お互いに想い合って心を潤しましょう。





今日 14:46

黙祷を捧げます。





最後に、こちらがバッティングセンター建設のきっかけをくれた息子さんです。






by ずっと東北を応援されている有名芸人さん




2020/03/11 のREPORT

| NextPrev |

COMMENTSルーシーへのコメントはこちらから(コメントは承認後に掲載されます。)

りん子 さん

2020/03/11 08:42

ルーシーさん、お早うございます♪
ラジオで最後いい音していたと思ったのですが、違ったのですね〜♪(^^;
人生送りバント、誰かのために自分が犠打を打つことができるのか・・・ん〜、考えさせられました。。。
息子さんとの何気ない会話の中から気仙沼にバッティングセンターを作るという大きなチャレンジをされたお父さん、凄いです。
そして、オリジナル商品の飲むヨーグルト♪ラベルが可愛いですね♪気仙沼にまた行きたくなりました♪(^^)ノ

ひでき さん

2020/03/11 12:52

今日は東北の震災の日ですが、その前日の3月10日は、東京大空襲の日だったそうです。よくよく考えたら2日連続で命について見た目直す日だったんですね。
奥さんの希望、息子さんの希望を実現していく姿に、なくした物は大きいけまえを向いて行くことの大事さを改めて感じました。

黒天狗 さん

2020/03/11 13:07

バッティングセンターですか〜、20代のころしょっちゅう行っていましたね。140キロまではバットに当てていましたよ♪
しかし「パパ、バッティングセンター作ってよ」というリクエストも凄いけど本当に作ってしまうお父さん、凄すぎます!
きっと息子さんにとって千葉さんはスーパーマンなんでしょうね。
私も望実にとってのスーパーマンでありたいです。。。

ルーシー さん

2020/03/12 06:56

りん子 さん

いい音はしましたが、なかなか遠くには飛びませんでした…
カメラマンも、空振りしか捉える事が出来なかったみたいです(((o(*゚▽゚*)o)))

千葉さん渾身のバッティングセンターがいつまでも続きますように。

ルーシー さん

2020/03/12 07:08

ひでき さん 

息子さんの存在がどれだけの支えになったか、前を向かねばと背中を押したか、本当に大きな存在です。

そして、お父さんの背中は息子さんにいろいろなことを伝えたのだと思えます。

ルーシー さん

2020/03/12 07:11

黒天狗 さん

作ってよ!の一言で作るには壮大すぎるお願いですね。

本気でやればできる!という事を千葉さんに教えていただきました。

ホントにスーパーマンです。
コメントを投稿

閉じる